• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

野村芳太郎と渥美清

二日連続で、野村芳太郎監督の「拝啓天皇陛下様」と「でっかいでっかいやろう」を見ました。主演の渥美清もさることながら、共演者の俳優さんたちの見事な掛け合いに、大爆笑してしまいました。 渥美清といえば、山田洋次監督の寅さんシリーズと思っていたのですが、前衛作にこうした作品があることあらためて知りました。 野村監督といえば、松本清張シリーズしか浮かばなかったのですが、なぜ、寅さんの前衛ともいえる作品を撮りながら、その後寅さんシリーズをご自身で撮らなかったのでしょうか。 野村芳太郎監督作品についても何か詳しくわかる方法がありましたら教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

野村監督は60年代から70年代初頭に掛けてコント55の映画など、喜劇作品をわりと撮っています。 どうして寅さんに係わらなかったのかは、寅さんの前身のフジテレビ版(1968年から69年の放送版)が山田洋次監督の原案で脚本だったからではないでしょうか? 山田監督は野村監督とは師弟関係なので、まさか弟子の作品を自分で撮るわけにもいかないでしょうし。 その替わりの作品、というわけではないかもしれませんが、55号の喜劇作を何本も撮ったのかもしれません。 60年代はテレビの登場や松竹ヌーベルバーグと呼ばれた監督たちの台頭など、松竹や映画業界にとって変革期でもありました。 松竹は『大船調』と呼ばれたメロドラマものを得意としていたのですが、時代の変遷と共に、撮影所としての映画作りの方向性も変えなくてはならなかったのだと思います。 そこへ登場したのが「寅さん」という庶民的な人情喜劇だったのではないでしょうか。そしてその先鞭が渥美清さんと野村監督の喜劇作「拝啓・・・」などの一連の喜劇作なのだと思います。 以下、参考になりそうなサイトです。 野村監督の経歴 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E6%9D%91%E8%8A%B3%E5%A4%AA%E9%83%8E 男はつらいよに関して http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E3%81%AF%E3%81%A4%E3%82%89%E3%81%84%E3%82%88 野村監督のフィルモグラフィー http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=120183 あと、松竹映画の変遷をつづった書籍なんかも参考になるのでは http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4789300110/sr=1-4/ref=sr_1_0_4/249-2198782-5900368

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 野村監督フィルムグラフィー参考になりました。 山田監督と師弟関係であること、松竹映画の歴史なども勉強になりました。 しかし、「拝啓天皇陛下様」を見ると、どうも「寅さん」の原点がここにあるとしか思えません。 寧ろ、「寅さん」よりも味のある渥美清の役柄に、渥美清を上手く起用した監督のように感じました。 野村監督が「寅さん」シリーズを撮ることもできたのではないかと思いました。 詳しく情報いただきありがとうございました。

関連するQ&A

  • 拝啓天皇陛下様で、森川信さんはどこに出演してますか?

    野村芳太郎監督の「拝啓天皇陛下様」の主演者に「森川信」さんの名前が出ていますが、どこの場面に出演されているかわかりません。ご存知の方お教えください。

  • タイトルが分んないのでおしえてください。

    (1)「男はつらいよ」シリーズで、寅さんが、自分のメロンが無い事で、おいちゃんと喧嘩になったくだりのある作品のタイトルってなんでしたっけ。もう一度みてみたいのでおねがいします。 (2)渥美清さん出演で面白い作品おすすめも教えてください。

  • 寅さんはコメディー?

     先日、先生にあるとき言われたのですが山田洋次監督・渥美清さんの「男はつらいよ」はコメディー番組なのですか?おもしろい部分はあるのですが今まで、喜劇だとは思っていませんでしたので・・・

  • 映画「砂の器」のタイトル

    野村芳太郎監督の「砂の器」がとても好きで、映画館やビデオで何度も見ました。特にセリフのない親子の巡礼シーンには毎回泣かされてしまいます。 ところでこの作品、僕には今ひとつタイトルの「砂の器」がピンときません。松本清張の原作を読んでいないせいかもしれませんが、この映画が好きな方、ご意見聞かせていただければ幸いです。

  • 大林宣彦監督作品のファンの方へ質問です。

    大林宣彦監督作品のファンの方へ質問です。 私は21歳ですが昔からの日本映画が好きで 最近は尾道三部作 (尾美としのり、小林聡美主演「転校生」 原田知世主演「時をかける少女」 富田靖子、尾美としのり主演「さびしんぼう」) などの大林宣彦監督作品を良く見ます。 尾道にも今年の2月初めて行きました とても感激でした。いつか尾道に住みたいです。 そこで質問ですが 一番好きな作品は何ですが (私は「さびしんぼう」です) 尾道などロケ地には 行きましたか? あと大林監督の映画の影響で 実際に尾道に住んだ方はいますか あと私は渥美清さん主演・山田洋次監督の「男はつらいよ」(寅さん)が好きで 最近若い人でも寅さんファンの方は少しですが聞いたことがありますが 若い人で大林監督のファンという方は聞いたことがないです。 私みたいに若い人で大林監督のファンの方はいますか

