• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

忠臣蔵の吉良は、殺されるほどの悪いことをしたのですか?

「忠臣蔵」は人気のあるドラマです。 しかし、わたしはあまり感情移入ができません。 それは、ある人がエッセイで、「忠臣蔵は、よってたかって一人の老人をいじめ殺す陰湿な話だ」と書いてあるのを読んでからです。 吉良は本当に悪いこと(違法なこと)をしたのでしょうか? ドラマでは「いじめ」をしていたことになっていますが、史実ではどうでしょうか? 赤穂藩は上京した公家の接待をおおせつかり、それの後見役が吉良だったと思います。 もし接待に失敗すれば、吉良の責任になりますから、必死にアドバイスしたと思うのですが。 また、吉良さんは、名君だったという話も聞きます。 当時の人にとっては、討ち入り事件民が幕府に対する反発を代弁させて人気を博したと思います。 この事件が、現代の人にとっても痛快事であるのは何故でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1959
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • tiaki7
  • ベストアンサー率17% (18/105)

義士伝(忠臣蔵)に興味を持っていただいてありがとう 年寄りの一人としてうれしくおもいます >吉良は本当に悪いこと(違法なこと)をしたのでしょうか? 松の廊下の裁きでは吉良はお咎めなし むしろ神妙であるとお褒めの言葉をもらったそうです。 一方 大石は幕府に嘆願書をだします ○武家諸法度(法律)により喧嘩両成敗にするべきだ ○相手は軽傷であるから罪がおもすぎる ○よって浅野大学(弟)に浅野家を継がせてください 却下  そこで大石は上告(討ち入り)して再審にこぎつけた ○吉良家断絶?  今度は吉良家も裁きがあり お家断絶だったのではないでしょうか? しかしその罪は松の廊下の罪ではなく武家たる者が屋敷に乱入され簡単に討ち取られた罪となっているようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 吉良家断絶について調べてみました。 吉良引退後、家督を継いだのが息子、義周(よしちか、17歳)ですが、赤穂浪士と槍をもって戦いましたが、負傷して気絶。 ふがいないということで家名断絶となりました。 その後息子が生まれず、没し、お家断絶となりました。享年21歳です。 それから塩の製法を教えた、教えなかったという話ですが、もともと塩の製法を教えたのは吉良だったそうです。 http://homepage3.nifty.com/yumeden/0/10/nihonsi/date_ni/chuusin2.html

関連するQ&A

  • 「忠臣蔵」についていくつかの疑問

    こんにちは。「忠臣蔵」についていくつか質問をさせていただきます。全部にお答えいただかなくとも結構です。また、現在放映中のドラマには限りません。 1. 脇坂淡路守ですが、浅野が吉良を切りつけた後、自分の家紋をわざと汚し吉良を「無礼者」と罵ります。その際吉良は詫びていますが、吉良の方が地位は上ですよね?なぜ吉良は詫びているのでしょうか。パニックを利用しただけなのでしょうか。 2. 色々な資料を見ていると、忠臣蔵では悪役とされる吉良ですが、名君とも呼ばれているという表現を見ました。具体的にどのように名君だったのか知りたいのですが、エピソードやそれを紹介しているページなどはあるでしょうか。 3. これは忠臣蔵に限りませんが、当時の1両(小判1枚)は現在の価値に直すとどれくらいの金額なのでしょうか。 4. 私個人の感想なのですが、今ドラマ放映中の「忠臣蔵」はあまりに演技臭く、感情移入できず正直面白いとは思いません(見るのを止めました)。 ですが、番組公式サイトのBBSには良い評価のコメントがずらり(事前に管理者が選別しているので当然ですが)、他のサイトでも大抵そのようです。 私の周りでは私と同意見の方が多いのですが、実際どう思われますか?これは個人的な感想ですので賛否両論、実際に他の忠臣蔵を見たり読んだりされた方の感想をお聞きしたいです。 長文失礼致しました。

  • 忠臣蔵

    忠臣蔵は実話が基にされているそうですが、両親から、本当は赤穂の殿様が世間知らずでワガママ、 吉良上野介が名君だったと聞きました。 浅野の殿様は、本当は家臣やお家や藩のことを考えて、多少のことは我慢しなくてはいけなかったのに、 そういうことは考えず、ぶち切れてしまったダメ藩主で、吉良上野介の方は、実際はすごく領民の為を思っていたとか。 親のいうことですので、そうそう疑ってはいなかったのですが、これが本当でしたら、 どうしてそこまで話が変わってしまったのですか? ドラマではなく、実際がどうだったのかお分かりになる方、よろしくお願いいたします。

