OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ニトロ化について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.242461
  • 閲覧数325
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 58% (123/212)

トルエンのニトロ化の反応で、できる化合物ありますよね?それはまずまずわかるんですが、その化合物を還元する反応式というのがわからないんです。どなたか教えていただけませんか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 24% (63/261)

 トルエンをニトロ化すると、メチル基の0-,p-にニトロ基が入るのはお分かりになる(究極はトリニトロ化してTNTですが条件は厳しい)ことを前提に還元反応だけについて書くと、
 R-NO2 + 6[H] → R-NH2 + 2H2O
 という感じでしょうか。既に1で回答があるように、酸+金属(塩)、アルカリ+金属(塩)、水素ガス+触媒のような種々の還元反応になってアミンになります。ご質問の場合はメチルアニリン(=トルイジン)のアミン誘導体が得られるかと思います。マイルドな条件下ではニトロソ化合物も得られるかと思いますが、一般的にはアニリン誘導体が得られる、という回答でよろしいかと思います。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 50% (19/38)

トルエンのニトロ化の反応ということで、混酸でニトロトルエンが生成します。 ニトロベンゼンの場合は、スズと塩酸を加え還元するとアニリン塩酸塩ができ、そこから弱塩基の遊離を行ってアニリンが生成すると思います。 ニトロトルエンも同様ではないかと思いますが、まちがってたらスミマセン・・
トルエンのニトロ化の反応ということで、混酸でニトロトルエンが生成します。

ニトロベンゼンの場合は、スズと塩酸を加え還元するとアニリン塩酸塩ができ、そこから弱塩基の遊離を行ってアニリンが生成すると思います。
ニトロトルエンも同様ではないかと思いますが、まちがってたらスミマセン・・


  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/1)

no2の方が回答しておられる通りです。実験室では塩酸と錫でニトロ基を還元してアミノ基にしますが、工業的には鉄屑と塩酸を使うようです。アミノ合物は取り出し方が難しく、アルカリ性にすると、使用した金属の水酸化物が沈殿してきますので、PHに気を付けて水酸化物の沈殿しない範囲で溶媒(例えば、エーテル、ベンゼン)で抽出します。溶媒を硫酸マグネシューム等で脱水してから、蒸留して除きます。これで、freeのアミノ化合物 ...続きを読む
no2の方が回答しておられる通りです。実験室では塩酸と錫でニトロ基を還元してアミノ基にしますが、工業的には鉄屑と塩酸を使うようです。アミノ合物は取り出し方が難しく、アルカリ性にすると、使用した金属の水酸化物が沈殿してきますので、PHに気を付けて水酸化物の沈殿しない範囲で溶媒(例えば、エーテル、ベンゼン)で抽出します。溶媒を硫酸マグネシューム等で脱水してから、蒸留して除きます。これで、freeのアミノ化合物が得られます。塩酸塩で良ければ、還元した溶液からそのまま再結晶します。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