-PR-
mochi625

様々な乾物がありますよね。
乾燥わかめ、ひじき、高野豆腐、切り干し大根、焼き麩、干ししいたけ、出し昆布、などなど
この中でそのまま(例えば砕いてふりかけなどにする等)食べてもいいものってどれですか?
焼き麩、出し昆布は大丈夫ですよね?
かつおぶしや焼き海苔、煮干、干しえびはそのままでも食べられますが上記のものは一般的に水に戻して加熱して食べると思います。
そのままでも食べられる物ってどれでしょうか?
  • 回答数6
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全6件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2006-10-05 22:46:09
    • 回答No.1
    どれも食べられますよ。

    文章からは味の事はさておき口に入れられるか否かを聞いているのだと思ってますが、これらはすべて生でも食べられるものばかりです。その生で食べられるものを乾燥しているだけなので食べれるか、食べられないかでいうと間違いなく食べられるという事になりますよね。
    お礼コメント
    ご回答ありがとうございます。
    味はともかく食べられるのですね!
    投稿日時 - 2006-10-05 23:45:08
    • ありがとう数1
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全5件)

    • 2006-10-07 13:41:17
    • 回答No.6
    干しわかめや干しひじきは採取後に熱湯で短時間茹でてから乾燥させたものです。 生わかめ、生ひじきとして売られているものも、乾燥させていないという意味であって、茹でてあることは同じです。 (韓国産の乾燥ひじきを水で戻して国内産生ひじきとして売っていた業者が、原産地の偽装で摘発されたことがあります) あくの強い野菜や繊維質の多いものでなければ、乾燥したままでも食べられるとは思いますが、美味しくないとか ...続きを読む
    干しわかめや干しひじきは採取後に熱湯で短時間茹でてから乾燥させたものです。
    生わかめ、生ひじきとして売られているものも、乾燥させていないという意味であって、茹でてあることは同じです。
    (韓国産の乾燥ひじきを水で戻して国内産生ひじきとして売っていた業者が、原産地の偽装で摘発されたことがあります)

    あくの強い野菜や繊維質の多いものでなければ、乾燥したままでも食べられるとは思いますが、美味しくないとか消化しにくいことは考えられます。ミキサーやすり鉢で粉砕すれば消化しやすいとは限りません(消化作用はもっとミクロなレベルの話なので)。

    どんな食べ方をしようと好き好きですが、それぞれの食材に合った食べ方をするのが、心身ともに一番健康に良いといえます。
    補足コメント
    ミルサーが届いたので、ふりかけを作ってみました。
    材料は
    わかめ、干ししいたけ、昆布、煮干、かつおぶし、ひじき、桜えび
    です。
    乾燥したまま粉末にしましたがとってもおいしくできました。
    投稿日時 - 2006-10-15 01:23:01
    お礼コメント
    わかめやひじきは茹でてあるんですね。
    ひじきのパッケージの裏に水で戻して汚れを落とすみたいなことが書いてあった気がするので、水で戻したほうがおいしいのかもしれませんね。
    ふりかけにするにはそのまま粉末にしたほうが楽ですね。
    近々ミルミキサー購入予定なので一度作ってみて味見してみます。
    ご回答ありがとうございます。
    投稿日時 - 2006-10-10 23:17:23
    • ありがとう数0
    • 2006-10-06 06:17:19
    • 回答No.3
    3つに分類できるのだなと思いました。 もともと生で食べられるもの。  わかめ、こんぶ、だいこん、しいたけ 煮てあるもの。  ひじき、煮干 加工してあるもの。 高野豆腐、麩 なのでぜんぶそのままでも食べられます。 でもおいしい訳じゃないですよね。 >一般的に水に戻して加熱して食べると思います。 水に戻すだけで加熱しない食べ方もあります。 例えばひじきはワカメと同様水で戻してサラダなどに混 ...続きを読む
    3つに分類できるのだなと思いました。
    もともと生で食べられるもの。  わかめ、こんぶ、だいこん、しいたけ
    煮てあるもの。  ひじき、煮干
    加工してあるもの。 高野豆腐、麩
    なのでぜんぶそのままでも食べられます。
    でもおいしい訳じゃないですよね。

