• 締切済み
  • 困ってます

絶縁体、空気の体積固有抵抗

体積固有抵抗で大凡、10E10Ω・cm以上を一般に絶縁体。10E-3Ω・cm以下を導電体と分類されていると思います。 絶縁体の中で空気(湿度の影響を受ける筈ですよね)やプラスチック種類毎の体積固有抵抗値はいくらぐらいですか? 更に、これらが一覧になっているURLがあるとうれしいのですが。 ご存知の方、ご教授ください。どうぞ宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5547
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.2

No.1です。回答します。 > 空気の体積固有抵抗と温度や湿度の関係が、理科年表に出ているのでしょうか? 失礼しました。大事なことを抜かしていました。 私の理科年表2000年版には気体は載っていません。 下記のような物質の3つの特性が載っています。 内部抵抗、表面抵抗、絶縁破壊の強さ。 絶縁体と言うのはかなり厄介なものですね。 ------------------------------------           絶縁体を流れる電流は内部電流と表面電流から成る.内部抵抗は物質の純 度によってかわり,表面抵抗は表面の状態に左右される.温度が上がると内部 抵抗も表面抵抗も減少する.下の表に電圧をかけ始めてから1minの後に測 定された内部抵抗と表面抵抗(いずれも室温)を示す.この時の電流は伝導電 流だけでなく絶縁体の中に蓄えられる電荷の分も含んでいる.平衡状態の電 流から求めた抵抗値はこの値よりはるかに大きい.絶縁破壊の強さは1-3 mmの板状試料について商用周波数で得た値である. 雲母(成形) ガラス(石英、ソーダ、パイレツクス) ゴム(クロロプレン、シリコーン、天然) 絶縁(鉱)油 セラミックス  アルミナ、ステアタイト、長石磁器(素地)、同(うわぐすり付) 大 理 石 パラフィン    プラスチックス  アクリル、エポキシ、ポリ塩化ビニル(軟)、ポリ塩化ビニル(硬)  テフロン、ナイロン、ポリエチレン、ポリスチレン 硫   黄 なお、気体については手持ちの古い「電気工学ハンドブック」を見てみましたが 放電ばかりやけに詳しくて、それ以前の電流は余り定量的ではありません。 ただ空気中のイオン(1000~2000個/cm^3)による伝導のため飽和現象があるようです。 と言うことは抵抗率が一定でないことを示します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご確認を頂きありがとうございました。 確かに空気では、放電が生じる生じないといった事の方が重要で、抵抗なんかあまり機にされていないのかもしれません。 ご回答、どうもありがとうございました。 もう少し、他の方からの回答を待ってみます。

  • 回答No.1

理科年表には載っているのですがURLは探しきれませんでした。 なお絶縁体の場合、体積抵抗率、表面抵抗率、絶縁破壊の3つを考える必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 おっしゃる通り、体積抵抗率、表面抵抗率、絶縁破壊電圧を考慮することは重要なことですね。 理科年表は、持っておらず残念です。 私も色々と探して主たる樹脂の体積固有抵抗値が出ているURLは見つけましたが、どうも空気や気体の体積固有体効率は見つかりません。 空気の体積固有抵抗と温度や湿度の関係が、理科年表に出ているのでしょうか? もし出ているようであれば、大きな本屋にでも見に行きたいところです。 尚、見つけたいろいろな樹脂の体積固有体効率は、次のURLの中にありました。 http://www.vec.gr.jp/fact/chapter5/3-4.html

関連するQ&A

  • 【電気】なぜ温度が上がると変圧器の絶縁体の体積抵抗

    【電気】なぜ温度が上がると変圧器の絶縁体の体積抵抗率が下がるのですか? 体積抵抗率とは何ですか?

