総ありがとう数 累計4,308万(2014年11月24日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
MGSCQC8

 私は小さい頃は結構純粋な目で、「これは面白い!」と興味を持った娯楽作品にひたすら没頭し、何も考えずにただ楽しんでいました。その後成長して、娯楽作品の中でも深いテーマを突くような作品とも出会い、考えながら楽しむという楽しみ方も知りました。ですが、だれもがそうですが成長してもいいことばかりではありません。いままで自分が理想としていたことの困難さを知ったり、他にも知りたくもない世の中の汚い面を知って失望したりとむしろ嫌なことのほうがいっぱいあります。

 最近は自分のひとつの理想にこだわってて悩み、頭がふやけたような状態になりましたが、それだけにこだわらず、他の自分の興味のあるものをのばしてみようかと思うようになりました。 それでも、「自分は意志が弱いのか」、「結局は理想への熱意が消えかけているから逃げなんだろ」など考えてしまいました。今は自分への失望感と、前向きいろんなものに触れてみようと思う自分が葛藤しているのかもしれません。生活スタイルが変わったのもあって今までしていなかったことに最近少し触れるようにはなってきましたが。

そういういろんなことを考えるようになったり、子供の時よりも物事への慣れがあってか、最近も興味を持ったものはあるのですが、持続力がなかなか持たず「どうせ・・・長続きしない」とか、「意味がない」とか、冷めた目線で見ている自分がどこかにいます。だから、言い訳臭いかもしれませんが、わくわくしたり、一心不乱になりきれないところがあります。
成長すれば昔ほど新鮮せは薄れるだろうし、価値観も変わるとは思います。それでも私は人や自分の冷めた感情に負けず、好奇心や行動力を持ってこの世を楽しみたいと思っています。

かの物理学者アルバート・アインシュタインは「私の成功の秘訣がひとつだけあるとすれば、ずっと子供の心のままでいたことです。」と言っています。これを聞いて「ああ、子供のように好奇心を持ち続けることは大切なことなんだな」と思いました。
一方で持続力が持たなかったり、行動力が高くないのは私の性格のせいもあると思います。
ですが、もう少し自分の好奇心を子供に近づけて以前のように物事に没頭できるようになったり、興味を持ったことに持続力と行動力があるようになりたいと思っています。

贅沢な望みかもしれません。青いといわれるかもしれません。ですが、質問のタイトルにあるようなことを私の意見をきいてくださった皆さんにアドバイスして欲しいと思います。

いろいろと一貫性がない文章だなあと思う方がいるかもしれません。ダメな奴と思われるかも知れません。すみません。
ですが、どうぞ、よろしくお願いします。
  • 回答数4
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全4件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2011-06-04 16:53:25
  • 回答No.4
はじめまして。

2歳児の母をやってます。

自分の息子を見ていて思うのは、
「好奇心」はあっても、それをずっと継続させる事は難しいって事です。

継続は力なり

この言葉に尽きると思いますよ。

誰だっていつまでも「子供」では居られないのです。

子供の心を持つという事は
「何事にも、自分で見切りをつけずに、挑戦する」って事だと思います。

あなたの言っている持続力は、すなわち、継続力という事でしょう。

何でも自分で「意味ない」とか「長続きしない」などと片付けてしまうのではなく
とりあえず、やってみる。

やってみて自分に合わなければ、止めればいい。

誰に迷惑をかける物でもないと思うんです。

ただ、大人になれば、自活していかなくちゃいけない。

だからこそ、時間の使い方が大事なんだと思います。

人に迷惑をかけない範囲で「楽しむ」事が出来るのが大人。
没頭出来るのが大人なんだと思います。

人から「くだらない」と思われても好きなものは好きでいいじゃないですか。

冷めた目線で見るのは、自分の可能性を自分で見切っているのと同じ事。

そうやって可能性を自分で見切っていては出る芽も出ません。

まずは何でも良いので、「やり切る」事を目標になさってはどうでしょうか。
お礼コメント
回答ありがとうございます。

>自分の息子を見ていて思うのは、
「好奇心」はあっても、それをずっと継続させる事は難しいって事です。

そうですか・・・。小さな無垢な子供でも、継続させるというのはまた別で、難しいことなんですね。

>人に迷惑をかけない範囲で「楽しむ」事が出来るのが大人。
没頭出来るのが大人なんだと思います。

確かに、いつまでも無責任でいるわけにはいきませんよね。そのうえで、時間を上手く使っていくものなのですね。

>まずは何でも良いので、「やり切る」事を目標になさってはどうでしょうか。

わかりました。せっかく、興味のある子があるのに手を出さないのはもったいないですよね。さきほど、回答したようにまず小さな目標を作ってまずそれらを継続していく習慣を作ってから、興味のあることを上手くこなしていきたいと思います。

大変参考になりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-06-06 21:15:57
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全3件)

  • 2011-06-04 15:29:13
  • 回答No.3
noname#138996

誠に失礼ながら、質問文を拝見した印象ですが、何事も充分理解されていないにもかかわらず、少し分かっただけで、物事の大方について分かったような気になって今日まで来られたような印象を受けました。

細かいことを言えばきりが無いのですが、ご質問の文書中に「持続力が持たなかったり」と、あります。私も言葉の専門家ではありませんが、前記の言葉は「持続力を保ち続けられなかったり」と、いうように表現するのでは、と思うのですが・・・。何故この様な細かい点を指摘したかと申しますと、あなたの仰っていることは、もの事の根幹に関わる様なご質問だからです。

