• 締切済み
  • 困ってます

定電流定時間充放電圧と内部抵抗

素人ですいませんが、二次電池での質問です。 定電流(20A)で定時間(1時間)充電した際の電池の到達電圧と内部抵抗の関係ですが、 到達電圧が4.1Vと4.0Vの電池ではどちらの内部抵抗が高いと判断されるのでしょうか? (3.0Vまで放電後の充電) 到達電圧が高い方が内部抵抗が低いと考えていますが、DCRの計算式で計算すると逆に なってしまいます。 定電流(20A)で定時間(1時間)放電した際の電池の到達電圧と内部抵抗の関係 到達電圧が3.2Vと3.1Vの電池ではどちらの内部抵抗が高いと判断されるのでしょうか? (4.2Vまで充電後の放電) 到達電圧が低い方が内部抵抗が低いと考えていますが、DCRの計算式で計算すると逆に なってしまいます。 どなたか詳しく教えていただければ助かります。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数298
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1

述べられている以外にも電池の充放電に関する条件があるので正確ではありませんが こういうことですか? 充電の時: (△上で述べられている2つの電池はSOHが異なるとする) ○満充電容量が大きい方が 20A×1hour で充電した結果の到達電圧が低くなる  例えば 電池_(4.1V)の満充電容量を20Ah      電池_(4.0V)の満充電容量を40Ahとすると、  電池_(4.0V)の方はまだ半分しか充電されていないので同じだけ充電したらこちらの電圧が低い。 △ここで述べられていない電池特性の仮定により、電池_(4.0V)の方が内部抵抗が低いと推測する。    故に、同じ3Vから同じだけけ充電した際に到達電圧が低い方の電池の方が内部抵抗が低い。 (△は質問の条件としては書かれていない)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 書き漏れましたが、同じ容量(25Ah)の電池で単純に定時間充放電した場合での到達電圧です。 この場合はどう判断されるかも教えていただけるとありがたいです。

関連するQ&A

  • 内部抵抗の問題

    電池とすべり抵抗器からなる回路があります。 そこに電池の両端の電圧を測る電圧計、電流計がついています。 電流計A、電圧計V、すべり抵抗器R、無視できない内部抵抗をもった電池Bがある、Rの抵抗値を変化させながらAの読みIとVの読みVを記録して↓のような測定結果を得た。 電流系の読みI(mA)10.0 18.0 32.0 40.0 55.0 電圧計の読みV(V) 1.56 1.54 1.52 1.50 1.47 測定を行う際は、まずRの抵抗値を最大にしてから、Rを調整して電流Iを10mAとし、そのときの電圧Vを読み取る。 Rを次第に小さくして電流を増し、電圧Vを同様に求める。 問。電池の起電力、内部抵抗はそれぞれいくらか? 起電力;電流Iを横軸、電圧Vを縦軸にとり、↑の表より書いた直線の切片が起電力 内部抵抗r;直線の傾きを求める 起電力の求め方はわかりました。 内部抵抗r=傾きらしいのですが、どうしてこうなるのかよくわかりません。 ここをちょっと教えていただきたいです。 問題文が長くてごめんなさい。 よろしくお願いしますm(__)m

  • バッテリーの瞬間最大電流と内部抵抗について

    バッテリーの瞬間最大電流と内部抵抗について、下記を教えてください。 (1)瞬間的に流せる最大電流は、どうやって調べればいいのでしょうか?  バッテリーごとに、メーカーに問い合わすしかないのですか? (2)内部抵抗を新品と使い古した品、満充電と放電した状態では違うと  思いますが、この内部抵抗はどうやって調べればいいのでしょうか?  メーカーにきくと、だいたいの内部抵抗の範囲を教えてくれるのでしょうか?  (3)バッテリーの容量を大きくすると内部抵抗はその分小さくなるものなのでしょうか?また、それを示すデーター等はあるものなのでしょうか? この質問の趣旨としまして、起動時の最大電流が流れた際、バッテリーの内部抵抗で、電圧が何Vドロップするか定量的に知りたいのです。 (ドロップ量が大きいと機器が作動しない) 以上 すいませんが、知恵を貸していただけないでしょうか

  • 内部抵抗

    電流計の内部抵抗はできるだけ低いものがよくて、電圧計の内部抵抗はできるだけ高いものがいいのはどうしてですか?

