-PR-
解決
済み

賃貸事務所の解約時の償却

  • 困ってます
  • 質問No.98993
  • 閲覧数1745
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 80% (4/5)

賃貸事務所の償却についてお聞きします。事務所を解約したとき、保証金より家賃の2ヵ月分を償却として引かれました。契約書には書いてありますが、このような料金を支払ったのははじめてで、更新でものないのに、なぜ引かれるのか理解できません。ちなみに、解約予告は指定日時前にしましたし、リフォーム代も支払いました。これって当たり前なのですか?すみませんが教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 26% (100/378)

敷金四ヶ月、礼金二ヶ月とする賃貸条件と、保証金六ヶ月、明渡し償却二ヶ月とする賃貸条件とは、税務的な扱いは全く同じです。いずれも、預り(預け)金は四ヵ月分で、利益(損金)計上は二か月分。「朝三暮四」のようなものです。

当該部分について正規の会計処理をしていれば、既に経費計上は済んでいると思いますよ。即ち、繰延資産として契約期間に応じて償却済み。その金額が小さければ、小額繰延資産として全額一時損金で処理かも。

なお、償却の根拠など礼金同様にありません。管理費・共益費すら第二賃料などといわれているくらいです。賃料の根拠もその意味では明確ではない。要は、その場所を借りるに必要なマーケットプライスであり、経済的な負担と認識することです。

そのような支出を理解して、契約書に署名捺印したとされるのが「当たり前」なのです。これからは、調印前に疑問とする点は明らかになさることです。
お礼コメント
rook

お礼率 80% (4/5)

丁重なご説明ありがとうございます。質問が素人でしたので、これからはキチンと勉強したいと思います。
投稿日時 - 2001-07-10 13:58:27
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (2276/4889)

契約自由の原則と云って、誰と誰が何の約束をしてもかまわないのです。例外はあります。 今回の場合、「解約時には保証金から家賃の2ヵ月分を償却する」旨の契約でありそのようにしたのなら何らの問題はありません。 ...続きを読む
契約自由の原則と云って、誰と誰が何の約束をしてもかまわないのです。例外はあります。
今回の場合、「解約時には保証金から家賃の2ヵ月分を償却する」旨の契約でありそのようにしたのなら何らの問題はありません。
お礼コメント
rook

お礼率 80% (4/5)

丁重なご説明ありがとうございます。質問が素人でしたので、これからはキチンと勉強したいと思います。
投稿日時 - 2001-07-10 13:58:57


  • 回答No.2

当初の契約時に、その様な取り決めがされていたのではないでしょうか。 契約書を確認してください。
当初の契約時に、その様な取り決めがされていたのではないでしょうか。

契約書を確認してください。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