• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:日本で大規模映画が制作されないのはなぜ?)

日本でなぜ大規模映画が制作されないのか?

このQ&Aのポイント
  • 日本でアクション映画の制作が少ない理由とは?映画の規模についても考察します。
  • アメリカでは爆破される映画が多く公開されていますが、日本ではそれに類似した映画が少ないです。
  • 日本映画の現状や映画制作について、ハリウッド映画との差異を考えます。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • lv4u
  • ベストアンサー率27% (1862/6715)
回答No.3

>>日本でアクション映画の制作が極端に少ないと思います。 その理由は、 ・アクション映画に必須の銃器が十分に使えない。実銃を改造したステージガンが無い。空砲用の弾薬が使えない。 ・公共の場所でのアクション物の撮影許可が出にくい。 ・火薬を十分に使えない。 ・世界上映を念頭にした洋画のような予算が組みにくい。 押井監督のアニメ「攻殻機動隊」には、さまざまな銃器が登場します。アニメですから絵は自由に描けるとしても、リアル感を出すには、やはり実銃での射撃シーンを知らないと描けませんし、その発砲音の再現も難しいといいます。 ですから、数秒のシーンを描くために、海外での実銃を使ってロケを行っているそうです。 監督が銃器に特別のこだわりがあるからできることでしょうね。 なお実写の映画でも、海外のアクション映画であれば、出演者たちは、実弾による射撃訓練とプロによる指導を受けて、銃の扱いに慣れておくそうです。 007の映画で、受け取ったワルサーPPK/Sを手にして、装填の有無を確認する短いシーンを観ると「ああ、この人は銃器に慣れている人だなあ」なんて思ったりしますからね。 ちなみに、海外ドラマで、登場人物が犯人を射撃するシーンを見ますけど、実際の射撃競技会で見るのと同じような射撃速度で撃っていて「あのスピードでの射撃は、実弾を使ってないとしても、凄いなあ。」なんて思うことがあります。 まあ、海外の特殊部隊は、走りながらマシンガンを撃って、それでも頭部に着弾を集中させるといいます。 やはり、銃器に縁が遠い国では、アクション映画は難しいってことでしょう。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (5)

  • lv4u
  • ベストアンサー率27% (1862/6715)
回答No.6

No.3 です >>日本が占領され、それにある人たちが奮闘して奪還、 というものなら「ファイナル・ジャッジメント」があったと思います とある宗教団体が作った映画ですね。 あの映画は、私もエキストラとして寒い中、ロケ地だった震災後の福島に行って参加したんです。 監督は「今は秋の設定だから、冬にみえるものは全部脱いで!」なんて指示されました。 あの映画で侵略側の使っていた銃って、M-16のモデルガンでしたが、「なんで米軍側の銃を登場させるんだ?」とか、ボルトフォワードアシストが、MGCモデルガン独特の形状のものがあったり、銃身が曲がっていたり、射撃したときに空薬莢が飛ばないなど、ちょいガッカリものでした・・・。 それから、似たようなストーリで、アニメ「神秘の法」も作成していますね。こっちも、世界展開を考えて、流れる血を赤で表現できないといった制限があったようです。 どっちも、みる人が見れば、侵略国家として中国を想定しているのは明らかなんです。 だから、そういうストーリが問題とされて、それまで使えていた東宝系の映画館が利用できず、日活系で公開することになったため、地方では使える映画館が無く、公民館などを借りて上映することになるところも出ました。 また「日本が占領された後の、日本人への弾圧シーンをもっとリアルに描かないのか?」なんて意見もあったのですけど、現状のものでも、子供が泣いちゃったので、きちんと作ったらR-18になってしまう。だから、ゆるーい感じで作ったそうです。 まあ、いずれにしても日本でリアル感のあるストーリでアクション物を作るのは、難しいってことでしょう。 これを書いていたとき、ちょうど「ネイビーシールズ」を見ていました。 現役のシールズ隊員と家族が登場し、本物の兵器、本物の戦術、そして実弾を使った映画は違います。実弾を使う撮影なんて、武器の素人だと、危なくてできなかったでしょうね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#198792
noname#198792
回答No.5