  • 忠臣蔵について

    年末の定番といえばなんといっても「忠臣蔵」ですが、いままでのは皆浅野方から 描かれたものばかりです。「松の廊下事件」から「討ち入り」までを吉良方から えがいた文献のようなものがあれば教えてください。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

こんにちわ。 #3 のmuyoshid です。 ちょっと補足します。 > 吉良側の資料も残っていないのでしょうか? 恐らく刃傷沙汰の原因を明記した資料は存在しないと思います。 これだけ一般に知られた事件ですので、そのような資料があれば 既に出てきていると思います。 ここで大切な事は、刃傷沙汰の原因は当時から不明で様々な事 が言われてきたと言う事です。 更に一般に忠臣蔵と言われているものは、竹田出雲が歌舞伎の 台本として作成した「仮名手本忠臣蔵」を下敷きにしています。 → 歌舞伎の台本では、討入を正当化するために、敵役の吉良は  浅野をネチネチといじめる悪役にされてしまっていると言う  事になると思います。

参考URL:
http://www5b.biglobe.ne.jp/~kabusk/sakuhin36.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再びの回答ありがとうございます。 >刃傷沙汰の原因は当時から不明で様々な事が言われてきたと言う事です  不思議ですね。  不明なわけがないと思うのですが。  もし不明であるなら、これは当人同士に由来する個人的恨みであるということになります。  藩同士や仕事上のトラブルがあれば、表沙汰になるわけですから。  もう一つ不思議なのは接待の仕事などは、藩主がじきじきにやらなくてもよさそうなものだということです。  本人は挨拶をする程度で、家臣にすべてまかせるのが普通ではないでしょうか。  刃傷沙汰にまで及び禍根を生むだけの人的接触がどこにあったのか?  単純に「田舎侍」などと揶揄されただけのことかもしれません。  刃物を出すとおそろしいことになりますね。

  • 回答No.7
  • toro321
  • ベストアンサー率29% (1222/4138)

吉良家は幕府でいう高家です。 足利時代の守護職で、三河の国を治めていました。 家康はその陪臣になりますから、これを優遇し、幕府でも一段高い大名としました。 他には京極家などがそうです。 浅野家は秀吉の妻ねね(おね)の養家で、豊臣時代には、安芸50万石の大大名ですね。 赤穂の浅野家はその連枝です。 吉良家からすると、斯波氏(尾張の守護職)の陪臣の織田家の足軽頭程度の家は田舎侍なんですよ。 まぁ、古い権力に新しい力が立ち上がったってことで、当時は痛快だったのでしょう。 蛇足ながら、愛知県吉良町の人たちは、決して忠臣蔵を見ないそうです(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>愛知県吉良町の人たちは、決して忠臣蔵を見ないそうです  これだけ古い史実が、現在にまで影響を及ぼしているのは珍しいことですね。  それだけ毎年のように「忠臣蔵」が演じられてきたわけです。  いまはマスコミが発達しているので、影響は過去より強いのだと思います。 吉良家は高家だったそうですが、討ち入りに入られたあとの幕府の処理は随分と冷たいですね。 「討ち取られる」ことは、とても不名誉なことだったのでしょう。

  • 回答No.6

吉良には黄金堤が残っています。領主である吉良家が相当の費用をかけて、治水工事を行った証拠であり、今なおその遺徳を偲ぶ催しもあるやに聞いていますので、現地で確かめてください。一方、赤穂(あこう)では、浅野家取り潰しになったとき、領民は赤飯(炊けたどうか)を炊いてお祝いをしたと言う文書が残っているということを紹介した本を見ました。苛斂誅求、これで結構財政は豊かであったのでは。 この本の名前をメモしておけば良かったのですがしておりません。図書館で見つけた本ですので、今、片っ端から探しています。 いずれにせよ、大石の目的は吉良上野介の皺首で仇を取るのが目的ではなく、あくまで浅野家再興を否定した幕府官僚に対する返答でしょう。 また、義士の中に、それより30年ほど前に起きた、浄瑠璃坂の決闘(仇討、当事者が事後、他藩に高禄で召抱えられた)事件、この影響はなかったかどうか、これも一寸した想像材料ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>浅野家取り潰しになったとき、領民は赤飯を炊いてお祝いをした  URLに似たような話が載っていました。  事件を詳細に検討されていて参考になります。 http://www.fsinet.or.jp/~fight/illust/main/kira.htm  

