-PR-
noname#153553

就職のお世話のお礼でせんべいを贈るつもりなんですが、内のしにお礼と名前を記入していいですが。記入おかしくないですか。例を教えて下さい。
  • 回答数5
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全5件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2011-10-14 08:52:11
    • 回答No.5
    「御礼」が一番適切です!

    間違っても「寸志」とだけは書かないようにして下さい。

    「世話したのになんで上から目線なんだよ!」ってご立腹されると思いますので。
    • ありがとう数2
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全4件)

    • 2011-10-13 06:16:35
    • 回答No.1
    おかしくないと思いますが、のしに書くなら 「お礼」 より 「御礼」 の方が 相応しいでしょう。
    おかしくないと思いますが、のしに書くなら 「お礼」 より 「御礼」 の方が
    相応しいでしょう。
    • ありがとう数1
    • 2011-10-13 08:19:30
    • 回答No.2
    noname#158231

    私は、迷う時は無地にするか「寸志」にします。 今回の場合だと中味がお煎餅だと、三千円程度ですか?それくらいの値段だと「寸志」にすると思います。「御礼」だと五千円以上の物の時使いますね。 あくまで、私の場合ですが…
    私は、迷う時は無地にするか「寸志」にします。

    今回の場合だと中味がお煎餅だと、三千円程度ですか?それくらいの値段だと「寸志」にすると思います。「御礼」だと五千円以上の物の時使いますね。
    あくまで、私の場合ですが…
    • ありがとう数0
    • 2011-10-13 15:32:58
    • 回答No.3
    >就職のお世話のお礼 ということなので、表書きは「御礼」(おんれい)です。 「寸志」は、同輩や目下の人に軽少なお礼をする時に 無地のしは、お土産やお返し等に使われます。 お世話くださった方に失礼のないよう、お間違いなく。 http://www.52-net.com/shop/zoutou/om_nichi.htm
    >就職のお世話のお礼

    ということなので、表書きは「御礼」(おんれい)です。

    「寸志」は、同輩や目下の人に軽少なお礼をする時に
    無地のしは、お土産やお返し等に使われます。
    お世話くださった方に失礼のないよう、お間違いなく。

    http://www.52-net.com/shop/zoutou/om_nichi.htm
    • ありがとう数0
    • 2011-10-13 20:49:26
    • 回答No.4
    通常は紅白蝶の熨斗紙で、御礼 名前 です。 名前は手渡しだと入れない人もいますし(仰々しくなるから)金額が少ない場合は入れない人も多いかな。直接渡せない場合は誰からか分からないと困るので名前を入れておきます。 寸志は目下の人へですよ。社長から、従業員へ、などの時に使います。 百貨店やきちんとしたお店なら店員がのしについてアドバイスしてくれますよ。
    通常は紅白蝶の熨斗紙で、御礼 名前 です。

    名前は手渡しだと入れない人もいますし(仰々しくなるから)金額が少ない場合は入れない人も多いかな。直接渡せない場合は誰からか分からないと困るので名前を入れておきます。

    寸志は目下の人へですよ。社長から、従業員へ、などの時に使います。

    百貨店やきちんとしたお店なら店員がのしについてアドバイスしてくれますよ。
    • ありがとう数0
    • 回答数5
    • 気になる数0
    • ありがとう数9
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