• ベストアンサー
  • 困ってます

横溝作品『蒼いけものたち』は存在しない?

古い話で恐縮です。 もう30年以上前、テレビがまだ白黒だった頃、横溝正史原作の『蒼いけものたち』というTVドラマを見た記憶があります。ふとしたことでこの原作を読みたくなり、検索エンジンで探してみたのですが、該当する作品が見当たりませんでした。しかもこの作品が、『犬神家の一族』と同一作品という報告もあり、原作の存在そのものが疑わしくなっています。 わたしの記憶するストーリーは、次のサイト; http://www.yokomizo.to/movie/drama/tuesday.htm で紹介されている内容そのものなのです。(但し私が見たのは1回完結のドラマでした。)もう疑う余地がないかとも思ったのですが、しかし!私は何年か前、古本屋で『蒼いけものたち』という文庫本(もちろん著者は横溝正史)を見たことがあるのです。出版社は春陽堂だったかもしれませんが、検索エンジンでは引っかかってきませんでした。 『蒼いけものたち』という小説は存在しないのでしょうか。ご存知の方、お知らせください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数953
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • crimson
  • ベストアンサー率40% (900/2202)

>しかもこの作品が、『犬神家の一族』と >同一作品という報告もあり、 厳密に言えば同一ではありませんが、「犬神家」を より現代的に脚色したものなのです。 従って、横溝作品としての「蒼いけものたち」は存在 しないはず。 …しかし、もし文庫本を目撃されたのが事実であると すれば、それはドラマ化に合わせて「犬神家」に一時 的に帯でも掛けて発売したのではないでしょうか?

参考URL:
http://www.yokomizo.to/movie/drama/tuesday.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答有難うございました。 見かけたことがある文庫本は、帯ではなく青っぽい表紙に「蒼いけものたち」と書いてあったと記憶しています(古本屋のせいか帯は付いていませんでした)。 しかしそのような脚色があるということは知りませんでした。脚色でもいいから読んでみたいと思うのですが、こればっかりは古本屋で“奇跡的な出会い”を期待するしかないのでしょうね。 有難うございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

以前、古本屋を探しまわして横溝正史の本を全部そろえました。(^^; 今はダンボールに詰めて家の奥にしまっているので、ちょっと確認はとれませんが・・・・ 私が集めた中にその作品名はないと思います。 ただ「名前が違うから」と思って買った本の内容が、読んでみたらまったく一緒だったのはいくつかありました。 それもドラマのだったかもしれないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございました。 そこまで徹底して収集したコレクションの中になければ、もう諦めた方が良いかもしれませんね。 有難うございました。

関連するQ&A

  • 横溝映画のある作品。

    横溝正史の映画で、湖面から女の足が突き出ていた映画を知りませんか? 『犬神家の一族』でしたか?うーん、思い出せません。 どなたかお願いします。

  • 横溝正史作品にこういう話ってありますか?

    以前、下のような質問をしました。 http://okwave.jp/qa/q4998339.html どうも横溝正史の作品っぽいんですが、分かる方いらっしゃいますか? もし横溝作品なら読んでみたいんですが。 どうぞ宜しくお願いします。

  • 横溝正史のような小説。

    横溝正史のような小説。 横溝正史の作品はすべて読みました。 「本陣殺人事件」や「悪魔の手毬唄」、「獄門島」などの小説が大好きです。 こういった横溝作品に似た雰囲気のもの、旧家、連続殺人事件、戦後、といったキーワードの推理小説をご存じでしたら、教えていただけないでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

  • 横溝正史作品で電子文庫化に漏れた作品とは?

    かつて、角川文庫から90冊近く発行されていた横溝正史の作品ですが、大半が絶版になっています。 そうした作品でも「角川e文庫」で電子書籍化されていて、今でも読む事ができるのですが、その電子化に3本だけ、漏れた作品があると聞きました。 その作品名がお分かりの方、教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 横溝正史の「蝶々殺人事件」という話を文庫で読みたいのですが。

    横溝正史の「蝶々殺人事件」という話を文庫本で読みたいのですが、 今はどの本に収められているのでしょうか。 昔は角川書店から出ていたそうですが、絶版になったようでして。

  • 横溝正史の全集について

    昔角川から出ていた横溝正史の本が、現在「金田一耕助のファイル」シリーズに収録されているもの以外はほぼ絶版になったと知りました。 絶版になった作品も手に入れたいのですが、全集を買うならどこの出版社が良いと思いますか? 主要長編から短編まで全ての作品が発表順に収録されている(出来れば文庫版のもの)全集を探しています。

  • 横溝正史・金田一耕助ファンの方

    金田一耕助が出てくる小説の中で一番好きなのは何ですか?映画、TV版、と原作を比べてのご意見・感想も教えていただけると嬉しいです。 また、横溝正史を読破し、また誰か1人の作家にはまってみたいと思ってますので皆さんのおすすめの作家を教えて下さい。ちなみに板東眞砂子も読んじゃったので他の方でお願いします。

  • 「蒼い」とは、文学的にはどういう意味合いに?

    40年くらい前に日本テレビで『蒼いけものたち』という題名のテレビドラマがありました。 「蒼いけものたち」というタイトルそのものの意味合い、 あるいはここでいう「蒼い」とはどういう意味合いになるのでしょうか。 この番組は、有名な『犬神家の一族』のドラマ化です。 「けものたち」とは、莫大な遺産をめぐって憎み合う人々(この辺りは原作どおりの展開)のことかな、と。 しかし「蒼い」の意味がわかりません。 わざわざこんなタイトルにしたくらいだから、「文学的?な意味合いを持つのでは」と考え、 質問を投稿させていただきました。

  • 東野圭吾「容疑者Xの献身」トリックはパクリ?

    今更ながら映画「容疑者Xの献身」を観ました。 原作は読んでないのですが、最後のどんでん返しのトリックを昔どこかで読んだような気がしてなりません。 横溝正史?だったような、おどろおどろしいミステリーだったような・・・ 相当前に読んだので、記憶が曖昧です。 ネットで検索しても「盗作」「パクリ」らしき記述は見当たりません。 記憶違いでしょうか???

  • 推理小説(探偵小説)の犯人のパターン

    昔、横溝正史さん書かれたエッセイだとおもうのですが、探偵小説の犯人のパターンを一覧にしたものを読んだ記憶があります。 もう一度読みたいので、掲載されていた本のタイトルをご存じの方は教えてください。 内容は、江戸川乱歩の類別トリック集成の、犯人のところを、横溝正史が、金田一耕助の事件とうを引き合いに出しながら解説してくれたものだったとおもいます。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%9E%E5%88%A5%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9B%86%E6%88%90 「ABC殺人事件」と「八墓村」の関係とか等々です。 たぶん、横溝正史の本をいろいろ読んだので、別々の本に書いてあったものを混乱して覚えている可能性もあります。 ミステリーを読む上で再度勉強したいので読んでみたいと思いました。 また、類別トリック集成のような評論が有れば教えてください。