• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ひな祭りの歌の内容は?

カテゴリーがわからないのですが・・・ もうすぐひな祭りということで、お店などで「明かりをつけましょぼんぼりに~♪」という歌が流れていたりしますよね。それで、旦那とこの歌の話になって、内容に関する捉え方が違ってたんです。 歌に出てくる、「お嫁にいらした姉様」というのは、おひな様のことですか?それとも、主人公=おひな様で、その家に来た嫁のことですか? (旦那は、嫁の顔を三人官女と比べてヒドいね、って言ったんです) でも、もし、姉様=おひな様の場合、三人官女はおひなさまの妹たちなのですか?お世話をする人だと思っていたのですが・・・。 という具合に頭の中がこんがらがってしまいました。頭の悪い質問で申し訳ありませんが、どなたかご存知でしたら教えてください。歌詞も最後まで知っていたら教えていただきたいです。

noname#40529
noname#40529

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数3596
  • ありがとう数30

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

こんにちは。 私もNo,1さんと同じく、お雛様目線の歌ではなく、お雛様を飾っている少女目線かなぁと思っていました。 少女のお姉さんがお嫁に行く時のお化粧した白塗りの顔が、三人官女の綺麗な白い顔立ちによく似ていて思い出される、といった感じでしょうか。 私自身の解釈なのでこれも本当かどうか怪しいですけど^^; さきほど歌詞を探してみましたら、「うれしいひなまつり」の作詞者の方のものらしい2番の意味がちらっと載っているサイトを見つけましたので、よろしかったらご覧ください。 (ただ、さっきちょっと探してみただけなので、ご参考までに!) http://www.kgef.ac.jp/ksjc/ronbun/040400y.htm 参考URLの方は4番までの歌詞とMIDIがついているようです。

参考URL:
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/i_ureshii_hinamatsuri.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考URLは、ほんとに参考になりました。それに、2番の意味が書いてあるURLもまさに、私の質問の答えですね。つまり、自分の姉が生きてたらと想像しつつ、歌詞としては主人公の少女に言わせた、感じなのでしょうね。なるほど! 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 古いひな祭りの歌

    昨年子供が生まれた主婦です。 私が子供の頃、ひな祭りになると亡き祖母に 「ぼんぼりに火を入るるとて~ 電灯ことさら消すも良し~」 という古いひな祭りの歌を歌ってもらっていたのですが この歌をご存知の方、いらっしゃいませんか? 少し暗い曲調ですが大好きだった歌で この先の歌詞が分からなくて調べたいのですが 題名すら分からなくて… 子供に正確に歌ってあげて 日本の古き良き歌を伝えていってあげたいと思っています。

  • お雛さまについての疑問

    お雛さまのお顔を見ていて不思議に思ったのですが・・・ 唇が少し開いています。お内裏さまは歯が見えていて、お雛さまは口の中が黒いような(おはぐろ?) 自分のお雛さましか見たことがないのですが、唇を開くような作りには何か理由があるのでしょうか。 それからもう1つ、お雛さまの歌についてなのですが・・・ 「お嫁にいらした姉様に よく似た官女の白い顔」 どうしてお雛さまじゃなく、官女に例えているのでしょう(笑) この歌の主人公である女の子が、お雛さまは私よ!と思っているのでしょうか・・・? どちらか片方、推測でも構いません。 ご意見いただければ幸いです。

  • 雛祭りの歌詞を教えてください

    子供に雛祭りの歌を最後まで歌ってあげたいと思います。 雛祭り(明かりをつけましょぼんぼりに)の歌詞を教えてください

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

『お嫁にいらした』は、『お嫁に来た』ではなく、『お嫁に行った』という意味です。 普段でも、『どこに行ったのか?』と言う意味で、『どちらにいらしたのですか?』と言いますよね。 『白い顔』は、美人と言う意味です。昔は、色の白いのが美人の条件でしたから。 ですから、『お嫁に行った美人のお姉さん』によく似ている、ということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね。そういう言葉の意味なのでしょうね。皆さんのおかげで疑問が解決しました。 ありがとうございました。

