• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

好きな数学者、哲学者

数学と哲学は、他の学問と違うような気がします。 何かを探求しているような感じがします。 私が好きな数学者はラマヌジャンです。 私が好きな哲学者はウィトゲンシュタインです。 それぞれの生い立ちや顔写真が好きだからです。 皆さんの好きな数学者、哲学者は誰ですか? またその理由を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数592
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

哲学者でシュタイナー。 教育の「シュタイナー教育」でも有名なのですが、 彼の自然観が好きです。 現代社会の殺伐さにうんざりしたら シュタイナーの本を読んで、秋の空を 散歩しましょうw ニーチェ。個人的に最近嫌なこと続きなので。 本当に神はいるのでしょうかw 存在に関する理論であれば、ハイデガーも すき。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

シュタイナーは名前を聞いたことがあるだけです。 ニーチェは「ツァラトゥストラ」と「悦ばしき知識」だけ読みました。何を言っているのかさっぱりですが、意気昂揚してきます。 ハイデガーは「存在と時間」の最初だけ読みました。 嫌なことがあったときに彼らの哲学はいい処方箋になるのでしょうかね。

関連するQ&A

  • 役に立った哲学者は誰ですか?

    私は高校生の頃、苦労してフロイト全集を読みました。 さすがに色々得ることがありました。 しかし、その後、かなりの精神分析関係の本や一般的な心理学の本を読みましたが これといって収穫がありませんでした。 そして、知的好奇心を満たす為に、それまで苦手で敬遠していた哲学の本を読み始めました。 すると、入門書ではありましたが、あるわ、あるわ、 「考えるための道具」または「生きるための心構え」としての考え方を沢山知ることが出来ました。 哲学者で言うと、ヴィトゲンシュタイン、ラッセル、フッサール、ニーチェ等です。 皆さんは、他に役に立った哲学者はおありでしょうか?

  • 哲学者について教えて下さい

    哲学者は自然科学の人みたいに実験や観察はしないんですよね。 他の学問みたいに発掘や統計の分析や解剖や意識調査のアンケートとかもしませんよね。 座って考えることだけが哲学的作業なのでしょうか?それとも哲学にも他の学問みたいに研究「作業」があるのでしょうか? 宗教の人達は山林修行とか瞑想とか座禅とか実技をしますよね。 哲学者は宗教的な要素を抜きにしてそういう実技は行なわないんでしょうか? それとも哲学者が実技を行なうと無条件に宗教家と定義されてしまうんでしょうか? ただ考えることが哲学なのであれば、その優劣は非常に曖昧だと思うのですが…。哲学者の優劣はどうやって決まるんでしょう?文学であれば、個々人の感性で味わえば良いのでしょうが、哲学は一応真理を追究するんですよね。他の哲学者が評価するんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 哲学者は何故、世襲しないのか?

    哲学者は何故、世襲しないのか? 世の中には職業(?)で、世襲する者が少なくない。 医者一族、教師一族、などよく聞く。 親族の多くが学者と言う、学者一族といのも聞く。 例えば、国語学者の金田一京助の子供の金田一春彦氏が知られている。 一方、哲学者の子供が哲学者であるというのは聞いたことがない。 哲学者の著書を読むと、自らの経歴を語っている部分に出会うが、そこには、哲学とまったく関係のない家庭で育ったことが書かれているのが自分の記憶に残っている。 (もちろん、自分の勉強不足はあるが、例外を知らない。) 哲学者は、(他の学問の学者と異なり)世襲しない傾向が強いのか? 考えるということと、覚えるということが根本的に違うという事を示している例なのか? それだけで、説明できるのか? 皆さんの意見とそう思う根拠を聞かせてください。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • bo-suke
  • ベストアンサー率23% (58/242)

