-PR-
解決
済み

覚えのない借金が給料から引かれます

  • すぐに回答を!
  • 質問No.74576
  • 閲覧数70
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 88% (46/52)

ここ何年か、給料が支給日にきちんともらえる事が少なく、それでも去年までは次の月の給料日までには全額もらえていました。
それが、今年の初めから遅れ遅れになって、3ヵ月分の給料をもらえていません。どうしてもローンの支払いなどで必要なときは、必要な額だけ少しずつもらっているのですが、きちんと整理したいと思い、「現在の残を書面で出して欲しい」と頼んだところ、「おまえに貸してまだ返してもらってない分があるからそれは引いとく」とのことでした。
確かに、社長個人にお願いして借りたことはあるのですが、次の月の給料などから引いてもらって返したつもりでいました。借用書など作っていないので、「返してない分というのが、いつ借りたものか出して欲しい」というと、「昔のことで忘れた」というのです。忘れたなら、なぜ返していない金額がわかるのでしょう。
『借りた覚えがなければ返さなければいい』のですが、受け取るべき給料が減ってしまうというのでは、逃げようがありません。
どうしたらよいのでしょうか?

ちなみに、この会社へは設立と同時に移籍したのですが、前の会社が寮だったため、「マンションの敷金は出してやるから、うちの会社にこないか」と、これも後で失敗したと思うのですが、後に会社が資金で困っているときに、私がコツコツとためた100万円を貸し、返してもらったときは、マンションの敷金55万円が引かれてきました。
小さい会社で、私が支えてきたと自負している分、辞めることも難しかったのですが、今回ばかりは辞める決心をしました。
辞める前にもらうべきものをもらっておかないと、きっと後になってからではもらえない気がします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 37% (3/8)

大変な会社ですね。
法律論から言えば、労働基準法の中に「全額払いの原則」というのがあります。つまり、借金があっても勝手に引くことが出来ません。いったん全額給与を払った上で借金を返してもらいなさいというものです。したがって明らかに法律違反です。
さて、この件をどう解決するかですが、労働基準監督署に訴えても勧告はしてくれますが支払いの強制力はありません。したがって、現実問題としてあまりあてにならないでしょう。
どうしても遅延給与を支払わせたいというのなら裁判で争うしかありません。支払い金額が30万円以内であれば、簡易訴訟で即決でしょう。これは最寄の簡易裁判所で簡単に裁判手続きがとれます。(弁護士等の専門家に依頼しなくても簡単にできます。印紙代と郵送料で費用も1000円ぐらい?)もっとも30万円以上ならば通常の裁判手続きとなりますので、時間がかかります。29万円の請求でも自分で起こされて後はあきらめるという考えもあります。おそらく、あなたの請求できる額は、90万円以内でしょうから簡易裁判所で本人訴訟を起こせばいいと思います。訴状は司法書士に2~3万円で書いてもらって、あとは裁判手続きを自分でとってください。裁判所でてつづきに関しては教えてくれます。この話からだけだと100%勝訴しますので、あとは具体的な証拠をどのように集めるかだけが問題となります。
もう一つの考えは、外部のユニオンに加入して会社に圧力をかけることです。外部のユニオンを使った場合の金銭解決は10%ぐらいをユニオンの活動資金として納めるのが一般的でしょう。
お礼コメント
nonchi

お礼率 88% (46/52)

わかりやすい説明、ありがとうございました。
まずは、仲のいい経理の人の協力を得て、なるべく穏便に済ませたいと思っています。
最終手段として、教えていただいた方法を取りたいと思います。
ただ、会社を辞めることはまだ伝えておらず、どういう順序で話をしていこうか迷っているところです。
投稿日時 - 2001-05-14 12:08:28
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