OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

“遠距離”って日本でしか通用しないの?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.218975
  • 閲覧数133
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 65% (88/134)

 留学先の韓国で付き合っていた元彼との会話です。
 忙しいとか疲れているとかの理由で、私が帰国してから1年以上経つのですが、電話も
メールも手紙もなしでした。
 “それって、あんた遊ばれたんだよ”みたいなことを言う人もいたりして、もうあきらめた
方がいいんだなって思って、新しいカレを探していたんです。
 でも昨日つまりバレンタインの翌日の夜に、その元彼が夢に出てきちゃった。
 すごいニコニコしていて、私と抱き合ったりしたりして。
 で、何気なくその元彼に電話をかけたんです。さっき4時半ころ。でも、ガッカリしました。
 “韓国ではねえ、男が軍隊に2年半行っている間に、カップルが9割以上別れちゃうんだよね”とか“もし、お前が近いうちに日本に帰るんだと分かっていたら、最初から付き合わなかった”とか“遠く離れたら、感情は薄れていくんだよ”とか。
 で、私が“本当に好きなら、遠く離れていても連絡取り合ったりして愛情を育てるものなのよ”って話したら“それって日本だけのものでしょ?こっちじゃ通用しないよ、そんなドラマみたいなこと”って。しまいに“(そのことについて)よーく考えろ”って。
 “遠距離”って日本独自のものなのでしょうか?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 20% (10/49)

確かに遠距離で長年というカップルはいるみたいですが。
 一年以上も連絡していなくて、新しい彼を探した方がいい。ということですよね。彼はもう向こうからも何も言ってこないし、終わった。と思っていたところで、何を今更。っていう返事でしょう。お国の違いというより、帰国する事を知らされなかった事で、信頼して相手を待つ気にはなれなかった。というのが彼のいい分かも知れません。それが勝手ないいぶんかどうかは別として。
 もうやり直す気も愛情もない。君の言う事なんて聞けない。はっきりそう言われてるのだと思います。辛いけど、早く忘れた方がいいでしょうね?
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 23% (120/501)

そのようなこともないと思いますが。 以前、欧米でも割と遠距離で続いてるケースも聞きましたけどね。 その元彼や周囲の若者がそういうタイプが多かったとうことに過ぎないのでは? 人にもよると思うし、ただ、時代の流れなども影響するのかなぁ。 文通の時代は、もはや遠く…というのも関係してるのか。
そのようなこともないと思いますが。
以前、欧米でも割と遠距離で続いてるケースも聞きましたけどね。
その元彼や周囲の若者がそういうタイプが多かったとうことに過ぎないのでは?

人にもよると思うし、ただ、時代の流れなども影響するのかなぁ。
文通の時代は、もはや遠く…というのも関係してるのか。

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 52% (128/242)

ご質問の内容からすると、お相手は韓国の方だったのでしょうか。 先日放送された「friends」でも軍隊のお話しが出てきましたね。 だいぶ前に留学先で韓国人の姉弟(高校生と中学生)と寮が一緒で仲良くしていましたが、彼らも「兵役が2年あるから、だいたいのカップルは分かれてしまう」と言っていました。 「遠距離恋愛」についてですが、人によって違うでしょうね。 日本でも、側にいないとダメになってしまう( ...続きを読む
ご質問の内容からすると、お相手は韓国の方だったのでしょうか。
先日放送された「friends」でも軍隊のお話しが出てきましたね。
だいぶ前に留学先で韓国人の姉弟(高校生と中学生)と寮が一緒で仲良くしていましたが、彼らも「兵役が2年あるから、だいたいのカップルは分かれてしまう」と言っていました。

