OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

水晶玉の研磨方法

  • 暇なときにでも
  • 質問No.155110
  • 閲覧数900
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 96% (245/253)

少しカテゴリーの選択が変かもしれませんが、宜しくお願いします。

先日、地方のある民族資料館で、水晶ダマを手に握っている銀細工の龍の置物を見ました。説明書きに拠りますと、江戸初期に作られたものとの解説がありました。水晶ダマは2cm弱くらいの大きさなのですが、如何見てもゆがみが無く、まったくの球形であると言い切れるほど綺麗なものでした。
そこで質問なんですが、江戸初期に球形に水晶を研磨する技術は、確立されていたのでしょうか?。時代劇などでも、相当大きな水晶ダマを目にしますが、本当に江戸時代初期頃には、綺麗な球形の水晶ダマは存在していたのでしょうか?。詳しい方、またはご存知の方、教えて下さい。宜しくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 平安時代に既に水晶の念珠がつくられ、鎌倉時代には仏像の白豪や眼玉が作られていました。江戸時代初期には、京都では2・3寸の大玉の作成技術が確立していました。
お礼コメント
cope

お礼率 96% (245/253)

shoyosiさん、御返答、ありがとうございます。そして、御礼が遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
ご紹介いただいたURL、大変役立ちました。江戸初期に、すでに研磨方法が確立されていたとは、驚きです。
江戸初期にゆがみの無い球体の水晶だダマが作れるわけが無いと、勝手に決め付けていた私には、勉強になるHPでした。これから宜しくお願いします。
投稿日時 - 2001-10-28 22:44:20
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