• 締切済み
  • 暇なときにでも

コックピットの見学ができるの?

以前、友達が飛行機で移動中、操縦席の見学をさせてもらい、 機長さんに「今、この辺の上空を飛んでいるんだよ」って地図を広げて 説明してもらたりもしたって聞きました。 このサービスは今でも受けられるのでしょうか? 航空会社によってできたりできなかったりなのでしょうか? 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3

基本的にはどこの航空会社も、そのようなサービスはしているようですが、これはパイロットの好意によるもののようです。ですから航空会社というよりも、パイロットの方によるようです。お願いする時は、離着陸の間隔が短い国内線よりも、やはり国際線の方が、時間的にもゆとりがあるのでOKをもらえることが多いようです。ただハイジャックの事件などにより、そういうサービスを一時禁止した会社もあるとの話も聞きましたが・・・。まずは客室乗務員の方に聞いてみて下さい。私も幼い頃、見せて頂きましたよ!(○NA大阪-鹿児島線でした)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答いただきましてありがとうございます。 そのサービスが受けられるかっていうのもやっぱり運なのかな? 次回ぜひチャレンジしてみます。

  • 回答No.2
noname#9414
noname#9414

基本的には、すべての航空会社で、そのようなサービスをやっているはずです。 しかし、天候によってや操縦士のレベルによって、それが不可能な場合もあるので、 あまり期待せずに、聞いてみるといいでしょう。 また、赤道を越える場合は、赤道を越えたことを証明してくれる紙(証書?)を くれることもあるので、それもねだってみるといいかもしれませんね。 間違いがありましたら、ご指摘ください。 ではでは☆

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答いただきありがとうごさいます。 今度旅行に行く時にはぜひチャレンジしてみます。 ベテランのパイロットだといいんですが... 赤道を越えたことの証明書とやらをgetできたら報告しますね。

  • 回答No.1
noname#3125
noname#3125

基本的にどこでも出来ます。私も見学しました。自動操縦でほとんど飛んでいるので特に国際線のパイロットは飛ぶ時間も長くとても長く見せてくれます。まず客室乗務員に聞いてみてください。どこの国の航空会社もOKだと思います。JALで着陸してから見学したときはイスに座らせてくれました。でもこの前のハイジャック事件で厳しくなっているかも?とにかく聞いてみるといいですよ。最後は(ありがとうございました)を忘れずに!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

さっそくの回答ありがとうございました。 昨日、登録して質問して回答のメールが来ており、うれしかったです。 今度旅行に行く時には、ぜひチャレンジしてみますね。

関連するQ&A

  • 飛行中のコックピットの見学

    15年以上前ですが新婚旅行に海外旅行に行ったとき、行った先の国内線で飛行機のコックピットを見学させてくれました。 こちらから頼んだ訳ではなく、ガイドの人に呼ばれたので行ってみると、見学しますか?との事で、驚きながらも見せてもらいました。 とても楽しい経験だったのですが、良くあることなのでしょうか?国内を飛ぶ小さい飛行機だったのですが、さすがに最近は物騒だからそんな無防備な事は無いんでしょうか。 ずっと長いこと気になっていたのですが、同じような経験のある方いますか?自分の知人には聞いてみたのですが、今のところまだ誰もいないのでこちらで質問させていただきました。

  • 飛行機コクピット 客による操縦席ハイジャックに備える

    いつだったか、客が飛行機操縦席に乱入して機長を死なせる事件がありましたが、 以前から、簡単に操縦席に入れることがとても疑問でした。 先頭にファーストクラスがあるジャンボタイプの機体しか想像できませんが、おそらくドア一枚で、それこそ女性客室乗務員を脅せば、その気になれば誰でも・・ですよね。 いっそ完全分離で行き来できなくでも差し支えないと思うのですが、そうなっていない特別な理由があるのでしょうか? トイレや食事などはどうとでもできますし、一応デメリットとして考えついたのが、操縦者の発狂(?)や操縦室内のトラブルなどの場合、一応行き来できたほうがいいのかなということですが。

  • 飛行機 操縦 機長と副機長(副操縦士)

    飛行機は機長と副機長(副操縦士)が乗ってると思いますが 操縦するのはどちらなのですか? 飛行中に順番の操縦しているのでしょうか? それとも行きは機長、帰りは副機長と分けてるのでしょうか? 離陸から着陸までに交換する場合もあるのですか?

