-PR-
締切り
済み

からし って 何からつくるの?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.51379
  • 閲覧数546
  • ありがとう数19
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 0% (0/5)

 はじめまして、 からし の原料ってなんですか? 気になって 夜も寝れません おしえて~~~
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

カラシナというアブラナ科の植物の種子から作ります。 現在、カラシの原料にするのは主にセイヨウカラシナらしいです。 アブラナ(菜の花)にとてもよく似た植物です。 カラシナは葉っぱも食用になりますね。おひたしにしたりして。 葉っぱもちょっとピリッと辛いんですよ。 http://www.ryomonet.co.jp/mo/mo/karasina.html http://www.okinawa-r ...続きを読む
カラシナというアブラナ科の植物の種子から作ります。
現在、カラシの原料にするのは主にセイヨウカラシナらしいです。
アブラナ(菜の花)にとてもよく似た植物です。
カラシナは葉っぱも食用になりますね。おひたしにしたりして。
葉っぱもちょっとピリッと辛いんですよ。

http://www.ryomonet.co.jp/mo/mo/karasina.html
http://www.okinawa-ric.or.jp/virtualtown/hansoku/yasai/yasai/karasina.htm

「カラシの木」というやはり香辛料の原料にする灌木もあるようですが、これは全然別種らしい。


  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

植物としては、すでに回答のある通りですが、品種的にはホワイト種・オリエンタル種・ブラック種の3系統に大別されます。それぞれ、ホットドック用・おでん用・肉料理用と思っていただければ、ほぼ間違いはありません。 カラシナの種子をそのまま食べても、辛さはほとんど感じません。 からしにするためには、 種子の皮を剥き、脂肪分を除き、粉末にし、乾燥する方法;粉末からし 粉末カラシに酢や油を加えて練り上げる方法; ...続きを読む
植物としては、すでに回答のある通りですが、品種的にはホワイト種・オリエンタル種・ブラック種の3系統に大別されます。それぞれ、ホットドック用・おでん用・肉料理用と思っていただければ、ほぼ間違いはありません。
カラシナの種子をそのまま食べても、辛さはほとんど感じません。
からしにするためには、
種子の皮を剥き、脂肪分を除き、粉末にし、乾燥する方法;粉末からし
粉末カラシに酢や油を加えて練り上げる方法;練りからし
があります。
いずれの場合も、辛さを出すためには酵素のミロシンやミロシナーゼが活性化するための水分の存在が必要となってきます。それによってシニグリンやシナルビンといった辛み成分ができるのです。
以上kawakawaでした
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

アブラナ科に属し5月に黄色い花を咲かせる、「からし菜」の種子が原料として使われています。 ただ質問には辛子としかないのですが辛子にも種類があり大きく分けると和辛子と、洋辛子があります。 チューブ製品のものについてS&Bのホームページに詳しく載っています。(参考URL) ...続きを読む
アブラナ科に属し5月に黄色い花を咲かせる、「からし菜」の種子が原料として使われています。

ただ質問には辛子としかないのですが辛子にも種類があり大きく分けると和辛子と、洋辛子があります。

チューブ製品のものについてS&Bのホームページに詳しく載っています。(参考URL)
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 30% (25/83)

sesameさん完璧ですね。わたしの書けることなーんにも残ってません。
sesameさん完璧ですね。わたしの書けることなーんにも残ってません。
  • 回答No.5
レベル5

ベストアンサー率 50% (2/4)

からしは、他の方の説明にもあったとおりカラシナ類の種子を圧搾脱脂、乾燥、粉砕して粉末とした香辛料です。 微温湯で溶いて用いられます。 からしって普通は和がらしを指すそうです。 和がらしは・・・ 原料はアブラナ科の2年草カラシナ 辛味成分はイソチオシアン酸アリルです。 種子はあく抜きして使用します。 とんかつ、おでんの薬味に・・ 洋がらしは2種類にわけられます。 黒がらしは ...続きを読む
からしは、他の方の説明にもあったとおりカラシナ類の種子を圧搾脱脂、乾燥、粉砕して粉末とした香辛料です。
微温湯で溶いて用いられます。

からしって普通は和がらしを指すそうです。

和がらしは・・・
原料はアブラナ科の2年草カラシナ
辛味成分はイソチオシアン酸アリルです。
種子はあく抜きして使用します。
とんかつ、おでんの薬味に・・

洋がらしは2種類にわけられます。

黒がらしは・・・
原材料。辛味成分とも和がらしと一緒です。
和がらしとちがいあく抜きせずに使用します。
ホットドック、サンドイッチに・・

白がらしは・・・
原料はアブラナ科の1年草シロカラシナ
辛味成分はイソチオシアン酸オキシベンジルです。
和がらし黒がらしより辛味、刺激性は温和です。
ドレッシングに・・

現在、市販されているからし粉はそれぞれブレンドしたものが多いそうです。

からしの辛味は酵素作用のよって生じる為、からし粉を練る際は40℃前後の温湯でよく練り、しばらくおくと辛味が強くなるそうです。

チューブ類のからしは、すでに練ってあるものですね。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