やはり他の方のいうような予算や場所やそういったことだと思いますが 質問者さんは「大規模映画」としていますが 例として挙げてるのはリアルなテロや紛争、ってことですかね。 爆発の派手さとかそういったものではなく… 予算やセットやそういった壁に日本は特撮やアニメという方向に行ったんじゃないかと思います。 日本が占領され、それにある人たちが奮闘して奪還、 というものなら「ファイナル・ジャッジメント」があったと思います とある宗教団体が作った映画ですね。 自衛隊が全面協力してあれこれやった映画だと 「亡国のイージス」とかもあったと思います。 具体的な仮想敵国を出すのは、この国では難しいでしょう。 それは非常に窮屈で、不自由な問題であると同時に それはある意味日本の良さでもあると思います。 私はむしろ、ハリウッド映画に「うーん、日本なら特撮やアニメ程度の内容だなぁ」 と思ってしまいますし 脚本に至っても、こちらのものをリメイクしたりも結構ありますよね。 そういえば機動警察パトレイバーのpart2はリアルに描かれた東京を 自衛隊機が破壊していくさまはなかなか哀愁あってリアルでした。 あと、リアルタイムで戦争したり、しようとしていたりという国では そういった戦いへの意識を高揚させるような映画が多くなるのは自然だと思いますし 同じようなものを日本で作ったら国内でもそれほど受けるかわかりませんし まして、世界でじゃあアメリカで対抗しうるかというと日本の国際的立場を考えると 非常に危険な傾向とされて、商業的にも売れないと思います。 アイドルたちの問題はまた別で 映画に限らず深刻だと思いますよ。 必ずしもテレビと映画の間に格やすみわけが必要とも限りませんが やはり、映画向きの演技、ドラマ向け、舞台芝居向けの人 ただただ表現するという一点で優れておりなんでもできる人、いると思います。 でもどうしても有名なだけのアイドルを起用するのは確実な客足が望めたり そのためのスポンサーの付きやすさなどがあると思います。 お茶の間に受ける知名度、アイドルがもてはやされるのはすべてにおいて問題だと思います。 日本では、純粋な技術よりも「知ってる人が活躍する」方がうれしいというのもあるかと思います。 今オリンピック報道でも選手の心境や人生に隠されたドラマをやたら掘り下げます その人物を理解し、良く知って応援する、という。 テレビで見ていてその人の好物や悩みを知っていても、採点基準はよく知らないまま観戦、というのも あり得ることだと思います 福原愛は知っていても、卓球女子の日本一は知らない人も多いでしょう。 ヴァイオリニストに高島智佐子を挙げ、五嶋みどりを知らない人もいますし なぜか草刈民世は知っていても、吉田都は知らない、という現象が起きます。 本格的なもの、高い技術よりもよく知っている名前、顔 繰り返し語られるその人のドラマ。のエンターテイメントになってるのが問題だと思います。 この問題は今回の詐欺作曲家にもつながってるかもしれませんね。 ただ逆に言うと日本は「そういうものを望むところがある」というのがあると思います。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • since_1968
  • ベストアンサー率24% (254/1053)
回答No.4

制作費等の問題もあると思いますが 道路や公共施設などの使用許可を取るのが難しいのだと思います 地元で申し訳ないですが、北九州市は積極的にロケを誘致しており 「図書館戦争」では中央図書館、市立美術館等で爆破シーンを撮ったとのこです。 時代劇ではなく、現代を舞台の映画は地方公共団体の協力がないと難しい

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • IDii24
  • ベストアンサー率24% (1597/6506)
回答No.2

