OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

語り継ぎたい正しい言葉・・・

  • 暇なときにでも
  • 質問No.174118
  • 閲覧数464
  • ありがとう数34
  • 気になる数0
  • 回答数30
  • コメント数0

お礼率 99% (565/569)

 カテゴリは「言語」ではなく敢えてここにさせていただきます。
 世の中にはかなり噴飯物の「言葉」が流通しているようで、苦々しく思っていらっしゃる方も少なくないと思います。つい先日も、そこそこに学力も持っている高校3年生と談笑しておりましたら「なにげに」という言葉が本当にあると思い込んでいたことが判明し、ガクゼンと…(゜o゜)。将来の日本語を背負って立つべき若者がこんなガタガタの語彙能力しか持っていないと思うと鳥肌が立ちました(「じゃあお前の日本語感覚は完璧なのか?」と問われると、い、一瞬、ひ、ひるんだりもするのですが…(^_^;))。

 調べてみるとどうやら他にもたくさんありそうです。他に例を挙げれば、「足(ぉぃ)にも棒にもかからない」(耳からだけの情報による誤解)、「物事に対して《しんげき》(ぉぃ)な態度」…。一瞬何を言われたのか分からなかったのですが、数秒後に「真摯な」と理解。「撃」の字に似ているため間違えちゃったんですね(目からだけの情報による誤解)。ここでも度々話題に上る「うる(ぉぃ)覚え」、あるいはその意味を取り違えている「情けは人の為ならず」「気が置けない」等々…。

 皆さんは世間で誤って使われているどのような言葉に「待った!」をかけたいとお思いでしょうか。私自身、勉強する点がたくさんあると存じますので、正しく美しい言葉遣いを次の世代へ継承すべく、皆様方のご意見をお聞かせ戴きとう存じます。あ、因みに私はそれが間違っていると分かって使う分にはそんなに目くじらを立てません(私もわざ~と使うことがあります。(^_^;)遊び心というヤツですか…)。勿論場を弁えずに多用するのはどうかと…。
 これまでのここでの他の質問とも少し重複しているところもあって甚だ恐縮なのですが、正しい(ミニ)日本語辞典が作れたらいいなと思っております。よろしくお願い申し上げます。m(__)m 
通報する
  • 回答数30
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.13
レベル11

ベストアンサー率 62% (147/236)

   
  こんにちは! masatoshi-mさん!

   《 世間で誤って使われているどのような言葉に 「 待った! 」 を
   かけたいとお思いでしょうか 》 と書かれてますが、残念ながら
   私にはそのような国語力はありません。

   私は社会人になって、このサイトに出会うまでは、文章を作成する
   という行為をほとんどしてきませんでした!
   日記すら付けたことがありませんので、文法、語法、漢字など
   もう最悪の状態で、敬語なんか普段使わないので全く自信ナシです!

   そんな私が経験した失敗を書かせてもらいます!
   あの ~ 予め書かせてもらいますが、誤字・脱字・文法などの
   間違いがあると思いますが、そこはご勘弁を!


  《 表現の間違い! 》
   
  『 ・・・・・・・ 』 ← 間違った文を書いてます!

  【 ・・・・・・・ 】 ← 正しい文 ? を書いてるつもりです!

                     
  ◆ 『 あなたの御陰 ( おかげ )で損をした。 』

     【 あなたの所為 ( せい ) で損をした。 】

   * 御陰 ( おかげ ) → o 良い事をした結果。
                    o 良い結果が得られた事に対する感謝のこと。

   * 所為 ( せい )   → 出来事の原因。 ため。 ゆえ。


  
  ◆ 『 取り付く暇も無い。 』

     【 取り付く島も無い。 】

   * 取り付く暇も無い → 忙しくて、相手にしてる時間が無い?

   * 取り付く島も無い → 冷淡に扱われて、途方にくれるたとえ。
      ↑
     ※ 漂流している時などに、取りすがるべき島が周りに全く無い状態!
  

  ◆ 『 ( 接線の試合でチャンスが来た時 ) 下手すると勝てるぞ! 』

     【 ( 接線の試合でチャンスが来た時 ) 上手くいけば勝てるぞ! 】

   * 下手する → o 上手くやらないと。 注意しないと。
               o ひょっとすると。 ことによったら。

   * 上手い  → 上手だ。 巧みだ。


  ◆ 『 ( 不愉快な思いをして ) 憮然とする! 』

     【 ( 不愉快な思いをして ) 腹を立てる? 】

   * 憮然 → o 自分の思惑と違っていて、ガッカリするさま。

            o 驚き、悲しみなどで、ぼんやりするさま。

   * 腹を立てる → 怒る。

  __________________________________


  《 漢字の読み間違い! 》 (  ) 内は正しい読みです!

