• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ビートルズはどうして未だに広く賞賛されているのですか?

ビートルズの音楽は未だに賞賛されていますがなぜなのでしょうか?単なる懐メロに対する愛着以上のものがありますし、同時代のミュージシャンはたくさんいた筈なのですが、ビートルズほど時代背景や音楽学の角度から考証がなされることがありません。彼らはなにか特別なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2293
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • hunaskin
  • ベストアンサー率30% (1855/6064)

ビートルズは才能だけでなく様々な幸運に恵まれたバンドだったからでしょう。 メンバーそれぞれの才能と役割分担がうまい具合に支え合い高め合ったこと 商才に長け、かつ彼らを愛したマネージャーがついたこと 音楽プロデューサー(録音エンジニア含め)に恵まれたこと 特にマネージャーのブライアン・エプスタインの存在は大きかったんじゃないでしょうか。 優れたミュージシャンはたいてい独善的で、誰かが手綱を取らないと大衆の興味や嗜好とは全然ちがう方向に走ったりしがちですから。 ビートルズは世間に広く受け入れられるようルックス面ふくめてのマネージメントがきっかけになってどんどん転がって大きくなり、さらに大きく才能を発揮することができたバンドなんだと思います。 解散後もそれぞれ元メンバーは音楽をやり続けたし、一人はあまりにもロックスターらしい死を迎えてしまったしで、幸か不幸か音楽という現実とロック幻想の両方を担うことができたしまった、という点も案外大きいのかもしれません。 音楽的な面で言えば 芸術の神は細部に宿ると言いますが デビュー当時の他のミュージシャンの音源に比べてビートルズは音質が良いです。無駄なルームエコーが排除され、それでいて混沌とした部分は残しつつ、歌唱や各楽器の音色がクリアに聴こえます。 これが楽器の演奏が割と上手いこととの相乗効果を生んだと思います。 そして、なんと言っても歌が上手い。しかも抜群に上手いのが二人いる。残りのうち一人はきちんとコーラスが取れるし、ソロでも歌える。もう一人も歌えば愛嬌がある。 こういうバンド、めったにないですよ。 昔、誰かが書いていたのを読んだんですが、ビートルズのような声質の異なる荒っぽいハーモニーというのはそれまでは商業音楽ではタブーだったらしいです。 このあたりは後の時代の人が聴いてもサウンド的に違和感をあまり感じない要因なのかもしれません。 特にコーラスというのは人の心に届きやすい表現なんだと思います。 さらには全員が曲を作れる。タイプの違う天才が二人とかなりの秀才とまあまあの人と。 だからバラエティに富んでいて聴く人が好きな部分をみつけやすい。 ジョンとポールはライバル心もあったでしょうし、お互いを補い合うような共作もできました。 ジョージが良い曲を書くとポールが燃えるんだか何だかベースラインが異常に良かったり、なんてこともあります。 先に書いたようにマネージメントが良かったから録音にかける金も潤沢になるし一定以上の評価を得てしまったから冒険もできる、と言うか冒険したら成功した。 ひたすら耳に心地よい曲とマニア受けの曲と両方できるわけです。 そのような多面性は、評価する側つまりリスナーにとってはビートルズを聴いて感動したり発見したりすることがあったときにそれを誰かに伝えやすい音楽である、ということでもあるでしょう。 と、社会的な意味と音楽そのもの、様々な事が絡み合っていつまでもビートルズについて人は語りたがり伝えたがるんじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。かなり多様な側面があるということなんですね。わかりました。

関連するQ&A

  • ビートルズが大好きだけど・・・

    こんばんは。 ビートルズを聴き始めてから6年以上になります。 家にいるときも、車の中でも いつもいつも聴いていました。 最近、たまには違ったミュージシャンの音楽を聴いてみたいと思うようになりました。 先日タワレコへ久しぶりに行ってみましたが どんな音楽がいいのかさっぱりわからなくて 何も買わずに出てきました。 そこで、みなさんにおすすめミュージシャンを 教えていただきたく書き込みします。 希望は下記の通りです。 *歌手またはバンドのメンバーが作詞していること *歌手またはボーカルの声がキレイで聴きやすいこと *デジタルてんこ盛りではない音楽であること 今回は海外アーティストのみお願いします。 おすすめしてくださるミュージシャンの良さや なぜそのミュージシャンをおすすめしてくださるかの コメントもいただければ幸いです。 よろしくお願いします。 ちなみに私は、ビートルズの他に ジャニス・ジョップリン、マーヴィン・ゲイ、 レッド・ホット・チリペッパーズ スティーヴィー・ワンダー、ファット・ボーイズ等 幅広く好きです。 上記希望とはズレてるミュージシャンも含まれますが^^;

  • ビートルズ音楽とそれ以前の音楽の違いとは?