日本映画の歴史的には昔は娯楽の王様だったわけです。TVがない当時映画しかスターに会えるものなく、したがって裕次郎や加山雄三などの「アイドル」映画や寅さんやクレージーに代表されるホームドラマ的な映画が作られました。内容的には娯楽作品です。その一方で小津安二郎や黒澤明などの大作が作られます。これらは海外、特にヨーロッパで壮絶な支持をうけ、あちらの映画のお手本になっていくのです。 例えば東京オリンピックの記録映画(記録映画は開催国が作成します)は市川崑が撮影し、選手のアップやスローを多用した記録映画として初めての芸術作品になっています。日本国内では記録にならんと酷評。でも海外ではドッカンと大好評。フランスではクロードルルージュによる冬季オリンピック映画「白い恋人たち」がこれに真似て作られました。 でもTVの進出で映画産業は斜陽産業になり、映画会社は倒産がつづき、すべての駅にあった映画館は殆どつぶれます。 それを打破しようと角川映画が新規に参入。まずハリウッド並の製作費、TVや新聞でのCM攻撃。これを実施。これにより映画はそれなりにヒットしますが、映画界からは敵であるTVと組むとは何事だと大批判。賞のノミネートからも外されるなどされます。 しかもこの過剰なお金もかけ方、ハリウッド俳優の抜てき、本物の戦車、ヘリ、潜水艦などを使った撮影で、角川春樹の道楽として、お金がもたず撤退します。 しかし映画が生き延びるのはTVと組まなければだめかも、ということでTVドラマに出演さえしなかった映画俳優もドラマに出るようになります。その代表は石原裕次郎や笠 智衆、吉永小百合、高倉健です。特に石原裕次郎は映画のこだわりがつよく、初主演ドラマにも自分のシンボル「太陽」を名付けます。はい、「太陽の季節」「黒部の太陽」につづく「太陽にほえろ」です。こういった試みが成功し、映画俳優もドラマに出演がおおくなり、垣根がなくなります。 そしてTV局がお金を持ち主導をにぎると1990年ごろから、ドラマの続きということで映画を作成することになりますが、あくまでもスポンサーの為、ドラマを引き立てるため。配役も脚本もスポンサーの意向。キャッチーなだけのろくな作品ではありません。角川映画のようなお金をかけるだけの娯楽悪品はTV局がたくさんお金を集めて作ればよいということになります。 しかし日本映画の本質は小津安二郎や黒澤映画のような芸術なのです。映画人はハリウッドとは違う作品を目指しているのです。事実ハリウッド映画は世界中では評価されていません。はっきり言って僕も見ません。本来の日本映画は日本を描くことであり、日本人を直に描くことです。それが世界で受け入れられようとかどうとかは、まず関係ありません。正しく日本人を描けなければ、嘘で世界向けに作っても意味もありませんよね。 昨年「そして父になる」があれだけ世界中で評価されているのは脚本や演出が素晴らしいからに他なりません。地球の裏側まであの映画は浸透しています。ちゃんと伝わっているのです。地味でもそういう風な作品を日本の監督は目指してます。それに共感している俳優が映画俳優であり、タレントではありません。堺雅人も満島ひかりや麻生久美子など地味でもいい俳優が映画から生まれます。そしてTVドラマに抜擢され一般の人も目にするようになりますが、本来映画の人。そういう俳優がいるのも確かなんです。 彼らはまず映画、でもTVでもいいものがあれば出演する。そういう方針。出資が誰でも作品がよければ出演するというスタンスはアメリカでも同じですよ。ただアメリカドラマは日本より脚本がひどいですから、それに長いのでイメージもつきやすい。出演しないのはそれだけの理由です。 言える事は日本の映画はハリウッドを目指していない。そういうのを作るのはTV局の出資だけ。さらに世界から見るとハリウッドなんか目指している国は無い。そういうことだと思います。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • born1960
  • ベストアンサー率27% (1224/4399)
回答No.1

