• 締切済み
  • 困ってます

化学式

2H2SO+H2SO→4Na2SO4+HClの化学反応は 不揮発性の酸の塩と揮発性の酸の反応なので 揮発性のHClが遊離するため反応が起きますが 塩の強酸と強酸の酸の酸性の強さが違いから 反応が起こるというわけではないのでしょうか? それとHCl揮発性の酸ですがNa2SO4は 2H2SO+H2SOの塩なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数87
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#160321
noname#160321

>Na2SO4は2H2SO+H2SOの塩なのでしょうか の方は「そんな訳無いじゃない」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • km1939
  • ベストアンサー率33% (59/176)

反応物質が左右でぜんぜん違います。  質問するからには、正確に質問内容が伝わるようにして下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • gohtraw
  • ベストアンサー率54% (1630/2966)

式の左右が合っていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化学反応

    2H2SO+H2SO→4Na2SO4+HClの化学反応は 強酸の塩と強酸の反応ですが 揮発性のH2SO、不揮発性のH2SOなので 遊離すると言われましたが 塩の強酸と強酸の酸の酸性の強さが違いから 反応が起こるというわけではないのでしょうか? それとこの上の反応で出来たNa2SO4,HClの説明で 不揮発性から○○と揮発性から○○が出来た と言われたのですがなんといっていたか解らなかったので すみませんが回答お願いします。

  • 塩と酸・塩基の反応

    (1)弱酸の塩と強酸の反応 弱酸の塩に、より強い酸を加えると弱酸が遊離し、強酸の塩を生じる。 [弱酸の塩+強酸->強酸の塩+弱酸] CH3COONa+HCl->NaCl+CH3COOH これは、電離度の大きい強酸のほうがイオンになりやすく、イオン性物質である塩をつくりやすいためである。 (2)(1)弱塩基の塩と強塩基の反応 弱塩基の塩に、より強い塩基を加えると弱塩基が遊離し、強塩基の塩を生じる。 [弱塩基の塩+強塩基->強塩基の塩+弱塩基] NH4Cl+NaOH->NaCl+NH3+H2O これは、電離度の大きい強塩基のほうがイオンになりやすく、イオン性物質である塩をつくりやすいためである。 (3)揮発性の強酸の塩と不揮発性の強酸の反応 揮発性の強酸の塩に、不揮発性の強酸を加えて熱すると揮発性の強酸が遊離し、不揮発性の強酸の塩を生じる。 [揮発性の強酸の塩+不揮発性の強酸->不揮発性の強酸の塩+揮発性の強酸] NaCl+H2SO4->NaHSO4+HCl これは、揮発性の強酸が加熱されることにより、気体となって反応系(反応する場所)から出ていくためである。 NaClが、(1)では強酸の塩になっていて、(2)では強塩基の塩になっているのですが、 どういう場合に強酸の塩になったり強塩基の塩になったりするのでしょうか。 また、揮発性の強酸が気体となって反応系から出ていくことが、どのようにして(3)の反応の理由になるのでしょうか。

  • 様々な反応の仕方の見分け方

    BaCO3+HCl→BaCl2+H2O+CO2(弱酸遊離反応) はわかるのですが、 BaSO4+HCl→沈殿は溶けない とあるのですが、これは不揮発性酸の反応は起きないのでしょうか? 不揮発性酸の塩+揮発性酸という条件は満たしていると思うのですが… 他に CaCO3+希H2SO4→CaSO4の被膜で反応は進まない とあるのですが、これはどのように判断すればいいのでしょうか? 沈殿反応との例外と考えるのでしょうか? 酸化還元、中和、沈殿、弱酸、揮発性酸、錯イオンなどの反応がありますが、上のようにあまり見かけない(?)式がどのような反応を起こすのかの見分け方がいまいちわかりません。 よろしくお願いします。

  • 化学I

    化学Iでわからないところが3つあったので、質問します。 1、水とNO2の反応は   (3)NO2+H2O→(2)HNO3+NO   (2)NO2+H2O→HNO3+HNO2 の2つがあるようなことが教材に書いてあるのですが、なぜ2通りあるのですか? 2、H2SO4(硫酸)の性質には酸化作用と強酸性がありますが、この2つの違いはなんですか? (問題は、どの硫酸の性質によっておこるか?(1)銅に濃硫酸を加えて熱すると気体が発生する。(A,酸化作用)(2)亜鉛に希硫酸を加えると気体が発生する。(A,強酸性)) Hよりイオンになりやすいかなりにくいかが関係してるというのはわかるのですが、だからなんなのかというのがわかりません。 3、「H2SO4の性質:不揮発性 塩酸塩や硝酸塩と反応させると、揮発性の酸が生成する。」 という文があるのですが、塩酸塩とはなんですか?又、なぜ不揮発性が関係してくるのですか?(私の中での疑問をそのまま書くと、不揮発性だから何?みたいな感じです。) たくさんすいません!1つでもいいので化学に詳しい方、よろしくお願いします!

