-PR-
noname#191253

「恨みはらさでおくべきか」の日本語の仕組みを教えてください。
よろしくお願いします。
  • 回答数2
  • 気になる数1
  • Aみんなの回答(全2件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2010-07-15 09:39:20
    • 回答No.2
     恨み「うらみ」は「晴らす」という動詞の目的語、現代語では「恨みを晴らす」

     はらさで=「晴らす」の未然形、に「で」がついた形、現代語では「晴らさないで」

     「で」は接続助詞で、下記の「で」にあるように「動詞の未然形について打ち消しの意味をあらわす」用法です。

       http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/intro/josi07.html

     おくべきか=「置く」の連体形に「べき」と疑問の助詞「か」、現代語では「(ほって)おくのが許されるか」「放置してよいのか」

     この文章全部が反語ですから、「このまま放っておいてよいものか」いや「必ず恨みは晴らす」という意味でしょう。

    恨みを晴らす have [《口語》 get] one's revenge 《on sb》; get even 《with sb》; revenge oneself 《on sb》; settle [pay off] old scores 《with sb》; square accounts 《with sb》
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全1件)

    • 2010-07-15 08:54:37
    • 回答No.1
    noname#198951

    日本語の仕組み? 意味なら 「恨み」+「はらさで」+「おくべきか」 ですから、 「恨み」→ うらみ 「はらさで」→ はらさないで 「おくべきか」→ おくことができるか 続けると 恨みをはらさないでおくことができるか となります。たぶん。
    日本語の仕組み?

    意味なら
    「恨み」+「はらさで」+「おくべきか」
    ですから、
    「恨み」→ うらみ
    「はらさで」→ はらさないで
    「おくべきか」→ おくことができるか

    続けると
    恨みをはらさないでおくことができるか
    となります。たぶん。
    • ありがとう数1
    • 回答数2
    • 気になる数1
    • ありがとう数12
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    関連するQ&A

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