-PR-
gzjp

「『その節』と『その折』の違いは何か」と
友達の留学生に聞かれました。

辞書で調べるとどちらも同じ意味のようなのですが、
何か使い分けの決まりはありますか?

ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。
  • 回答数4
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全4件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2010-09-15 12:03:10
    • 回答No.3
    noname#121595

    Yahoo辞書を見たら、用例は同じでした。

    その‐せつ【其の節】
    その時。その折。「―はありがとうございました」

    その‐おり【其の折】
    その時。その節(せつ)。「―はお世話になりました」

    ただ「節」と「折」とを比べてみた場合、「折」には機会、チャンス、頃合い、タイミングなどの意味があります。
    「節」にもなくはないですが、薄いように思います。
    例:「折りを見て伺います」「帰郷した折りに旧友に会う 」

    ですから、「その節、その折」でも、機会、チャンスの意味が強い場合は、「その折」がよいように思います。
    例:「来月上京しますが、その折には是非お会いしですね。」
    「節」でも悪くはないですが、「折」の方がピッタリするように思います。

    ということで、チャンスやタイミングの意味を強く出したい場合は、過去未来にかかわらず「その折」の方がいいかなと思います。
    別の言葉で意味用法が全く同じということはないと思います。それぞれの言葉の存在意義があるはずです。
    お礼コメント
    なるほど!よくわかりました。どうもありがとうございます。

    「別の言葉で意味用法が全く同じということはないと思います。それぞれの言葉の存在意義があるはずです」
    このご意見、私も同感です。
    ありがとうございました。
    投稿日時 - 2010-09-17 03:31:08
    • ありがとう数6
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全3件)

    • 2010-09-15 09:27:09
    • 回答No.2
    「その節」「その折」は辞書によると同義語です。只慣用表現としては、 「その節」は過去のことに用いられる場合が多く、 その節はお世話になりました。その節は有難うございました。その節はごちそうさまでした。 「その折」は過去未来どちらも使えると思います。 その折はどうぞよろしくお願いします。 その折にはまたお目にかかりましょう。 その折にはぜひご一緒させてください。 これは個人の語感の問題で、異論があるかもし ...続きを読む
    「その節」「その折」は辞書によると同義語です。只慣用表現としては、
    「その節」は過去のことに用いられる場合が多く、
    その節はお世話になりました。その節は有難うございました。その節はごちそうさまでした。

    「その折」は過去未来どちらも使えると思います。
    その折はどうぞよろしくお願いします。 その折にはまたお目にかかりましょう。
    その折にはぜひご一緒させてください。
    これは個人の語感の問題で、異論があるかもしれません。
    お礼コメント
    ご回答ありがとうございます。
    大辞林によると、「その節」は「未来のその折り」という意味もあり、用例では「来月上京しますので、その節はまたよろしく」とあります。
    しかし私も「その節」は過去のことによく使うという感覚があります。
    投稿日時 - 2010-09-17 03:24:44
    • ありがとう数1
    • 2010-09-21 13:17:50
    • 回答No.4
    「をり(節/折)其場ニ當ル時、タビ、時。」(大槻文彦「言海」) 時節(をり)と同じ音であることから、「折」を以て日本では時節・機会・場合の意味も表すようになったとされています。 したがって、連体詞「その」に付く名詞「おり」としては基本的に同じ形態であり、話し手にとって聞き手と共有した近い過去の時点を指すでしょう。"on that occation" これが「その節」という形になると ...続きを読む
    「をり(節/折)其場ニ當ル時、タビ、時。」(大槻文彦「言海」)
    時節(をり)と同じ音であることから、「折」を以て日本では時節・機会・場合の意味も表すようになったとされています。

    したがって、連体詞「その」に付く名詞「おり」としては基本的に同じ形態であり、話し手にとって聞き手と共有した近い過去の時点を指すでしょう。"on that occation"

    これが「その節」という形になると、漢語読みで改まった調子が高まり、一方副詞的にも用いられて慣用化もし、主に書簡や挨拶文にも用いられているのでしょう。
    その結果、「その折 on that occation」の他に、「その際 then」「いつかの機会に in that case」「今度また at that time」といった風にあいまいさが増した「朧化(ろうか)」が進み、その分意味が多様化しています。

    一方、「折」の方は、代名詞と付くよりは、「折も折」「折しも」「折から」など名詞のままでの活用が多彩になっています。

    したがって、挨拶語としては「その節」の方がずっと応用が利くでしょう。
    ただし今日では、なまじ挨拶語として改まったニュアンスがこもっているだけに、会話レベルでは遠ざけられつつありましょう。「この前は…どうも」「また今度…でしたら、よろしく」など、平易な表現が普通で、「その節」「その折」はかなり文書語的に「死語」化しつつあるのかもしれません。
    お礼コメント
    よくわかりました。詳しいご説明ありがとうございます。
    投稿日時 - 2010-09-22 05:48:40
    • ありがとう数0
    • 2010-09-15 05:33:10
    • 回答No.1
    同じです。類義語というよりは、同義語です。 難しい日本語を学ぶには、そういう些細な問題より もっと多くの課題がありますので、 お友達には他の課題に進むように勧めたほうが よいと思います。 ...続きを読む
    同じです。類義語というよりは、同義語です。

    難しい日本語を学ぶには、そういう些細な問題より
    もっと多くの課題がありますので、
    お友達には他の課題に進むように勧めたほうが
    よいと思います。
    お礼コメント
    ご回答ありがとうございます。
    投稿日時 - 2010-09-17 03:18:02
    • ありがとう数1
    • 回答数4
    • 気になる数0
    • ありがとう数19
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