• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

デジタル一眼には、なぜ機械式のシャッターが必要なのでしょうか

最近、思い切ってマイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式デジカメを購入したのですが、何度か使っているうちに次第に撮影の都度、機械式のシャッターがバシャって動く理由が気になってしまい質問させていただきました。 市販されているデジタル(一眼)カメラが、静止画を撮像する際に機械式のシャッターを必要としているのはどのような理由からなのでしょうか。 デジタルカメラで、ライブビューが実現できているということは、仕組みとしてはデジタルビデオカメラに近いのではと推測しています。その場合、単純にシャッターを押した前後の撮像素子からの信号から、静止画を生成すれば良いのではないかと思うのですが、ほぼすべてのデジタルカメラに機械式のシャッタが搭載されている以上、何か合理的な理由があるだろうと思います。 素人っぽい疑問で大変恐縮ですが、カメラにお詳しい方、撮像素子の仕組みや光学分野にお詳しい方、ヒントやアイディアでも結構ですので教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2843
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

ビデオカメラをお使いなら、多分経験済みだと思いますが、CCDセンサーは、信号の読み出しラインに沿って信号をバケツリレー式に転送しますので、電子シャッターだと、強い光を受けると飽和電流が読み出しラインに溢れ出しスミアが発生します。 C-MOSは、個々のセル単位でスイッチング回路があるので、スミアは発生しませんが、高速シャッターでは、CCD同様色ムラが発生する事があります。 ですから、コンパクトカメラでも殆どはレンズシャッターを併用しています。だだ、殆ど無音ですから擬音を付けています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kuma-gorouさん、回答ありがとうございます。 大変良く理解できました。 たしかに、kuma-gorouさんのおっしゃる通り信号を読み出している最中に、同じ画像に合成する他の素子の露光が進行してしまうと、あとあと調整が面倒ですね。 機械式シャッターで撮像素子を強制的に暗状態にしてしまってから読み出せば、このあたりの考慮をしなくてすむので合理的だと思います。 単純にライブビューの場合、シャッターが   明(開)→暗(閉)→(読み出し)→明(開) という風に動作をしているのだと思い込んでいたのですが、実際は   明(開)→暗(閉)→(撮像素子をリフレッシュ)→明(開)→(露光)→暗→(読み出し) と動作していた訳ですね。 すっきりしました。

関連するQ&A

  • デジカメのシャッターについて

    一眼デジカメのシャッターは普段閉じているので液晶モニターをファインダーのように使えませんが、コンパクトデジカメのように常にモニターに映像が映ってるやつのシャッターはどんな仕組みなのでしょうか? 単純に撮像素子の信号を読み込む時間でやってるのでしょうか?

  • 撮像素子サイズについて

    最近ミラーレスでも撮像素子サイズが大きくなっていってます。 撮像素子が大きくなると、ボケを生かした撮影では有利になりますが、 被写界深度を深く撮りたい撮影では不利になります。 何よりも問題は、撮像素子を大きくするとレンズを含めたシステムの サイズ・重量が大きくなるということです。 フィルムカメラであれば、ハーフサイズや110サイズでは35mmに較べて、 同サイズまで伸ばした場合、明らかに画質低下がわかるのですが、 最新の撮像素子では、A1程度ではマイクロフォーサーズとフルサイズの 差は区別できないとも言われます。 そうした現状を踏まえて、なぜコンパクト・軽量・携帯性を重視すべき ミラーレス一眼の撮像素子を大きくする必要があるのかわかりません。 ニコン1やマイクロフォーサーズのサイズでレンズを充実させる方が ミラーレスの良さが活きると思います。 ミラーレス購入者の多くを占める「初めて一眼を買うジーサン」に対して 30万円の機種と同じ大きさの撮像素子だからよく写りますといって 買わすことができるからなのでしょうか? ミラーレスの撮像素子サイズの在り方についてお教えください。

  • デジタル一眼のビデオカメラって無い?