    かの有名なビートルズについてです。画期的な音楽革命ということでビートルズを多くの方達が賞賛しています。私も同様に素晴らしい音楽だと思います。 ビートルズが出てくる前と出てきた後ではどのように画期的に変わったのでしょうか。 友人に尋ねても、そうだからそうなんだよの様な良く分からない答えです。 ビートルズが出てくる直前の音楽は例えばどのようなスタイルだったのでしょうか。何方か、具体的な例、出来れば視聴できるようなサイトをご紹介いただけましたら、私のような素人にも良く分かるし、他の人にも説明がし易くなると思いますので、できるだけ感覚的に分かりやすい説明をして頂けましたら、助かります。よろしくお願いします。

  • ビートルズの音楽における最大の功績とは?

    とかくその凄まじい人気やら伝説やら名曲やらメンバーの人生やらが 話題になるビートルズですが、一方で音楽業界に残した功績も大きいと聞きます。 曰く・・ビートルズが出て来る前と後ではアーテイストの曲の作り方が変わった、 業界の大きな転換点になった、以後のミュージシャンに大きな影響を与えたetc・・ 素人の私が思うにおそらく初めての試みを実践し音楽の流行・時代を大きく変えた のではないかと思うのですが 商業的側面でなく音楽的側面において彼らが残した最大の功績を分かりやすく ご教示頂きたいです。宜しくお願い致します。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
noname#114972
noname#114972

 既に色々回答が出ていて,皆さんの解説の通りだと思います。もう一つ挙げるとすれば,イギリス出身と言うことです。それまでのポップスは殆どがアメリカで,イギリス人で有名になったのは,クリフ・リチャード,ヘレン・シャピロ等数えるほどしかいませんでした。  ロックンロールにイギリス風の味付けをしたのがユニークで,幅広く受入れられた一つの要素だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。たしかにそうですね。

  • 回答No.4

たとえばアメリカ音楽との関わりで言いますと、 アメリカでロックンロールが生まれたのは1950年代半ばですが、いわゆるシンガーソングライター的なアーチストはまだ一握りで、ヒットチャートの上位を占めていた多くの曲は、職業的作曲家が作った曲を、今でいうスタジオミュージシャンたちが演奏し、プロの歌い手(シンガー)が歌うといったものが殆どでした。 もちろんビートルズ登場以前にも、バンド音楽がなかったわけではありませんが、彼らが注目された一つの理由に、「優れた楽曲を自作自演し、ヒットさせた」という点があります。 (アメリカでの)ビートルズ登場の1964年を境に、アメリカのヒットチャートは大きく様変わりを見せます。それまでの職業的シンガーの楽曲にかわり、自作自演のバンド音楽が台頭してくるようになりました。 (今日オールデイズと言われるポピュラー音楽は、一般に1955年から1964までの10年間をさすことが多いです。つまりビートルズ以前です) 他のミュージシャンに与えた影響の大きさも、ビートルズが特別視される所以かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。そうなんですね。よく分かりました

  • 回答No.3

未だにファンが多いから・・では回答になりませんので、たぶん、それほど本格的ファンではない私が回答しても年季の入ったファンに怒られるかもしれませんが・・・。 簡単に言ってしまえば「ビートルズ以前、と以後」「ビートルズの音楽が今のポップス、ロックなどの元祖的存在」と言えるから、かもしれません。 音楽的、技術的、商業的、いろんな意味です。 もちろん、他にも、以前にも音楽はありましたが、彼らは、それまでの音楽を消化吸収した「新しい音楽」として認知されているからかもしれません。 今は複雑な音楽が多いので、今では、基本、お手本、とも言えるかもしれません。 その音楽を聴いた人がまた消化吸収して新しい音楽を作っていく・・というように時代が流れていくわけですが、元となる部分にビートルズの影響があるわけです。 ぶっちゃけ、先にやったもん勝ち、みたいな感じで、彼らがやらなくても、たぶん、誰かがやった、音楽の進化の過程なのかもしれません。 もちろん時代背景も大きいと思います。 ひいき目、かもしれませんが、同時期の典型的ロックンロールなどを今聴けば「古いな~」と感じると思いますが、ビートルズの音楽は今でも通用する、逆に、知らない世代なら新鮮にも思えるのではないでしょうか。 私も音楽が趣味ですが、煮詰まった時に聴いたりすると、悩んだ時のビートルズ・・シンプルだったり、かっこいいフレーズだったり・・未だに参考になります。 とか言うように、私みたいな生半可なファンでも何かしら語ってしまう存在なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。よく分かりました