  • 絶縁体の評価方法

    絶縁体の評価方法として体積抵抗率、表面抵抗率、吸水率、圧電効果、摩擦効果、誘電吸収を調べるとありました。 そこには体積抵抗率は絶縁材料から直接漏れるリーク電流、表面抵抗率は表面からの漏れ電流、吸水率は絶縁体に吸収された水の量に依存する漏れ電流と書かれていたのですがこれは体積抵抗率と表面抵抗率と吸水率の何を表しているのでしょうか?また、圧電効果、摩擦効果、誘電吸収を調べるとはどういうことでしょうか?調べてもわかりませんでした。 下手な日本語になってしまい申し訳ありません。是非御教授ください。 よろしくお願いします。

  • インピーダンス 溶液 絶縁体

    溶液中の絶縁体によるインピーダンスの変化について教えてください. 2枚の電極板の間に電解質をいれて電極間に交流電圧を印加します.電極の界面インピーダンスの影響を受けない周波数におけるインピーダンスの値を測定するとします.このとき,電極間に絶縁体を入れるとインピーダンスは高くなりました.溶液中の絶縁体の体積が大きくなるほど,インピーダンスは高くなりました.絶縁体には電流は流れないはずなのに,絶縁体によってインピーダンスが高くなるのはなぜでしょうか?感覚的には絶縁体は高抵抗であるからインピーダンスは高くなりそうな気がしますが,はっきりとした理由がわかりません.絶縁体付近で電流密度が変化するからなど,いろいろ考えましたが,いまいちわかりません.ご教授お願いいたします.

  • 体積抵抗とジーメンス

    導電性材料に関して調べていると、体積固有抵抗とジーメンスと言う言葉が、同義のように感じ取れる様に使われています。 体積固有抵抗(単位:Ω・cm)とジーメンス(もしくはコンダクスタンス)(単位:S)の関係はなにかあるのでしょうか? 更に抵抗率(S/m)と言う表現もありましたが、単位長さ当りのジーメンスと理解して良いのですか? また、ジーメンスの単位:Sは、何と読み、どのような物なのでしょうか? 小職は、電気系に弱い化学系の技術者です。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 体積抵抗率(電気抵抗率)

    絶縁体、半導体、伝導体の体積抵抗率がそれぞれどのくらいの値になるのか 教えて下さい。 また、伝導体の説明もお願いします。

  • 固有抵抗と比抵抗

    体積固有抵抗と比抵抗は同じ意味でしょうか? 絶縁固体での話です。 教えてgooで勉強してますが、こんなことがわかりません。お願いします。

  • 電線の絶縁抵抗の測定のしかた

    電線の絶縁体の絶縁抵抗(MΩ・km)の測定のしかたについて質問があります。 私は今まで電線の導体と被服の絶縁体の間で測定するものと思っていたのですが 電線メーカのカタログ等には単位がMΩ・kmとなっており長さが入っています。 次のどの測定が正しい測り方なのでしょうか。 (1)私のこれまでの測り方で絶縁体の厚さ(実際は数mm程度)を1km当たりに換算する (2)単位長さ(たとえば1m)の電線の両端の絶縁体部分で測定し1km当たり(1000倍)に換算する(電線には導体が入ったまま) (3)(2)の方法で導体は入っていない絶縁体のみで測定 (4)電線で測るものではない 宜しくお願いいたします。

  • 絶縁体に導電性フィラーを添加した場合の電気抵抗率変化のモデルについて

     絶縁体に導電性粉末を添加した場合の電気抵抗率変化のモデルを探しています。かなりの数の論文を当たりましたが、多くは結果説明のみで、理論的にモデルと式で解説をしているものはほとんど見当たりません。また、自分でも適当なモデルを考えて計算してみたのですが、どうしても対数を入れることができず、大変苦労しています。自分では、気孔率の増加のモデルが参考になるのではないかなぁ・・・と直感で思っているのですが具体的にモデル化をしようと思うとどうすればいいか全く分かりません・・・。  そういったことに詳しい方がおられましたらご教授願います。よろしくお願いします。

  • ゴム中のカーボンブラック添加量と絶縁性について

    ゴム中のカーボンブラックの添加割合で、絶縁体から導体に変わる添加割合を 知りたいです。 おおよその値でも構いませんので教えてください。 もし、添加割合と導電性の関係を示すグラフ等お持ちでしたら非常に助かります。宜しくお願い致します。

  • アース抵抗値の基準をおしえてください。

    導電性マットを使用する際、アースもつけなければなりませんが、アース抵抗値の基準を教えてください(絶縁抵抗計500V)。また、既定がありましたら教えてください。 導電性マットは1MΩ~10MΩと記載してあります。