    素人で的外れな質問だったらすいません。 今、一眼レフカメラでムービー撮影機能が付いたものが沢山あるかと思います。 僕も一眼で撮った背景がボケたような映像を撮って見たくて・・・。 ただ、静止画用のカメラ(の形)だと手持ちでパンしたりする動きのあるような映像 を撮るには扱いづらいかと思ったので、一眼のビデオカメラをって思ってネット検索 してみたら、まったくヒットしない。(業務用はあるかもしれないけど・・・。) ほとんどが静止画用のカメラ(いわゆるそう言う静止画用のカメラの形)だけ!! なんで!? 何か理由があるんですか? またそういう商品は出てないんですか?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

機能的には、電子シャッターでも問題ないんだと思いますが、スミアやブルーミングなどの問題でどうしても機械式シャッターが必要なようです。今後の技術の進歩によっては、マイクロフォーサーズのようにミラーレスで、しかも機械式シャッターレスのカメラが出てくるかもしれませんね。 ちなみに、ニコンのD40は、電子シャッターと機械式シャッターを併用しているので、1/500秒でもストロボが同調する利点はありますが、スミアやブルーミングなどは避けられなかったようで(「d40 ブルーミング OR スミア」で検索すると、結構ヒットします)、次期モデルのD40xやそれ以降は機械式シャッターだけになっています。 http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d40/spec.htm http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d40x/spec.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

sokojasoさん、ありがとうございます。 スミアとブルーミングというキーワードで一気に世界が広がりました。撮像素子にCCDを使う場合は特に、機械式シャッターがあると有利で画像処理する前のデータが安定するという点は非常に良く理解できました。 これで安心してシャッターを切れます(シャッターを切るたびに、このカメラ、掌の中で大げさに無駄なことしてるんじゃないか、という疑念をかすかに抱いていたもので) >ちなみに、ニコンのD40は、電子シャッターと機械式シャッターを併用しているので、 これは面白いお話ですね。機械式シャッターを開いて、電子シャッターを落とすという感じなのでしょうか。 撮像素子(特にCCD)からの信号読み出し速度が高速化して、機械式シャッターの速度を上回る様にならない限り、機械式シャッターがある方がカメラに撮っては有利ということなんですねー。 たいへん勉強になりました。

  • 回答No.3
  • bardfish
  • ベストアンサー率28% (4690/16522)

>この部分、逆説的なんですが、ライブビューが実現できているということ >は、撮像素子の発熱によるノイズは無視できる、あるいは現実的な稼働時間 >では問題にならないレベルにできたということにならないでしょうか? 今はそうかもしれませんが、一寸前まではそうではありません。 例えばNikon D100だと長時間露光ではセンサーが発する熱が原因で赤カブリするという現象が発生します。 コンデジではセンサーサイズが小さいので簡単な冷却機構で発熱問題は解決できますがAPS-Cサイズでは簡単には解決しません。センサーの方式が異なるのも原因の一つです。 機械式シャッターを必要とする理由の一つに「光学ファインダー」があります。光学ファインダーのメリットはライブビューのような遅延が発生しないこと。 あとは画質を優先した結果の選択と、他のデジカメとの差別化を明確にすると言う戦略的意味合いもあると思います。 更に言うとライン転送式のCCDイメージセンサーでは流し撮りのようなテクニックを使用した際に被写体の大きさが変わってしまったりまっすぐなモノが曲がってしまうと言う現象が発生します。これは機械式シャッターでも起こりうる現象ですが機械式の場合はシャッター幕を横走りから縦走りにすることでほぼ解消されています。 画質優先で様々な用途に使用される一眼レフではその欠点はある意味致命的です。 家族写真など極々一般的な使用用途であればその様な欠点は無視できますが、モータースポーツやウィンタースポーツのようにスピードのある競技では遅延が発生するファインダーより光学式ファインダーが絶対有利だし、電力消費という点でも絶対有利。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

