• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「忠臣蔵」のこの部分は歴史的事実ですか?

「忠臣蔵」の次の部分は、ドラマや映画になるときによく描かれています。 これは歴史的事実だったのでしょうか? 1.吉良は普段から賄賂をもらっていた。 2.赤穂藩は吉良に賄賂を渡さなかったので、嫌われた。 3.吉良の嘘のせいで、一晩で二百畳の畳替えをするはめになった。 4.浪士のひとりが大工の棟梁の娘をだまして吉良宅の図面を手に入れた。  万が一勅旨接待に落ち度があれば、吉良氏が一番に責任をとらされるはずなので、2.3はなかったと予想しています。  4は芝居がかっていますが、可能性は十分あります。  1はどうでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数687
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#113260
noname#113260

1番は、当時の慣習で、勅使接待の「前後」に大判一枚(又は小判10枚)を、ご指導いただく高家(吉良)に贈り「誠意」をみせるのが常識でした。 ところが浅野家ではそれを終わった後だけでよいと考えました。 こういう事のために、江戸在住の藩士がおり、数人は代々江戸で生まれ江戸で育った、生粋の江戸っ子の藩士がおります。 こうした藩士が他藩の同じような役職の者と情報を交換し合って、贈り物の相場などを決めていたようですが・・・。 浅野内匠頭長矩も勅使御馳走役は18年振りの2度目の事で、先回は優秀な家来が広島の本家などから情報を仕入れて十分な事をしましたが、この時は経験者という驕りもあったのか、予算自体も物価の上昇を甘く見て、前回(400両)に少し色(700両)をつければよいと、相当ケチったようです。 因みに元禄十年に伊藤出雲守が勅使接待を務めた際の予算1200両でした。 吉良としては接待が失敗すれば自分の指導力を問われますから、浅野家の非常識には相当頭に来たと思いますが、かといって決定的な失敗をすれば連帯責任を問われるので、相当のジレンマがあったと想像します。 こうした背景を考えると、浅野をなじったり叱りつけたりはしたと思いますが、嘘を教えた事はないと思われます。 ただこの時吉良は高齢の上、京都へ使いに出かけ、帰ってから日が浅く疲れが出ていたのも事実で、うっかり失念した可能性も無きにしもですが、意図的に失敗を計るとは考えられません。 大工の棟梁の娘を騙したのは「かな手本忠臣蔵」というお芝居の上での事で、事実ではないと思います。 http://www.fsinet.or.jp/~fight/illust/main/kira.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 忠臣蔵・赤穂浪士・吉良について

    忠臣蔵といえば映画にもなっているし、いろいろな言い伝えなどもあると思うんですが、どっちかといと吉良の方を悪く?書いているほうが多いですよね。それ前提として思うのですが、赤穂浪士の土地兵庫県赤穂市の方と吉良の土地愛知県吉良町の方は仲とかは悪いのでしょうか?もう昔の事だろうし大げさかもしれないですが、少しは現代にも何かしら尾を引いているのいでしょうか?また、やはり赤穂市と吉良町では忠臣蔵の伝わり方(内容)などは違うのでしょうか?

  • 忠臣蔵の吉良は、殺されるほどの悪いことをしたのですか?

    「忠臣蔵」は人気のあるドラマです。 しかし、わたしはあまり感情移入ができません。 それは、ある人がエッセイで、「忠臣蔵は、よってたかって一人の老人をいじめ殺す陰湿な話だ」と書いてあるのを読んでからです。 吉良は本当に悪いこと(違法なこと)をしたのでしょうか? ドラマでは「いじめ」をしていたことになっていますが、史実ではどうでしょうか? 赤穂藩は上京した公家の接待をおおせつかり、それの後見役が吉良だったと思います。 もし接待に失敗すれば、吉良の責任になりますから、必死にアドバイスしたと思うのですが。 また、吉良さんは、名君だったという話も聞きます。 当時の人にとっては、討ち入り事件民が幕府に対する反発を代弁させて人気を博したと思います。 この事件が、現代の人にとっても痛快事であるのは何故でしょうか?