   ■ 大地震  ( おおじしん )  

   ■ 大舞台  ( おおぶたい )

   ■ 茨城県  ( いばらきけん )

   ■ 10歳   ( じっさい )

   ■ 一世一代 ( いっせいちだい )
   
  __________________________________ 


  私もたいして解けなかった問題を出させてもらいますね!
  遊びで、気楽に解いて下さい!

  昔よく読んでいた雑誌 『 ダカーポ 』 ( マガジンハウス )
  第364号  1997年 1月 1日  84ページ 
  【 日本語と漢字の大問題 】 より


  A ★ 次の漢字に正確にルビを振ることができるでしょうか。

      1. 鼻血  2. 痔  3. 地面  4. 新妻  5. 稲妻


  B ★ テレビでよく耳にする 「 間違った日本語 」 です。
      どこが間違っているでしょうか?

      1. 注目が集まる

      2. 夕立になる

      3. いやが応にも


  C ★ 高島俊夫 著 『 お言葉ですが ・・・ 』 から、マスコミの
      間違い原稿ですが、どの部分が間違っているでしょうか?

      1. 「 阪神高速神戸線はここで寸断されています 」

      2. 「 新幹線は橋桁が落下したため、運転を見合わせています 」

      3. 「 自民党の獲得議席が過半数を超えました 」


           ↓ ■ 答えです! ■ ↓


  A ★ 1. はなぢ 2. じ 3. じめん 4. にいづま 5. いなずま


  B ★ 1. 注目される  2. 夕立が降る

      3. いやが応にもは、2つの言葉が混同しています!
        【 否応無しに 】 と 【 いやが上に 】 です!


  C ★ 1. 寸断ではなくて 【 分断 】 です!

       * 寸断 → ずたずたに切ること。 細かく刻むこと。
       * 分断 → 分けて別々にすること。 分けてきれぎれにすること。

       ※ 例え地震でも粉々になる事は無いだろうと言うことです!
         ( 辞書によっては同意語として扱う事があります。 )

      2. 見合わせるではなくて 【 不通 】 が正解です!

       * 見合わせる → 実行を差し控えることで、やろうと思えば
                    できることが前提です!
       * 不通 → 通じないこと。交通・通信などが途絶えること。

       ※ 橋桁が落下したら、絶対通行は不可能ですから不通です!


      3. 過半数を超えるではなくて 【 半数を超える 】 又は
        【 過半数となる 】 が正解です!

       * 過半数 → 全体の半分より多い数!
       * 半数   → 全体の半分の数!

       ※ 過半数とは既に半数を超えているのですから、過半数を
         超えるでは、意味が重複しておかしいです!

       ※ 重複の文としてよく聞く? 表現に次のような文があります!
         とても混雑して、立錐の余地も無い、すし詰め状態です!


   下記の参考URLは言葉の表現や漢字に関するサイトです!
   宜しければ見てください!


     上段の参考URL

      サイト  : NHKのホームページ

      ホーム : http://www.nhk.or.jp/
.
      ページ : 放送と言葉 Q & Q


     下段の参考URL

      サイト  : 平松皮膚科医院 & 音訳

      ホーム : http://www002.tokai.or.jp/hiramatu/
.
      ページ : 音訳の部屋 [ 特別の言葉の読み方 ]   

   
   masatoshi-mさん!
   
   言葉の間違いなどに関する質問は探せば幾らでもありそうですよね!

   よくこのサイトでも、言葉の乱れについて嘆き、呆れ、怒っている方が
   おられますが、私はある程度は仕方が無いと思っているんです!
   ( あの ~ masatoshi-mさんへの意見や批判ではないですからね。 )

   私自身が正しい日本語を話す事が出来ませんし、書く事も出来ません!
   若い時は言葉の遊びである、隠語や略語を使う心地よさやカッコよさに
   憧れ、楽しむ時期だと思うんです!

   確かに、大人になっても敬語・謙譲語・丁寧語の意味と使い分けの
   出来ない人は、私を含め多くいます!
   でも、完璧な国語力を身につけている人はいないのでは?と思うのです!

   それに、もし、この日本中の全ての人間が正しい日本語を話し、言葉の
   乱れや流行語などの遊び心がナイ社会になったらつまらないでしょうね!