この様に、言葉を自己都合で解釈されて使っていると、それが積み重なることで自分の理想としている、或いは理想だと思っている事を実現に向かって努力する過程で、現実とのミスマッチが発生します。そこに旨くいかなさの不安が発生します。

もの事への関わりが上の空になっている、ということです。従って、過去を振り返って理想とか純粋な気持ちとかの言葉が出て来ます。現実の中にあなたの生きる道があるのです。現実を直視して、ご自分の理想を実現させましょう。

そうそう、タイトルの「子供心と持続力を持ち続ける方法」。この文は一見まともな文のように思いがちですが、素人ですが私が前記の文を読んで感じたのは、「子ども心」と「持続力を持ち続ける方法」とは?の関連性に???なのです。この事からご理解頂けるように、あなたのご質問文書は、現実の中で困っていらっしゃる姿がイメージできません。心ここにあらずの状態で書かれた文書かな、と思いました。

辛辣なことを申しました。それは、あなたはまだお若い方だと思い、将来の参考になればとの思いです。更に私は、ご質問の文書について回答する場合、原則として他の回答者の回答文を見ませんので、全く独自の判断で回答しています。それと、同情的なアドバイスは、余りしません。質問の趣旨に沿ったアドバイスをしているつもりです。 以上失礼致しました。
お礼コメント
>タイトルの「子供心と持続力を持ち続ける方法」。この文は一見まともな文のように思いがちですが、素人ですが私が前記の文を読んで感じたのは、「子ども心」と「持続力を持ち続ける方法」とは?の関連性に???なのです。

これについては分けて質問したほうが伝わりやすかったかもしれません。無理に文章を繋げてしまったかもしれません。
子供心というのは強い好奇心や興味があるという意味で使っています。アインシュタインが言うことを
私は好奇心や興味というのは(これだけとは限りませんが)人間が生きていく原動力なのだと思っています。

また、持続力というのは好奇心や興味を持ったものを続けていけることだと思っています。最近の私は好奇心や興味を少なからずもっているとは思うのですが、どこか冷めていて続いていないような気がするのです。
少しでも自分が興味を持てることを持続してやっていけば新たな自分を知れるのではないかと考えているのです。
この気持ちは嘘ではありません。

>言葉を自己都合で解釈されて使っていると、それが積み重なることで自分の理想としている、或いは理想だと思っている事を実現に向かって努力する過程で、現実とのミスマッチが発生します。

自己解釈ですか、私は絶対の真理というものはないと思っています。いくら考えても確かな答えなんてでないので、
このような不特定多数の方の意見が聞ける場をお借りして皆さんの意見を「参考」にしたいと思っているのかもしれません。
確かに自分に自信がなかったり、不安定さを覚えたからここにきたのかなとは感じています。

>「持続力を保ち続けられなかったり」と、いうように表現するのでは、と思うのですが・・・。

はい、持続力という言葉に「持」という字があるので「保ち続ける」と表現した方が正しい(?)日本語なのかもしれませんね。
ただ、最近は「後で後悔する」という言葉の使い方がされているように、そこまでよく考えていなかっただけかとおもいます。
長文だったので訂正を怠ったのかもしれません。すみません。

何か反論するような文章になってしまいましたが、自分には不安定なところがあるのかもなと考えることができました。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-06-04 18:49:55
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2011-06-04 07:47:32
  • 回答No.1
こんにちは。
自分も子供のころには2~3時間は軽く没頭するほうでしたね。
今でも色々なものに興味を持ちますが同じ状態です。
あなたの悩みの元は時間だと思います。社会人になる前は
生活することへの煩わしさが無いので、時間だけは沢山あります。
ですが一歩社会に出れば仕事、同僚、上司、恋愛、生活面とても煩雑で
一定の集中できる時間がとり難くなります。それに流されると「まっいっか!」
になってしまうと思います。(自分がそうでした)一週間のうち自分自身で
「この曜日の時間だけは」と決めて時間を作ればいいのでは?
「♪夢を削りながら~」(アリスファンなもので)なんて歌いながら気がついたら52歳です。
なんとか工夫して自分の人生をより良く送ってください。52歳になる前に。
お礼コメント
回答ありがとうございます
アドバイスためになります。確かに私は20才になりかけの大学生です。私は今の比較的時間のあるうちに自分の興味あることをこなす時間を作っていく練習をしたいと思います。
投稿日時 - 2011-06-06 20:57:26
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2011-06-04 10:26:09
  • 回答No.2
 一心不乱になりきれないのは、、みんな同じです。
 それは逆に強さで、それは鍛えるものです。

 たとえば、1日1回必ず親に笑顔を見せる。
 これを持続できるでしょうか?
 実は難しい。

 わすれたり、今日はいいかな、やらなくてもと思ったり、明日2回やろうとか、、、よわいこころがいっぱいささやいてくるのが現実です。
 それを知ってるからこそ、難しいことがわかってきます。
 批判されても、反対されても意志を通すのは本当に難しいものですよ。

 これなら毎日できるし、できなかったら自分は終わりだなと思うことを1つ日課でも作ったらどうでしょうか?
 
お礼コメント
回答ありがとうございます。
たしかに些細なことでも続けることは難しいですね。
決めました。私は学生なので、課題をよく出されます。これらを平日のうちにこなして、休日は興味があることをする習慣を身につけたいと思います。まず、この決まりを破らないように自分を戒めていきたいと思います。
投稿日時 - 2011-06-06 21:02:42
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数4
  • 気になる数0
  • ありがとう数0
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