  • 回答No.5

この歌は「うれしいひなまつり」という歌で、こんな歌詞だったと思います。 あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花 五人ばやしの 笛太鼓 今日はたのしい ひな祭り お内裏様と おひな様 二人ならんで すまし顔 お嫁にいらした 姉様に よく似た官女の 白い顔 金のびょうぶに うつるひを かすかにゆする 春の風 すこし白酒 めされたか あかいお顔の 右大臣 着物をきかえて 帯しめて 今日はわたしも はれ姿 春のやよいの このよき日 なによりうれしい ひな祭り ということで、この歌の主人公はひな祭りのお祝いに晴れ着を着て、ひな人形を目の前にしてながめているものと思われます。それで、この子の家にお嫁にきたお姉さん(義理の姉、もしくは広い意味で年上の女性)に人形の官女の白い顔が似ていることを言っているように思います。昔は色白は美しさの象徴でもあるので、お姉さんに対してもほめ言葉だと考えてますが。果たして真相はいかに?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すごい!歌詞を全部知っているのですね。(私は2番までしか知りませんでした) 確かに、「今日は私も」ということで、お人形の世界ではなく、現実の少女が主人公だったのですね。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.4
noname#20941
noname#20941

私もrinringさん同様、ひな祭りの日を迎えた女の子が歌っている歌で(4番の歌詞からそれがうかがえます)「お嫁にいらした姉様」というのは「お嫁に(出て)行かれた(実の)姉様」ということだと思っています。お嫁に行ってしまったお姉さんを懐かしく慕わしく思い出している、という感じでしょうか。 三人官女というのは確かにお付きの女官ですが、家柄がよくて美しくしかも才女でないと務まらなかったようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お恥ずかしながら、2番までしか歌詞を知りませんでした。確かに、4番を知っていれば、少女の目線だとわかりますね。お姉さんを懐かしんでいる・・・素敵な歌詞だったのですね。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

お嫁にいらした姉さまとは、お人形でなく、実際の「わたし」の親戚、姉、あるいは近所のお嫁さんの事でしょう。お嫁さんが白く化粧をした顔が三人官女の一人に似ていた、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おひな様のお人形は、男女ペアで並んでることから、結婚の様子だと思っておりまして、だから「お嫁に」という歌詞がお人形のおひな様のことだと勘違いしておりました。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • rinring
  • ベストアンサー率18% (822/4396)

ひな祭りのお祝いをしている家庭の中の歌かなと捉えていました。 主人公の女の子にはお姉さんがいて、そのお姉さんの結婚式や披露宴の時の様子が、三人官女の美しい白い顔を見て思い出されたという解釈をしていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 お姉さんを思い出してるという素敵なお話だったのですね。

関連するQ&A

  • うれしいひなまつりの歌について

    ひなまつりの歌の歌詞に、 「お嫁にいらした姉さまに」 という部分がありますよね。 この「お嫁にいらした」というのは、お嫁に来た、のでしょうか。 それとも、お嫁に行った、のでしょうか。 たぶん、「来た」のだとは思うのですが、なんかどっちにも解釈可能ですよねえ。

  • 本のタイトルを教えてください

    小学生の頃に読んだ本で、気に入って何度も読んでいたはずなのですがタイトルが思い出せません。 多分中学年から高学年向けで、主人公がテレビゲームの世界に入ってしまうというものです。 主人公は男の子だったような…。 ゲームの世界に入ってしまって、初めに目が覚めたら井戸の中に居たような…。 お雛様が命令して?三人官女、五人囃子などに追いかけられたりしたかと。 読んだのは10年ほど前ですが、小学校の図書室にあった本なので発行はもっと前だと思います。 かなり記憶が曖昧で、これだけの情報では難しいかと思いますが、お心当たりありましたら教えて頂きたく投稿しました。 最近急に思い出して、また読みたくなってしまったのでぜひ宜しくお願いします。