一番の問題は「誰が金を出すのか」ってことですね。 世界を相手にしているハリウッドと、日本国内を相手にしている日本とではまったく勝負になりません。少なくとも「商売」なのでリスクを伴う作品を作る勇気とお金がないのです。  またアクションにかぎらず映画オリジナル脚本のものが殆ど無いのも、やはりそれだけのものを作る勇気とお金がないからです。原作ものの映画化はすくなくともある程度の観客動員が望めます。 小説が原作、TVドラマが原作、アニメが原作ってものですね。  だからこそ宮﨑駿の「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「となりのトトロ」などはオリジナリティがあり、しかも観客動員も記録に残るものとなりました。彼の作品でも彼のオリジナルでないものは個人の好みの問題もありますが、ちょっと質が落ちる気もします。  ちなみに歴代日本映画興収成績をみるとアニメ以外の実写映画ではほとんどがTVドラマの映画化、コミックやアニメの映画化、原作のあるものの映画化です。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E4%BB%A3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%98%A0%E7%94%BB%E8%88%88%E8%A1%8C%E6%88%90%E7%B8%BE  興行収入が多いものはスポンサーにとって「いい映画」なのですね。儲かった映画ということです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • アメリカの映画俳優

    アメリカのテレビでは映画俳優とドラマ俳優の扱いは日本と較べてどうなのでしょうか? 日本では、ドラマで認められた俳優が映画出演して、映画寄りの俳優となったり、 ドラマ俳優よりメディアに出てこなくなるといった構図がありますが、 アメリカはどうなのでしょう? ハリウッド俳優は映画ばかり出ているのでしょうか? 映画俳優とドラマ俳優は別扱い的な要素が強いのでしょうか? 映画俳優はテレビに出てこない勝手なイメージを持っています。 ご存知の方、宜しくお願いします。

  • 映画のヒットするかしないかはやってみなけりゃ分からない?

    映画のヒットするかしないかはやってみなけりゃ分からない? ハリウッドで製作された映画のヒットするかしないかは公開してみなければ分からないということを 聞いたのですが本当なのでしょうか? 確かに有名俳優、有名監督、莫大な制作費や広告費etc・・にも関わらずコケてる映画って多いような気がしますが・・・。 最後に最もヒットに直結する要素は何だと思いますか? やはり内容(=脚本の面白さ)でしょうか・・?

  • 日本人のハリウッド進出はあり得るか

    ハリウッドの華やかさに比べ邦画のチープさには日本人として情けなくなります。 同じ「映画」とはとても思えません。 私は俳優を目指しているのですが、はっきり言って日本のようなチープな映画になど出たくありません(ギャラも低そうだし)。 ハリウッド俳優は、演技力も高く、ギャラも云十億レベルなのに対し、日本の俳優は・・。 なんだか日本人として生まれたのが悲しくなります。 アメリカ人に生まれていれば、ハリウッド俳優としての道もあったかもしれないのに、日本人として生まれてしまったがために、出られたとしても日本のしょうもないチープな屑映画。 みなさんは、この先、日本人俳優がハリウッドで主演を張れるような日が来ると思いますか?

  • テレビ局か映画会社のどちらに就職するか

    こんにちは。私は現在アメリカの大学で映画学部を学んでいる2年生です。 生まれも育ちも東京で、日本の高校卒業時からアメリカの大学で4年間通います。 ハリウッドで日本人として活躍する有名な映画監督になりたいと思い渡米しました。 しかし、アメリカに来て約一年半が経つのですが、まだまだネイティブレベルまで喋る事ができません。 これからどこの企業に勤めるかを考えた時に、やはり、卒業するまでの残りの2年半で、ネイティブレベルまで喋れない事を想定した場合、日本人として、ハリウッドの映画制作会社で勤めるのは難しいと考えています。 なので、4年間アメリカの大学で正規留学生として通う事は大きなアドバンテージにもなり、パフォーマンス力も上がると思って、日本の企業に就職しようと思いました。 そこで、将来有名映画監督になる志がある中、テレビ局に就職するのか、映画会社に就職するのか迷っています。 映画監督になって映画を作るには、やはりお金がかかります。 映画会社、例えば、映画配給会社は、アルバイトの先輩やインターネットの情報から、年収も低く、過酷な労働がほとんどだそうです。 そして、映画制作の派遣会社も、年収が著しく低いようです。 しかし、ほとんどのテレビ局は年収が高い為、テレビ局で働きながら映画制作を副業でやるのが一番近道なのかなと思いました。 映画とテレビは違うとは言えど、一応同じメディア関連の仕事の為、テレビ局に就職して、個人で映画制作に励むのもありかなと思いました。 ネイティブレベルではないとは言えど、語学力もあり、4年間アメリカの大学に在籍するというアドバンテージを踏まえて、低賃金な映画関連の会社に勤めて映画監督を狙うよりも、テレビ会社に勤めて成る方がより良いのではないかと考えたのですが、 皆さんだったら、純日本人かわ、アメリカの4年制大学の映画学部を卒業する事を踏まえ、アメリカもしくは日本、そしてどこの企業に勤めた方が、映画監督として食っていく可能性を高めると思いますか? アドバイス頂けると嬉しいです。