数学者はゲーデルとガウス。 ゲーデルは数学基礎論で不確定性原理と言う定理を証明しまして、有名になったのですが、最後精神病になって死んでます。簡単に言うと人間不信に陥りました。奥さんの食事もたまにしか食べなくなって、栄養失調で死にました。…。多分数学者として一番かわいそうな死に方をしたと思います。 ビューティフルマインドは私も見て。気持ちわかりました。数学者って孤独なんですよ。誰も自分の好きなものを、自分の性分を、理解してくれないから。それは周りの家族でさえも、ね。 それに対してガウスは数学の王様と言われる天才でした。この人は人間性もできていて、結構長生きしたようです。ガウスは特に数学の演算法の研究をしていまして、どうやったら簡単に計算ができるのか、と言うことを研究していました。また数学にきちんとした厳密な証明法を持ち出したのもこの人です。この人のお陰で今のしっかりした教科書があります。 俺も哲学者はウィトゲンシュタインが好きです。ウィトゲンシュタインは論理学、言語学、哲学の分野で有名になった人ですよね。 すごく物事を深く考える人で、言語に関する研究を徹底的に行なった人です。言語が間違ってるから倫理ができていないのだ。きちんと考えられる頭があれば馬鹿な衝突は起こらない。と言う考えの持ち主だったようで。でもこの人のお陰で論理学は整備されたんですけどね。ちょっとネクラで融通が利かなかったようですが、後期には自分の欠点を補うように少し自分の思想を移行したようです。言語ゲームというのが有名な造語ですね。最後は自分の人生が幸せだったと思えたようです。紙一重ですよこの人も。この人の兄弟はほとんどネクラで自殺してますから。よく生き残りましたよ本当に。頭良かった分思いとどまれたのかもしれません。 僕は数学者や哲学者の人間性には非常に興味があります。それは自分が人間性をきちんと持った数学者として、将来生きていきたいと思う願望があるからだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ゲーデルは不確定性原理でなくて不完全性定理じゃありませんでしたっけ。彼が人間不信になったのはその発見した定理と関係があるのでしょうかね。 ガウスはいろんなことをしましたよね。非ユークリッド幾何学も少し考えていたんでしたっけ。 ウィトゲンシュタインは彼の兄弟が多く自殺したということも、そして彼が自殺について考えたことも、私が彼を好きになった要因になっている気がします。 bo-sukeさんも立派な数学者になってください。

  • 回答No.3
noname#15164

数学者はビューティフル・マインドの人。 もしくは、決闘で死んだガロアとか。 数学者は、エピソードでしかしらないなー。 哲学者はエピクロス。 このおっちゃんは賛否両論ありますが、私は清濁があるような気がして好き。 また、書籍も少なく、マイナーな所も。(w 何十冊も小難しい本を読むのは、ちと苦痛。 おっちゃんの理想は快楽だけど、それは恐怖から解放による心の安定だそうだ。 けっして肉体的なモノではない、、、らしい。 また、奴隷や女性にも哲学の事を教え、世俗にはまみれないで隠遁生活を送ったらしい。 晩年は病に倒れるが、それを苦にはしていなく、最後は女性に膝枕をしてもらいながら亡くなったらしい。 俺の中では、女好きで引きこもりで、少し能動的に変な人。(w とくに、女性の膝枕で死ぬのはあこがれる。

参考URL:
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A8%A5%D4%A5%AF%A5%ED%A5%B9

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ビューティフルマインドの人はもしかして、ナッシュのことでしょうか?統合失調症になってしまったんでしたっけ。 「ガロアの夢」という本を途中まで読んだことがありましたが、ガロアと関係があったかどうか。でも、ガロアの決闘の話は聞いたことがあります。 エピクロス、快楽主義者ということで知ってはいましたが、興味深い人ですね。 私は女好きよりも男好きの人にあこがれますね。ただ女性の膝枕で死ぬのはいいかもしれませんね。

  • 回答No.2

こんにちは。 私の好きな数学者は、エルデシュです。 『放浪の天才数学者エルデシュ』(ポール・ホフマン著) この本を兄の本棚から見つけて読んでみたのですが、すごく面白くて、こんな人がいたんだ~!!ってとても関心しました。彼の人生のほんの一部分しか知らないのに、彼に対してとても愛着が湧きました。 数学の先生と彼について談笑した事も良い思い出になっています。って関係ないけど…(^^;) 「君の頭は営業中かね?」この言葉は特に印象的でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私も「放浪の~」を読んだことがあります。 実はその本を読んでラマヌジャンのことを知ったのです。 エルデシュも面白いですよね。70歳を過ぎても数学に打ち込めた彼は本当にすごい。

  • 回答No.1

中島義道さんです。 あまりに変わっていて、しかし、主張はいちいち 頷け、読んでいると勇気が出るからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

中島義道さんは哲学者ですね。 彼の「哲学の教科書」「時間を哲学する」を読んだことがあります。 実際、お会いしたことはないのですが、だいぶ変わった人のようですね。 好きかどうかはわかりませんが、彼は本物の哲学者ではあると思います。

関連するQ&A

  • 数学者の面白い本

     数学者が書いた面白いノンフィクションを探しています.  今まで矢野 健太郎や藤原 正彦を読んでみて,面白いなぁと思ったのですが,他に,数学者(あるいは他の学問でも)が書いた面白い本はありますでしょうか(専門外の人間でも手軽に読めるのが最適です).

