-PR-
解決
済み

論語の言葉なのですが・・・

  • 暇なときにでも
  • 質問No.40203
  • 閲覧数247
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

孔子の言葉に「祭るに在すが如くす」と云うものがあるのですが・・・
これは一体どのように取るべき言葉なのでしょうか?
森鴎外の「かのように」と云う話の中に出てきたのですが、
この言葉を言葉の意味のまま取っていいものかどうか迷っています。
「文学」の所に出すべき質問なのかもしれませんが、若し宜しかったら
お教え願います。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 57% (1002/1731)

諸橋轍次著「中国古典名言事典」では,

「祭ること在すが如くす」という古語がある。その意味は,神を祭る時,あたかも,そこに神がおわしますような気持ちで祭ることである。単なる形式に終わってはならない。何事にも誠をつくしてあたれ,と説くのである。

と説明されています。「祭る」の解釈が岩波文庫版とは分かれていますが,要は「形だけではなく心を込めることが大事だ」という意味でしょうね。
ちなみに,孔子の言葉ではなく,論語の編者の言葉(つまり「子曰く」が頭についていない)だそうです。

ところで,質問者が求めていらっしゃるのは,こういう字面の説明ではなく,鴎外の作品の中において論語の編者の言葉をどう解釈するかということでしょうか?
だとすると,「かのように」は読んだことがありませんので,他の方が回答されるのを待ちたいと思います。
お礼コメント
e6_6e

お礼率 100% (2/2)

ありがとうございました。
大変参考になりました。
孔子の言葉ではないと云うのも初めて知りました。
もう一度、この解釈も踏まえて自分で考えてみたいと想います。
投稿日時 - 2001-02-14 10:26:37
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 43% (62/141)

祭如在、祭神如神在 (祭ること在(いま)すが如くし、神を祭ること神が在すが如くす。) 御先祖のお祭りには御先祖がおられるようにし、神々のお祭りには神々がおられるようにする。 とりあえず岩波文庫の論語にはこうありました。 ...続きを読む
祭如在、祭神如神在
(祭ること在(いま)すが如くし、神を祭ること神が在すが如くす。)
御先祖のお祭りには御先祖がおられるようにし、神々のお祭りには神々がおられるようにする。

とりあえず岩波文庫の論語にはこうありました。
お礼コメント
e6_6e

お礼率 100% (2/2)

ありがとうございます。
この解釈を踏まえてもう一度考えてみたいと想います。
投稿日時 - 2001-02-14 10:27:38


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