OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

インナーマッスル

  • すぐに回答を!
  • 質問No.159025
  • 閲覧数346
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/5)

インナーマッスルについて教えてください
ピッチャーの鍛え方
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 44% (198/442)

インナーマッスルとは、投球動作に必要な筋力を鍛える事で間接(肩や肘等)を円滑に行い故障等から守るために必要なトレーニングの総称ですが、具体的なトレーニングは下記の様な方法があります。 1.マシントレーニング。 この方法は、アスレチッククラブ等にあるトレーニングマシンを用いて腕力の強化、握力の強化、背筋、腹筋の強化を行います。 2.柔軟。 主に股関節や手首、肩等の柔軟性を向上させ投球時の衝撃吸収能力 ...続きを読む
インナーマッスルとは、投球動作に必要な筋力を鍛える事で間接(肩や肘等)を円滑に行い故障等から守るために必要なトレーニングの総称ですが、具体的なトレーニングは下記の様な方法があります。
1.マシントレーニング。
この方法は、アスレチッククラブ等にあるトレーニングマシンを用いて腕力の強化、握力の強化、背筋、腹筋の強化を行います。
2.柔軟。
主に股関節や手首、肩等の柔軟性を向上させ投球時の衝撃吸収能力を高めるために行います。
3.シャドウ。
リストバンド(軽め)やマスコットボール等を用いてゆっくりとしたフォーム(スローモーション)で投球フォームのズレや問題点を改善していきます。
この時、体が左右にぶれたり、させきれずにフォームが崩れたりする場合は下半身の強化が必要です。(ゆっくりやる事が大切、結構きつい)
ゴムチューブを利用した方法などもありますが、基本的には投球時にかかる負担を軽減させる為に必要な筋力の強化を目的とするものですから、自身で弱いと感じる所を入念にチェックしながら、無理せず地道に行う事が必要です。
では。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