• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

アメリカ映画のタイトルをお教えください。(数字が関係しています)

映画にお詳しい方、次の映画のタイトルをご教示ください。昔(10年位 前)見たアメリカ映画です。殺人犯がある宗教的な数字とキーワードを示し て、それに従い不道徳な一般人を猟奇的に殺人して行くという内容です。そ の数字は確か「7」キーワードに「太った豚?」というのがあったと思いま す。刑事さん役は黒人の方で、最後にはその同僚の奥様も犯人の毒牙にかか り猟奇的に殺されてしまします。そのラストシーンは刑事さんが犯人に高圧 鉄塔の建つ荒野に呼び出されます。犯人逮捕のために包囲網がしかれます。 そこへピザ配達?のバイクがやってきて箱を渡す。その箱の中に奥様の遺体 が入っている・・・それを同僚に見せたくなかったが同僚は見てしまう。そ んな残酷なラストシーンでまさに病むアメリカを象徴するような映画でし た。今般DVDプレーヤーを入手しまして、もう一度見てみたくなりまし た。もしご存知の方がいらっしゃいましたらぜひご教示ください。お世話様 になります。

  • rur
  • お礼率98% (52/53)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数102
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#192240
noname#192240

#3です。 補足ですが先の解説にも書いてあるとおり この映画はキリスト教の七つの大罪がモチーフになっています。↓ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%A4%A7%E7%BD%AA http://futurestone.blog.so-net.ne.jp/2008-01-31 あと下記サイトで予告編が見れます。↓ http://us.imdb.com/title/tt0114369/trailers ラストは衝撃的でしたね。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%29

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは。早速のご教示まことにありがとうございました。ラストシーンは大変衝撃的で、可哀想で。早速再度鑑賞させていただきます。このたびはまことにありがとうございました。お世話様になりました。感謝!!

関連するQ&A

  • この映画のタイトル教えて下さい。

    かなり前(5年位?)ケーブルテレビの番組で 一度だけ見た映画なんですがタイトルが全く 分かりません。 ストーリーは犬が主人公で、その犬の回想録?だったような 映画です。自分のご主人が交通事故でなくなったのは 事故ではなく殺人だった事を確信するんですが、犯人を突きとめ 犯人の車に乗り込み、その犯人に復讐をする(犬だから噛みつく)内容です。 犯人とおぼしき人物と一緒に車が大破!その瞬間事実を悟ってしまう。 ラストシーンで確か森の中をさまよってリスと出くわす・・ 記憶が曖昧で済みませんが、もう一度DVDかビデオで 見たい映画なんです。テレビで見たとき泣けました。 最初から見ていなくて途切れ途切れの内容しか 憶えていません。どなたか宜しくお願いいたします。

  • 事件の検挙率は何故低いの?

    殺人事件などの検挙率って意外に少ないですよね。 それにいつも思うのが、検挙率っていうのは、事件として扱われてるものに対しての犯人逮捕の数字ですよね。 実際、殺人事件に限って言えば、事件として扱われてる(警察で把握済み)ものを100とした場合、実際は何倍くらいの殺人が行われてるのですか?(警察が知らないので、事件とは書きません。簡単に言えば世に出てない事件です) あと、みなさんも同じ考えした事ないですか? 例えば、あなたが殺人をしてここに隠せば絶対に見つからないだろう?とか考えた事ないですか?(例:被害者は具体的な人ではないとします。だから近所の人が不審に思うとかは考えません) 例えば、沖縄の人が北海道の森に遺棄するとか、すぐにコンクリートを引いて道路の下に埋めるとか。 何かそう思うと、意外と近く(身近な山とか工事の基礎の中とか)ありそうで怖いです。 小説の読みすぎですいません。