  • お気に入りの哲学者教えてください

    おはようございます。 先日、学生時代に集めた本から一つ取り出し、通勤時に読んでいました。 ヴィーコの『われらの時代の学問方法について』でした。社会科学系の学部でしたが、社会"科学"をやればやるほど、その学問的背景にある理論そのものに対して懐疑的にならざるを得なくなり、清水幾太郎の『倫理学ノート』、科学哲学のクーンなどからヴィーコにたどり着き、何回か読んだ記憶があります。 皆さんのお気に入りの哲学者、その理由も教えてください。なにぶん哲学そのものに関しては超ド素人なので、的外れのお礼を書いてしまうかも知れませんが、ご容赦ください。

  • あなたがこよなく愛する史上最高の哲学者、数学者、物理学者 等

    最近 数学の歴史にハマってます 17世紀後半の西洋は おもしろすぎますw デカルト アイザック・ニュートン ライプニッツ  等々 w そこで あなたの史上最高の天才だと思う学者は誰か その理由は 等 添えて 答えてくれると おもしろいかなとww 勉強にもなるしww 学者の分野は問いません 学問ならなんでもOK (*´∀`)bグッ 私は  ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ 史上最も優秀な数学者wwww もう 大好きww あの多分野における天才ニュートンと同じ時期に 微積分を発見し互いに認めあい競いあったライプニッツ 天才だなぁwwww

  • 哲学と言葉

    哲学というのは言葉で表現するので哲学と言語は切っても切れないような存在ですよね? 頭で思考している間も言葉で思考していることがほとんどだと思います。 けれど言葉になかなか表現できないような、現在の言葉では補いきれない思考などが浮かぶこともあります。 私は哲学に関して専門的な勉強はしていないので是非哲学を専門に学んでいる方達に教えてもらいたいです。 歴代の哲学者達の本など(入門書に近いものですが)読んでみると、“言葉を数式のように扱い、答えを説いていく”と感じるような文章が予想以上に多くて、数学者に似たようなものを感じました。 数学者の方達も数式を解く時、提唱する時、数式はイメージ、ヴィジュアル、直感で浮かび、またそれを直感で解けるもの、解けないもの(存在し得ないもの)との区別感じとり、解けると感じたものを信じてその数式に挑んでいくと聞きます。でもなんとなく理解できますよね? 漠然としていて文章もめちゃくちゃなんですが哲学者と数学者は結局同じことをしているように感じます。 はっきりとした違い、境界は何かを教えて欲しいです。 どんなめんからでもいいので根本的な違いを教えてください。 酷い質問の仕方でスミマセン。よろしくお願い致します。

  • 昔は自殺する人は天才とか詩人、文学家、哲学者、数学

    昔は自殺する人は天才とか詩人、文学家、哲学者、数学者と軒並み頭の良い人がするイメージだったのに、今はアホというか特に歴史に名を残すような功績も学歴も経歴もない社会の何の役にも立たない頭の悪い人が自殺しているのはなぜですか? いつどういうタイミングで天才だけが自殺する文化からアホが自殺するようになった?転機はなんだったのでしょう。いまは天才が死なずに名無しの無名の人が自殺しています。

  • 数学者が数学の道を選んだ理由

    IT系のエンジニアです。 僕は数学者はこの世でトップレベルに忍耐力が必要な職業だと思っています。 そこで、数学者の方がなぜ数学の道を選んだのかをお聞きしたいです。 <質問理由> 僕はエンジニアで、ちょっとだけ自然言語処理を勉強しています。 しかし、ただ頭の良い誰かが作ったライブラリを使って処理をするだけでは、文明を推し進めるような仕事ができないに決まっているので、内部仕様の理解のため、数学を勉強しています。 この数学の勉強が本当に辛いです。おそらく僕が向いてないというよりは、人間なら誰でも辛いものだと思いたいです(笑) ただ、自分の中で腑に落ちる程度に理解した数学的知識を活用して、創造的な仕事を行うのはとても楽しいです。苦あれば楽(楽しさ)あり、という感じです。 しかし、にしても苦の程度がエグいので、数学者はどのような心境で生きているのかが気になりました。 回答者は数学者でなくとも、数学を大いに活用して仕事をしている人なども大歓迎です。純粋に数学が好きな人、趣味の人の心理も気になりますね。 お手すきの際、ご回答よろしくお願い致します。

