OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

収益プレッシャーについて。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.121091
  • 閲覧数40
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/1)

日本企業に対する収益プレッシャーは従来より強くなっているが、
そのプレッシャーに応えるための個別企業の戦略的・組織的な対応策は
どのようなものか?
また、マクロにはどういう政策課題があり得るか?
収益プレッシャーの意味だけでもお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 32% (130/406)

収益=価格ーコスト ですから、収益プレッシャー(収益低下の圧力)は、価格低下かコストアップから来ます。 1)価格低下を避けるための基本戦略は、差別化戦略あるいは新価値創造戦略です。価格低下の主要因は、似たもの同士の熾烈な価格競争ですから、独自の価値を生み出すイノベーション戦略で、価格競争からまのがれます。 2)コストダウン戦略は、原材料、製造、流通のどこでコストダウンを計るかという風に分類され ...続きを読む
収益=価格ーコスト ですから、収益プレッシャー(収益低下の圧力)は、価格低下かコストアップから来ます。

1)価格低下を避けるための基本戦略は、差別化戦略あるいは新価値創造戦略です。価格低下の主要因は、似たもの同士の熾烈な価格競争ですから、独自の価値を生み出すイノベーション戦略で、価格競争からまのがれます。

2)コストダウン戦略は、原材料、製造、流通のどこでコストダウンを計るかという風に分類されます。例えばユニクロは、中国へ生産を移したりして、一気通貫でコストダウンを計っていますし、問屋の排除(直送)や共同配送などは、流通のコストダウンです。

3)マクロの収益プレッシャーの排除は、やはり、規制緩和によってベンチャーが起こりやすくしたり、デフレ防止策を講じたり、ITの普及を促進したりすることでしょう。


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