  • 回答No.5
  • YUZURU
  • ベストアンサー率25% (37/146)

塩の製造で赤穂は豊かだったようで、接待役は通常、1度回ってくると、しばらく回って来ないのが普通でしたが、赤穂はお金があると言う事で、すぐに、「またやれ」となり、塩の件(教えて欲しいと申し込んだが断られ、スパイを送り込んで製法を盗んだ)でもめた事もあり、浅野の殿様は、一方的に吉良の意地悪だと思い込んでいたようです(実際の所はあたらずとも遠からじだったと思います)、若く作法に疎く激高しやすい赤穂の殿様は、ちょっとしたいやみを言われたか、勝手にいやみだと受け取ったのか我慢できず、後先考えずぶち切れて、ちょん! 赤穂の殿様は、お金持ちで無作法な若造。 対して吉良の殿様は、城も作らず治水に力を注ぎ、農耕馬(赤馬)に乗って領地をこまめに周り領民にとても慕われておりました、といって田舎侍でなく、超一流の作法も心得ている、立派を絵に描いたようなお殿様でした。 ではなぜあれほど敵役にされてしまったのでしょうか? それは、仏教を抑える為に導入された、儒学思想と、討ち入り前に、赤穂の浪士が故意に流した吉良候に関する悪い流言が功を奏した結果だと思います。今流に言えば、マスコミを使ったプロパガンダ戦で勝利した赤穂浪士が大衆を味方に付けた結果だと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

浅野内匠頭はいまでいうと、「キレやすい殿様」だったのでしょうか。 大切な接待最終日に江戸城で刃物を振り回すのは、信じられないですね。 接待はうまくいっていましたから。 35歳という分別盛りなのですが。 でもこのことが、「きっと吉良が相当いじわるとしたに違いない」という憶測を助長したのかもしれません。 >今流に言えば、マスコミを使ったプロパガンダ戦で勝利した赤穂浪士が大衆を味方に付けた結果だと思われます。  吉良家がすぐに断絶してしまったのも原因でしょう。  反論する人がいなくなってしまったわけです。  当時は今と違って殺された方がふがいないとされた時代です。  一方、浅野家は6年後、弟の大学が藩主にはなれなかったものの旗本として復活しています。

  • 回答No.3

こんにちわ。 > 吉良は本当に悪いこと(違法なこと)をしたのでしょうか? > ドラマでは「いじめ」をしていたことになっていますが、 > 史実ではどうでしょうか? 今となっては正確な事は分かりませんが、私も吉良が名君だった と言う話は聞いた事があります。 > もし接待に失敗すれば、吉良の責任になりますから、必死にアドバイス > したと思うのですが。 この意見についても、全面的に賛成です。 これ以外にも、忠臣蔵には色々な謎があります。 ・そもそも刃傷の原因 (遺恨?) は何だったのか? ・何故浅野や大石は刃傷の原因を書き残さなかったのか? ・仇討ちの後、大石は何故切腹せずに裁定を幕府任せたのか? 等々 「忠臣蔵 元禄十五年の反逆」の中で井沢元彦さんがこれらの謎に 1つの解答を示しています。 古本屋でもたまに見かけますので、興味があれば探してみては いかがでしょうか?

参考URL:
http://xingbu.cside2.jp/book/izawa/work18.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 井沢元彦さんの本探してみます。 >・何故浅野や大石は刃傷の原因を書き残さなかったのか?  書き残していないのですね。  だから憶測が憶測を生んで、吉良が憎まれることになるわけですね。  しかし吉良側の言い分もあると思います。  吉良側の資料も残っていないのでしょうか?  討ち入りでは、吉良のほかに何十人も殺害されています。  資料はきっとあるはずですが。  それとも恥じ入ってしまって、意識的に何も残さなかったのでしょうか。