  • 希硫酸と濃硫酸のちがいを表す化学式で・・・

    希硫酸 (1)強酸 酸化力無し と 脳硫酸 弱酸 (2)酸化力有り 不揮発性 脱水作用 について <証明> (1) Zn + H2SO4 → ZnSO4 + H2   Na2SO3 + H2SO4 → Na2SO4 + H2O + SO2  (2) Cu + 2H2SO4 → CuSO4 + 2H2O + SO2   2Ag + 2H2SO4 → Ag2SO4 + 2H2O + SO2 とあったんですが何故それぞれ酸化力の有無を表し、 また強酸だということをあらわしているのかさっぱりです。 酸化力がないと(2)の式は起こらないのか??形が変わるのか?? 強酸だと(1)のし希は起こらないのか??形が変わるのか?? H2が出てくる=強酸?? パニクってるからわからないだけなのか?^^; 馬鹿でしーましぇーん お願いします!

  • [無機] 二酸化ケイ素 と フッ化水素の反応

    「  SiO2 + 4HF → 2 H2O + SiF4 ↑  」 この反応式についてです。あるサイトで↓のようなコピペを見つけました。 : ・弱酸の塩 + 強酸 → 強酸の塩 + 弱酸 (弱い者は出ていけ!反応) ・弱塩基の塩 + 強塩基 → 強塩基の塩 + 弱塩基 (弱い者は出ていけ!反応) ・揮発性酸の塩 + 不揮発性酸 → 不揮発性酸の塩 + 揮発性酸 ・イオン化傾向がA>Bのとき  A + Bの陽イオン → Aの陽イオン + B ・酸性酸化物 + 塩基 → 塩 + 水 (中和反応) ・塩基性酸化物 + 酸 → 塩 + 水 (中和反応) ・酸性酸化物 + 水 → オキソ酸 ・塩基性酸化物 + 水 → 塩基 ・両性酸化物 + 塩基 → 塩 + 水 (中和反応) ・両性酸化物 + 酸 → 塩 + 水 (中和反応) 私はこの法則に沿って式を作ってみようとしましたが、SiO2は塩基性酸化物ですので、上のパターンに合致するものがありません(私が気付いていないだけで、本当はあるのでしょうか?)。 このパターン表が間違っているのか、私が間違っているのか、そもそもこのパターン表は化学においてどの程度の範囲で適応できるのか。。。 どなたかご教示ください。 m(_ _)m

  • 亜硫酸ナトリウム

    亜硫酸ナトリウムは、Na2SO3だそうですが、 どういう化学反応なのかさっぱりです。 自分的にはNa2SO4だと思ったのですが。 また、亜硫酸ナトリウムは、水溶液では塩基性を示すそうですが、強酸と強塩基で、さらに正塩なので、中性ではないのでしょうか?

  • 化学が得意な方に

    Q1 2NH3+H2SO4→(NH4)2SO4 この反応が理解できません。 普通、化学反応とは+とーを持つイオン同士がお互いに結び付きますよね。 NH4+とSO4^2-が反応するはずなのに、なぜHも一緒に反応しているんですか?? 理解できません。 Q2 シュウ酸(H2C2O4) こいつが電離するとどんな感じになるんですか?? Q3CO2は酸性酸化物であると書かれていたんですが、酸性と要するに酸ということですよね。 アレーニウスの定義によると酸とは水素イオンを与えるものと書かれていました、しかし、これは水素を明らかに与えませんよね。 こいつが酸というのはおかしくないですか??

  • 化学式と化学反応式の作り方・・

    化学式で炭酸水素ナトリウムだとか、ギ酸だとか塩素酸カリウムだとかケイ酸ナトリウムだとかさらし粉だとかはただひたすらその名前に対応する化学式を覚えるしかないのでしょうか・・?それとも何か法則があるのでしょうか??授業が進むにつれ新しい化学式がでてきて覚え切れません・・また化学反応式でこれとこれを反応させたらこれとこれができる!!というのも何かの法則があるわけではなくひたすら覚えるしかないのでしょうか・・??不揮発性、揮発性がどうとか・・中和反応がどうとか・・っていうのは聞いたことがあるんですけど・・それもよくわかってなくて・・教えてください(TOT)

  • なぜ不揮発性の酸は揮発性の酸を発生させるのですか?

    お願いします。高校の無機化学で不揮発性の酸である硫酸が 揮発性の酸の塩から揮発性の酸を遊離すると習いました。 塩酸、硝酸、フッ素酸などです。 なぜこのような反応が起こるのでしょうか? ご教授よろしくお願いします