  • 吉良上野介は悪人でしたか?

    忠臣蔵の契機となった浅野内匠頭による吉良上野介襲撃事件に関して、 吉良上野介が悪人とされていますが、それは特に根拠がないという説もあります。 1.吉良上野介は事件前から評判が悪い人物だったのでしょうか?   性格が悪いとか、賄賂を要求するとか。 2.吉良上野介が赤穂藩の朝廷使節接待に関して邪魔した事実がありますか? 3.事件後、江戸住みの赤穂藩士への聞き取り調査は行われましたか? 4.たしかNHKの番組で、赤穂浪士が世論操作のために江戸で吉良上野介の悪口を触れ回ったということをいっていたと記憶していますが、事実ですか? よろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#113260
noname#113260

実際に見取り図を渡したのは荷田東丸でしたね。(伝承では) http://web.kyoto-inet.or.jp/people/toyosima/bunkazai/toumaru/toumaru.htm 5番の方のご指摘で気が付きましたが、この図面に関しては少々勘違いをしており http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/exp1/index.jsp こちらを見て確認しましたが、「かな手本忠臣蔵」ではなかったですね。 当時は幕府の禁制によりこうした武家を扱った物はタブーとされてましたので、舞台を室町時代として書かれたのが「かな手本忠臣蔵」です。 吉良や浅野などの大名は仮名とは言え連想させる名前を使うことは許されないので、実在の室町大名に引っ掛けた名前を使い、大石などの家老クラスは大目に見て貰えたので「大星由良助」など誰もが想像できる名前にしました。 事件の発端も脚色してあり、これはこれで面白い読み物です。 このページも面白いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

 誤解があるようなので訂正しておきますが、歌舞伎・文楽の「仮名手本忠臣蔵」には1~4のいずれも登場しません(したがってこの芝居の作者による脚色ではありません)。それ以外の忠臣蔵もので作られた逸話ですので、ごっちゃになさらないように。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

こんばんは。 「忠臣蔵」というのは、主君が切腹させられ御家断絶となった赤穂浅野家の浪人たちが、その責は吉良上野乃介にあるとして吉良家に討ち入り、上野乃介を殺害、事件の責任を取って切腹の刑に処せられた事実の顛末を47年後に人形浄瑠璃のための脚本として書かれた「仮名手本忠臣蔵」を発端とする一連の「赤穂浪士の討ち入り事件」を書いた芝居や小説の総称であって、事件そのものとは別のものと考えた方がよいと思います。 当時の上方では、事件の背景がどうであったというよりも切腹の刑を受けた浪人(「浪士」というのは後に大佛次郎氏が作った言葉)たちに対する同情が大きく、全ては吉良側が悪いということが世間では半ば常識になっていました。 さて、1.~4.ですが、たぶん1.は賄賂と言えば聞こえは悪いですが、付届けのようなものは上級武士の間では常識だったと思いますからあったでしょう。しかし、これは吉良だけではなかったと思います。 2.~4.は確証に欠けますし、可能性として「仮名手本忠臣蔵」を書く際に話を面白くするために脚本の中に盛り込まれたのではないかと思います。いずれにしても「仮名手本忠臣蔵」自体がかなり事実を曲げて脚色しているらしく、この本や芝居などを基に事実を探ろうとすると無理があります。 事実、事件の以前から吉良家と浅野家は、当時の歯磨き粉に使う塩の幕府への納入をめぐって争いがありました。最後は品質がよいということから赤穂の塩が幕府御用達として採用になるのですが、元々赤穂は吉良家から製塩法を教わっていたので、吉良家としては面白くなく、浅野家を憎く思っていて一触即発の状態にあったといいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#8708
noname#8708

直接の回答ではありませんが。下記の質問が参考になると思います。 http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1056103