  • 初節句・お雛様について

    来年初節句を迎える娘がいます。 うちの実家に昔ながらの大きい段々飾りがあります。 私の物なのか、母の物なのかは、母に確認しないと分からないのですが、娘の初節句にもそれを飾ろうと、母と話していました。 今回は全部飾り、再来年からは三人官女までをケースに飾り、それ以外の方は神社で供養(処分)してもらう予定です。 置く場所的にも予算的にも、もう二度とこんな大きな段々飾りは買えないと思うし、私も思い入れのあるお雛様だから、娘にもそれを飾ってあげたい…と思っていました。 しかし、お雛様は一人に一つと聞きました。 お嫁に行くまでの災厄をお雛様が代わりに受けてくれるとか。 お雛様を受け継ぐ事は、イコール災厄までも引き継ぐ事になると聞きました。 私的には、思い入れのある私のお雛様を娘にも引き継いで飾ってもらいたいと思っているのですが、 上記のような事柄を聞くとやっぱり新しいのを買った方がいいのかな…とも思います。 ケチを言ってるのではないのですが、気持ちとしては私のお雛様を娘にあげたい気持ちです。 将来「これはママも飾ってたお雛様だよ~」って、私の昔の写真見ながら話ができたらいいなぁ~と。 皆さんはどう思いますか? やっぱりお雛様を受け継がせるのは良くないのでしょうか? 個人的には災厄がどうのこうの…というのは、あまり信じていませんが…。 そういう事が気にならないのなら、お雛様を受け継いでもいいのでしょうか? それともやめた方がいいものなんでしょうか? ご意見ください。

  • 雛人形、希望伝えたのに。。。辛口ご遠慮ください

    30歳主婦です。雛人形は、長女ですが贈られたことはありません。あまり裕福ではなかったのもありますし、当時の実家がアパートですごく狭かったので、購入しなかった経緯があります。 今年の夏に長女を出産しました。最近、雛人形を私の両親から贈ってもらいました。 私は、十二単のお雛様がよかったので、段飾りではなくお内裏様とお雛様の2体をずっと希望していました。母親に、「2体がいい」とずっと伝えていましたが、小さなお内裏様とお雛様と三人官女と五人囃子の10体が届きました。卓上のマンションタイプなので、もちえろん十二単ではなくて、実家の雛人形(義理姉のもの)が十二単のお雛様で10段タイプを知っている主人が思わず「小さい…」とつぶやいたほどでした。 先に娘(姪)を出産した妹は、「お雛様はおまかせで」と両親の好みの人形だったそうです。 私の母の思惑は、先に女の子を出産した妹と同じものを送るという実家の方針でした。言う事を聞きなさいという感じで、私の意向は聞き入れてくれませんでした。そして、上記に書いた物が贈られてきました。 贈ってもらったのは、長女のものなので、ありがたくいただきました。 私は、雛人形がすごく憧れだったのもあって、落ち着いたら自分のために十二単を購入しようかなと思います。 ご自分のために雛人形を購入された方はいらっしゃいますか?

  • ★披露宴で姉に贈る歌★

    もうすぐ姉の結婚式があります。 そこで、妹の私として歌を贈ろうと思うのですが、 なかなかしっくりくる曲がありません。 どなかたおすすめの曲、ご存知ないですか? できれば、年配の方などみんなが知っているような曲がいいです。 歌詞やメロディーを考えて、泣かせる歌をうたいたいのです。 よろしくお願いします。

  • 歌詞を教えて! 『--と--が木下でKISSキスをする~』という歌

    歌手の曲などではなく、昔から欧米で歌われている、仲良しな女の子と男の子にちょっかいをかける歌だとおもいます。 題名などがあるなら教えてください。 まず歌詞がわからないので、歌詞を教えてください。 英語の歌詞と日本語の歌詞を教えてください。(特に英語) 私がこの歌を知ったのは、マイガールという映画で、主人公の男の子と女の子が友人にからかわれていたシーンで。 デクスターズラボというアメリカンアニメで、主人公のデクスターと姉の友人が、仲良くなって、他の友人にからかわれていました。

  • お雛様について。

    32歳転勤族妻です。 東京にわたし、旦那実家があり今地方にいます。 旦那の実家がお雛様どうするの?と干渉してきます。 もちろん買うつもりでしたが、お雛様は嫁の家で買い目録をつけて、旦那の実家に持っていき、旦那の家で仕出しをとったり一席設けて、ひな祭りにはお金をつつんでくるというのが私の家のほうでは、しきたりとなってます。 わたしの家は地元で有名な名士でしてそういった昔からの風習を大事にしますがサラリーマンに嫁いだので母も相手にしきたりをおしつけたりしませんでした。 しかも旦那母は金を出したくない人ですし、わたしの実家が買うものだから1円もださなくていいと思ってます。 ところが、わたしの母は旦那母をただでさえあまりよく思っていないのに、 長男やあととりに嫁にやったわけじゃないのにお雛様の催促したり口だすな!と怒ってしまいました。 なので買うならしきたりどおり旦那の家にもってくとか言っていてめんどくさいです。もういらないような気もするし、私も立派なな七段飾りがあったのでないとかわいそうな気もします。。 なにより旦那の両親はお祝い、お年玉、などもくれないし、私の実家ばかり金がでてもうしわけないです。 お雛様を買われた方は両家でどのようにしましたか? また義理の母にお雛様を買うとそちらも金がかかりますよといったほうがいいでしょうかす

