OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

あさきゆめみしの『あさき』の意味を教えてください。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.146022
  • 閲覧数4996
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 79% (727/920)

いろはにほへとちりぬるを・・・の中のあさきゆめみしって出てきますよね。そのあさきの意味を教えてください。もし知っていれば前文の意味もおねがいします.
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 45% (23/51)

(花の)色は映えているが
(いつしか)散ってしまう
私の(生きる)この世で
誰が永遠であろうか
有為転変のある奥深い山(のようなこの世)を
今日も越えていく
浅い夢を見ることもなく
酔うこともない

意訳です。<あさき~>はsukamasaさんの(2b)解釈に
よります。また、<匂う>は美しく映えているという
意味だと習ったように記憶しています。

以下蛇足
<いろはうた>
一説には弘法大師空海の作という。万葉歌人の柿本人麻呂
の恨みをあらわしたもの(梅原猛の『水底の歌』だったと
思います)とか、暗号が隠されているとか話題には事欠
かない。いろは歌を材にとったミステリに
『猿丸幻視考』(井沢元彦・講談社文庫)というのがあり
ます。

<暗号?>
いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

の沓(各文の末尾)を拾うと「とかなくてしす」つまり
「咎無くて死す」となり「罪が無いのに死んだ」という
メッセージになるという説が有名。
また『仮名手本忠臣蔵』の<仮名手本>とは<いろは歌>の
ことであり、すなわち罪無く死んだいろはの文字数と同じ四十七士
を表しているとか。
お礼コメント
shooting-fish

お礼率 79% (727/920)

わかりやすい回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-10 23:39:45
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 25% (243/949)

「浅き」じゃないんですか? 「あさきゆめみし」というのは、「浅い夢を見ました」っていう意味になるかと思います。 全文は以下のとおりです。 いろはにほへとちりぬるを (色は匂へど散りぬるを) わかよたれそつねならむ  (わが世誰ぞ常ならむ) うゐのおくやまけふこえて (有為の奥山今日越えて) あさきゆめみしゑひもせす (浅き夢見し酔ひもせず) ...続きを読む
「浅き」じゃないんですか?

「あさきゆめみし」というのは、「浅い夢を見ました」っていう意味になるかと思います。

全文は以下のとおりです。

いろはにほへとちりぬるを (色は匂へど散りぬるを)
わかよたれそつねならむ  (わが世誰ぞ常ならむ)
うゐのおくやまけふこえて (有為の奥山今日越えて)
あさきゆめみしゑひもせす (浅き夢見し酔ひもせず)
お礼コメント
shooting-fish

お礼率 79% (727/920)

わかりやすい回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-10 23:41:16
  • 回答No.2

「あさきゆめみし」の「し」の解釈については古くから争いがあるところです。 (1) 過去の助動詞「き」の連体形「し」の終止形扱い  >「浅い夢を見たが酔いもしない」 (2) サ変動詞「見す」の連用形「見し」  (2a) 「(浅き夢見し)(酔ひもせず)」 ・・・例えば「侮り、畏れない」と同型   >「浅い夢を見ても、酔いもしない」  (2b) 「(浅き夢見し 酔ひもせ)ず」 ・・・例えば「敬い ...続きを読む
「あさきゆめみし」の「し」の解釈については古くから争いがあるところです。

(1) 過去の助動詞「き」の連体形「し」の終止形扱い
 >「浅い夢を見たが酔いもしない」
(2) サ変動詞「見す」の連用形「見し」
 (2a) 「(浅き夢見し)(酔ひもせず)」 ・・・例えば「侮り、畏れない」と同型
  >「浅い夢を見ても、酔いもしない」
 (2b) 「(浅き夢見し 酔ひもせ)ず」 ・・・例えば「敬い畏れない」ど同型(cf.憲法38条3項)
  >「浅い夢を見もしないし、酔ったりもしない」
(3) 打消推量の助動詞「じ」
  >「浅い夢を見まい(見ないだろう)、酔いもしない」

(1)説については、最も分かりやすいのですが、過去の助動詞「き」の終止形に、本来は連体形である「し」を使うようになったのは中世以降であり、少なくとも「いろは歌」の成立期(10世紀)には、そのように解釈されていなかったと思われます。ただし、(2a)説を取れば(1)説と同様の意味になります。
お礼コメント
shooting-fish

お礼率 79% (727/920)

わかりやすい回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-10 23:40:38
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