参考URL:
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1056103

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

 通説ではすべて虚構とされています。忠臣蔵は真偽入りまじってはっきりとしたことはいえないのですが、現在残っているもっとも確実な資料だけをつきあわせると1~4のような事実があったということは言えません(もちろんあったのかもしれないけど、それを証拠立てる資料がない)。  ただ1については、賄賂ではなく、江戸時代の習慣として、仕事の上でお世話になった人にお金でお礼をすることがよくありました。今で言えば取引先にちょっとしたお菓子を持っていくようなもので、額もそれほど大きくなく、ごくふつうの慣習ですので、これは過去吉良ももらったことがあるだろうし、もしかしたら忠臣蔵事件の折に浅野側から吉良へ渡したのかもしれない、ということは推測できます。  ちなみに4は講談でおなじみ岡野金右衛門恋の絵図面取りの一段ですが、完全なウソです。ほかの浪士がつてをたどって前に住んでいた旗本から絵図面を入手しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 4は虚構でしたか。にしては綿綿と芝居やドラマで描きつがれていますね。

関連するQ&A

  • 日本人はどうして赤穂浪士を賛美するのでしょうか?

    日本人は赤穂浪士が大好きですね。 毎年12月になると、忠臣蔵の特番があります。 どうしてこんなに人気があるのでしょうか? 赤穂浪士の話は現代に当てはめてみると、賛美するようなところがないように感じます。 人物や事件の評価というのは時代によって変ると思うのですが、赤穂浪士の評価が昔も今もさほど変らないのはどうしてでしょうか? わたしの母も赤穂浪士の悪口をいうと怒ります。 わたしが赤穂浪士を賛美しない点は次のとおりです。 1、主君の浅野が変。   ・現代でいうと、国会で刃物を振り回すような行為で、そのような人物は信用できません。 2.殺しすぎ。   ・吉良家は死者16人、負傷者20人余を出しています。今こんなことやったら大変な騒ぎです。 3.吉良上野介は名君?   ・地元では、吉良上野介は名君だったといわれています。ドラマでは悪役にされていますが、真相を知りたいところです。 4.吉良上野介は被害者。   ・松の廊下の事件では、吉良上野介は明らかに被害者。なのに何故憎まれるの?逆ギレではないでしょうか? 5.復讐が楽しい?   ・復讐に命をかけるわけですが、それがそんなに意義あることでしょうか?復讐をして相手を殺害したところで空しさだけが残ると思うのですが。   ・主君が吉良上野介に殺害されたのならともかくも、事実は逆で吉良上野介が主君に殺されそうになったわけです。それで主君の仇を討ったといえるのでしょうか? 日本人は復讐潭が単に好きなだけなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • なぜ歴史愛好家はマジメな方が多いのでしょうか?

    なぜ歴史愛好家はマジメな方が多いのでしょうか? Q もしも赤穂事件の時代に今の文明の利器があったら・・ http://okwave.jp/qa/q8368088.html という質問をしました。 私としては、せいぜい 「刃傷事件がヤフーのトップニュースになる」 「同士たちは離れ離れになってもメールで連絡交換する」 「吉良邸の絵図面がWIKIリークスに流出する」 「大石内蔵助がツイッターで”本懐遂げたなう”とつぶやく」 「討ち入り後に泉岳寺へ向かう浪士たちの姿を見て、皆、携帯電話のカメラで撮影する」 程度のギャグを返してくれればよかったのですが、 返ってきた答えは 「技術だけ進歩しても同じ結果にはならない。  江戸時代にパソコンや携帯電話のような連絡端末は幕府から厳しく禁じられる。  情報漏えいが簡単になったら討幕運動につながるからだ。」 「吉良が浅野をいじめたわけではない。浅野としても供応役は初めてではなかった。  吉良にいちいち教えを乞う浅野こそが問題なのだ。  吉良が本所に転居させられたのも、幕府側が討ち入りをさせやすくしたのが理由だ。御存じないのか?」 などなど、 「お前は赤穂浪士事件をなんと心得ているのだ」 「忠臣蔵ファンなら知っていて当然の逸話、裏話すらも知らないなんて・・・」 といったようなくそまじめ、基、大変有意義なご回答をいただきました。 (もちろん、回答の中には、質問の意図を正しく理解し、 ”松の廊下にも監視カメラが付いていた” ”TVレポーターが江戸城前で大騒ぎ” といったようなこちらの洒落を分かってくれた回答もありましたが) どうして歴史ファンって、多少の冗談もわからないようなくそまじめで石頭で歴史の事を知り尽くしていて知らない人を罵倒するような、 もとい、とてもご立派で勉強好きな方が多いのでしょうか? くそまじめな方、もとい、歴史に真剣に向き合っている方、ご回答ください。

