• すぐに回答を!
  • 2011-01-29 10:53:09
  • 質問No.6482808
解決
済み

未婚化、晩婚化について

  • 閲覧数1899
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0
yt0610

お礼率 88% (145/165)

少子化の原因の一つに挙げられる未婚化、晩婚化について質問したいと思います。

女性の方にお聞きします。

結婚したいですか。それは年齢的に早く結婚したいですか。それとも晩婚がいいですか。すでに晩婚と言われている年齢に当たる方は今からでも結婚したいと思いますか。もちろんしたくないという意見でも結構です。

現実はどうですか。未婚化、晩婚化が進んでいるという昨今です。出会いすらない。経済的に恵まれた男性が見つからない。ここは男性に対する愚痴でも結構です(笑)

子供は欲しいですか。それは子だくさんがいいですか。また子供は嫌いなのでいらないという方もいるでしょう。

最後にどうすれば、この問題(未婚化、晩婚化)は解決するでしょう。いや解決しなくていいという方も受け入れます。但し、その理由を書いていただければ嬉しいです。


男性の方にお聞きします。

結婚したいですか。早く結婚したいという男性はいるのでしょうか。感情的なタイミングではなく、メリット・デメリットを考えて結婚するかしないか考える方が増えているような気がします。これは私個人的意見で、良い悪いを言うものではありません。もちろんメリット・デメリットも大事ですが…。

晩婚になる理由はたくさんあると思います。経済的に無理だ、という方多いでしょう。出会いがない。結婚に対して魅力を感じない。大学を卒業して日々仕事をしていたらこんな年齢になっていたなど…

昨今の少子化についてどういう問題意識を持っておられますか。

最後に未婚化、晩婚化を解決するにはどうしたらいいと思いますか。もちろん解決しなくていいという意見でも結構です。

ちなみに私の素性を明かすと、24歳の大学生です。なぜ24歳なのに大学生なんだ働いてる年じゃないのか、と思われた方。理由はありますが、ここに書くと長くなるし、あまりにプライベートなことで、かつ特殊なので申し訳ないですが書けません。
  • 回答数9
  • 気になる数0
  • みんなの回答(全9件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2011-01-29 11:17:06
    • 回答No.3
    napukun レベル12

    ベストアンサー率 19% (146/778)

    既婚男性ですが・・・

    1:結婚したいか?メリット・デメリットについて
    自分は早くに結婚したくてたまりませんでしたね。ラブ゜+.゜(*´ω`)(´ω`○)゜+.゜ラブ な生活を夢見てましたがそんな時期はあんまなかったなぁw
    メリット・・・・好きな人と一緒に暮らせる。
    デメリット・・・好きな人と一緒だけどもたまには1人の時間も欲しい。なぜか貯金は没収、給料持って帰っても2万円しか貰えない(´・ω・)
    といいつつも幸せいっぱいなので、きっとメリットの方が大きいんでしょうね。

    2:晩婚の理由
    経済的に無理だ。一人前になってから。女性の言う年収1000万以上とか無理だ・・・orz
    色々あるんでしょうね。でも結婚って半人前どうしがくっついていいと思うんですよね。
    お互いが足りない部分を補っていけばいいのにな。と思います。
    お金は・・・無けりゃないでどうにかなるもんです。1人分の飯つくるのも2人分つくるのも大してかわんあいです。(どっちかっていうと2人分の方が経済的だったりしますね)

    3:少子化問題、未婚化、晩婚化の解決について
    今のこの国の情勢見てたら未来に希望なんて持てないので
    とてもじゃないが結婚、子育てなんてする気にもならないんじゃないでしょうか?
    自分が結婚したのはバブルがはじけてちょっとした不況の頃でしたが
    きっとまたバブルみたいな好景気になるだろう・・・って感じでした。
    それが一向に上向きにならず底なし沼にはまるとは・・・^^;
    少子化といいますが、逆に多老化が進んでいるだけでしょうね。
    自分達の親の時代(戦後のベビーブーム時代)の方々が
    天に召される30年後ぐらいには落ち着いてくるんじゃないですか?