   みんな礼儀正しく、真面目で、親・先生・国の意見にも絶対に逆らわず
   常識、規律、指導なども一切破らず、毎日が安全で平和で争い事や競争が
   なくて、みんな金太郎飴みたいに個性のない人間になったらとしたら、
   どんな社会になるのでしょうか。 みんな幸せになれるのかな。
   
   masatoshi-mさん! すいません!
   なんか一人で偉そうに書いてしまって。
   masatoshi-mさんは、遊び心のある方ですからね!

   言葉の乱れにも限度がありますよね!
   その限度が人それぞれ違いますから、なかなか上手くはいきませんね!
   でも、乱れた言葉や流行語などは自然に淘汰され、いつまでも残り、
   語られる言葉は本当に少ないですし、その残った言葉は時代と共に
   常識となって、正しい日本語になっていくのではないでしょうか?

   今の時代、平安時代の言葉を、正しい日本語、美しい日本語として
   使っている人はいませんよね!
   仏教の言葉や中国などから伝わった言葉も変化し、日本人に合う言葉
   として、本来の意味をなくしてしまった言葉も多いと思います!
   よく言われる表現ですが、言葉は生きていますから!
   生き物は、やはり進化をするんじゃないでしょうか?

   私が後世に語り継ぎたい言葉は、
   先祖から親に、そして私から子・孫へと伝えていく言葉です!
   それは方言であったり、家族や恋人・友達との思い出が蘇る言葉です!
   今日まで生き抜いてきた、自分の人生の中から得た言葉です!
   たぶん、正しくない日本語、乱れた言葉だと思います!

   今日は日曜日で、仕事の合間にチョコチョコと書かせてもらいましたら
   こんな長文になってしまいました!
   この文は批判や意見するものではなくて、私の独り言です!

   最後までお付き合いして下さり、ありがとうございました!
   ↑ この敬語はおかしいですが ・・・・・・・・ 。 はい!

   では! (*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪(*^▽^*)♪
   
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 harpersferry-usaさん、長文のご回答有難うございます。一読、しっかりした文章で、とてもとても「残念ながら私にはそのような国語力はありません。」どころの騒ぎではありません。素晴らしい。

◆ 御蔭と所為…そうですね。相手に文句言ってんのに「アンタのお陰だからね」と悪態ついても、文句言ってんだか感謝してるんだかワケ分かんなくなりますよね(笑)。

◆ 取り付く島も無い…そうそう、これも耳からだけの情報の人は時折間違えて言ってるようですね。「取り付く暇もない」って。「アンタはそんなに忙しいんかい!」って心の中でツッコミを入れてますが…。(笑)

◆【 ( 接線の試合でチャンスが来た時 ) 上手くいけば勝てるぞ! 】

 あーっ! 見いつけた!harpersferry-usaさんの漢字変換ミス!(笑) いやーこれは他人事ではありませんね(汗)。私も十分注意したつもりが、やっぱり犯しちゃうですよ、漢字変換ミス…(泣)。この間も「損得勘定」って書くべきところを「損得感情」って…(恥)。読み返すと冷や汗が出ます。ですからharpersferry-usaさんも冷や汗をかいて下さい。(←バカ)
 
 「下手すると勝てるぞ!」って言う人には「アンタは勝ちたくないんかい!」ってツッコミを入れてます、はい。

◆ 憮然とする!…そうですそうです。これは発音から誤解されやすいのでしょうね。本来はガッカリして肩を落としているさまを表す言葉なのですが、何か「腹を立てて怒っているようなさま」と受け取っている人が多いようですね。「ブゼン」という発音からはどうしても「ブスッとした顔つき」を連想しますからね。「星野監督は選手のサインの見落としに憮然とした表情を見せていた」なんて書かれると間違いなく勘違いされる。まぁこの場合には星野監督のキャラにも問題があるのですが…(笑)。
 
◆ いやー解きましたよ、問題。「全部正解でした」なんて言う輩はどうせイヤミなヤツなのです。こんなエラそうな質問を出した私としてはそのイヤミなヤツの一人になりたかったのですが、見事に爆死です。
「 阪神高速神戸線はここで寸断されています 」・・・えーっ!? どこが間違えてんのーっ!? ウ~ン、ウ~ン…わ、分からん。で、でも、誰かに見られてた訳じゃなし、お礼を書くときには「全問正解でした~♪」と虚偽の報告をしようと一瞬企んだのですが(一瞬でも企む自分が悲しい)、騙し通せないような気がして、心に重荷を負うよりも、と正直に告白してしまいました。それにしてもウッカリするとバタバタと間違えやすそうな問題のオン・パレードですね~。アブナイアブナイ。