  • 吉良上野介の義理の息子・吉良左兵衛義周について。

    赤穂浪士討入後、信州諏訪の高島藩のお預かりになった 吉良上野介の義理の息子(実際には孫だそうですが) 吉良左兵衛義周についての詳しいお話または資料を教えて下さい。 No.212488の質問にも同様のものがありますが、 更に詳しいお話をお聞きしたいので、 書き込みさせて頂きました。 ちなみに私が今まで集めた資料は、 『吉良の言い分・外伝』 『吉良さま御味方』 『上野介の忠臣蔵』 です。 亡くなった年齢や墓地のあるお寺等はわかったのですが、 高島藩での義周への対応等について 詳しく知りたいです。 (『吉良さま御味方』には高島藩の対応は悪かったと、 『吉良の言い分・外伝』には悪くはなかったと書いてあるのですが…)

  • 作家の井沢元彦氏の歴史学説は…。

     推理作家の井沢元彦氏が、ここ十数年の間、現在の歴史学の研究法が誤っている(文献偏重主義,怨霊信仰の無視,宗教的側面の軽視)として、さまざまな研究結果を発表しています。例えば  ・天智天皇は天武天皇に暗殺された。  ・天武天皇は天智天皇の弟ではなく、正当な後継者でもない。  ・「仮名手本忠臣蔵」は将軍綱吉殺しを暗喩した芝居である。  ・赤穂浪士の吉良邸討ち入りは、浅野匠守の「乱心」を認められなかったための抗議である。  等々です。これに対して、歴史学会からの反論をあまり聞かないのですが、どのようになっているのでしょうか。  是非、専門家(でなくてもアマチュア歴史研究家でも)の方々から反論を伺いたいのですが。

  •  歴史的事実???(領土問題)

     各国が領土は我が国にあり、と主張する根拠に“歴史的事実”を挙げています。  でも、その正当性の根拠は、それぞれ自国に都合がよいように解釈されたもののように思います。  そして日本という国は、そうした“歴史的事実という効力”に頼っているようにも思います。  客観的に証明されえない?“歴史的事実”だからこそ、各国が自国の歴史を振り返り“わが物”と主張している、と思えば日本の、領土における歴史的根拠を理由にした正当性の主張、の効力に疑問を感じないわけにはいきません。  昔から国家の存亡は“生物的力の強さ”に依ると思うので“領有”という主張は“武力”によるべきではないでしょうか。  日本が他国に認めさせるには“武力”において他より勝っていることを解らせる以外には無いはず、と思います。    ☆ 質問はこうした想いへの「危うさ」に付いてです。  本音は、終局“共同所有、共同開発”です。  よろしくお願いいたします。    

  • 歴史的事実に基づいた映画。教えてください。

    歴史的事実に基づいた映画。教えてください。

  • トロイの木馬は歴史的事実ですか?

    映画「トロイ」を観ました。 最後にトロイの木馬が出てくるのですが、これは歴史的事実なのでしょうか? それとも伝承にすぎませんか? 映画で見る限り、とても巨大な木馬で、あんなものが作れるとは思えないし、作ったとしても重くて動かないのではと思いました。 兵士は何人くらい入り込んでいたことになっているのでしょうか?