    役に立ってない子供手当ての為に消費税あげるとかいってる馬鹿がいますが
    消費税25%とられても老後は安心、仕事もそこそこある。
    という世の中になれば自然と子供の数も増えてきますよ。
    心が安らげない場所で子育てなんて出来るはずもありません。
    お礼コメント
    yt0610

    お礼率 88% (145/165)

    回答ありがとうございます。半人前でも2人で協力していくべきという部分で胸が熱くなりました。確かに子供がいたらお金がかかりますが、結婚して2人の生活なら何とかやれそうな気がいたします。漠然と将来に対する不安があると、子供を産みたいと思う気持ちも薄れますよね。女性の方の気持ちを考えないといけないですね。男性としては…。子供手当は今の精神的な問題を払しょくするものではないですね。月額13000円もらって子供を産もうという女性がいるわけない。心の安らぎって大事です。私の幸せの定義は心身の健康ですから。
    投稿日時 - 2011-02-05 00:24:42
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全8件)

    • 2011-01-29 11:44:28
    • 回答No.4
    PetitMama レベル6

    ベストアンサー率 58% (4/7)

    女性です。 学生の頃は、早い結婚に憧れていました。 社会人になり、仕事も認められるようになり、職種も技術系でしたので、今後の職を失う心配や、収入についても不安はなくなるにつれて、結婚を急がなくなりました。 仕事で、責任が増すにつれて、自信も増えていきますし、結婚願望は薄くなっていったと思います。 ですが、収入だけで結婚をしたい、という訳ではなく、社会的に安定してき、時間も金銭面でもゆとりが出来ると、自 ...続きを読む
    女性です。

    学生の頃は、早い結婚に憧れていました。
    社会人になり、仕事も認められるようになり、職種も技術系でしたので、今後の職を失う心配や、収入についても不安はなくなるにつれて、結婚を急がなくなりました。
    仕事で、責任が増すにつれて、自信も増えていきますし、結婚願望は薄くなっていったと思います。

    ですが、収入だけで結婚をしたい、という訳ではなく、社会的に安定してき、時間も金銭面でもゆとりが出来ると、自分の趣味や友人との時間が増え、自分の生活パターンが出来上がります。
    そうすると、結婚ということが、イメージとして、束縛や、時間的・金銭的束縛面を強く持つようになり、言ってしまえば他人である伴侶と、生活を共にするという事が窮屈に感じたのかもしれません。
    その結果、子供は欲しいけど、結婚は要らないかなぁって思うようになりました。

    そう思っていても、伴侶とタイミングや勢いに恵まれて、結婚する場合も多いので、本当に添い遂げたい、と思える相手とめぐり会っていない、というのも大きいかもしれませんね。

    ですが、結婚も、他人と生活を築き一生を共にする覚悟、出産も、新しい命を責任もって育てる覚悟、がなければ、結果として幸せになれるとは思いませんので、一概に未婚化、晩婚化も個人の問題とも思います。
    どちらかというと、結婚、出産後の働きたいと思う女性の社会的保障や、核社会や近所付き合いの薄くなった今、昔のような、そういう付き合いの替わりとなる自治体と育児への制度を充実させることが大切かと思います。
    お礼コメント
    yt0610

    お礼率 88% (145/165)

    回答ありがとうございます。まず私は女性の社会進出や結婚するかしないか、また子供を産むか産まないかというのは個々人が決めることというのは理解していますし、否定はしません。当然ですが。ただ、結婚はしたくないが、子供は欲しいというのはどういう心境なのか興味があります。やはり子供は魅力的なのですかね。女性にとって… また、結婚して幸せになれるかはおっしゃる通り覚悟や努力などの気持ちの問題であると私も思います。出産後の仕事復帰支援、育児から生じる精神的負担の軽減が大事であるというのは賛成です。
    投稿日時 - 2011-02-05 00:39:04
    • ありがとう数0
    • 2011-01-29 11:14:50
    • 回答No.2
    cafeM レベル12

    ベストアンサー率 25% (233/951)

    30歳女性です。今秋に結婚を控えています。 >結婚したいですか。 若い時は、早く結婚したかったです(20代前半くらいで)。 大きな恋愛が終わり、結婚願望が皆無になった時期(20代後半)を経て 30歳の今、再び結婚したいと思うようになりました。 >現実はどうですか。 ここ1,2年で周囲の結婚率がぐんと上がりました。でも男女ともに30歳すぎてますね。 そして、私の周りは「彼氏のいない女性」が少なく「彼女 ...続きを読む
    30歳女性です。今秋に結婚を控えています。