  • 回答No.2
noname#120387
noname#120387

まずは私が読んだ小説の場合。 浅野家が接待役を仰せつかる前に、 吉良家の一行が浅野家に「塩」の作り方を 教えてもらう所から始まってます。 しかし浅野家家臣は吉良家家臣の 「ものを教わる態度」でなかった部分が気に入らず、 これにより両家の間が険悪になった、とあります。 これにより接待役を仰せつかった時に 吉良家から嫌がらせを受け、堪忍袋の緒が切れて 城中にて「刃傷沙汰」となった訳ですが、 当時は両家成敗が慣わしであるのに 吉良家は「お咎めなし」、浅野家のみ 君主切腹御家取り潰しとなりました。 当時、武士にとっての仇討ちは合法化されて いたと思います(仇討ちの仇討ちは禁止) 自分の主君だけ罰を受け、相手方は何もなし、 この部分が当時の武士にとって相手を殺す 充分な理由になったのではないでしょうか。 私もこの事件が「痛快事」であるとは思えないのですが・・・(苦笑) ずっと我慢して、自分の主君の恨みを晴らし、 見事に散っていった心意気に感動するのでしょうか・・・^^; なお、史実がどうであったのか 詳細な部分は分かりません。 回答になってなかったらすみませんm(_)m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 前振りとして、塩の作り方をめぐるいきさつがあったのですか。 塩のつくり方などの名物物産は各藩の専売特許のようなもので、教わることはできないのではと想像しますが。 >武士にとっての仇討ちは合法化されていたと思います  忠臣蔵が仇討ちに入るかは疑問です。  吉良は一方的に切りつけられたわけですから。  その上命まで狙われることに……、そしてそれが実現。まさに悪夢としていいようがない。  浅野藩主のやったことは、現在では国会で議員を刃物で刺すような行為にあたるのではないでしょうか?  江戸時代でも、めったにない乱暴なことだと思います。  もし吉良がケンカ両成敗で、隠居ぐらいの罪になっていたら事件はおきなかったのでしょうか?  幕府のおさばきが意外なドラマを生んだわけです。

  • 回答No.1
  • bijiho
  • ベストアンサー率27% (48/173)

年末になると「忠臣蔵」のドラマと共に歴史をきちんと検証した番組もよく放送されます。 そのような番組を見る限り、「忠臣蔵」は史実とはかなり違うようですね。 感情移入できないのは私も同じです。 現代とは生死観・倫理観などが全く違う時代の話で、しかもそれが誇張されているわけですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 吉良上野介は悪人でしたか?

    忠臣蔵の契機となった浅野内匠頭による吉良上野介襲撃事件に関して、 吉良上野介が悪人とされていますが、それは特に根拠がないという説もあります。 1.吉良上野介は事件前から評判が悪い人物だったのでしょうか?   性格が悪いとか、賄賂を要求するとか。 2.吉良上野介が赤穂藩の朝廷使節接待に関して邪魔した事実がありますか? 3.事件後、江戸住みの赤穂藩士への聞き取り調査は行われましたか? 4.たしかNHKの番組で、赤穂浪士が世論操作のために江戸で吉良上野介の悪口を触れ回ったということをいっていたと記憶していますが、事実ですか? よろしくお願いします。

  • お勧めの忠臣蔵作品は

    できるだけ史実に近い、時代考証がしっかりしている 赤穂事件を扱った映画・時代劇・ドラマでおすすめのもの、 忠臣蔵を知るにはこれを読んでおけ、という本がありましたら是非教えて下さい。 また、寺坂信行自記について詳しい本などはありますでしょうか。

  • うつ病になりやすいのは、どっち?

    『忠臣蔵』という事実(元禄赤穂事件)を、時代劇などにしたものがあります。  事の発端は、吉良上野介と浅野内匠頭ですが、 うつ病になりやすいのは、どちらだと思われますか? ・吉良上野介  イジメ大好き。特に、自分より弱い相手を対象に。地元では、名君とされる。 ・浅野内匠頭  真面目、正直。騙されやすい。

  • 「忠臣蔵」のこの部分は歴史的事実ですか?

    「忠臣蔵」の次の部分は、ドラマや映画になるときによく描かれています。 これは歴史的事実だったのでしょうか? 1.吉良は普段から賄賂をもらっていた。 2.赤穂藩は吉良に賄賂を渡さなかったので、嫌われた。 3.吉良の嘘のせいで、一晩で二百畳の畳替えをするはめになった。 4.浪士のひとりが大工の棟梁の娘をだまして吉良宅の図面を手に入れた。  万が一勅旨接待に落ち度があれば、吉良氏が一番に責任をとらされるはずなので、2.3はなかったと予想しています。  4は芝居がかっていますが、可能性は十分あります。  1はどうでしょうか?

