-PR-

解決済みの質問

質問No.3760148
すぐに回答を!
すぐに回答を!
お気に入り投稿に追加する (1人が追加しました)
回答数12
閲覧数25228
初エッチ後から彼がそっけない
付き合って間もない彼が、初エッチの次の日から連絡をくれなくなりました。私からメールを送ったりすると返事は返ってくるのですが前ほど食いつきが良くない感じです。めんどうな感じすら伝わってきます。それまでは彼から電話やメールが来るのはめずらしくなかったのですが…。
初エッチまで体をかなり求められ、付き合って1週間くらいで許してしまいました。
告白は私からですが、相手も私のことを気になっていたようなのですんなりお付き合いがスタートしました。
彼は体目当てで付き合ったのでしょうか…?私はスタイルも良くないし魅力的な体とは程遠いのですが…。
この先どのように付き合っていくべきでしょうか?私はもっと精神的につながりたいのです。アドバイスお願いします!
投稿日時 - 2008-02-09 21:01:23

質問者が選んだベストアンサー

回答No.10
ちょっと、ちょっと待ってくださいよ!

今回の流れを見ると、
(1)彼は、もともと別に「質問者様が好きだ!付き合いたい!」とは思っていなかった
(2)質問者様のプッシュにより、「嫌いじゃないし付き合おうかな」となる
(3)付き合ったらやはりエッチしたい!となる
(4)なぜか簡単に許してくれる
(5)元々特に好きでもなかったうえ、簡単に付き合い&エッチできたので、質問者様への愛情が低下する
(6)そこへメール攻撃、電話攻撃
(7)徐々に質問者様をうっとうしく感じる

…となっています。
質問者様があまりに男心を無視していますし、自己満足すぎると思いますよ。

彼が冷たいのは意図的なものではないと思います。
男性はエッチ後気持ちが萎えやすいものなんです(元々好きじゃないなら余計に)。
彼自身も、まさか初エッチ後、ここまで気持ちが低下するとは思っていなかったと思いますよ。
気持ちが冷えながらも、メールの返事をするなど質問者様との交際を継続させようと努力しているのですよね?誠実な男性ではありませんか。
エッチのみが目的なら、エッチ後別れ話が出たり、音信不通になったりしますよ。


男性の場合は、好きな女性と付き合うことになっても「そこからがスタート」と考える人が多いと思います。
交際開始後も、彼女が自分を愛してくれるように、気持ちを盛り上げたり努力することを惜しみません。
質問者様は、付き合えた時点で「相思相愛だ!」と勘違いしてしまいましたが、そこから彼の気持ちを盛り上げる努力をすべきだったのです。

今回の失敗を回復するには、彼の気持ちを再度盛り上げるところから始めると良いと思います。
いきなり「愛に溢れたメールをなぜ送れないの!?」と責め立てても、彼はゲンナリするだけです。

まず1~2週間程度期間を置いてみてはいかがでしょう?
そこから徐々にデートするなどして彼との距離を狭めて、お互いの愛情が高まったら二回目のエッチをすれば良いと思います。
自分の立場や、彼との関係性、彼の心をしっかりと見極めて、良い恋愛をしてくださいね。健闘を祈ります。
投稿日時 - 2008-02-10 11:17:08
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
お礼
>質問者様があまりに男心を無視していますし、自己満足すぎると思いますよ。

その通りだと思いました。自分のことしか考えていなかったように思います。
彼に求めすぎて一人で走っていたような気がします。
ここ2日間連絡をしていなかったら、彼のほうからメールがきました。
彼を信じて、距離を縮める努力をしたいと思います。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-02-11 02:11:29

ベストアンサー以外の回答 (11)

回答No.12
既婚男性です。

質問者さんは、二点において、大きな失敗をしてしまいましたね。
一つは、「付き合って1週間くらいで許してしま」った点、もう一つは、「告白は私から」してしまったという点です。

極論すると、結婚を確約するまで「初エッチ」を我慢できる男性だけが、本当に質問者さんに対する確たる愛情の持ち主だと言えます。
結婚を打診されて「重~いな」と感じる男性は、口ではどんなに「愛してる」とか「好き」とか言っても、所詮女性のことを一時的な遊び相手としか考えていないはずですから。