  • テレビ局で映画制作!?

    テレビ局で映画制作ってやっているんですね!? 例えば、TBSで「恋空」など。 フジテレビにも映画制作という部署がありました。 そこで思ったんですけど、テレビ局での映画制作はどこまでできるんですか!? 例えば、キャスティングから現場監督からすべてテレビ局の人がやる事が出来るんでしょうか!?テレビ局でドラマを作るように、テレビ局で映画も作れるのでしょうか!? 今までは、スティーブンスピルバーグとか宮崎駿など、映画監督という職業の人しか作れないと思っていたのですが、テレビ局の人でも作れるのでしょうか!? 分かる方教えて下さい。

  • 最近は日本映画がハリウッド映画よりもおもしろいんでしょうか?

    現在、アメリカに住んでいて、日本にはもう5年以上帰っていません。最近、聞いた話によると、日本では、日本映画のほうがハリウッド映画よりもおもしろいと聞きました。っていうのは、ハリウッド映画の内容がシンプルすぎておもしろくなく、日本映画のほうが、話の内容が濃いとかなんとか。 それで、私の質問はというと、最近の日本でおもしろいといわれる映画と、実際に、ハリウッド映画のことをどう思うのか、この二つに的を絞って回答してほしいです。

  • アメリカのCMタレント

    アメリカのCMには、ハリウッドスター級の有名人は出ませんか? この前アメリカに行って、テレビを見たときCMに出てくる有名人が少ないなと思いました。日本では映画俳優でもテレビCMでると思うのですがアメリカでは超有名人は出ないのでしょうか?

  • この映画のタイトルを教えて下さい

    15年から25年前のアメリカ映画で、(多分ハリウッドで)脚本家をしている男のもとへ、(離婚した)10歳くらいの娘が訪ねてくる内容です。 その会話が実に面白くてもう一度見たいのです。 ニール・サイモンかなと思い検索したのですが、どうも該当する映画がないんです。 昔、深夜テレビで途中から見たのでそれ以上は分りません。

  • 外れのない映画の目安

    アマプラなどでもう見たいのがなくてあてずっぽうのタイトルを見てつまらなくて「はずした~」って思う時がありますよね。 知らない映画を選んで後悔するよりも安全に楽しみたい時・・・・ 私の経験的なことですが、 ・予算のかかっているハリウッド映画つまり、誰でも名前を知っているような主演俳優の映画ははずれがない。  キアヌ・リーブスやデンゼル・ワシントンとかアン・ハサウェイですね。 ・日本映画は予算不足なので「フジテレビ制作」みたいなテレビ系映画のほうが俳優陣が充実していて面白い、はずれがない。  つまり長澤まさみの主演映画に絶対はずれはない。 皆さんの選択方法ってありますでしょうか。ご紹介ください。

  • イギリス、オーストラリア、フランスの有名映画俳優はアメリカに住んでいるのですか

    イギリス人、オーストラリア人、フランス人等の有名な映画俳優(または女優)は、ハリウッド映画に出るためにアメリカに住んでいるのでしょうか。 それとも、母国に住んでいて、たまにハリウッドに行くのでしょうか。 母国とアメリカとどのくらいの割合でいるのでしょうか。