総ありがとう数 累計4,332万(2014年12月23日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
hinasato

去年新築マンションを購入し、賃貸から引っ越しました。
不動産所得申告書が届いたのですが何点が書き方の不明な点があり、詳しくご存知の方がいらっしゃいましたらご確認いただけると助かります。

不動産の概要の欄で、
・「床面積(1階:   )(1階以外:   )(計:   )」とあるのですが
 マンションの場合は自分が所有している床面積を(計)の欄に書けばよいのでしょうか?

・「建築価格または埋立て等の価格」の欄には購入価格をそのままかけばよいのでしょうか?

・「取得の原因(新築、増築、売買、改築)」とありますが、
 新築で購入した場合は新築と売買のどちらになるのでしょうか?

・「建築着工」の年月日の欄がありますが、不明な場合は空欄でよいのでしょうか


以上よろしくお願いいたします。
  • 回答数2
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全2件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2007-07-17 21:36:32
  • 回答No.1
不動産取得税申告書でしょ?
http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/index_f.htm

マンションの場合は自分が所有している床面積を(計)の欄に書けばよいのでしょうか?

そうです。

>・「建築価格または埋立て等の価格」の欄には購入価格をそのままかけばよいのでしょうか?

そうです。

>・「建築着工」の年月日の欄がありますが、不明な場合は空欄でよいのでしょうか

空欄でしょう。

県によって様式は千差万別
http://www.pref.kanagawa.jp/yousiki/soumu/1104/zei76.pdf
http://www.pref.aichi.jp/zeimu/sinsei/downlord/sinsei.pdf

県税事務所に聞きましょう。


>・「取得の原因(新築、増築、売買、改築)」とありますが、
 新築で購入した場合は新築と売買のどちらになるのでしょうか?

購入ですから「売買」
お礼コメント
すみません、おっしゃる通りです。「不動産取得」です。
詳しく回答頂き助かりました。ありがとうございました!
投稿日時 - 2007-07-17 21:47:50
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全1件)

  • 2007-07-20 02:55:01
  • 回答No.2
質問者さんに届いた書類の趣旨は、このマンションの購入資金の出所を本人に申告させることが目的です。

このマンションの購入者全員にこの書類が送られています。ということは、質問者さんの質問は誰かが適切に答えていますし、税務署はいつでも簡単に調べられる事柄です。本来はこの質問は、戸建て住宅を取得された人に向けられているものなのです。

よって、
>・「床面積(1階:   )(1階以外:   )(計:   )」とあるのですがマンションの場合は自分が所有している床面積を(計)の欄に書けばよいのでしょうか?

その通りです。

・「建築価格または埋立て等の価格」の欄には購入価格をそのままかけばよいのでしょうか?

購入価格を書いても良いでしょうし「不明」と書いても良いでしょう

・「取得の原因(新築、増築、売買、改築)」とありますが、
 新築で購入した場合は新築と売買のどちらになるのでしょうか?

マンションの場合なら、売買でしょう。売買は本来の意味は中古戸建て住宅の取得を意味しますが、本件の場合はなんでも良いでしょう。

>・「建築着工」の年月日の欄がありますが、不明な場合は空欄でよいのでしょうか

マンションの購入契約書に書いてなければ「不明」としか書きようがないでしょう。戸建て住宅の場合は建築確認申請書との整合性を求めているようですが、マンションの場合は無意味ですね。
お礼コメント
ありがとうございました。
投稿日時 - 2007-07-24 02:47:40
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数2
  • 気になる数0
  • ありがとう数4
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


年賀状のマナーや作り方を学べるQ&A特集!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