OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

「死の棘」という言葉はどこから?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.107680
  • 閲覧数378
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

島尾敏雄の小説のタイトルに「死の棘」っていうのがありますが、これって何か昔からそういう慣用的な表現があったのでしょうか?それとも島尾さんのオリジナルなのですか? 

ふと、その言葉が気になって調べたんですけど、辞書にもないし、検索しても島尾さんばっかりで…。おまけに、その小説も読んだことがないので余計に分かりません。

もし何かに由来してるのでしたら、原典と意味を教えていただきたいのです。
本当にふとした疑問ですみません。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 23% (13/56)

新約聖書からの1節からきています。
「『死よ、なんぢの勝(かち)は何処にかある。死よ、なんぢの刺(はり)は何処にかある』死の刺は罪なり、罪の力は律法(おきて)なり。されど感謝すべきかな、神は我らの主イエス・キリストによりて勝を与へたまふ。然(さ)れば我が愛する兄弟よ、確(かた)くして搖(うご)くことなく、常に励みて主の事(わさ)を務めよ、汝等その労の、主にありて空しからぬを知ればなり」(コリント前書-第15章55-58)
訳によって「死の刺」「死の針」とあるそうです。読み応えのある内容でした。
お礼コメント
noname#4713

 新約聖書の言葉だったのですかー。

「死が針で我々を狙っていて、その針というのは「罪」のことであって、罪の力が律法で、だけど我々はイエス・キリストのおかげで死に勝つことができて……」、みたいな感じでしょうか。意味はよく分かりませんけど。

 この島尾敏雄の小説でいう死の棘すなわち罪っていうのが、例の不倫ってことなんですよね?
 
 由来が分かってすっきりしました。ありがとうございます。読み応えありとのこと、挑戦してみます。
投稿日時 - 2001-07-22 14:55:06
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