    >結婚したいですか。
    若い時は、早く結婚したかったです(20代前半くらいで)。
    大きな恋愛が終わり、結婚願望が皆無になった時期(20代後半)を経て
    30歳の今、再び結婚したいと思うようになりました。


    >現実はどうですか。
    ここ1,2年で周囲の結婚率がぐんと上がりました。でも男女ともに30歳すぎてますね。
    そして、私の周りは「彼氏のいない女性」が少なく「彼女のいない男性」が多いです。

    >子供は欲しいですか。
    すごく欲しいです。2人は欲しいかな。
    子だくさんは、現実的に(金銭面、体力面)無理です。

    >どうすれば、この問題(未婚化、晩婚化)は解決するでしょう。
    女性の社会進出が当たり前の時代ですから、必然だと思います。
    解決のためには、社会全体がもっと育児に対して理解と協力をすることでしょうね。
    男性の育児休暇を「あってないようなもの」にしない、
    女性の育児休暇を肩たたきのチャンスとしない、
    託児所や保育園を増やす、など。
    お礼コメント
    yt0610

    お礼率 88% (145/165)

    回答ありがとうございます。結婚おめでとうございます。女性は若い時には一度は結婚に憧れるものなんですかね。それも早い段階での結婚に憧れていたということで。「彼女のいない男性が多い」というのは何か痛いですね(笑) 私も男性ですから。子供への思いは男性よりも女性のほうが強いものであると思っております。男性である私も思いを強くできればなと思っておりますが…。女性の社会進出は逆行できないものであり、当然の流れですから私も未婚化・晩婚化は必然と思うのですが、特に男性の未婚率は酷いと思いまして…。制度面やインフラの整備は大事であると思います。
    投稿日時 - 2011-02-05 00:15:31
    • ありがとう数0
    • 2011-01-29 11:14:17
    • 回答No.1
    noname#148093

    大学の研究ですかね。 初めから脱線しますが、生活保護の為のお金があるのでしたら、 政府はそのお金を使ってボランティアに対して給料をだす。 そして、ボランティアを仕事とする。 それによって余剰した分給料を上げて、所得税等をとっていく。 それによって国民全体の所得給料が上がる。 そして、同時に税収も上がる。同時に消費も上がり雇用が生まれ それによって、未来が見える。 まぁ、妄想ですけどね。これによって晩婚が ...続きを読む
    大学の研究ですかね。
    初めから脱線しますが、生活保護の為のお金があるのでしたら、
    政府はそのお金を使ってボランティアに対して給料をだす。
    そして、ボランティアを仕事とする。
    それによって余剰した分給料を上げて、所得税等をとっていく。
    それによって国民全体の所得給料が上がる。
    そして、同時に税収も上がる。同時に消費も上がり雇用が生まれ
    それによって、未来が見える。

    まぁ、妄想ですけどね。これによって晩婚が減るのではと思います。
    現実では、色々裏のお金の関係で無理でしょうけどね。

    参考以下ですがちょっと回答してみました。
    お礼コメント
    yt0610

    お礼率 88% (145/165)

    回答ありがとうございます。回答者様のボランティアの定義と雇用の拡大と晩婚減少の相関関係をお聞きしたいです。
    投稿日時 - 2011-02-05 00:06:46
    • ありがとう数0
    • 2011-01-29 12:23:24
    • 回答No.5
    ID10T5 レベル14

    ベストアンサー率 32% (732/2313)

    ♂既婚。 ・結婚したかったか(以下略) ボクは社会に出るまで一人暮らしというものをしたことがなかったので、社会人になって一人で住み始めて孤独を感じるようになり、それを埋めるためにすぐにでも結婚したいと思いましたね。 彼女がいても、結局最後は一人になるので、ずっとそばにいてくれる人が欲しいと思ってました。 ・晩婚になる理由(以下略) いろいろな原因が複合しているのでしょう。出会いがない。昔は世話好きな人が ...続きを読む
    ♂既婚。
    ・結婚したかったか(以下略)
    ボクは社会に出るまで一人暮らしというものをしたことがなかったので、社会人になって一人で住み始めて孤独を感じるようになり、それを埋めるためにすぐにでも結婚したいと思いましたね。
    彼女がいても、結局最後は一人になるので、ずっとそばにいてくれる人が欲しいと思ってました。

