-PR-
解決済み

CURE(キュア)の結末が???

  • 暇なときにでも
  • 質問No.67813
  • 閲覧数7701
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 61% (8/13)

先日、CURE(キュア)を借りて観たのですが、結局なんだったのか、役所光司はなにものなのか、よくわからなかったです。何回も巻き戻してみたんですが、わかりません。
みなさんの見解をお聞かせください。

余談ですが、とても怖くて、映画公開当時は怖い映画ランキングで1位と聞いていたのですが、怖くなかった。ちなみにそのときリングは3位だったそうで。(私はこの世で一番怖い映画がリングです。リングについては意識の奥底にしずめてしまいました。ので、私の前でリングについて話すことは固く禁じられています。)
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル3

ベストアンサー率 50% (1/2)

いろいろな意見があるでしょうが、覚えているかぎりの私的見解では、「役所広司は萩原聖人からあの催眠術をひきついだことによって本能の赴くまま、自分にとって日常生活に制約をもたらす妻を殺す=癒された(CURE)」って感じで終わってると思います。
最後、レストランのシーンがありますが、役所さん見るからにスッキリとした身なりで美味しそうに食事をとっています。(そこへのフリのシーンとして、途中で同じレストランでボロ雑巾のような格好で不味そうに食事してます)
彼が妻を殺して1人になってやり直す、ということが本当の「癒し」かどうかはわからなかったけれど、あの人間の心の奥底にある欲望を呼び覚ます催眠術が怖かった…ふと考えたことが当然となってしまう恐怖ときたらこの上なし!
お礼コメント
haohao

お礼率 61% (8/13)

なるほどなあ。ありがとうございます。
ちなみに、ラストのレストランで、コーヒーをついでくれたウェイトレスの女の子、奥の方で他の店員の女性と話した後引っ込んで、再び店内に出てきたとき、包丁もってどっかいきましたよね・・・。あの意味は・・・。
うーん。いろいろ考えると奥深いものですね。
投稿日時 - 2001-06-15 23:55:13
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 27% (8/29)

私もはっきり言ってわけわかりませんでした(笑)
えらく後味が悪い作品だったなあ、という感想しかないです。
ちなみに私がいちばん怖かった映画は「女優霊」です。
(「回路」はさらに怖いらしいですが見逃しました(泣))

回答でもなんでもないですね。すみません・・・。
お礼コメント
haohao

お礼率 61% (8/13)

ご回答ありがとうございます。
そうですよねー、後味わるいですよね。
女優霊、こわかったです。クライマックスとかよりも、視界の片隅になにかいるってところが・・・とっても苦手。

回路、まだみてないのでみてみたいと思います。
投稿日時 - 2001-06-15 23:59:20
  • 回答No.2

わたしもわかったわけではないんですが、あれはわざと意味をつけてないんだと
思います。怖さを増すために、理由付けをしない話や映画ってときどきあります。
でも、わたしも怖くなかった…
「リング」は映画よりも、昔TV放送していて今ビデオとして出ている、高橋克典
主演の方が、よくできていてこわいと評判ですよ。レンタルビデオ屋さんなどに
沢山おいてあります。
それと、marchaさんが言っておられた「回路」ですが、すごくホラーマニアの私としては楽しみに観にいったのですが、こわいところは一部分でした。これも結末は
あいまいです。
そして、お奨めするのは「催眠」です。
久しぶりに手に汗握るこわさでした。もちろん人それぞれではありますが、
これもじみーに評判なのですよ。
お礼コメント
haohao

お礼率 61% (8/13)

ありがとうございます。
うーん・・・たしかに、え?ってかんじで終わってしまう映画はよくありますね。それでも、「多分、こういうことだったのかなあ」という自分なりの納得は今まであったのですが、この作品は考えつかなくて。

催眠、みました。昼間に一人で。私は怖いものは昼でも一人では観ないのですが、催眠はみてみました。吾郎ちゃんみたさが怖さに勝ったというか、あまり怖くないだろうとなめてかかったので。
ふつうにこわかったです。菅野、さすが。という感想ですた。
投稿日時 - 2001-06-16 00:06:48
  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 14% (1/7)

こんにちは。
公開時に見逃してしまい、すごく残念だった記憶はあるのですがビテオで見たときの記憶はありません。
たぶん期待があまりに大きかったからなのでしょう。
因みに私が怖かった日本映画は菅野美穂の「富江」です。
怖いというより気持ち悪かったというほうが正しいかもしれませんが。
お礼コメント
haohao

お礼率 61% (8/13)

ありがとうございます。
富江、ビデオやさんでケースのあらすじを読んで、あんまりこわくなさそうでやめた記憶があります。増殖していくとか書いてあって、とたんに怖さがひきました。つい、細胞分裂とか、頭の中が生物学モードになってしまって、恐怖心がとんでってしまったみたいで・・・。
でも、テレビで宝生舞の富江の紹介をみて、目をそらしてしまいました。キモチワルイです。
投稿日時 - 2001-06-16 00:15:03
  • 回答No.4
レベル5

ベストアンサー率 12% (1/8)

どんな結末だったか自体はあやふやだけど、
バス旅行と廃病院のシーンは役所公司が既に
萩原聖人の催眠術に陥ったがために見た精神世界だった筈。

つまるところ、隠喩的な表現を使って、役所が嫁はんを殺し、自殺した
って結末を描いたのでしょう。役所妻は精神疾患で、役所はその治療生活
に疲れており、深層心理では妻がいなくなればいいと思っていた。
(クライマックス近くでバスタブに縛り付けられていた屍体は役所妻。
 これも役所のイメージ?)
因みにうじきつよしは自分が催眠術にかかって仕舞ったことを知って
他人に危害を加えない為に自殺した、と考えています。

多分…

『CURE』は名作だよ。面白いと思う人にとっては。
お礼コメント
haohao

お礼率 61% (8/13)

ありがとうございます。
えーん。むずかしいです。なにが現実でなにが妄想なのかわからなくなる・・・。
うじきさんについては私も同感です。
投稿日時 - 2001-06-16 00:23:43
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