  • 非英米系哲学研究者の胸中について。TT

    こんにちは。 この質問でお尋ねしたいことは、 (1)非英米系哲学研究の学者の方々が研究としてなさっていることとはどんなものであるのか?真の学問?それともただのお勉強? (2)自然科学化された哲学に対して何を思いつつ自らの研究をなさっているのか? (3)哲学科の学者は、数学や論理学をどのように受け止めているのか。 (4)学問としての哲学にはどのような道が残されているのか? といったことです。 20世紀を経て今の哲学には自然化の波が押し寄せ、認識論が自然科学の学問に下るのではないかという悲壮的なムードが漂っています。 英米系の人たちは、最先端の論理学や数学を駆使して、伝統的な哲学に対して次々と否定的な評価を下しています。 さて、このような情勢の中で伝統的哲学を専門とする学者の方々は、どのような思いでご自分の研究をなさっているのでしょうか? また伝統的哲学に含められない哲学であっても、論理学の色が薄い哲学者(浅薄な知識ですので的確ではありません。フッサールやガダマー、デリダやレヴィナスなどでしょうか)を研究されている学者の方々は何を思って研究をなさっているのでしょうか? 近代やそれ以前の哲学者を専門とされておられるような大学の先生方のなかには、「大学教授のやっていることはお勉強に過ぎない」と卑下される方もいらっしゃいますが、なかには哲学者としての矜持をもって取り組んでおられる方もいらっしゃいます。 しかしながら、数学者や論理学者らがもっている道具を持たずして、今後の哲学を切り開いていくことは難しいのではないでしょうか…?そういった道具を身に着けずにができることと言えば、もはや昔の哲学者のお勉強に過ぎないのではないでしょうか…? いかがでしょうか?TT 例えばフッサールの生活世界に論点を当てて論文を書いておられる研究者、アクィナスにおけるなんとかとかいうラテン語の単語について論文を書いておられる研究者、こういった方々は、英米系の論理ワールドを見て何をお思いになるのでしょうか? それでもなお哲学者だという矜持を持てるとしたら、それはなにに依っているのでしょうか? お願いします。

  • 哲学は反社会的ですか?

    いつもお世話になっています。 タイトルにもある事なのですが、哲学は反社会的ではないですか? 僕も哲学をする人間ですが、すればする程社会に矛盾を見いだし、 人間に矛盾を見いだし、何もわからなくなって。 僕の身近かにいる哲学者は孤立しています。 ウィトゲンシュタインもあまり人と接しなかったようです。 僕もそうです。上に挙げた二人と同じような理由で、人と関わる事をあまり好みません。僕は哲学を望みますが、本当に哲学は必要でしょうか。どんどん結果的に反社会的になっていく気がして、矛盾と孤立感にたえられません。 何でもいいので、回答頂ければと思います。 よろしくお願いします。

  • 哲学の目的は何ですか?

    哲学というとなにやら難しいイメージがあります。 そもそも哲学というのはどういう学問で、その目的とは何でしょうか? 人は何のために生きるのかとか、どう生きるべきかなどと探るのが哲学でしょうか? それとも自分が存在する理由を見つけ出すのが目的なのでしょうか? 何かの真実を見つけ出すものでしょうか? 宗教との決定的な違いは何でしょうか? 哲学は、科学的なものですか? 物理学などの思考実験との違いは何でしょうか? 哲学者は、統合された哲学ともいうべき「究極の哲学」を目指しているのでしょうか? それとも宗教の宗派の違いのように、全く別々の流派に分かれているのでしょうか? また宗教って楽しい学問ですか? 初心者にもわかりやすい入門書などあれば教えてください。 ちなみに哲学というと西洋のイメージが強いですが、日本の歴史のなかで哲学と呼ばれるものをはじめた人はだれでしょうか? いろいろ質問してすみません。哲学について何でもいいですから教えてください。 よろしくお願いします。

  • 考え方や哲学者はどんなのがあるか

    次の私の考えに合う、 考え方や哲学者はどんなのがありますでしょうか? 少し調べたら、懐疑論というようです。 他には、水槽の脳とか哲学的ゾンビとか。 何というか、馬鹿みたいで笑われるようなものかもしれないです。 全体的にふわふわしていて、考え方を掴みたいです。 1、自分には自由意志などなくて、 あらかじめ決められたシナリオを見せられている。 VRの全感覚を感じる版のような感じ。 2、現世でいうところの『神』がいて、 その絶対的な存在が、自分の人生の舵を取っている。 それが、面白がっているのか学ばせようとしているのか。 とにかく、偶然とはいえないような一致を何度も実感している。 3、映画「トゥルーマン・ショー」では、主人公以外は演者。 自分以外は演者として演じているのではなく、 ロボットのようにプログラミングされている。 自分にシナリオ通りに動かすためのモノでしかない。 4、この世界は、シミュレーションの世界であり、 自分が目を閉じたら、世界は消失する・何もない空間。 5、自分はシミュレーションにおいて、 あらゆるデータを取るためのただの一つのコマでしかない。 他にもあった気がするのですが、掴めてないからなのか、 ふわふわと思うだけで、ボヤケています。 よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう