• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

映画のタイトルがわかりません!!

昔ビデオ屋で見かけた映画なんですけど アメリカ軍の戦艦(原子力空母だったかな・・・?)がタイムスリップして日本軍が真珠湾に攻撃しにいく時代にとばされてしまって日本軍の真珠湾攻撃は阻止しようとする映画だったようなやつだと思うんですけど(パッケージの説明をみただけでうるおぼえなんですが・・・) どなたかタイトルわかる方がいらっしゃたらどうか教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 洋画
  • 回答数3
  • 閲覧数92
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

ファイナル・カウントダウン The Final Countdown 1980年【米】 上映時間:104分 これでしょうか? 下のサイトはネタばれありですので要注意

参考URL:
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=4447

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速ビデオ屋で探して見ます ありがとうございましたw

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

ファイナル・カウントダウンです。

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000084TLO/249-4362690-5345950

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございましたw

  • 回答No.1
  • rinring
  • ベストアンサー率18% (822/4396)

「1941」というタイトルだったような・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 洋画タイトルを思い出せません・・・

    現用アメリカ空母が太平洋戦争の真珠湾攻撃前にタイムスリップしてしまう映画のタイトルを思い出せません。F-14とゼロ戦が空中戦をします。どなたか教えていただけませんでしょうか・・・お願い致します。

  • 映画シャンハイについて

    劇中日本空母加賀がドイツ製魚雷を上海で装備し 真珠湾に向かったという設定になっていますがこれ は史実に反してますよね。 また上海沖のシルエットに大和型戦艦がいましたが あの時期大和は就役してたのでしょうか? 中国映画にしてはラストで日本軍大佐が主人公の アメリカ人と中国人抗日工作員を見逃すという設定は これまでに無く良かったと思いますが港に押し寄せる 群集に日本兵が発砲するシーンはやはり反日的な 映画ですよね。 回答者様はあの映画どう思いましたか?

  • 日本が太平洋戦争に負けたのは…

    当然アメリカとの戦力差は否めないのですが それは置いといて 真珠湾攻撃のとき あれだけ航空機戦力の力を証明したにもかかわらず日本軍は航空兵力をおろそかにし 戦艦や空母に頼る 大鑑巨砲主義 に走ったことが一つ要因だとおもうのですが… 当時 日本の航空機の性能は世界最高でした もし真珠湾攻撃以降も航空兵力を中心に戦っていればまた違う結果になったのではと思いますが… 実際 日本より性能の劣るアメリカの航空機でさえ 日本にあれだけのダメージを与えました ミッドウェー海戦も ほとんど日本の船はアメリカの航空機にやられています 対して日本にには戦艦の上空を防御する航空機がほとんどいなかった… なぜ日本軍は航空機戦力を中心に戦わなかったのか? 教えてほしいと思います

  • なぜ真珠湾に米軍空母がいなかったのですか?

    なぜ真珠湾に米軍空母がいなかったのですか? 僕は死ぬほど歴史が苦手で、ろくに勉強してこなかったことを後悔しています。 最近知ったのですが、真珠湾攻撃に参加した零戦パイロットの原田要(はらだかなめ)氏(97)は、真珠湾に米軍空母はいなかったと証言しています。 なぜ真珠湾に米軍空母がいなかったのですか?偶然にしては出来すぎではありませんか?

  • 真珠湾攻撃の資料について。

    どうも。 現在、真珠湾攻撃について調べているのですが、アメリカ側から見た真珠湾攻撃という感じの資料というのは無いものでしょうか・・・。 もちろん英語版でもかまわないのですが、なかなかいい資料が見つけられなくて困っています。 もしご存知の方が居ましたら教えてください。 また、これは当時の日本軍側の資料なのですが、「なぜわざわざアメリカを攻撃しなくてはいけなかったのか。なぜハワイだったのか。」などの資料も出来ればほしいです・・・。 私の探し当てた資料には、真珠湾攻撃とは何か。しかかかれていなく・・・前景がわからないのです。 どうぞよろしくお願いします。