  • 「忠臣蔵」の石高疑問

    素朴な疑問です 「忠臣蔵」の主役・大石内蔵助と 敵役・吉良上野介について 当時の武家の「石高の感覚」についてです 幕臣(旗本)と藩士(陪臣)の違いはあれ 大石内蔵助も吉良上野介も 領地を禄として与えられていた上級武士でしたね 史実の赤穂事件を文献等でみると 大石家・赤穂藩家老:1500石 吉良家・高家旗本:4200石 ところが 大石内蔵助は 「代々家老の家柄で石高は高かった」 「四十七士は微禄の者が多かったが大身だった」 吉良上野介は 「石高は低いが高い官位を持っていた」 「高家を勤める名家だったが石高は少なかった」 等と語られる事が多いですよね 質問:大石内蔵助と吉良上野介だと 石高では吉良が大石よりも3倍近く高いのに なぜ 大石の石高=高い、吉良=低い と言う認識で語られるのでしょうか?

  • 日本人はどうして赤穂浪士を賛美するのでしょうか?

    日本人は赤穂浪士が大好きですね。 毎年12月になると、忠臣蔵の特番があります。 どうしてこんなに人気があるのでしょうか? 赤穂浪士の話は現代に当てはめてみると、賛美するようなところがないように感じます。 人物や事件の評価というのは時代によって変ると思うのですが、赤穂浪士の評価が昔も今もさほど変らないのはどうしてでしょうか? わたしの母も赤穂浪士の悪口をいうと怒ります。 わたしが赤穂浪士を賛美しない点は次のとおりです。 1、主君の浅野が変。   ・現代でいうと、国会で刃物を振り回すような行為で、そのような人物は信用できません。 2.殺しすぎ。   ・吉良家は死者16人、負傷者20人余を出しています。今こんなことやったら大変な騒ぎです。 3.吉良上野介は名君?   ・地元では、吉良上野介は名君だったといわれています。ドラマでは悪役にされていますが、真相を知りたいところです。 4.吉良上野介は被害者。   ・松の廊下の事件では、吉良上野介は明らかに被害者。なのに何故憎まれるの?逆ギレではないでしょうか? 5.復讐が楽しい?   ・復讐に命をかけるわけですが、それがそんなに意義あることでしょうか?復讐をして相手を殺害したところで空しさだけが残ると思うのですが。   ・主君が吉良上野介に殺害されたのならともかくも、事実は逆で吉良上野介が主君に殺されそうになったわけです。それで主君の仇を討ったといえるのでしょうか? 日本人は復讐潭が単に好きなだけなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 吉良上野介は

    忠臣蔵で悪役となってますが地元・愛知では名君としての評価を受け、逆に浅野内匠頭は短気で世間の疎い殿様という一説がありますが地元愛知や赤穂の人たちの評価はどんなものでしょうか、またそのあたりに詳しい人、赤穂浪士は脚色されたものなのか、それとも事実に忠実に基づいたものだったのでしょうか?

  • 赤穂浪士が箱根の関所を通れたのは何故

    箱根の関所と言えば、日本一厳しい事で有名ですが、赤穂浪士達は吉良邸討ち入りの際に箱根の関所を通っていますよね。 彼らは何故、通る事が出来たのでしょうか。又、47士は全員で一気に通った訳ではなく、何人かに分かれたのでしょうか。史実を知っている人、出来るだけ詳しく教えていただけると助かります。

  • 「赤穂浪士討ち入り」を幕府が陰で手助け?

    忠臣蔵のシーズンです。 元禄14年8月19日、幕府は吉良義央に対して、呉服橋内から本所へ屋敷替えを命じています。 これは、討ち入りし易いようにしたのだ、という説がネット上ではいくつかありますが、ホントですか。 赤穂事件をよく知らない私には、説得力のある話もあります。 よろしくお願いします。

  • 忠臣蔵

    忠臣蔵で有名な吉良氏ですが、討ち入りの後当主の吉良義周は「不届き」として改易、諏訪に幽閉されていますが、なんとなくすっきりしません。 ものの本では、武士が賊に襲われたときに刀を抜いて戦い、切り倒された場合は相続が認められるが、鯉口も切らずに切り倒されたり、後ろから切り殺された場合は士道不覚悟として断罪されることもあると書いてあった記憶です。 この吉良義周ですが長刀をふるって奮戦し、深手を負ったため祖父の隠れ場所から浅野の浪士たちの注意をそらす為、現場から離れようとして切られたという話も伝わっており、いきなり「不届き」だから断絶というのも厳しいと思っています。 討ち取られたのは隠居であって当主ではないのですから、後年の井伊直弼の例でも減封で済んでおり、このときも同道した家臣のうち戦ったものは相続が認められ、逃げたものは士道不覚悟で断罪されていますから、通常なら謹慎か減封程度だったのではないかと思います、事件の後の世論に流されたということでしょうか。。 いかがでしょうか。