• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本語入力ソフトをメモリに常駐させていますか?

  • 質問No.2112697
  • 閲覧数583
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 45% (249/545)

ATOKの最新版2006にはオンメモリ辞書という機能があり、これを使うとメモリに辞書をおいてハードディスクのアクセスを減らし変換精度を上げるものです。
便利に使えるように見えて実際は辞書全部をメモリに置くため積んでいるメモリの容量が少ないと圧迫してしまいます。
そこで皆さんにお聞きします。
日本語入力ソフト(MS-IMEやATOK等)をメモリに常駐させて使っていますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

アドバイザー 詳しい分野:いろいろ

ベストアンサー率 37% (668/1777)

ものすごく大昔、MS-DOSの時代でしたが、実質オンメモリ辞書のようなこと=辞書自体をRAMDISKにコピーしてから使っていたことがありました。

当時はメモリアクセス速度も、今現在のHDDの最高速度より遅かったものでしたが、RAMDISKにコピーするだけで非常に高速になり長方していたことがあります。

ちなみに、MS-IMEにはオンメモリ辞書という機能はないようです。

#厳密には、MS-IMEやATOK自体、もともとアクティブな状態であれば、たいていメモリに常駐していますが・・・
お礼コメント
amanoginji

お礼率 45% (249/545)

アドバイスを頂きありがとうございます。
そうですね、98ノートNS/Tが出回っていたMS-DOS時代ですとバッチ処理で辞書ファイルをRAMにコピーして使うという方法が主流でしたね。
そうすることによりバッテリーの駆動時間を延ばせて変換効率が上がると。
解答を見て思わず懐かしくなりました。
また、MS-IMEにはオンメモリの機能は付いていませんね。
ATOK独自の機能なのかもしれません。
投稿日時:2006/05/04 18:05
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

カテゴリ

一覧 ]
ページ先頭へ