総ありがとう数 累計4,331万(2014年12月22日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
gdenki1

電器屋見習いですが、エアコンのフレア加工について。私がフレア加工をしたらよくガスが漏れることがあります。なぜですか?フレア面は綺麗に仕上っているし、トルクレンチで締め付けているし・・。原因がまったくわかりません。工具はREXの電動フレアです。2年ぐらい使用しています。道具の故障?人に聞いたら「漏るわけない」「漏ったことない」という返事ばかりです。いったい何が悪いのですか?すごく丁寧にフレア加工しているのになさけないです。あと加工のとき面をとりすぎたりしたら漏るのですか?オイルを塗らないからですか?プロの方アドバイスお願いします。
  • 回答数2
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全2件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2009-07-09 00:52:30
  • 回答No.1
私は30年エアコンのフレア加工をやっています。
電動フレア工具なんて上等なものではなく、昔からの手動工具ですが
ガス漏れを起こしたことはありません。
フレア加工は、何ミクロンとかいった精密なものではなく多少の取りしろが
多くても少なくても締め付けると相手は軟銅ですからぴったりと圧着されて
普通では漏れるはずが無いと思うのですが。
REXの電動フレア工具で4年前の同様の問題が提議されていますが
まさか不良工具ということはないのでしょうか?

■題名 : 連続、ガス漏れ
 ■名前 : 冷媒屋
 ■日付 : 05/9/12(月) 23:28
 -------------------------------------------------------------------------
はじめまして。先日、新築のアパートへ松○電○製のエアコンを取り付けたのですが(18台)冷えないと言う事で現地へ・・ガス漏れでした(現地へ到着するとすでに元請けとメーカーサイドの話で製品を新品に交換する事になっていた、しかも取り替え工事代金は支払うと言う)こちらもあまり深く考えずに作業終了。しかし二日後、他の1部屋もガス漏れ発生!さすがにびびる・・到着後フレアをガス漏れスプレーで確認したところ漏れ確認(フレアを確認したのですがバリもキズもなく綺麗な状態でした、ナット割れもありません、ちなみにフレア施工は5月に購入したREXの電動フレアツール新冷媒用を使用、自分でもなぜだかわからない状態でした・・)でもたしか施工時に1台ずつガス漏れスプレーでチェックしたはずなんですが・・ナットの形状が悪いことってはないんでしょうか?その日はフレアを切り直して接続・ガス入れてOK。本日またTELが入り違う部屋でまたガス漏れ、明日 メーカー立ち会いの元、全室調査になりました。営業マンがこのメーカーの製品は最近中国で製造されているらしく最近クレームが多いんですよ(ガス漏れとは言ってないが・・)と言っていた。皆さんの意見うかがいたいです・・よろしくお願いします。

因みにこの質問に対する明快な回答はありませんでした。
回答にはならないかもしれませんが
一度その工具で他のベテランの方に加工をしてもらってみてください。
補足コメント
やはり工具の不良でしょうか?REXに問い合わせたんですが、2年ぐらいでは壊れないと・・・。それが、ガス漏れしないときもあるんですよ。いったいどういうことなんでしょう?修理にだすと2週間かかると言われこの時期には修理に出せない状態です。毎回ガス漏れしないのでなんとなく修理に出しても以上なしでもどってきそうなんですが・。
投稿日時 - 2009-07-09 12:04:12
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全1件)

  • 2009-07-14 19:50:32
  • 回答No.2
加工が悪いのでなく接続の仕方が悪いのかも知れません。
ナットに任せてただ接続すると、フレア面が潰れたり均一に密着しない場合が稀にあります。
私はまずフレア面を密着させてから、ナットを入れるようにしています。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数2
  • 気になる数0
  • ありがとう数4
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


年賀状のマナーや作り方を学べるQ&A特集!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