  • ファイナル・カウントダウン(洋画 )日本語吹き替え

    youtubeをたまたま、見ていたらなつかしい映画をやっていてタイトルをみたら「ファイナル・カウントダウン」って表示されていました。日本語吹き替え版。 その動画サイトも、少しの場面しかなかったので、本編が見たくなりました。 内容は、カーク・ダグラス主演、マーチン・シーン。空母ニミッツが、日本が真珠湾攻撃をする数日前にタイムスリップして・・・。日本の大艦隊を発見して、結局、空母の持っている近代兵器(トム・キャットなど)で攻撃をするかどうかというものだったと思います。 色々と探しました。アマゾン(DVD)(VHS)から楽天市場、古本市場やブックオフ、オークション、セブンイレブンネットなど、検索でフリー検索をやってみましたがなかったです。 そもそも、再販となっているDVD自体に吹き替えがありませんし、VHSビデオにもないみたいです。 もう、この洋画の日本語吹き替え版はないのでしょうか。回答をよろしくお願いします。

  • 日本はアメリカ本土では無く、なぜ真珠湾を攻撃した?

    日本軍はなぜアメリカ本土では無く、 攻撃したところでダメージの少ない(と思われる)ハワイの真珠湾を攻撃したのでしょうか? ハワイにはアメリカ軍の要所があった、とか、あるんでしょうか? 教えて下さい。

  • 映画 トラトラトラ について

    映画 トラトラトラ について 真珠湾攻撃を題材にした映画、トラトラトラについて質問です。 この映画は日米両国で放映されたのでしょうか? 当時の興行収益や映画の評価など両国の結果を知りたいのです。 私の感想としては優れた特撮技術、脚本ともに満足度が高かったと思います。 史実も偏りなく表現されていると感じました。 山本大将の堂々とした様など、帝国軍人の有様もよく表現されておりました。アメリカ人がこの映画を見て当時の日本軍をどのように感じたかも知りたいです。 よろしくお願いします。

  • 山本五十六の戦略

    山本五十六の発案による真珠湾攻撃により日米戦争が始まったことはよく知られています。彼はアメリカの能力を充分理解していて日本には勝利の望みが無いにも関わらず開戦したように言われていますが、軍人の 指揮官が勝利の見込みのない戦争を始めるものでしょうか、もし開戦せずに石油が無くなり軍艦、飛行機の運用が出来なくなり挙句に降伏する不名誉にたえらないとの考えから開戦に踏み切ったように理解しています。自分達の不名誉に耐えられないために国民の命を犠牲にするほうを 選択したとは考えたくないが、本当にそうでしょうか?日本は過去に勝利の望みのない戦争と言われた日露戦争をしています、その成功体験に 触発されたのではないでしょうか。しかし日露戦争の時は世界一の海洋国家と言われた英国と同盟を結んでいましたが、日米戦争の時はあのナチスドイツとの同盟でなんと当時の政府には世界を見る目のない連中が 政府の方針をきめていたようです。軍人が戦争を始めるからには勝利の見込があるはずだとおもうのですが、山本五十六は真珠湾攻撃したあとの戦略はどのように考えていたのでしょうか、まさか戦艦を全て撃沈されたから戦意喪失して講和を申し込んでくるなど考えていたわけないと思いますが。彼は真珠湾での攻撃目標は戦艦ではなく空母であったはずですがそのことを全く理解しない南雲長官に指揮を任したばかりに空母を無傷のまま放置して逃がしそのため後にその空母から本土空襲されたばかりにその後の作戦に大いに齟齬をきたした。山本は太平洋から米空母がいなくなると日本海軍の独断場となり、アメリカが本国で空母を建造するまで1年ぐらいで南太平洋に航空基地を建設されてしまっていたならあのような悲惨な戦闘をしなくともよかったのではないかと思います。その意味からも真珠湾攻撃は失敗であったと彼は判断したはずだと思われますが皆さんはどのようにみておられますか?

  • 太平洋戦争の緒戦で

     真珠湾奇襲攻撃の祭、米空母が居なかったため撃ち漏らし、 以後アメリカは空母主体の編成になって航空機が海戦の主力へと 変わっていきますが、真珠湾で一緒に沈めていたとしたら 太平洋で作戦行動ができる米艦隊は居なくなるので、あの戦争は 日本の勝ちか、優位に講和を結んでアメリカの風下に立つことは なかったと思いますが、アメリカに空母が何隻か無傷で残ったのが 後々の勝敗を左右したということでしょうか。