OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

妖怪人間ベ厶は結局人間になれたの?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.206288
  • 閲覧数222
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

昔、アニメであった「妖怪人間ベ厶」の登場人物のベ厶,ベラ,ベロは

 (1)「1つの細胞が分かれて増えていき、3つの生き物が生まれた」というのだから3人の年齢はおなじはず。どうしてベロだけ子供なの?
 (2) 食べ物や着る物はどうやって手に入れているの?
 (3) 悪い妖怪をやっつけていると、どうして「いつか人間になれる」と考えたの?
 (4) ベ厶は変身してもステッキを武器に使うけど、ベラは変身すると鞭を使わなくなるのはなぜ?
 (5) 結局3人は人間になれたの? なれなかったの?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

番組では説明していませんが、以下のような設定があります。

科学の発展は人間の不完全さの超克には寄与することはなく、世界には凶悪な犯罪や戦争、貧困など悲惨が溢れていた。

そんな状況に絶望した生命科学者、Dr.マンストールは科学の力で強靱な肉体と自己犠牲、正義の心を持った超生命を作ろうとした。

だが、その試みは博士の急死によって幕を閉じる。
しかし、研究室に残された実験体の細胞は博士の死後も分裂を続け、暴走進化の果てに3匹の妖怪人間となった。

自らの精神に刷り込まれた意志「正義を成すこと」。
その理由を彼らは知らない。
だが、彼らは正義を成すことが姿が違うだけで自分たちを迫害する人間たちに受け入れられる方法であると信じて悪と戦い続けるのである。

そして、彼らの敵となるのが人として生まれながら、醜い欲や憎悪により怪物となった者たちなのである。


(1)分裂開始は同じなので年齢は同じです。
大きさの違いは「個性」であり、身を寄せ合いながら生きる他の二人が小さい(=弱い)ベロを守るという関係なのでしょう。

(2)人間の姿は彼らの擬態能力です。服もそうです。
人間社会の偏見は3本指の彼らを受け入れません。食べ物はホームレス生活をしています。

(3)上で説明したとおりです。

(4)たぶん尻尾になっているのでしょう。

(5)「亡者の洞窟」に住む妖怪姉妹が人間になる方法=人間の魂を食う事と説明します。
しかしそれは彼らの正義の許すことではありませんでした。
彼らは「自分たちが妖怪人間だからこそ人間には戦えない敵から人間を守ることができるのだ」と決意して、炎の中に消えます。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 38% (212/555)

http://www.waw.ne.jp/bemu/ ここを見れば全てはっきりするはずです。。。
http://www.waw.ne.jp/bemu/

ここを見れば全てはっきりするはずです。。。
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 30% (241/783)

私が知っている最終回は、建物に3人が追いこめられ建物を取り囲んだ人たちが火をつけます。(なぜか)「逃げられない」となって3人に火が迫ります。火が消えた後建物の中には3人の姿はなく、ベムの帽子とベロの靴、ベラの鞭?が残っているだけでした。最後にナレーションで「彼らはどこに行ったのでしょう。あなたの近くで不思議なことが起こったらそれは彼らかも知れません。」と言うようなことを言っていたと思います。ですので人間に ...続きを読む
私が知っている最終回は、建物に3人が追いこめられ建物を取り囲んだ人たちが火をつけます。(なぜか)「逃げられない」となって3人に火が迫ります。火が消えた後建物の中には3人の姿はなく、ベムの帽子とベロの靴、ベラの鞭?が残っているだけでした。最後にナレーションで「彼らはどこに行ったのでしょう。あなたの近くで不思議なことが起こったらそれは彼らかも知れません。」と言うようなことを言っていたと思います。ですので人間にはなっていません。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