    ・晩婚になる理由(以下略)
    いろいろな原因が複合しているのでしょう。出会いがない。昔は世話好きな人が紹介してくれてたのが人間関係が希薄になってそういうことが少なくなった。女性が自己のキャリアを追求するようになった。経済的に余裕がない…等々。
    でも今となっては未来に希望を持てないの一言で片づけられてしまうかも。

    ・昨今の少子化(以下略)
    少子化が進むと社会の活力が確実に失われます。国家としては国力が落ちます。もちろん個人レベルでも生活が困窮します。

    ・未婚化、晩婚化の解決
    結婚しやすい環境を整えれば晩婚化・少子化が解決すると思っている人がいるかもしれませんが、ボクはその可能性は相当低いと思っています。自由社会で個人の権利を尊重すると必然的に晩婚化し少子化するのです。先進国はほとんどが少子化の問題を抱えています。結婚も出産・子育ても個人の自由を制限することですから。

    要は社会全体として子供が減らないようにするしかないです。そのためには移民を受けいれることしかないとボクはもう思っています。日本人が子供を産まないのなら、子供を産んでくれる人たちを外国から受け入れるということです。アメリカ・イギリス・フランスはそうやって国力の低下を食い止めています。

    もちろんその結果、社会はそれなりに変化せざるを得ないでしょうけれど、ボクは却って日本文化の良さのようなものが再認識され、団結心が芽生えることで、現在の自虐的な国家観が修正されるのではないかと期待しています。これまでは日本民族=日本国民でしたが、これからはそうではなくなります。国家の元に団結する以外に日本国民が結束する手段がなくなりますから。
    お礼コメント
    yt0610

    お礼率 88% (145/165)

    回答ありがとうございます。将来への不安があるからで片付けられるのかもしれません。個人の自由も少子化による国力低下、経済の停滞によって制限されるのですがね。国民はその国に属す限り個人の自由も大事ですが、ある一定の国への貢献も必要なんじゃないかと思うのですが、歪んだ考えなのですかね。これからの日本は個人の自由なんていう余裕がなくなるかもしれないのに。また移民に関して、東アジアでは少子化は非常に顕著です。世界的に見てもそう遠くない将来出生率2.1を下回るときがくるでしょう。経済力が低下した日本がはたして移民してくれる方々にとって本当に魅力的なのかどうか。移民争奪時代に突入すると思うんですけど。これは私の意見ですが…やっぱり最終的には出生率を回復させるのが大事だと思います。
    投稿日時 - 2011-02-05 00:57:19
    • ありがとう数0
    • 2011-01-29 12:51:44
    • 回答No.6
    noname#127719

    彼女いない歴=年齢40歳になろうとしているハゲで背が低くブサイクな一生涯独身がほぼ確定している中年男性です。 晩婚化未婚化が進むのはやはり女性が男性に対して激高な理想を持つからでしょうね。 容姿外見と経済力の二つが揃っていなければ付き合ってくれませんよ今の女性達は。 ですから現代は結婚出来ないモテない不細工系男性が巷に溢れかえっていますよね! 結局は男性は見た目とお金です! ...続きを読む
    彼女いない歴=年齢40歳になろうとしているハゲで背が低くブサイクな一生涯独身がほぼ確定している中年男性です。


    晩婚化未婚化が進むのはやはり女性が男性に対して激高な理想を持つからでしょうね。


    容姿外見と経済力の二つが揃っていなければ付き合ってくれませんよ今の女性達は。


    ですから現代は結婚出来ないモテない不細工系男性が巷に溢れかえっていますよね!
    結局は男性は見た目とお金です!
    お礼コメント
    yt0610

    お礼率 88% (145/165)

    回答ありがとうございます。そんなに自虐的にならないでください。見た目とお金が大事なのは分かりますが…。
    投稿日時 - 2011-02-05 00:58:58
    • ありがとう数0
    • 2011-01-29 13:00:32
    • 回答No.7
    sayo-souyo レベル12

    ベストアンサー率 32% (158/494)