  • ある映画のタイトルが知りたいのですが・・・

    以前深夜にやっていた海外映画で、どうしようもなく救われないラストで印象に残っていたのですが、タイトルが思い出せません。よほどマイナーなのかキーワード入れて検索をかけても出てこないのですが、もしご存じの方がいらっしゃったら教えていただきたいのですが・・・。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 内容(かなりうろ覚えな上に長いです) 田舎で主人公の老警官が子供を狙った殺人事件を追う話です。 主人公には過去があり、確か仲間の警官を誤って死なせたしまったとかだった気がします。それ以来、主人公は酒に浸るようになり、同僚などからは「あいつは頭がおかしくなった」的な扱いされるようになりました。 主人公は現役を引退する直前に、ある拘置所で殺人罪で捕まった知的障害者の男が警官の銃を奪い、自殺する現場にでくわします。 この男は少女を暴行し、殺害した罪で拘留されていましたが、主人公は長年の勘で「この男は犯人ではない。この殺しはまた起こる!!」と直感し、仲間に話しますが、変人扱いされている主人公は「またこのじいさんは・・・」といった感じで、たわごととして相手にされません。彼はこの事件に執拗にこだわるようになります。そこで現役を引退した主人公は一人事件の究明に乗り出します。 殺された少女の住んでいた近所に引っ越してきた主人公は、ガソリンスタンドを営む母子と出会います。子供は男の子で殺された少女と同じ年の頃で、母親は夫と離婚しており、夫からの暴力で顔に傷を負っていました。 主人公はこの親子と仲良くなり、ガソリンスタンドで入り浸るようになります。しだいに母親との間に愛が芽生え、家族の一員となり、幸せに暮らすようになります。 そんな中、以前殺された少女の通っていた学校(幼稚園?)の子供から、少女が殺される以前に、「クマのように大きいおじさんからハリネズミのチョコを貰った。」と話していたこと聞きます。 そいつが犯人に違いないと確信する主人公でしたが、なんとガソリンスタンドの男の子も同様に大きな男からハリネズミのチョコを貰ったといいます。 次は男の子が狙われている。 それからというもの主人公はその子の傍を片時も離れまいと注意するようにしますが、ふと目を放して戻ると男の子はまたハリネズミのチョコを持っており、大きな男の人がくれたといいます。しかも今度は「今度は一人の時に会おう。そしたらもっとたくさんハリネズミのチョコをあげるよ。」と言われたと言います。 主人公はそれを犯人逮捕のチャンスと考えます。 警察官の仲間達を説得し、待ち伏せ作戦をとります。ガソリンスタンドの母親には自分が事件を追っていることや子供に危険が迫っていることを隠し、子供を約束の日の約束の場所に行かせます。 主人公と警察官が陰で張り込む中、子供は約束の場所で男を待ち続けます。 しかし何時間待っても犯人は現れません。しだいに警察官達はやはり事件は主人公の考えすぎか妄想なのではないかと疑い始める。 主人公も次第に焦り始める。 遂には警察官達も張り込みを切り上げ、事の次第を母親に告げると言って帰ってしまいます。 事の次第を知らされた母親はぶちぎれます。 猛スピードで車を飛ばして、子供の元へ駆けつけます。「事件捜査のために私達家族を利用し、危険に晒したうえに家族ごっこまで演じ、私たちをもてあそんだ!!」といって主人公を責めます。 子供を囮にしたことは別として、始めから利用する気はなかった主人公ですが、もうこの一家には戻れなくなってしまいました。 ところ変わって警察署に帰る途中の警察官達。道中で車の事故処理の現場を通りかかります。 大して気にも止めず、通り過ぎてしまうのですが、この車両事故。実は約束の場所に向かう途中の犯人の車とトレーラーが衝突したもので、いくら待っても犯人が現れなかったのは、この事故で死んでしまっていたからなのでした。もちろん事件に関係のない事故死者として扱われます。劇中で犯人は一度も姿を見せず、出てきたのは丸焦げの死体のみでした。 そんなことも知らず一人で来るはずのない犯人を待ち続ける主人公。事件にのめり込むばかりに愛する家族を失い、信用を失い、肝心の真相は永久に闇の中・・・。 数年後、誰もいない荒野で一人酒びたりになりながら、「俺は正しい・・・。犯人は必ずいる・・・。」とぶつぶつ独り言をいう主人公の様子がでてきてエンディング。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 以上です。長文失礼しました。 書き終わってからもっと省略して書けばよかったなーと思いました。 どこの国の映画かは分からないですけど、もしご存じの方がいれば、よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#192240
noname#192240

今晩は 「セブン」でしょうか?↓ http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=10482

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン(黒人刑事)出演の「セブン」ですね。 http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10482/ ”「セブン」解説とあらすじの詳細”をクリックして進んでいくとストーリーが結末まで書いてあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは。早速のご教示まことにありがとうございました。昔見た映画の中で印象に残っているものを再度鑑賞しています。ご教示いただきまことにありがとうございました。お世話様になりました。

  • 回答No.1

「セブン」だとおもいます。

参考URL:
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=28593

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんばんは。早速のご教示まことにありがとうございました。タイトルがどうしても思い出せなくて・・・そうなると無性に「もう一度見てみたい」と思うようになりまして。このたびはまことにありがとうございました。お世話様になりました。感謝!!

関連するQ&A

  • 題名が思い出せないのですが・・・。

    いつ頃見た映画なのかは覚えていませんが、次のような内容だったと思います。 ・主人公は妻子を爆弾事件で失い(?)自分も片腕が義手になっています。 ・マトリックスと似たような感じで、プログラムの中に入ってシュミレーションを行うシステムがあり、犯人逮捕の練習を行っていました。確か、すし屋の中でした。シュミレーションに使う犯人役のデータなどは、立方体のチップに格納されています。 ・科学者か何かがそのチップを基にして、実際にそのデータの人間を作ったのですが、体がガラスでできたいました。なので損傷してもガラスで新しく作り直せていました。 ・小さな女の子が誘拐されたり、主人公が殺人の容疑をかけられたりしてました。

  • 映画のセブンで、奥さん(トレイシー)は生きてた説

    十数年ぶりぐらいに、映画の「セブン」を観ました。 昔観たときは十代だったこともあり衝撃的なラストにショックを受けた思い出があります。 今回2回目を観たことで解釈について疑問が発生しましたので、ご意見をお聞かせください。 疑問点とは、奥さんのトレイシーは死んでいないのではないか、ということです。 理由(1) 罪のない奥さん(とお腹の子ども)が殺されてしまうと、犯人の動機と作品のコンセプトが破綻する この作品は、キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件です。 犯人は妄想に取りつかれ、被害者達を七つの大罪になぞらえた理由で殺害して殺人の動機を正当化し、崇高な目的があったかのように振舞います。 ここでもし「七つの大罪に該当しなくても場当たり的に殺人を犯す」ようなことがあれば、自分の犯行の「大義」や「純粋性」が損なわれてしまいます。 また作品のコンセプトも破綻してしまいます。 理由(2) トレイシーが死んだことは明示的に描かれていない 殺人鬼の男は奥さんを殺したことを語り、また相棒の労刑事は箱の中身を見て単純に奥さんの首だと思ったようです。 確かなのはここまでです。 どちらも犯人の男が提供した情報をそのまま信用しているに過ぎず、奥さんが死んだことを明示するシーンがありません。 箱の中身を写さずとも、奥さんが死んだことを明示する方法はあるはずですが、それもありません。 (明示する方法としてはたとえば、一連の事件を最後に報道するとか、相棒の老刑事が顛末を上司に説明するとか、奥さんの葬式のシーンが一瞬出る、とか…) 死んだことは確定的ではない描かれ方なので、このシーンは観た人それぞれが判断できるような作品になっているのではないでしょうか。 そもそも犯人の目的としては、主人公のミルズ刑事を挑発し"憤怒"の罪を負わせることができれば、生首が本物である必要はどこにもないはずです。 つまり、老刑事が見たのは精巧な生首の人形か何かではないか。 ここまで手の込んだ犯行に及んできた犯人なので、トレイシーに良く似た人形を用意し、誰かの血液を振りかけておくぐらいはやりそうです。 奥さんが死んでいないと思う理由は以上になります。 主人公のミルズ刑事は、殺人鬼の言葉に誘導され、挑発に負けて、”憤怒”の罪を犯してしまいました。 犯人に屈したことになります。 映画の視聴者はどうでしょうか? 視聴者の大半は(以前の私も含めて)、奥さんが死んだことは実は確定的ではないにも関わらず、殺人鬼の語った言葉と殺人鬼の用意した箱が現れただけで「奥さんが殺された」と判断してしまいます。 これでは、挑発に屈したミルズ刑事と同じということになってしまうのではないでしょうか? また、もしミルズ刑事が冷静さを失うことなく、箱の中身を相棒の刑事にいま一度確認してもらえば、ミルズ刑事は犯人の意図を見破り、犯人に「勝つ」ことができたのではないでしょうか? 残念ながらミルズは殺人鬼と闘うことを放棄し、あっさりと挑発に乗ってしまいましたが… 映画の最後で、労刑事が語っていました。 「ヘミングウェイはこう書いている。 ”世の中は美しい。戦う価値がある。”後半部分には賛成だ。」 これは犯人と闘うことができなかったミルズ刑事と、視聴者に投げかけた言葉かもしれません。 以上、十数年ぶりぐらいに観た「セブン」の解釈なのですが、どう思いますか?