bardfishさん、回答ありがとうございます。 >コンデジではセンサーサイズが小さいので簡単な冷却機構で発熱問題は >解決できますがAPS-Cサイズでは簡単には解決しません。センサーの >方式が異なるのも原因の一つです。 bardfishさんのおっしゃる通り、撮像素子のサイズや仕組みによって装置側での対応が異なる、というのはよく理解できます。確かに質問を挙げる前の段階でその点に思い至るべきでした。 無理に冷却のことを考えるならば、必要なときにだけ稼働させる様にした方が断然シンプルな解ですね。 >機械式シャッターを必要とする理由の一つに「光学ファインダー」が >あります。光学ファインダーのメリットはライブビューのような遅延 >が発生しないこと。 光学ファインダーの部分は質問を投稿する前にちょっと考えてみたんですが、ミラーを開閉させることと、撮像素子自体に機械式シャッターをつけなければならない点の因果関係が不明だったので質問時には特に触れませんでした。 ありがとうございました。それにしてもカメラの世界は奥が深いですね!

  • 回答No.1

一眼レフに機械式シャッターが搭載されている理由は もともとが機械式シャッターからきていますのでその流れもありますが 長時間シャッターを開いて、センサーを稼動させると熱を持ち 画像にノイズを発生させるからです。 また、現在のCanonの一眼レフで、ライブビューモードを搭載した 一部の機種では電子シャッター式でシャッターが切れるモードが ありますが、通常使用するモードではありません。 また、常に入ってくる膨大な画像情報を画面を切り取るだけで 綺麗な画像が得られるようにするには、シャッターを切るたびに 設定したシャッタースピードで入ってきた映像情報を元に 電気的に演算処理して、画像上に再現しなければなりません。 その演算をカメラのボディの中でやってしまうのでどうしても 無理があります。 知っていますか? ビデオカメラに搭載されているカメラ機能は、まさにこの弊害が でていて、カメラ機能でシャッターを切って実際の画像になるまでに 数秒かかる機種が多く、ちょっと前までデジカメ兼用でビデオを 買った人の多くは、デジカメ機能としては不満を持っていました。 シャッター音がそんなに気になるなら、 いや、シャッター音をそんなに気にしなければならない撮影を されるなら、一眼レフからは手を引かれることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

Us-Timooさん、回答ありがとうございます。 長文になりますが、補足で質問させてください。 >長時間シャッターを開いて、センサーを稼動させると熱を持ち >画像にノイズを発生させるからです。 この部分、逆説的なんですが、ライブビューが実現できているということは、撮像素子の発熱によるノイズは無視できる、あるいは現実的な稼働時間では問題にならないレベルにできたということにならないでしょうか? >綺麗な画像が得られるようにするには、シャッターを切るたびに >設定したシャッタースピードで入ってきた映像情報を元に >電気的に演算処理して、画像上に再現しなければなりません これもどのように画像処理用のASICをデザインするかという問題で、おそらく実行することになる処理そのものはそれほどかわらないのではと思います。 シャッターを押すというイベントからCMOSのデータ前後数フレームを画像処理プロセッサのメモリ上に転送、画像処理実行、ストレージに保存という流れをキックすれば良い訳で、Us-Timooさんがおっしゃるように必ずしも機械式のシャッターがなくても実現できる様に思います。(推測です、詳しい方がいらっしゃいましたらばしばしご指摘ください) ライブビュー時はカメラ本体の小さな画面に映る程度に処理をすれば良いので、常に撮影と同等の処理をリアルタイム実行している訳ではないでしょうし。 ただそうなのであれば、機械式シャッターがこれだけ多くの機種で使われているのはなぜなのでしょう。 何か画像処理上のメリットがあるのでしょうか。。。 >シャッター音がそんなに気になるなら、 >いや、シャッター音をそんなに気にしなければならない撮影を >されるなら、一眼レフからは手を引かれることです。 こちらは本文にもあります通り、質問者の意図はデジタルカメラに「機械式のシャッターが必要な理由」が気になったというもので、特に撮影時にシャッター音がすることの評価については言及しておりません。(ちなみに個人的にはあのパシャッというメカっぽい感覚は嫌いではありません)