    未婚女性です ・結婚したいかどうか? 20代の頃はしたいと思っていました。でも、仕事をするようになって、そのキャリアの為に理解してくれる人となら結婚したい、若しくはそのキャリアと引き換えに(仕事を辞めて)この人の妻となって家庭を守りたいと思えるひとと出会えたら結婚したい・・・に変わりました。 今のところ、理解してくれそうな人や、キャリアを犠牲にできるに値する方は「既婚」の方ばかりです^^;(よって私は未 ...続きを読む
    未婚女性です

    ・結婚したいかどうか?
    20代の頃はしたいと思っていました。でも、仕事をするようになって、そのキャリアの為に理解してくれる人となら結婚したい、若しくはそのキャリアと引き換えに(仕事を辞めて)この人の妻となって家庭を守りたいと思えるひとと出会えたら結婚したい・・・に変わりました。
    今のところ、理解してくれそうな人や、キャリアを犠牲にできるに値する方は「既婚」の方ばかりです^^;(よって私は未婚)

    ・現実
    前述の回答と重複しますが、「この男性と一緒に生活したい」と思う男性が少なすぎます。そこに女性が集中してしまうのでかなりの競争率となってしまいます。
    ちょっと過激な発言かもしれませんが、男性の「価値」ってほぼ「仕事」(地位や収入)で決まる、と言っても過言ではないと思うのですが、やはり地位や高収入を得られる人はごく一部なので、そういう男性と結婚したいと思う女性が多い限り結婚「できる」人は少ないかもしれません。
    だったら自分で稼いだ方がいいと思う女性もいると思います。

    フォローではないですが、一方で「人間的な魅力」のある男性もいます。
    「出世もしないし安月給なの。でも幸せ。」と思わせてくれる男性も人気はあります。釣りばかの「浜ちゃん」みたいな人と言えばわかりやすいでしょうか?こういう人、職場に必要だったりして意外と上司や同僚からも愛されてます。ただこちらも少ない。希少な人材です。

    ・子供について
    欲しいです。ただ、「優秀な男性の子供」が産みたいです。質問者さんより長く生きてますので、「DNA」の影響力の強さはこれまでの経験でわかっているつもりです。
    例外も勿論ありますが、やはり優秀な男性の子は優秀である確立が高いです。

    ・未婚化・晩婚化の解決
    子育て費用の「免除」でしょうね。
    子供手当てなんて馬鹿馬鹿しい。
    託児所など働く女性が安心して子供を預けられる施設を増やすことと、その施設の利用料(負担)を国が援助すること。年収に合わせて負担額が決められればいいと思います。
    世の中の女性の多くは、高い託児所料、ベビーシッター料金の為に働いている人もいるはずです。

    それから、住宅地の近くへの企業誘致。日本は一極集中化していて通勤に時間がかかりすぎます。
    子育て費用の負担を減らし、時間的にも余裕ができることで人々の心にもゆとりができ、結婚への思いも生まれるのではないでしょうか?

    私は結婚して家庭を持つことの大切さはわかっているつもりです。
    ただ、昨今、家庭内暴力、児童虐待が耐えないのが現実。みんな何かをかかえているんですよね。

    そろそろ振り返って人としての基本を見つめなおしてもいいのではないか?と思います。
    お礼コメント
    yt0610

    お礼率 88% (145/165)

    回答ありがとうございます。前半部分の男性の価値は仕事で決まるというのは非常にプレッシャーがかかりますね。女性も幸せになりたいというのは当然思うわけですから、経済的、人間的に魅力のある男性に集まり、競争率が高くなるというのは分かります。また優秀な子供になってほしいという思いも当然あるでしょう。まあ私の場合は元気に生きていてくれるならそれでいいというスタンスですが…
    子育ては経済的負担、精神的負担の軽減が不可欠であると私も思います。住宅地の近くの企業誘致には賛成です。また、安くて広い住居を若者が購入できたらさらにいいと思います。人が幸せと感じるのはどのような時なんでしょうかね。ちなみに私は心身の健康があれば何でもできると思ってますから、心身の健康=幸せですね。心の幸せは主観的なものでいいと思います。
    投稿日時 - 2011-02-05 01:13:17
    • ありがとう数0
    • 2011-01-29 15:36:06
    • 回答No.8
    aho0xff レベル13

