質問する非公開

非公開で個別に質問できます。非公開質問とは?

専門家弁理士
原田 貴史 harada-tokkyo(OKWAVE ID)

自己紹介

「本来の実力や努力が正当に評価される中小企業を1社でも増やす。」ことが信念です。企業や人に眠る価値を最大限に発揮させることが自らの使命であると考えています。商標・特許のことは、なんでもぜひご相談ください。

◆資格・経歴
原田国際特許商標事務所 代表弁理士

1979年 北九州市生まれ
2005年 会津大学大学院 コンピューター理工学研究科 卒業
2005年 カーナビメーカー入社
2012年 弁理士登録 特許事務所入所
2016年 原田国際特許商標事務所 開業

◆商標・特許に関することは、気軽にご相談ください
先進国の中でも中小企業の出願は極めて少ないのが日本です。
米国は4割近く、大財閥がほとんどの韓国でも2割が中小企業ですが、日本は0.03%の大企業が、9割以

上を占めており、中小企業の商標や特許の活用は十分とは言えません。
わからないことが多くとも、自分のアイデアを守り、競争が激しい場合の防衛、という観点も必要です。

<よくあるご相談の一例>
・商標出願から登録までの流れ
 Q:商標登録に関わる期間はどれくらいでしょうか?
 Q:費用はどのタイミングで発生するのでしょうか?
 Q:ロゴと文字を作ったのですが、どちらを出願すればよいでしょうか?
 Q:ニュースで商標関係の話題が出ていました。自分の店ではどうでしょうか?
 Q:店舗のお客さんに別の店と間違われたので商標を取りたいです
 Q:自分が何十年も考えたサービス名があちこちで真似されています
 Q:本を出版するときのキャッチコピーは守れるでしょうか?

・特許のご相談
 Q:こんなものを作ったが、特許になりますか?
 Q:特許を取得するメリットは何ですが?
 Q:どのくらいの費用ですか?
 Q:どのくらい時間がかかりますか?

◆特許・商標の世界をもっと身近に
特許を保有する中小企業の方が、特許を保有しない中小企業よりも、従業員一人当たりの売上が131%

高いというデータがある(2009年中小企業白書)ように、特許は、中小企業の努力の結晶である虎の子の

技術を独占可能にできる強力なビジネスツールです。
日本の中小企業は、素晴らしい技術力・商品力を持っています。
私が開業後にサポートした企業は数十社に及び、

「特許のお陰で、1億円の受注が決まった」
「営業が楽になった」
「社員が自社に誇りを持ってくれるようになった」
「大企業とのアライアンスが決まった」

などの声が寄せられ、弁理士になって良かったと実感する日々です。
企業や人に眠る価値を最大限に発揮させることが自らの使命であると考えています。
ぜひご相談ください。

◆事務所概要
原田国際特許商標事務所
【住所】〒338-0003 埼玉県さいたま市中央区本町東7-4-1-105
【対応地域】東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県
  • 登録日:2017/09/05
  • 氏名:原田 貴史
  • 性別:男性
  • 国:日本
  • 都道府県:埼玉県
  • 言語:日本語
  • サイト:http://tokkyo-shinsei.com/

回答履歴

  • 読み込み中です
-PR-

お気に入りカテゴリ

お気に入りキーワード

気になるQ&A

  • 読み込み中です

気になるQ&A一覧 >>