  • しらばっくれの天才

    こんばんは。いつもお世話になっております。 このごろはなかなか人の心がわからなくて困っております。 例えば、取調室で刑事さんが犯人に向かって、 「どうだ、まだ白状しないつもりか?」 「へっ、なんのことだか。。」 「そうか、それならこれはなんだ?」(といって決定的な証拠を見せる) というような状況の時に、「うわぁ、まいりました~!」とオチるのが普通の人だったとします。。 ところが中には、0.1秒もたじろぐことなく、「それはたまたま○○して××して△△したために●●したもので、自分とは関係ない」という素晴らしい口実をすらりと述べ、「ほんっとにやってないんだってば!」と涙すら浮かべて哀願し、さらには「こんだけ言ってるのにどうして信じてくれないの!」と怒りに満ちたまなざしで真剣に抗議してくる人がいた、、とします。で、こちらも少し反省して、そんなにいうのならやっぱり誤解かなぁ、みたいな気になって、で、何日かたって第三の証拠など出てきてやっぱりそいつが犯人だった、てなことが改めてわかったりするわけです。 で、私がわからないのは、自分が悪い事しておきながら、どうして相手のことそこまで真剣に責められるのか?ということです。その迫力たるや、ちょっとやそっとの演技ではありません。真実100%、というまなざしです。人間、心にやましいことがあれば、どこかしら少しは態度に表れるんじゃないかと思うのですが、それがまるっきり表れない人が、確かにいるのです。 どなたか、彼ら(彼女ら)の心の中を説明できるかたおられますか?キーワードだけでもどうか御教示ください。まあ、騙されるおまえがアホなんや、と言われれば、返す言葉もありませんが、、。

  • 古いアメリカ映画のタイトルを探しています

    35年くらい前に東京12チャンネルの昼の番組で放映したアメリカ映画を探しています。 子供のときだったので正確なタイトルを覚えてません。白黒で、かなり古い映画でした。たぶん1940年ー1950年代の作品だと思います。 女優を目指す女の子があの手この手で自分を売り込もうとしているスートーリーで、映画会社かTV会社のプロデューサー(若い男性)にアプローチしていくうちに恋が芽生えるという話でした。 途中のセリフをいくつか覚えています。「君の職業は?」「女優です!」「どんな作品に出たの?「コマーシャルです」「ハハハ」「でも次はちゃんとしてものに出たいと思っています」「ハハハ 洗濯機のコマーシャルだろ?」   もうひとり「ビー」という名の女優が出てくるのですが、彼女は年齢を数年前から28歳のままにしていた。で主人公がその秘密をつかんでプロデューサーに伝えたが、信じてもらえない。プロデューサーがビーがの隠れ家を訪問した際にそのことをきいたが、それが真実であることがわかった。それがきっかけで恋が実ったというストーリーでした。 最後のほうで主人公が舞台でピアノを弾く役をして聴衆から喝さいを受けるシーンがありました。

  • アメリカ映画だと思うのですが、タイトル不明で困ってます。

    アメリカ映画だと思うのですが、タイトル不明で困ってます。 片田舎で退屈で自分たちですでにある映画のパクリのようなのをつくって上映したら大受け。 調子に乗って色々作ったら著作権のことで訴えられかける、と言ったような内容だったと思います。 主役クラスの男の人は二人で、どちらもハンサムではなかったと思います。 私が知らないだけなのかも知れませんが、有名人はでてなかったと思います。 タイトル不明なので探すに探せません。ここ2.3年くらいの作品だと思います。 おわかりになる方いらっしゃいましたら是非教えてください。

  • 教えてください、アメリカ映画のタイトル!