  • 電池の内部抵抗

    電池を抵抗値R[Ω]の可変抵抗を接続し、電池から流れ出る電流I[A]の電池の両端の電圧V[V]を測定すると,図のような電流と電圧の関係を表わす実線のグラフが得られた。破線は、実線の延長である。電流Iの値が0のとき電圧の起電力をE[V]とし、次の問いに答えよ。ただし、可変抵抗とは、抵抗の値を変えることができる抵抗器のことである。また、電流計の内部抵抗は十分に小さく、電圧計の内部抵抗は十分に大きいとする。 (1)図の結果を得るためには、電池、可変抵抗、電流計、電圧計をどのように接続すればよいか。( )内の電気の図記号を用いて回路を図で示せ。 可変抵抗の抵抗値を変えると流れる電流が変わるらしいんですが、よくわかりません。 確かにV=RIの関係から可変抵抗部分の流れる電流は変わりますが、それは可変抵抗を流れる電流であって電池から流れる電流自体は変わらないんじゃないでしょうか??

  • 内部抵抗の大きさの違いを教えてください!!

    この前オームの法則の実験をしたのですが、その際に実験結果に生じたわずかな誤差(理論値と実験値の違い)は内部抵抗によるものなのですか? また、そうであったとしたら内部抵抗の大きさはもともとの回路が持つ抵抗や電圧、電流によって変化するのでしょうか?

  • 内部抵抗

    直流電圧計・直流電流計の内部抵抗とはどのようなものなのでしょうか? 知ってる方がいれば、教えてください

  • 抵抗測定 内部抵抗を含む

    度々、失礼します。 抵抗R1を電流計の内部抵抗Ra、電圧計の内部抵抗Rbの時に、この図のRを測定したときの抵抗値R1をR、Ra、Rbを用いて求めよ。 この問題を教えてください。 先ほど質問をさせてもらったのですが、抵抗R1=抵抗にかかる電圧/電流計に流れる電流 ですか? この電圧計の値がそのまま抵抗にかかる電圧になるのでしょうか? 仮にそうなる場合、その理由も教えてください。

  • 電池 電圧計の内部抵抗

    電池、電圧計の内部抵抗の次のような問題ですが、よく分かりません。どうぞ教えて下さい。  問題   乾電池の内部抵抗をも求めるため、次のような測定を行った。 イ 乾電池の起電力を直流電位差計で測定すると、1.503Vであった。次に乾電池の端子電圧を電圧計で測定すると1.500Vを示した。 ロ 前記の電圧計の内部抵抗を求めるため、直流電源、6250Ωの抵抗、スイッチS、電圧計で閉回路を作った。(回路の配置は、左側に直流電源、 上側に6250ΩとSを並列につなぎに、右に電圧計、下側は電圧計と直流電源を直接導線つないである)  この回路でSを開いた時の電圧計の指示は2.00V、Sを閉じた時の指示は4.50Vであった。直流電源の内部抵抗は、外部の抵抗に対して無視できる。次の問いに答えよ。簡単な説明と計算式も示せ) という問題です。 1)電圧計の内部抵抗はいくらか。 2)乾電池の内部抵抗はいくらか。   よろしくお願いします。

  • 電池の内部抵抗

    今、内部抵抗について勉強してます。 じきに、レポートを書かないと駄目なので今からレポートの内容を考えようとしています。 内容は、電池(単三)の内部抵抗を測ろうとしているんですが、その内部抵抗はどうやって計算するのですか?

  • 高校物理、内部抵抗の問題

    内部抵抗をもつ電池にR1[Ω]の抵抗をつなぐとI1[A]の電流が流れ、R2[Ω]の抵抗をつなぐとI2[A]の電流が流れた。この電池の内部抵抗と起電力はいくらか、という問題があります まったくわかりません。。。 教えてくださいm(_ _)m