-PR-
解決
済み

ことわざの蜘蛛について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.90144
  • 閲覧数12182
  • ありがとう数78
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 100% (14/14)

ことわざで朝に見た蜘蛛か夕方に見た蜘蛛もどちらかが縁起が悪いので親の顔に似ていても殺せというようなものがあったと思うのですが、誰が詳しいことを知っていたら是非教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 59% (173/293)

この俗信については,『学校の怪談』常光徹著(ミネルヴァ書房)という本に詳しく書かれています。以下,同書の内容を中心に,私の勝手な推測を混ぜながらまとめてみます。

朝グモ夜グモの俗信は全国的に見られるようです。朝グモは縁起がよく夜グモは縁起が悪い,というのが一般的なようです。

朝グモにについては,「客が来る,待ち人が来る,いいことがある,福の神が来る」など縁起がいいとされ,「神棚・仏壇に供える」とか,「敵と思っても,親の敵に似ていても,蛇に似ていても,鬼に似ていても」殺すな,といわれます。

夜グモは災いが起こるなどとされ,「おととい来いと言って追い出す」とか,「親に似ていても,母に似ていても,悪魔だから,親の敵だから」殺せ,とかいわれます。
ただ,少数派ですが,逆に,夜グモは縁起がよく,朝グモは縁起が悪いとする地方もなくはないようです。また,クモ以外にも,チョウ・アブ・トンボ・ホタルなどの虫が家中に現れると,客とか泥棒とかが来るという俗信もあるそうですから,これらはまとめて,虫のふるまいなどを見て未来を占う習俗などが起源になっているのではないでしょうか(鳥の様子で吉凶を占う「鳥占(とりうら)」なんてものもあります)。ふるまい方によって吉でも凶でもありえたものが,「朝」「夜」と時間的に分化したわけです。夜というのは,「夜に爪を切ると親の死に目にあえない」とか「夜に口笛を吹くな」などと一般的に不吉な時間帯とされることを考えると,夜グモが不吉と見なされるのもうなずけます。朝は,茶柱の俗信などからして,縁起のいいものとされているようです。

ところで,『日本書紀』には,允恭天皇の妃である衣通郎姫(ソトオシノイラツメ)という女性(ソトオリヒメともいいます)が,クモの様子から天皇の来訪を予知する(っていうか期待する)歌があります。

  我が夫子(せこ)が 来べき夕(よい)なり
  ささがねの蜘蛛の行い こよい著し(しるし)も
  [私の夫が来るはずの夜だ。蜘蛛の行いが今宵ははっきりと見て取れる]

これによると,クモの俗信は古代からあったようですね。ただこれは「縁起のいい夜グモ」の例ということになってしまいます。クモの吉凶が必ずしも「朝か夜か」で分かれるわけではないことの一例にはなるでしょうか。
お礼コメント
sirozatou

お礼率 100% (14/14)

なかなか興味深い内容でした。古典好きの私としてはとても面白かったです。蜘蛛の吉凶は日本書紀にまでさかのぼるのですね。回答、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-14 17:27:22
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 39% (27/68)

「朝の蜘蛛は福が来る、夜の蜘蛛は盗人が来る」というものでしょうか? 今、手元に諺辞典がないのでわかりませんが・・・。 ...続きを読む
「朝の蜘蛛は福が来る、夜の蜘蛛は盗人が来る」というものでしょうか?
今、手元に諺辞典がないのでわかりませんが・・・。
お礼コメント
sirozatou

お礼率 100% (14/14)

回答どうもありがとうございました。朝の蜘蛛の方が縁起がいいのですね。
投稿日時 - 2001-06-14 17:32:57


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 55% (41/74)

「朝蜘蛛は仇でも逃がせ。夜蜘蛛は親でも殺せ」ですね。 根強い迷信としてあちこちに残っているようですが、 そのいわれについては資料を見かけた事がありません。 また、地域によって言い方が違うかもしれません。 (そんな話をチラッと聞いたことがあります)。 すくなくとも、迷信で「朝の蜘蛛は縁起がいい。夜の蜘蛛は縁起が悪い」 とされていることだけは間違いありません。 ...続きを読む
「朝蜘蛛は仇でも逃がせ。夜蜘蛛は親でも殺せ」ですね。

根強い迷信としてあちこちに残っているようですが、
そのいわれについては資料を見かけた事がありません。
また、地域によって言い方が違うかもしれません。
(そんな話をチラッと聞いたことがあります)。

すくなくとも、迷信で「朝の蜘蛛は縁起がいい。夜の蜘蛛は縁起が悪い」
とされていることだけは間違いありません。
お礼コメント
sirozatou

お礼率 100% (14/14)

ずっと気になっていたので胸のつかえがおりたようです。先輩の家で蜘蛛がたくさん出るとかで処理していいかどうかでこの話が出たのです。回答、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-14 17:30:48
  • 回答No.4

蜘蛛は日本に千種類以上もいると云われ、古代人は蝿や害虫の卵を食べる益虫として大事にしていたと思われます。すくなくとも、生活の知恵として自然界には天敵がいてうまくバランスが取れていることを知っていてむやみに殺すことはしませんでした。 起源は不明ですが、朝、蜘蛛が巣を張っているのを見たら縁起が良いという俗信が生まれたようです。日本書紀に蜘蛛が巣を張るのを見たので愛しい人がやってくるに違いないという意味の歌が ...続きを読む
蜘蛛は日本に千種類以上もいると云われ、古代人は蝿や害虫の卵を食べる益虫として大事にしていたと思われます。すくなくとも、生活の知恵として自然界には天敵がいてうまくバランスが取れていることを知っていてむやみに殺すことはしませんでした。
起源は不明ですが、朝、蜘蛛が巣を張っているのを見たら縁起が良いという俗信が生まれたようです。日本書紀に蜘蛛が巣を張るのを見たので愛しい人がやってくるに違いないという意味の歌があるところから、相当古くからの俗信と思われます。
この俗信が後に修飾されて「朝蜘蛛は殺すな、夜蜘蛛は殺せ」とか「朝蜘蛛は来客の前兆」へと発展し、更に「親に似ていても殺せ」へとエスカレートしたものと思います。

蜘蛛と人間の深い係わり合いはアメリカ・インディアンのドリーム・キャッチャー
にも見られます。これは蜘蛛の巣をかたちどったもので、悪い夢を除いて良い夢だけを人に届けると信じられています。南米パラグアイにはその名も蜘蛛の巣というきれいな刺繍を施した
布があり、原住民グアラニー族がスペイン人から刺繍を覚え、部族古来の考えを反映させて作るようになったと云われています。芥川龍之介が仏教説話に取材した『蜘蛛の糸』は有名ですね。
お礼コメント
sirozatou

お礼率 100% (14/14)

「朝蜘蛛は来客の前兆」というのは初めて聞きました。蜘蛛は見かけはグロテスクだけれど益虫なんですね。回答どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-06-14 17:22:15
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