  • 回答No.1

テレビでやっていたのですが、彼らが来日してからJポップが主流になり始めたと、言っていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。そうだったんですね。

関連するQ&A

  • ビートルズの人気について

     解散してから50年近く経っているのに、今だにビートルズ人気が廃らず、それどころか新たな若者のファンが増えているのは凄いことだと思います。  私自身現役時代は知らない世代ですが、私なりの考えではちょうど映像の時代に差し掛かった頃に活動したのが大きな原因だと思います。私も相当いろんな動画や映像を見てきましたが、Youtubeなどを見ると初めて見るビートルズの映像がいくらでも出てきます。いったいどんだけカメラマンが追っかけてたのかと思うくらい膨大な量の映像があるので、白黒映像とはいいながら今でも現役で活躍しているのではという錯覚を覚えます。この膨大な映像のおかげでビートルズが飽きられることなく、新しいファンを獲得しているのだと思います。(もちろん音楽の質の高さが一番ですが) これがたいした映像もなく、純粋に音源だけだったらこんなに時代を超えて人気を保つことはなかったと思います。  ビートルズの魅力は計り知れないですが、私の考察はどうでしょうか。  ファンの方々の意見をいただければと思います。

  • ビートルズのメンバーはどうやってピアノ演奏を身につけたんでしょう?

    中学時代からビートルズが好きでした。大人になって聞いてみても、その音楽には色あせない魅力を感じています。 ところで、彼らの曲には、ピアノが強烈なアクセントとなって曲のイメージを決定づけているものがたくさんあります。 中にはプロデューサーが弾いていたりすることもあるようですが、彼らのプレイに限ってみても、素朴なバッキングから技巧的なものまで様々ですね。しかも、かなりのセンスも感じます。 貧しい出で立ちだったと聞きますので、幼少から英才教育を受けたようにも思えません。一体、彼らはミュージシャンとしてのキャリアのいつ頃から、どうやってピアノを練習していったのでしょう? どなたか、彼らのピアノや楽器演奏習得に関するエピソードをご存知のかたがおみえでしたら、お教えください。

  • ベストで終わるか、はたまた1枚ずつアルバムを買うか(ビートルズ)

    高校生です。 ビートルズの曲はポップミュージックの最高峰とも言える曲が多いので凄く興味があります。 でも自分はあんまりビートルズが好きではなくて、それは何故かと言うと、あまりにも重要視されてるからです。 今の音楽に比べて複雑でもないし歌詞も突き詰めてないし。 昔の電化製品を「最高だ!」と言ってるようなものじゃないですか。そりゃ、便利な今の電化製品が良いに決まってます。 でも、雑誌やファンが「全てのルーツだから」とか「あの時代にしては先進的だった」とかで評価されてるのがむかつきます。 ですが、こんな愚痴を言いつつ、それだったら聞いてみようかな。と思うようになりました。(笑) でも、アルバムがいっぱいあり過ぎて、どこから入れば良いのかわかりません。 しかも、ベストとホワイトアルバムで終わるのか、バイトをしてない高校生が「ビートルズがやってきた!」も買うのか、メチャメチャ迷ってます。 ベストから入って気に入ったら別のアルバムも買えば?っていう意見が多そうですが、もっと別の音楽も開拓したいので、ビートルズに固執するのはちょっと・・・。 ファンの方に失礼な内容になってしまいましたが、「それも一理あるわ」という方、回答お待ちしております!

  • ベーシスト ポールマッカートニー(ビートルズ時代)

    ポールマッカートニーのベーシストとしての 音楽的功績(ビートルズ時代)を知りたいです。 オールマイラビング(ヲーキングベース) ダブルストップ奏法(曲名おもいつきません) メジャー曲の中でのマイナーなリフ (カムトウギャザー) こんな具合にあげていただけませんか? 上記例が間違っていたら 訂正してくださると ありがたいです。

  • ビートルズ現象の原因について分析してある本を!