    ベストアンサー率 13% (218/1772)

    男性です。 ・結婚したいか? 正直どうでもよくなってきた。ってのが本音ですね。 メリットデメリットじゃなく本当にどうでもいい。 女性に選ばれるタイプの男でもないしね。 ・結婚していない理由。 単にモテナイ類の男だからですよ。好きだという気持ちが伝わることも無かったし、 好きだという気持ちを伝えられたことも無い。それだけです。 ・晩婚化の解決策 さあ?他の女性が言うとおり、男性にお金があって、容姿的に ...続きを読む
    男性です。

    ・結婚したいか?
    正直どうでもよくなってきた。ってのが本音ですね。
    メリットデメリットじゃなく本当にどうでもいい。
    女性に選ばれるタイプの男でもないしね。

    ・結婚していない理由。
    単にモテナイ類の男だからですよ。好きだという気持ちが伝わることも無かったし、
    好きだという気持ちを伝えられたことも無い。それだけです。

    ・晩婚化の解決策
    さあ?他の女性が言うとおり、男性にお金があって、容姿的にも普通で、人間的に魅力もあって・・て
    少なくても私はそんなんじゃないし、それらを兼ね備えるくらいなら、他の事考えた方が
    有意義ですから。まあ女性は大変ね。がんばってね。としか。

    私は私の人生を生きていきます。
    お礼コメント
    yt0610

    お礼率 88% (145/165)

    回答ありがとうございます。回答者様のような気持ちの方も少なからずいると思います。ご自分の人生を大切になさってください。
    投稿日時 - 2011-02-05 01:14:57
    • ありがとう数0
    • 2011-01-29 23:44:37
    • 回答No.9
    noname#138477

    ・結婚したいですか   可能なら、結婚したいです。結婚できるのであれば、配偶者との間に、できれば複数人の子供を持ちたい気持ちもありますので、早い方が良いと思っています。   もっとも、私は典型的なモテない男性です(婚活をして、よりはっきりしました)。最近は、諦めるべく努力しています。 ・昨今の少子化についてどういう問題意識を持っておられますか   上にも書きましたとおり、私は結婚の上、配偶者との間に複数 ...続きを読む
    ・結婚したいですか
      可能なら、結婚したいです。結婚できるのであれば、配偶者との間に、できれば複数人の子供を持ちたい気持ちもありますので、早い方が良いと思っています。
      もっとも、私は典型的なモテない男性です(婚活をして、よりはっきりしました)。最近は、諦めるべく努力しています。

    ・昨今の少子化についてどういう問題意識を持っておられますか
      上にも書きましたとおり、私は結婚の上、配偶者との間に複数人の子供を持つことを望んでいました。以前は、子供5人位の家庭を夢見たことさえあります。少なくとも、私自身が何かを言われる筋合いはありません。  

    ・最後に未婚化、晩婚化を解決するにはどうしたらいいと思いますか
      どうしても解決させたいのであれば、未婚・晩婚が不利であると女性に実感させる何かが必要だと、個人的には思います。結婚すれば有利という程度では不足です。
      なお、保育所増設・子供手当といった最近の少子化対策は、無駄とまでは言いませんが、効果はあまりないと思います(率直なところ、民主党政権より前の児童手当+税金の控除+本当に苦しい人相手の施策で、国としての援助は、十分だったと思います)。本当に生活が苦しいなら、現状でも生活保護を受けられるはずです。

     
    お礼コメント
    yt0610

    お礼率 88% (145/165)

    回答ありがとうございます。婚活をなさったのですね。若造の私がとやかく言うべきことはそうありませんのでご安心ください。子供が欲しいというお気持ちがあったのに残念に思います。女性の精神的部分が大事なのではという考えは私と一緒です。ですが女性の人権の侵害になるといけないので過激なことはできません。でも、未婚・晩婚が不利、独身税を課すというのも過激ではありますが、そうでもしない限り変わらないのかもしれませんね。
    投稿日時 - 2011-02-05 01:19:40
    • ありがとう数0
    • 回答数9
    • 気になる数0
    • ありがとう数1
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 専門家・企業を含めた、
      多くの人々が答えてくれます
    辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    うつ病による不安の正しい対処法をチェック

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