OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

住宅取得の還付金

  • すぐに回答を!
  • 質問No.180925
  • 閲覧数232
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 94% (560/590)

恐れ入ります、平成9年に銀行ローンで住宅を買いました。
そして、毎年住宅取得の還付金を年末調整のときに
いただいてたんですが、今年3月に会社を退職し
現在は無職です。

この場合この還付金はもらえないんでしょうか?
また、もらえるとしたらいつで、用紙は手元にあるんですが
その他に何を用意すればいいんでしょうか。
またいつまでに税務署に行けばよいのでしょうか。
正直切羽詰っております。

あと、源泉徴収票は会社から送ってもらえるように
封書出したのですが、いつごろでるものなんでしょうか?
これも住宅ローンの還付金にいるものなんでしょうか?

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

この場合、住宅ローン減税は確定申告をすれば、税金が戻ってきます。

確定申告は、通常は2月16日からですが、還付になる場合は1月4日から、税務署で受け付けます。
この時期は税務署も空いていますから、必要書類を持参すれば、書き方を教えてもらえます。
3月に入ると、市役所でも代行して受付を始めますが、混雑して時間がかかります。

必要な書類は、今年の3月までの勤務先の「源泉徴収票」・ローン控除の証明書・印鑑・還付金を振り込んでもらう銀行の口座番号のメモか通帳です。
なお、国民健康保険料や国民年金の掛金を支払った場合は、これも確定申告で控除できますから、今年中に支払った金額をメモして行きましょう。
更に、医療費が沢山かった場合(所得の5%以上)は、医療費控除も出来ますから、領収書を持参しましょう。
医療費控除については、参考URLをご覧ください。

源泉徴収票は、急いでいるからといえばそれほど時間がかからずに発行してもらえます。
遅かったら催促しましょう。
お礼コメント
neterukun

お礼率 94% (560/590)

ありがとうございます。よかった・・もらえるんですね。
ローン控除の証明書というのは家になんか年末調整のときだすような緑の字で
印刷されている用紙のことでしょうか?違う場合はどこでいつごろもらえますか?
ああ、会社辞めるとこんなにややこしくなるなんてというか初めてのことで面食らっているというかそんな感じです。
よろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-12-08 00:46:48
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 あと2回、住宅取得控除の申告が出来ます。勤務している場合は、会社の年末調整で住宅取得控除を申告して還付手続きをしますが、退職している場合は年末調整ができませんので、来年の2月中旬から3月中旬までの確定申告で、住宅取得控除と社会保険料控除、医療費控除などを申告することになります。  申告用紙は税務署や役所の税務課にありますので、事前にもらってきて記入しても良いですし、申告に行ったときにその場で記入し ...続きを読む
 あと2回、住宅取得控除の申告が出来ます。勤務している場合は、会社の年末調整で住宅取得控除を申告して還付手続きをしますが、退職している場合は年末調整ができませんので、来年の2月中旬から3月中旬までの確定申告で、住宅取得控除と社会保険料控除、医療費控除などを申告することになります。

 申告用紙は税務署や役所の税務課にありますので、事前にもらってきて記入しても良いですし、申告に行ったときにその場で記入しても良いでしょう。記入方法がわからない場合は、担当職員が教えてくれます。

 必要な書類は、3月まで勤務していた会社の源泉徴収票(遅くても来年1月中旬には届くと思います)、税務署から送られている住宅取得控除の証明書、その他社会保険料控除となる保険や年金の領収書、医療費控除が該当になるのであればその領収書、印鑑、還付金を振り込むための本人名義の銀行口座番号のメモ、などです。

 申告は、税務署のみならず役所の税務課でも受けつけますので、いずれか便利な場所を選択してください。役所も、税務署と同じ期間、受付けてくれます。
お礼コメント
neterukun

お礼率 94% (560/590)

ありがとうございます。
えと、源泉徴収票なんですが最速ではいつごろでるんでしょうか?
生活苦しいんでなるべく早く行きたいと思っています。
任意継続の健康保険料は必ず領収書がいるんでしょうか?
すてちゃってっるんじゃないかなぁ・・どうしよう・・
投稿日時 - 2001-12-08 00:53:37
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 No2の訂正です。あと2回ではなくて、今年分の控除が最後ですね。失礼いたしました。 ...続きを読む
 No2の訂正です。あと2回ではなくて、今年分の控除が最後ですね。失礼いたしました。
補足コメント
neterukun

お礼率 94% (560/590)

あと2回分であっています。9年から14年までの6年間なんです。
投稿日時 - 2001-12-07 11:07:20
  • 回答No.4

#1の追加です。 >ローン控除の証明書というのは家になんか年末調整のときだすような緑の字で印刷されている用紙のことでしょうか 今まで会社に提出していた、税務署から送られて来るもので、手元に有るものです。 任意継続の健康保険料や国民年金保険料の領収書は必要有りません、金額だけ記入すればよいのです。 証明書が必要なのは、生命保険料・損害保険料・医療費控除の場合の医療費だけです。 ...続きを読む
#1の追加です。

>ローン控除の証明書というのは家になんか年末調整のときだすような緑の字で印刷されている用紙のことでしょうか

今まで会社に提出していた、税務署から送られて来るもので、手元に有るものです。

任意継続の健康保険料や国民年金保険料の領収書は必要有りません、金額だけ記入すればよいのです。

証明書が必要なのは、生命保険料・損害保険料・医療費控除の場合の医療費だけです。

源泉徴収票は、最速では、電話で依頼すればその日に発行することが出来ます。
1月4日に申告するので急いでいるから、と云って依頼しましょう。
お礼コメント
neterukun

お礼率 94% (560/590)

ありがとうございます!すごく不安だったんで
「会社やめたのは失敗だったかなぁ」とか
おもってました。いまは自営に向けて準備しています。
わかりやすく説明してくださったので
なんとかいけそうです。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-09 16:13:56
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 No2の追加です。源泉徴収票は、退職した会社で全職員の分を一括処理するでしょうから、通常ですと1月中旬くらいかと思います。会社の規模によっても、異なりますが。  確定申告を急いでいるのでしたら、会社に催促してみてください。3か月分ですので、電算でなくても手計算でも可能かと思います。健康保険や年金の領収書は、添付する必要はありません。金額を確認して、申告書に記入してください。 ...続きを読む
 No2の追加です。源泉徴収票は、退職した会社で全職員の分を一括処理するでしょうから、通常ですと1月中旬くらいかと思います。会社の規模によっても、異なりますが。

 確定申告を急いでいるのでしたら、会社に催促してみてください。3か月分ですので、電算でなくても手計算でも可能かと思います。健康保険や年金の領収書は、添付する必要はありません。金額を確認して、申告書に記入してください。
補足コメント
neterukun

お礼率 94% (560/590)

この場を借りましてこの質問の締め切りとお礼を申し上げます。
ほんとうににっちもさっちもいかず、
不安でした。でもここに質問して本当に良かったです。
このページは保存して印刷しておきます。
配点なんですが先着順とさせていただきました、
hanboさんにも20ptつけられるならと思います。
本当に親身になって回答していただきありがとうございました。
このことは忘れずにこれからも精進していきます
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-09 16:20:25
お礼コメント
neterukun

お礼率 94% (560/590)

ご回答ありがとうございました。
長く勤めた会社で、さいごはケンカ別れみたいな感じで
退職し、また会社に電話するだけでも嫌だったんですが
これで吹っ切れるとがんばります。
投稿日時 - 2001-12-09 16:19:15
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