もう一つ極論すると、女性から告白するのは、長い目で見ると、損をする確率が高いとうことです。
それは、性的に健康な男性なら、タダでセックスさせてくれる女性がいれば、こんなにありがたい話はない、と口には出さないまでも、誰でも心ひそかに思っているからです。
さらに、女性から告白して「付き合い」始めた場合、男性はこの女性に、あの手この手で苦労して口説き落とした女性ほどに愛情を注ごうとは思わないからです。
なぜなら、自分から告白してきた女性には、「彼女を大切にしないと、いつ逃げられたり、他の男に奪われるか分からない」という不安や心配を持つ必要がないからです。

一方、男性が苦労して口説き落とした女性に対しては、自分が嫌われないように、他の男に奪われないようにと、いつも気遣いしたり、愛情を注いだり、ご機嫌を取ったりするに決まっていますよね。
ということで、今後は、自分から「告白」するのでなく、「告白」されるような女を目指して自分を磨くなり、自分に対する愛情がどの程度かきちんと見きわめてからセックスに応じるなり、を心がけた方が無難かと思います。
投稿日時 - 2008-02-10 17:29:30
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
お礼
>自分から「告白」するのでなく、「告白」されるような女を目指して自分を磨くなり、自分に対する愛情がどの程度かきちんと見きわめてからセックスに応じるなり、を心がけた方が無難かと思います。

自分から告白したのにも原因があったのかもしれませんね…。
男性の心理を知っておく必要があったようにも思います。
私の経験不足です。

回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-02-11 02:15:49
回答No.11
> フェードアウトするしか道はないのでしょうか…。

 別に、無いわけではないでしょうが、所詮Web の Q&Aサイトで可能な有効なアドバイスは、フェードアウトくらいでしょう。

> もう少し様子をうかがってみようと思います。

 アドバイスとしては、一秒でも早く次を探すように頭を切り替えることです。まあ、難しいでしょうが。

 繰り返しますが、一般論として、寝るのが早いと男の側のモチベーションは落ちます。早いと思わないという意見がありますが、所詮個人の感想なので、あなたの今後の人生に責任を持ってくれるものではありません。

 いろんな男とやりたいというのなら、いくらでもあなたからアプローチすればよいでしょうが、そうでないならスタンダードな男の感覚を知っておきましょう。
投稿日時 - 2008-02-10 15:02:16
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
回答ありがとうございました。
今後気をつけようと思います。
投稿日時 - 2008-02-11 02:01:42
回答No.9
多くの方が回答されていますが
彼氏さんはおそらくその部類に入るのではと思います

ただ・・・
世の中そんな男だけちゃうので
ご心配なく
(といっても説得力ないですが)

彼女をゲットするまでのプロセスは気持ちが盛り上がるのですが
実際手に入れたら興味失ってしまう
男性の本能というか
そういうとこはあるには、あります

「この先どのように付き合っていくべきでしょうか?」
あなたの思ってる気持ちを率直に伝えることが出来ればいいですね
投稿日時 - 2008-02-09 22:03:04
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2008-02-11 02:00:16
回答No.8
確かに手に入れてしまえばもう興味が無くなって来たのは体目的以外何物でも無いですね. 女の人は安易に体を開くものでは有りません.
詰らない男に引っ掛かってしまいました.よくいう釣った魚には餌をやらないタイプの男だったのです.
今後はよく見極めてからにすべきです.
投稿日時 - 2008-02-09 21:25:13
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2008-02-11 01:58:46
回答No.7
 初めまして
 体だけ…かもしれませんね!

 「好き」ならもう少し様子見て、
 自分の気持ちが覚める時期を待ちましょう。
 「どうでも良ければ…」別れましょう!
投稿日時 - 2008-02-09 21:24:52
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2008-02-11 01:58:12
11件中 1~5件目を表示
この質問は役に立ちましたか?
9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
恋愛相談
-PR-

【マネー特集】 お得なクレジットカードで、今こそ節約!

-PR-

特集

背筋がゾクゾクする心霊体験を要チェック!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

【期間限定】1ヶ月無料キャンペーン中!

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
恋愛相談
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-