  • 12月14日義士討ち入りの日が近付くが・・・

    貴方が、赤穂浪士に関連する様々なエピソードや人物の中で、一番印象に残る人物&シーンは? ~参考記事~ 本伝 [編集] 吉良の浅野いじめ 刃傷松の廊下(脇坂淡路守の怒り) 田村邸の別れ(浅野の切腹、片岡源五右衛門の悲しみ) 赤穂城の大評定 赤穂城明け渡し 祇園一力茶屋(村上喜剣の疑い) 山科閑居 南部坂雪の別れ 討ち入り 泉岳寺への行進 四十七士の最期 義士銘々伝 [編集] 早籠:早籠の萱野三平は老婆を蹴散らし死なす、詫び証文を書く 韋駄天・不破数衛門:お家の一大事に鎧を担いで駆けつける 矢頭右衛門七:死ぬといって連判状に名を連ね、母は足手まといにならぬよう自害する 神崎東下り:神崎与五郎は道中からまれるが我慢して詫び証文を書く 立花左近、又は垣見五郎兵衛(大石東下り):大石は別人になりすますがその当人と相対する羽目に 決闘高田馬場:中山安兵衛は助太刀に走る 中山安兵衛の道場破り 岡野金衛門とお鈴:絵図面を入手するために大工の娘を騙す 俵星玄蕃と夜泣きそば屋:槍の名人はそば屋にばけた杉野十兵次の剣の腕を鍛える 大高源五と宝井其角:源吾は俳人となり其角と友人に、前日は橋の上で句を交わす 赤垣源蔵、徳利の別れ:暇乞いをしに兄の家に行くが、兄は留守。兄の羽織の前で別れの杯をする。ただし河竹黙阿弥作の『赤垣源蔵』では、羽織ではなく小袖となっている。 勝田新左衛門は敵討ちを早くしろと叔父に怒られる おかる勘平:早野勘平は妻を遊女に売り金を作るが自害、死んで連判状に名を連ねる 琴の爪(磯貝十郎左衛門とおみの):本当の恋にするため娘は自害する 倉橋伝助は元は旗本の次男だったが女で身を持ち崩し勘当、上総で床屋の親方に拾われ、その徒弟となる。後改心して浅野家に仕えることになり、内匠頭の計らいで再び家族との再会を果たす。 外伝 [編集] 「天野屋利兵衛は男でござる」 そば志ぐれ:二階に集合した浪士の変身にそば屋はびっくり 橋本平左衛門は遊女と心中する 小山田庄左衛門は女と心中する 高田郡兵衛は養子になり脱盟する 堀部安兵衛の妻 土屋主税の高提灯 加古川本蔵の自死 忠僕直助 傍観者堀田隼人 薄桜記 四谷怪談(民谷伊衛門) 新しい視点の物語 [編集] 不忠臣蔵(井上ひさし):討ち入りに参加しなかった浪士たちを描いた連作小説。 忠臣蔵(1990年、TBS):本当はしたくはないが周囲の期待に答えるため仕方なく討ち入りをする。TBS創立40周年記念作。ビートたけしが大石を演じる。 四十七人の刺客(初めから吉良に落ち度はなく、大石と吉良の親戚・上杉家との謀略・抗争劇) 四十八人目の忠臣 (諸田玲子):赤穂四十七士の一人、磯貝の恋人・きよ(のちの月光院)を主人公に描いた、連載小説。(2010年~2011年5月31日まで、毎日新聞で連載。) 関連項目 [編集] 元禄赤穂事件 赤穂浪士 仮名手本忠臣蔵:歌舞伎の演目 真山青果:「元禄忠臣蔵」の作者 元禄御畳奉行の日記  赤穂義士祭 ◇ 赤穂浪士 大石内蔵助良雄 - 大石主税良金 - 原惣右衛門元辰 - 片岡源五右衛門高房 - 堀部弥兵衛金丸 - 堀部安兵衛武庸 - 吉田忠左衛門兼亮 - 吉田沢右衛門兼貞 - 近松勘六行重 - 間瀬久太夫正明 - 間瀬孫九郎正辰 - 赤埴源蔵重賢 - 潮田又之丞高教 - 富森助右衛門正因 - 不破数右衛門正種 - 岡野金右衛門包秀 - 小野寺十内秀和 - 小野寺幸右衛門秀富 - 木村岡右衛門貞行 - 奥田孫太夫重盛 - 奥田貞右衛門行高 - 早水藤左衛門満尭 - 矢田五郎右衛門助武 - 大石瀬左衛門信清 - 礒貝十郎左衛門正久 - 間喜兵衛光延 - 間十次郎光興 - 間新六郎光風 - 中村勘助正辰 - 千馬三郎兵衛光忠 - 菅谷半之丞政利 - 村松喜兵衛秀直 - 村松三太夫高直 - 倉橋伝助武幸 - 岡島八十右衛門常樹 - 大高源五忠雄 - 矢頭右衛門七教兼 - 勝田新左衛門武尭 - 武林唯七隆重 - 前原伊助宗房 - 貝賀弥左衛門友信 - 杉野十平次次房 - 神崎与五郎則休 - 三村次郎左衛門包常 - 横川勘平宗利 - 茅野和助常成 - 寺坂吉右衛門信行 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%A0%E8%87%A3%E8%94%B5