     1年ほど前からビートルズに大きな関心を持ち始め、ビートルズ関連の本を少しずつ読んで探求している者です。しかし今ひとつわからないのは60年代に世界中で起こったというビートルマニア現象の原因です。(70年生まれの私はあの熱狂した群衆の映像を見るにつけ「何これ…」という感じで一歩引いてますが…。)今まで読んだ本にはそれについて詳しく分析してあるものがありませんでした。  あの現象の、詳細な実態や原因を、時代背景などとも合わせて記述や分析している書物をご存知の方がいらしたら、教えて頂けませんでしょうか。よろしくお願いします。日本国内・世界のどちらの現象のも知りたいです。  ちなみに今まで読んだのはハンター・デイビスの「ビートルズ」、ジェフ・エメリックの「ザ・ビートルズサウンド最後の真実」やジョン・レノン関連でした。

  • ポップなロック

    洋楽でとてもメロディックで「ポップなロック」を歌っている歌手やバンドっていますか? ちなみに僕が好きなミュージシャンは「マイケルジャクソン」「BON JOVI」「ビリージョエル」です。「ちょっと苦手だな。」と思うミュージシャンは。ビートルズやローリングストーンズなどの60年代くらいの音楽です。

  • 若い頃によく聴いた音楽

    いつの間にか21世紀も最初の10年が終わろうとしています。 過ぎ去りし20世紀、音楽はいつも私たちと共にありました。その時代を象徴する音楽がありましたね。 そして時代が変わり行くのと同時に人々に受け入れられる音楽も移り変わってきました。あたらしい感覚を備えた若い世代がいつの時代にもいて、音楽の歴史を更新してきました。そのような若者が受け入れた音楽がジャズであったりビートルズであったりYMOでありました。 若者が無意識のうちに受け入れた音楽というものが、ひとつの音楽史を作っているようです。しかし人は往々にして年を重ねると新しい物事から疎遠になりがちなものです。もし、永遠に若者であり続けられたら私たちはどんな音楽遍歴を重ねることになるのでしょうか。 不老は叶わぬ夢ですが、さまざまな時代のかつての若者たちが集い、時代背景や思いと共に愛した音楽を持ちよることで公式に語られる音楽史とはまた別の何かが見えてくるような思いがあります。 ・かつて若者だった当時愛していた音楽(和洋に関わらず) ・その当時の西暦や年代(60年代など) ・記憶にあるその音楽を愛した時代背景、できごと、思い出など いまを憂えるのはご法度としましょう。時には純粋に回顧したってばちが当たるものではありませんよね。どうぞお聞かせください。

  • 時代考証

    韓国ドラマの「チュモン」をケーブルTVで面白く鑑賞中ですが、紀元前後の時代背景ですが衣装、セットが煌びやか過ぎです。エンタテインメントに徹して時代考証は無視なのでしょうか? 当初は違和感が在ったのですが、見続けている内に、女優陣が美人過ぎるのにも、慣れてしまってはいます。中国製の作品でも同様の傾向の様で、公開時、鑑賞してがっかりした「レッドクリフ」も、今の心構えで見直せば楽しめそうです。 逆に、時代考証をきっちり反映させてる作品は、どんなものが在るのでしょうか? どうぞ宜しくご教示下さい。

  • 1960年代の音楽&映画

    今回、1960年代の音楽ついてプレゼンすることになり、↓の様に大まかに(大まかすぎてすみません^^:)調べたのですが、各ジャンルに代表されるミュージシャン、その他これは付け加えた方が…っというような事を教えて頂きたいです!それと同時に、60年代の洋画についてもご存知の方がいらっしゃいましたら、そちらについても教えて頂きたいです。宜しくお願いします。 1960-1963:R&R全盛期(ビートルズ・ローリングストーンズなど) 1964-1966:フォークロック流行(ボブディラン?) 1967-1969:サイケデリック・サウンド流行(?)

  • 昭和40年代の、懐かしいオススメの映画教えてください!

    邦画はあまり見ないのですが、先日、ふと「めぐりあい」(黒沢年男主演)を見て、すごく感動しました。 内容はハチャメチャなんですが、昭和40年代の、懐かしい町並みや流行、時代背景といったものが、思い出とともによみがえって、なんともいえない気分に浸りました。 同時代のものをもっと見たくなったのですが、なかなかうまく検索できません。おすすめの映画があったら教えてください。 ちなみに私は昭和46年の生まれなのですが、自分が生まれる以前のこととはいえ、なぜか「めぐりあい」の世界に懐かしさを覚え、感動してしまいました。