  • 雛人形のクレームについて

    娘の雛人形をずっと探していたのですが、先日実家に帰省した折にやっと気に入ったお雛様が見つかり、某人形店で購入しました。(衣装着人形の3段飾りです) それが今日届いて 飾ってみたら不備↓がある気がするんです。 (1)お雛様の着物端の刺繍模様が刺繍の糸がほつれている(このまま出ている糸をはさみで切ったら模様に穴が開いてしまいます) (2)3人官女の1人が正面から見たときに着物の襟から頭が差してあるのが見えるんです。しかも顔が下を向いていて首が切られているようで気持ち悪いんです。3人官女も正面を向いていますよね? これが気になって仕方ありません。旦那は「こんなもんじゃないんか」というんですがなんだかすっきりしません。 買い替えのきかないものですし、お店にクレームをつけてもいいものでしょうか? 経験者の方、詳しい方、どうか教えてください。m(vv)m

  • 小姑について悩んでます。

    タイトルどおりなのですが、小姑(旦那の姉と妹)について悩んでます。 どちらも結婚はしておらず、姉は1人暮らし、妹は実家(ほぼ家に帰って来ないらしいですが)で暮らしています。我が家には一歳になる子どももいます。 最近妹が友人とシェアして、二人暮らしをしたいという話になり、マンションを借りるため保証人になって欲しいと旦那に相談がありました。 もちろん、旦那は身内の事なので、私に相談をせずオッケーを出したそうなのですが、私は保証人にはならないと結婚した時から決めており、ノーを出しました。それに私たちが家に住む時、両方の両親から保証人のハンコを押してもらったので、また義両親がなってくれるかなと思ってました。 もちろん、保証人になったとしても、妹なので家賃の支払いなどは問題はないと思いますが、妹から私になんの連絡もなく、誰とシェアし家賃はどうするなどの説明も無かったものですから、支払う事があったら困ると思い、ノーをだしました。 数日後、親に保証人を頼んでも断られたから、我が家にシェアする友人を連れて説明をしに来ると言われ、説明をされても私の気持ちは変わらないと思い、説明を聞かないまま旦那はハッキリ断らず、姉に相談するとゆうことになりました。 その後、姉から旦那に、なんで妹の保証人になったらへんの?っていう連絡がきました。もちろん、旦那は私の意見を姉に言い、姉は、嫁からはっきり断れば良かったんちゃうんか?と私に対してブチ切れ。私とは今後一切関わらないし、頼って来ないでと言われました。 旦那がオッケーを出したのに嫁の私がノーをだしたから保証人の話が姉にいき、結局姉が保証人になってくれたようです。姉は、妹の事やし、しゃーない私がなったろ!で終われば良かったんじゃないのでしょうか。 私の考え方は間違っていたのでしょうか?親が保証人にならないのもどうかと姉は思わないのでしょうか? 下手な文章ですが、皆様はどう思われますか?よろしかったら意見をください。よろしくお願いします。

  • この歌は誰の、何という曲ですか?

    先週の木曜日、日中ふらりと入った100円ショップで流れていました。 男性の声で「♪パパにはまだ言わないで」・・・という一節だけ覚えています。 あと「♪恋がしたい」「♪恋をしてやる」・・・と歌っていた気がします。 あまりよく聞こえなかったのですが、私が聞いたのはおそらく2番の歌詞で、内容は以下の通り。 ・曲の主人公は、たぶん女子高生 ・ママがいて、パパ以外の男性と秘密裏に恋愛中 ・でもママが「パパにはまだ言わないで」と、自分だけには打ち明け話 ・「私はイマイチいけてないけど、いつかはママのような、情熱的な恋をしてやる!」と思う ・・・という内容だったような気がします。 ヘンな歌だなぁ~と思いながらも、何だか頭を離れない。 この歌、どんな方が歌っている、何というタイトルなのでしょうか? おかしな質問で申し訳ありません、よろしくお願い致します。