  • 21歳の男性ですが昔の歌謡曲や日本映画が大好きですが、どうなんでしょう

    21歳の男性ですが昔の歌謡曲や日本映画が大好きです。 特に好きな歌手は 太田裕美、アグネス・チャン、イルカ、クレージーキャッツ、所ジョージ、中村雅俊、 海援隊、西田敏行、渥美清、タモリなどで 最近は水谷豊、岩崎宏美なども聴きます。 CDだけでなくレコードも集めてます。 好きな映画は 「男はつらいよ」(寅さん)シリーズ「拝啓天皇陛下様」 などの渥美清主演作 「お葬式」「マルサの女」などの伊丹十三監督作品 尾道3部作(「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」) などの大林宣彦監督作品 「ニッポン無責任時代」「クレージー作戦」シリーズなどのクレージーキャッツの映画 「犬神家の一族」「金田一耕助の冒険」などの金田一耕助映画 「青春の殺人者」「幸福」「逃れの町」など水谷豊主演作 「太陽を盗んだ男」(沢田研二主演)長谷川和彦監督作品 「びっくり武士道」などのコント55号主演映画 あとマニアックですが タモリ主演の「キッドナップブルース」(浅井慎平監督)などで あと先日、武田鉄矢主演の「刑事物語」のDVDBOXを買いました。 部屋には「男はつらいよ花も嵐も寅次郎」「拝啓天皇陛下様」 「 あゝ声なき友」(渥美清主演) 「お葬式」(伊丹十三監督) 「転校生」「さびしんぼう」(大林宣彦監督) の劇場公開当時のポスターを飾ってあります。 あとオロナミンCの大村崑の看板も飾ってあります。 昔のドラマも好きで 「泣いてたまるか」(渥美清主演) 「池中玄太80キロ」(西田敏行主演) 「熱中時代」「あんちゃん」(水谷豊主演) なども観ます。 本もよく読みますが 映画関連の本、タレント・俳優の本、 伊丹十三、青島幸男、阿川佐和子の著書などを読み 先日は、古本ですが タモリさんのデビュー当時の本「タモリのカセット面白術」と 大林宣彦監督の「大林宣彦の a movie book尾道」という 大林映画の尾道ロケ作の解説やロケマップの載った本を買いました。 (今度1人で尾道行きます。) あとアグネス・チャンの後援会(ファンクラブ)にも入っていて コンサートや講演会にも行き本人にサインしてもらったこともあります。 太田裕美、イルカ、海援隊、南こうせつ、伊勢正三のコンサートにも行きました こんな私はオタクでしょうか、オタクじゃないとしても 21歳にしては変わってますよね、(自分ではマニアと思ってます)

  • 怖い映画

    漠然とした質問ですが、怖い映画をさがしてます。特にホラーには限りません。邦画、洋画も問いません。「怖いんだけど、ストーリーがしっかりしてる」が理想です。「八つ墓村(野村芳太郎監督)」「犬神家の一族(市川崑監督)」「CURE(黒沢清監督)」などが好きです。「呪怨」「リング」などはただ映像がショッキングなだけという感じで、あまり好きではありません。よろしくお願いします。

  • 「男はつらいよ」について教えてください。

    年末からWOWOWでやっている「男はつらいよ」ほぼ見ております。 (撮り貯めて見ているので、今35作目の「寅次郎恋愛塾」まで見ています。) それまで本当に興味がなく、渥美さんが亡くなったので、シリーズが終わってしまったと言う程度しか知りませんでしたが、 色々とネットで見ると、渥美さんが体調を崩され(病気)、無理をしながら撮っていたと見ました。 あんなに元気な寅さんが、(言い方悪いかもしれませんが)弱って行くのは見るに忍びないのではないかと・・・ 出来れば、そう言う寅さんは見たくないと言う気持ちがあります。 何作くらいからなんでしょうか? それとも頑張っている渥美寅さんを見るべきなんでしょうか? 詳しい方宜しくお願い致します。 またこれは自分次第なのですが、ゆっくりと作品を集めて行きたいと思っているのですが、 解説などある「寅さんマガジンDVD付き」を買おうか、HDリマスター版のDVDを買おうか悩んでいます。 どちらが良いでしょうか? (リマスターDVDはネットで見るとかなり安く新品が売られていますが、寅さんマガジンの記事も読んでみたい。逆に寅さんマガジンは人気作から出ていてそのあと作品順に出ているので、DVDで最初から集めた方が良いような・・・)

  • 的屋とは?

     山田洋次監督の映画、『男はつらいよ』の主人公 渥美清氏が演じる  車寅次郎は「フーテンの寅」とか「ヤクザな兄貴」と云う台詞が出て参りますが、  無職と云うのではなく、的屋で各地の縁日を回り商いをしておりますが、  50年ほど前は寅次郎の世代は的屋とは一般社会とは違うものだったのでしょうか?  私の知人に的屋をされている方が居られました。  マンションに住み、妻子も居りましたが、  祭りで忙しい時期は泊りで1月位家を空ける事もあったそうです。  やはり、若い頃に的屋に入り、そこで職種を覚え、独り立ちされたそうです。  寅次郎もその様な系譜をたどられたのでしょうか?  この辺りの事をご回答いただければ幸かと思います。

  • 男はつらいよ の寅さんの 口上( こうじょう )について

     あの流れるような独特のセリフ 「ちゃらちゃら流れる御茶ノ水・・・」「白木屋、黒木屋(?)さんで・・」「~の始まりが~なら、」とかいろいろありますが、大体、見ていると、いくつかありますが、 あれは、寅さん役の渥美清さんが 自分で、考えてずっと、使われていたのでしょうか? 脚本家の山田監督の意見も反映されているところもあったのか、全部おまかせだったのでしょうか?  今の上野駅のそばに生まれて、こどものころから、浅草に出かけては、物売りの口上や祭りのバナナの叩き売りなどいろいろ見て回っているうちに身についた芸とか、本で読んだことがあるのですが、あのセリフ自体もやぱり (?_?) そうなのでしょうか?    寅さんに詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。