    >一般的に水に戻して加熱して食べると思います。
    水に戻すだけで加熱しない食べ方もあります。
    例えばひじきはワカメと同様水で戻してサラダなどに混ぜたり御飯に混ぜたり。切干だいこんは水に戻してからポン酢のようなものであえたり。
    お礼コメント
    ご回答ありがとうございます。
    ひじきは加熱しないでサラダにできるんですね!
    高野豆腐もそのままでもおいしいのですね。
    とても参考になりました。
    投稿日時 - 2006-10-06 10:19:19
    • ありがとう数0
    • 2006-10-06 22:30:14
    • 回答No.5
    高野豆腐を、サイコロ状に切って、チョコレートでコーティングすると、 結構、腹持ちのいいおやつになります。 ...続きを読む
    高野豆腐を、サイコロ状に切って、チョコレートでコーティングすると、

    結構、腹持ちのいいおやつになります。
    お礼コメント
    そうなんですかー!!
    高野豆腐がおやつですか。
    ちょっと勇気がいりますけど試してみます。
    ご回答ありがとうございます。
    投稿日時 - 2006-10-10 23:12:29
    • ありがとう数0
    • 2006-10-05 22:50:10
    • 回答No.2
    あげられているものは、すべて問題なく食べられます。 ただし、乾物は胃の中で水分を吸い込んで膨らみます。 以前乾燥わかめを大量に食べて後になって膨らんでたいへんなことになったという話を聞いたことがありますので、量は食べないほうがいいと思いますが。 ...続きを読む
    あげられているものは、すべて問題なく食べられます。

    ただし、乾物は胃の中で水分を吸い込んで膨らみます。
    以前乾燥わかめを大量に食べて後になって膨らんでたいへんなことになったという話を聞いたことがありますので、量は食べないほうがいいと思いますが。
    お礼コメント
    ご回答ありがとうございます。
    私もワカメサラダを大量に食べて夜中に苦しくなったことがあります。
    ワカメは気をつけます。
    投稿日時 - 2006-10-06 10:20:34
    • ありがとう数0
    • 2006-10-06 08:17:09
    • 回答No.4
    他の方が書いていますが、 戻さないで食べることはできます。 海産物の乾物はふりかけに非常に合います。 ワカメ、ひじき、昆布、煮干、かつお節、アオサ等。 (ミルで細かくして、他の物と混ぜて使う) 椎茸もミルで粉末にして、ふりかけに混ぜると美味しいです。 味がついていない焼き麩は少量を細かくしてアクセント(歯ごたえ)にはいいかもしれませんが、主体にしても美味しくはないと思います。 海藻類は水 ...続きを読む
    他の方が書いていますが、
    戻さないで食べることはできます。

    海産物の乾物はふりかけに非常に合います。
    ワカメ、ひじき、昆布、煮干、かつお節、アオサ等。
    (ミルで細かくして、他の物と混ぜて使う)
    椎茸もミルで粉末にして、ふりかけに混ぜると美味しいです。
    味がついていない焼き麩は少量を細かくしてアクセント(歯ごたえ)にはいいかもしれませんが、主体にしても美味しくはないと思います。
    海藻類は水で戻して、流水で洗い乾物臭さをとれば、サラダの材料としても使えます。
    切干大根は乾燥したままだと噛み切れ無いです(経験済み)するめのように長い間噛んでも、乾物臭と一寸大根と云う味があるだけでした。
    お礼コメント
    詳しい説明&体験談まで教えていただいてありがとうございます。
    海藻類は水で戻さないと生臭い(海臭い?)のかと思っていました。
    ふりかけなどにしても合うんですね!
    そのまま戻さないでミルで細かくするだけだと楽ですね。
    切り干し大根はダメですか!
    戻して調理します。
    投稿日時 - 2006-10-06 10:17:53
    • ありがとう数0
    • 回答数6
    • 気になる数0
    • ありがとう数8
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