    アメリカ映画のタイトルを教えてくさい。 もう20年以上も前の深夜TV映画をチラッと観ただけで、面白そうだと思い、今日に至るまでさりげなく探しておりました。お分かりになる方、お願いいたします。 ■情報の断片 1.主人公は新聞記者 2.事件と関係ある女性 とモーテルの一室で一夜を過ごすことになるが、しきりにカーテンがある 3.ラストシーンは2と同様のシチュエーションであるが、カーテンが落ち、外からの映像に変わり、明かりが消える 以上、3つのキーのみなのです。 1960年以前制作のモノクロ映画で、有名な作品であると推測していますので、ビデオ屋の若い店員には聞けませんでした。アメリカ映画らしさを満喫できる逸品と思っているのですが、どうでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 古いアメリカ映画のタイトル教えてください。

    友人が探しています。昔のアメリカ映画で田舎が舞台だそうです。夫が酒に溺れ嫌気がさした妻は夫を追い出し、他の男性と結ばれます。その男性とも上手くいかず…。(この辺の記憶は定かでないそう。)最後は元夫と再会し、二人で会話を交わすシーン。船の上で(場所は違うかも…)遠くを見つめため息をつく妻、夫はそれを見て「今でも変わらずキレイだ」と言いますが、何年もの時を経て妻はすっかり歳を取った変わり果てた姿。この時、夫は失明してました。それで妻は、外見やきらびやかな生活など、これまで自分が求めてきたものは本当に大事なものではなく、大事なのは心だと気づかされる…というハッピーエンドなストーリー。 主演はマレーネ・ディートリッヒかベティ・ディヴィスではないか?という話なのですが、それで調べても見つかりません。分かる方がいらしたら、ぜひ教えてください。

  • 教えてください、あるアメリカ映画のタイトル

    ・兵役で聴覚の部分的機能を失った主人公(名前はリチャード?)は、  「障害者」の仲間入りをする。 ・そして、「障害者」という存在の受け入れ、雇用創出に突っ走り始める。 ・それはついに、アメリカ障害者法(正式名称か不明)を成立させるまで の運動となる。 ・というような、ある男の半生を描いた映画。 ・彼には脳性まひの天才、という友人がいる。 ・ドキュメンタリーっぽい。 アメリカ→日本の飛行機で見ました。機内映画で感動させられるとは……、と良いショックを受けたので是非知りたいのです。 Googleで探しても何故かかすりもしないので、よろしくお願いします。

  • タイトルを教えてください!(アメリカ映画)

    映画のタイトル教えてください! 「○○ビーチ」みたいな感じのフレーズがキーワードになっていたと思います。 主人公の住む世界は太陽の光が届かず、いわば、ずっと「夜」の世界だったような気がします。 主人公は過去の記憶がなく(たぶん…)、その世界の住民に対しても何かしら違和感を抱いている様子。 主人公はとある部屋の壁に描かれた海(○○ビーチ)を目指すうちに、だんだん核心に近づいていきます。 その過程で、ある警官も主人公の手助けをしてくれるのですが、最後の方で死んでしまいます。 相手(敵?)ともみあっているうちに、ドアをぶちぬいてしまい、宇宙空間へと放たれてしまうのです。 すいません、断片的にしか記憶にないもので…。 よろしくお願いします。

  • 時効を迎えた殺人事件では国が遺族に賠償する義務があるべきだと思いますか?

    殺人事件の或る遺族団体が時効になったら国が遺族に賠償すべき、と言っています。 遺族団体の主張内容: 『「国家は刑事・民事で処罰権・賠償権を行使することにより秩序の安定を図っているのに、時効によってその権利を放棄している」として、義務を結果的に果たせなかった責任を賠償という形で救済すべきだと訴えた。』との内容です(5/3、とある大学で開いた集会にて)。 この遺族の主張は正論と思いますか? それとも、理不尽な主張と思いますか? 犯人逮捕ができなかった場合、国は遺族団体に賠償する義務があるべし、と思いますか? よろしくご教示お願いします。

専門家に質問してみよう