  • 航空関係の本 探し中

    航空関係の本 探し中 飛行機関係にかなり興味あります 今までに、内田幹樹さんが書いた、 パイロットインコマンド 機体消失 操縦不能 査察機長 機長からアナウンス 機長からアナウンス第二便 を読みました。 他に色々と探していますがなかなか航空関係の本が見つかりません。 何かありませんか?

  • 飛行機のコックピット見学は現在は不可?

    昔は飛行機の操縦室をサービスの一環として短時間客に見せるというようなことが可能だったと思うのですが・・ 現在でもそれは可能なのでしょうか? 可能だとしたらどこの会社?国内線/国際線? それとも防犯の関係から一切禁止になっているのでしょうか・

  • 旅客機の機長と副操縦士の役割分担はどうなっているのですか

    旅客機には機長と副操縦士が乗っていますが、飛行中にどういう役割分担をしているのでしょうか。 機長だけが操縦して、副操縦士は無線通信等しかしないのでしょうか。 それとも、副操縦士も操縦するのでしょうか。 どちらがどれだけ操縦するのでしょうか。 離陸や、着陸はどちらがするのでしょうか。

  • 飛行中の操縦席の見学

    マニアと言うほどではないのですが、私は昔から飛行機が好きで、 そのため、海外旅行で飛行機に乗る際いつも、操縦室の見学をさ せてもらえるように客室乗務員にお願いしようかな・・・、と思 っています。 長距離路線で、水平飛行中の時間が長い路線だと見学させて貰え る可能性もあるかとは思うのですが、断られた時のバツの悪さを 考え、いまだに実行には移せていません。 子供だと案外すんなり許可されるのかもしれませんが、大の大人 だと、却下されるだろうな・・・、とも思っています。 実際に操縦室の見学をされた方がおられましたら、その時のいき さつを教えて頂けませんでしようか。

  • アシアナ航空の事故と9.11

    アシアナ航空の事故は副操縦士が777型機の操縦が40時間ほどでなれるための訓練飛行だといっています。皆さんはそんな人に操縦させて危ないじゃないかと思うでしょうが、機長が横にいるから心配ない。また、ほかの旅客機を操縦1万時間とか言っているから大丈夫だ。それでもおかしいと考える人は、9.11の時ニュヨークのビルに激突させたテロリストの操縦テクニックは大したものだと考えないのかな。彼は飛行機のライセンスを取るため学校へ行っていたと捜査報告で言われていた。 あの学校はジャンボジェットのような大きくてハイテクの飛行機を操縦するために養成する学校ではない。小型飛行機の操縦を教える学校です。そこを卒業した人があんなことができるのだろうか。 オートパイロットで飛んでいるのを変更してあの飛行機から見ると小さなビルに突っ込むのは至難の業だろう。このアシアナ航空の事故を起こしたパイロットは大きな旅客機を操縦した経験があるからできるかもしれない。そんな人でもこうやって事故を起こすのだからあのテロリストがあのビルに突っ込むのは無理なはず。それでもみんな犯人はあのテロリストと思っている。そのくせアシアナ航空の事故はパイロットが未熟という。それならば、本当にテロリストが自分で突っ込んだのだろうか。どうしてマスコミも評論家も何も言わないのだろう

  • エアラインパイロットは休日セスナは操縦できるの??

    自家用操縦士の単発限定のプロペラ機のみが操縦できるパイロットの場合について質問します。 1.セスナ172を操縦できるパイロットならセスナ208水上飛行機も操縦できるのですか?? 2.また単発のプロペラ機ならどの飛行機も自由に操縦できるのでしょうか?? 定期運用操縦士(ATP)のパイロットについては 普段航空会社でB747-400等の大型機などを操縦している機長が休日などで趣味でセスナ172Pなどはそのまま操縦できるのでしょうか?? (ATPのパイロットになるまでに自家用などのライセンスなどは取得してきているので操縦はできると思っているのですが) 疑問を持ったのでご存知の方ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

  • 飛行機の操縦席を見学しやすい会社は?

    飛行機の操縦席ってテロとかハイジャックとかを防止するために、日本ではもう見られないですよね。飛行中だけでなく、降りるときも厳重に扉閉まってるし。海外の会社は見られるところもあるとネットなんかでも出てるんですが、具体的にどこの会社のどこの路線が見学しやすいんでしょうか?別に飛行中にはこだわりません。どのタイミングで言うといいのかも教えてください。でもセスナとか、離島に就航しているようなのには興味ありません。ビジネスジェットとか貨物機の荷主になるとか、チャーターとかも現実的ではないので除外でお願いします。あまり関係はないと思いますが属性は成人男です。