「遠距離恋愛」についてですが、人によって違うでしょうね。
日本でも、側にいないとダメになってしまう(遠距離恋愛できない)人もいますよね。

外国人(ヨーロッパの人)と恋愛している(いた)知人・友人が結構いますが、時差も7~9時間あり、飛行機でも12時間ほどかかりますが、遠距離恋愛をしていますよ。
電話は時間がなかなか合わないので少ないですが、手紙やメール(今はメールがあって便利ですね)で連絡を取り合ったり、年に何度かどちらかが会いに行ったり。
そうやって遠距離を続け、後にどちらかがどちらかの国へ行って結婚したカップルも多くいます。
もちろん、別れてしまう人もいますけど。(数ヶ月~数年と期間は様々)

kuwakochanさんの場合は、帰国後は電話もメールも手紙もなしだなんて、ひどい相手でしたね。
普通なら、帰国しても少なくても数週間くらいは離れた寂しさがあって何かしら連絡を取ると思うのですが・・・。
お友達や元彼の言うとおり、彼は遠い人とつき合う気はなく、常に側にいる人とつき合いたかったのでしょう。

kuwakochanさんももう、彼とは縁がなかったのだとスッパリ忘れて、新しい彼を見つけていい恋愛をしてくださいね。
補足コメント
kuwakochan

お礼率 65% (88/134)

こんにちは、kuwakochanです。
 元彼というのは3つ下の韓国人で、全羅道という韓国南部地方の出身者でした。
 つい最近になるまで、韓国のほかの地方に比べて、社会的経済的な差別を受けていた地域
なんです。
 まあ、それはともかく、帰国後全然連絡が無かったわけではないのです。
 私が帰国したのが12月でしたので、年賀状は来ました。それだけです。
 メールは5月くらいまで時折きていましたが、5月26日の日付を最後にプッツリです。
 んで、電話は一度もなし。国際料金が高いからだそうです。
 2~3回、私のほうから電話して“今忙しいから後からこっちからかけなおすよ”という
ことがありましたが、いずれも電話はなし。
 間違いなく深く愛し合っていたのに、なーんか虚しいですね。





 
投稿日時 - 2002-02-16 18:02:27
  • 回答No.4

日本独自のものというより、お国柄によるものだと思います。 韓国では徴兵制度があり、韓国の青年には二年間の兵役が義務づけられています。 個人の都合に関わらず、すべての人に遠距離恋愛の状況が発生するのです。(ここが日本と大きく違う) そうなると、遠距離恋愛をしない人が増えるのも理解できる気がします。 その彼も韓国に暮らしているのですから、徴兵制度のある国の国民としてそのように考えるのではないでしょうか ...続きを読む
日本独自のものというより、お国柄によるものだと思います。
韓国では徴兵制度があり、韓国の青年には二年間の兵役が義務づけられています。
個人の都合に関わらず、すべての人に遠距離恋愛の状況が発生するのです。(ここが日本と大きく違う)
そうなると、遠距離恋愛をしない人が増えるのも理解できる気がします。
その彼も韓国に暮らしているのですから、徴兵制度のある国の国民としてそのように考えるのではないでしょうか。
遠距離恋愛は理想論、もしくは待つ身はつらいから別れるべき、とかね。

アメリカ留学経験のある弟は、「アメリカ人はすぐに婚約する」と言っていました。
付き合っているカップルがやたらと婚約宣言し、その割にあっさり別れたりするケースも多いそうです。
これもひとつの国民性でしょう。ハリウッド俳優たちの輝かしい恋愛、別れ、結婚、離婚を見ていても思います。

同じ日本人でも価値観や考え方は人それぞれですから、国が違えばもっと違うことも多いと思いますよー。
  • 回答No.5

kuwakochanさんこんばんは。 >“遠距離”って日本独自のものなのでしょうか? そんなことはないと思います。実際、私はアメリカ人の主人と一年半遠距離恋愛をした末、結婚しました。また、アメリカ人の知人にも何人か遠距離恋愛を経験している方がいますし。 その国ごとの国民性や、様々な習慣の違いなどもかなり影響してくるかとは思いますが、遠距離恋愛というのが日本独自のものなのか?ということになると答え ...続きを読む
kuwakochanさんこんばんは。

>“遠距離”って日本独自のものなのでしょうか?
そんなことはないと思います。実際、私はアメリカ人の主人と一年半遠距離恋愛をした末、結婚しました。また、アメリカ人の知人にも何人か遠距離恋愛を経験している方がいますし。
その国ごとの国民性や、様々な習慣の違いなどもかなり影響してくるかとは思いますが、遠距離恋愛というのが日本独自のものなのか?ということになると答えはNoでしょう。

新しい彼との出会いがすぐ訪れますように…。応援してます。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