関連するQ&A

  • ライブビューモード

    オリンパスのEM10を使用しております。 先日撮影していると太陽光が入ってきて、少し心配になりました。しかし夕日や太陽も撮ってみたいという願望もあり、減光フィルターなしでもカメラは大丈夫なのか、と色々調べていると、また新たな疑問が浮かび上がりました。 こちらのブログで ( http://pic.moo.jp/archives/1141/ )その方は日食をフィルターなしの素のレンズのままで、ファインダーを覗いて確認できないのでライブビューモードで太陽の位置を確認しながら撮影。1分くらいは露光していたと思うと書いていらっしゃいました。シャッタースピード 1/8000 絞り F45 ISO感度 100で撮りまくったということでした。 この方の文から、ライブビューで液晶に映像が映っている間は、撮像素子にずっと露光しているということなのか?という疑問が浮かび上がりました。 そこでまた色々調べてみると、ファインダーから覗くのは、ミラーで撮像素子を写しているので少し誤差がある。けれどもライブビューはそのまま撮像素子を見ているので誤差はない、ということがわかりました。 ということは、ライブビューで見ている間は、撮像素子を見ているから、液晶に映像が映っている間は、撮像素子に露光している???もしくは半押ししている間は露光している??ん??という疑問が頭の中をぐるぐる。。(笑)半押ししている間に太陽が入って、ぐずぐず構図を迷っていると、露光しすぎてセンサーが焼けるとかそういうことなのか?など、もう分からなくなってきまして。。。 冒頭に書いた、先日の太陽が入ってしまった写真。あれを撮るとき半押ししたまま構図を迷ったかもしれないのです。ライブビューで。あれはダメだったのかなぁと。 このライブビューというのは使うときは気をつけないといけないのでしょうか?普通に便利だな程度で使っていたので反省しています。 太陽そのものを撮るときは減光フィルターが必要だけど、太陽を含めた景色を撮るときは、フィルターなしでも大丈夫ともどこかに書いてありましたが、本当のところはどうなんでしょうか。夕日を撮りたいけれど、フィルターを持っていないので怖くて撮れません。仮にフィルターなしでも大丈夫としても、ライブビューで撮るのはカメラに良くないのでしょうか? 心配性の初心者ですので、基本的な質問かもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

  • デジタルズーム?テレコン?

    デジタルズームの仕組みを教えてください。 光学ズーム5倍デジタルズーム2倍とか書いてあるものは、 デジタルズームでは撮像素子の中央部だけをトリミング しているだけと考えて良いのでしょうか? その際カメラに保存される画素数はどうなるのでしょうか?

  • 2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探してい

    2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探しています。 現在、販売されているレンズ一体型のコンパクトカメラで、撮像素子の 大きさを見ていると1/2.3型や1/2.4型が主流で、ハイエンドモデルでは 1/2型や1/1.7型、1/1.6型なども見かけますが、2/3型(=1/1.5型)の撮像素子を 搭載したカメラは見かけません。 以前はDSC-F828, COOLPIX 8400, DiMAGE A200など数機種みられましたが、 2/3型の撮像素子を搭載した機種で、多分これが一番最新だろうと 思われる機種が有りましたら教えてください。

  • 撮像素子の大きなデジカメを捜しています、ご存知の方助言よろしくお願いします。

    デジカメの購入を考えています、撮像素子の大きなカメラが良いとききました、撮像素子の数の多さではなく大きさが大切だとか! ご存知のかたがいらっしゃいましたならアドバイスお願いします。

  • 『機械式シャッター』という言葉の意味とか・・・

    『デジタルカメラに機械式シャッターがある理由は何? 電子シャッターだけじゃダメなの?』 という質問があると、ヤフー知恵袋のデジカメカテゴリでは 『デジタルカメラに機械式シャッターはない! 質問は成立しない』 、みたいな回答がよく付いているのですが、(向こうで聞くと荒れるのでこちらに来ました) 古典的な意味ではなく、現代のデジタルカメラの『機械式シャッター』のことを何と呼べばいいのですか? ググってみると、『光学シャッター』、『光学式シャッター』だとあまりヒットしないけど、これで良いのでしょうか? あるいは『電子制御機械式シャッター』と呼ぶしかないのでしょうか? デジタルカメラ前提での話において、『電子シャッター』に対する『機械式シャッター』はそんなに意味が通じない言葉なんでしょうか?