  • 「八百屋お七」の物語はどこまで歴史的事実ですか?

    八百屋お七は、お寺の小姓会いたさに、放火をしたということで有名です。 ところでこれはどこまでが事実なのでしょうか? 火事になったとして、その犯人を探し出すのは大変なことです。 本人が自主しないかぎり、迷宮入りでしょう。 動機が、お寺の小姓に会いたかったからというのも、信じにくいところです。 会いたかったら、会いにゆけばいいのです。 手紙を送るという方法もあります。 16歳の女性が、火事になったら好きな人に会えるなどという荒唐無稽なことを考えつくでしょうか? 論理的に飛躍しすぎています。 7,8歳の少女ならいざしらず、もう立派な大人です。 現代の視点からみると「ありえない」です。 また、処刑されたのは事実なのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 歴史的事実と認識と戦後レジーム

    暇な時にでも、回答お願い申しあげます。 歴史の事実とその解釈は、時間軸とナショナリズムによって各国様々です。 我が国の総理大臣である安倍総理は、一政治家として戦後レジームからの脱却を、最大の使命と認識されておられます。 あくまで私の主観ですが、強い日本を取り戻すとか、憲法改正や解釈の見直しという考え方は、戦後レジームからの脱却という思想が基本になっているように感じられます。 国際的、経済的に力不足だった中国や韓国が、世界のシェリフたる米国の意向に反する言動を取るようになったのは、米国の衰退と自国の経済力のおかげであり、中国などは経済成長を背景とした軍事力を盾に、核保有国である事、常任理事国である事を武器にして、国際社会にごり押しするかの如く外交を展開しています。 我が日本も、ジャパンアズNo.1だとか、ノーと言える日本の時代ならば、抵抗勢力の実力が未熟だったため、比較的戦後レジームからの脱却もスムースにいったかも知れませんが、戦後という以上W2の総括が必要であり、敗戦国である事によってもたらされた人道に対する罪などの矛盾や、米軍による原爆投下を始めとする、焼夷弾などの非戦闘員に対する攻撃の是非を統括しなければならないのであれば、米国はその非を今だに認めてない以上、非常に難しいと言えると思います。 戦後レジームからの脱却という根底には、W2の正当性の部分と不合理性を明らかにしなければ、脱却の正当性が立証出来ないという理由があると思われるのですが、現在の国際的なパワーバランスの中で、安倍総理の戦後レジームからの脱却は、今押し進めるべきでしょうか?それとも、まだ時期早尚と考えますか? また、歴史に対する正しい評価というものが、現代において共通認識されているのか? もし、認識されているならば何年前なら公平に判断されているのか? 事情通の皆様方に、ご教示頂けたら幸いです。 また、一部の国に対する批判や、安倍総理に対する非難は、ご遠慮願います。 これからの日本が、どう国際社会に対して、自国の歴史認識を展開すべきかという観点で、ご回答を頂ける事をお願い申しあげます。 極東裁判は、私も納得しておりませんが、外交というパワーバランスを踏まえ、冷静なご回答をお待ちしております。