  • テレビ局や映画のカメラのメーカーは?

    最近では、テレビ・映画ともデジタルカメラでの撮影が主流だと聞きます。 そのカメラは、どのメーカーのものなのでしょうか? ソニー?パナソニック?キヤノン??? また、分かれば撮像素子サイズと画素数もお教えください。 家庭用ビデオカメラもそのメーカーがいいのでしょうね。

  • デジタルカメラにとって良いレンズとは

    カテ違いでなく、理系の質問ということで、よろしくお願いします。 デジタルカメラの撮像素子の構造上、フィルムと違い光束の方向性が問題となってきます。 「受光部がピクセルの窪んだ位置に有るため」が、その理由であるそうで、斜め方向から光が入ってくると周辺光量が不足したり、色ずれが発生したりとフィルムの場合には起こりにくい現象が、メーカーサイドで確認されているそうです。 それは理解できます。 そこでデジタルカメラ専用レンズは、撮像素子の周辺部まで、ほぼ垂直に光が入射するように設計されているとのことです。 以下質問になりますが、レンズは被写体からレンズの受光面に到達した光束を適切に屈折することで結像するものと思います。 つまり、撮像素子の面に入射するほとんどは斜め光線で占められると考えます。 撮像素子の面に垂直に光が入射するようにしたら、平行光線になり結像しないように思えます。どう考えても作りえないように思えます。考え違いでしょうけれど。 せいぜい、バックフォーカスをできるだけ長くするようなことしか考えられません。 どのような設計なら撮像素子の面に垂直に光が入射するようになりますか。 実は、フィルム用従来レンズが使用できるデジタル一眼レフか、デジタル専用レンズの一眼レフかで悩んでおります。

  • D60ならできてD40にはできないことある?

    昔 ペンタックス一眼使っていた75歳です。腕伸ばしてモニター見てシャッター切る習慣がなくて「ファインダー覗いて腋締めて」のクチです。今は PowershotG7 使っています。 弱っている点が二つ 1 ファインダー像が小さい 2 電動ズームでフレーミングに手間取る 持って歩くのに重いという理由で一眼は避けていましたが RAW現像もやってみたいし 比較的軽いのならという理由でニコンD40を買おうと思いました。画素数の少なさは承知していますが 1 D60ならできるが D40じゃできないという点はありますか? 2 他の選択肢(例えば オリンパスは撮像素子が小さいという理由だけで避けていますが)はありますか?  

  • ボケ味、明るさ出すには撮像素子とF値どっちが重要?

    カメラのボケ味、明るさを出すための性能面の要素として、撮像素子と絞り値があることを学んだのですが、この二つの要素ではどちらが重要なのでしょう。 例えば、ソニーのミラーレス「NEX-5」(標準ズームレンズキット)とデジタルスチル「DSC-QX100」とを比較すると、ボケ味、明るさを出すという点で、NEX-5は撮像素子が有利、QX100は絞り値が有利という互い違いの性能となっています。 【NEX-5】撮像素子:APS-Cサイズ、絞り値:F3.5-5.6 【QX100】撮像素子:1.0型、絞り値:F1.8 この場合、どちらのカメラがボケ味、明るさを出せるのでしょうか? ※NEX-5はレンズが交換できるので、拡張的要素を含めると断然有利なのですが、今回はあくまで上記スペックでの比較をお願い致します。

  • 撮像時間の短いコンパクトデジカメは?

    外国在住者です。スティールカメラもデジタルカメラも人さまの平均以上の期間使いこなしています。デジタルカメラは一眼とコンパクトの2種を使い分けていました。コンパクトタイプは1台目が故障したので買い替えた2台目を使っていましたが、見事に盗まれました。 近いうち一時帰国する際にコンパクトカメラを買おうと思っているのですが、シャッターを押してから撮像するまでの時間の短いカメラはどんなのがあるでしょうか?つまりシャッターチャンスを逃さない早くシャッターが切れるコンパクトカメラを探しています。 よろしくお願いします。