 これらの問題で一つ思い出したのは「名誉挽回」と「汚名返上」です。この間私の目の前で「汚名挽回しなきゃ」と言った不届き者がおりましたのできつく詰問しておきました。「ん? 今、何て?」「は、はい?」「だから、今何て言ったの」「・・・ああ、汚名、ば、挽回じゃ変ですね、汚名は、へ、へ…」「そう、分かればよろしい。汚名は返上しなきゃね」

>( あの ~ masatoshi-mさんへの意見や批判ではないですからね。 )

 はい、分かってますよ~、どうぞご心配なく♪ 私もある程度は仕方ないと思っているひとりです。

>でも、完璧な国語力を身につけている人はいないのでは?と思うのです!
 
 私も同感です。また、「それでいい」と開き直るつもりはありませんが、仕方のないことだと思っています。より完璧を目指して、日々研鑚(してんのかよっ!)かな、と…。

>今日まで生き抜いてきた、自分の人生の中から得た言葉です!
 たぶん、正しくない日本語、乱れた言葉だと思います!

 いえ、多分「正しくない日本語」「乱れた言葉」などではないと思います。それにしてもその言葉、気になる。今夜私は眠れるでしょうか?

 ご紹介頂いたURLにも今から行って参ります。いや、harpersferry-usaさん、ご丁寧なるご回答、まことに有難うございました。改めてお礼申し上げます。
投稿日時 - 2001-11-25 23:37:59
-PR-
-PR-

その他の回答 (全29件)

  • 回答No.9
レベル14

ベストアンサー率 23% (542/2278)

余談ではありますが。 >「あかい、あおい、ちゃいろい、みどりい、ぴんくい。」 後半の2つが間違っている、のですよね?違ったらすみません。 たとえば「あかい」が○で「みどりい」が×というのは感覚として分かるのですが、なぜ同じ色に関する単語でも、「あか」は よくて「みどり」がだめなのか、幼稚園児または非ネイティブに聞かれたとき、どのように説明すればいいのでしょうか? 日本語は奥が深いですね ...続きを読む
余談ではありますが。

>「あかい、あおい、ちゃいろい、みどりい、ぴんくい。」

後半の2つが間違っている、のですよね?違ったらすみません。
たとえば「あかい」が○で「みどりい」が×というのは感覚として分かるのですが、なぜ同じ色に関する単語でも、「あか」は よくて「みどり」がだめなのか、幼稚園児または非ネイティブに聞かれたとき、どのように説明すればいいのでしょうか?

日本語は奥が深いですね。
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 私も余談から…。済みません、すぐ前の回答No.8のkyo-coさんへのお礼文の中で、私ついつい「間に受ける」と書いてボタンを押してしまいました。勿論正しくは「真に受ける」でした。全てコンピュータのせいです(おぃおぃ)。

 さて、二度目のご投稿有難うございます、denden_keiさん。
 ピンポ~ン♪ 正解です。遂に夢のハワイ旅行へのご招待です(…って、いつの時代やねん!)

>たとえば「あかい」が○で「みどりい」が×というのは感覚として分かるのですが、なぜ同じ色に関する単語でも、「あか」は よくて「みどり」がだめなのか、幼稚園児または非ネイティブに聞かれたとき、どのように説明すればいいのでしょうか?

 そうですね。私の認識するところでは、その言葉に形容詞的な働きが存在するのかしないのかで判別するものと理解しております(間違っていたら m(__)m。せ、専門家の方っ!)。即ち、「赤」は「赤い」という形容詞が存在するが、緑は「みどりい」もしくは「みどい」(ぉぃ)という形容詞は存在しない。形容詞とはご承知のように、あの、「かろ・かっ、く、い・い・けれ・○」と活用する品詞のことです。「赤かった」や「青かった」は記憶にあっても「緑かったは」や「ピンクかった」は記憶に残っていないのです。従って幼稚園児にはそんな日本語はないんだよ、と (^_^;)。非ネイティブには「言葉の文化の違いかな?」と。 (^_^;) 本当は日本語のもっと深い謎が隠されているのかもしれませんが、今回はこの辺りで。 (^_^;)
 でも、なんですね、今の日本語の勢いから言うと、「みどりい」や「オレンジい」という言葉が生まれてきても何の不思議もなさそうですね。
 
投稿日時 - 2001-11-25 02:41:27
  • 回答No.8
レベル11

ベストアンサー率 32% (60/186)

masatoshi-mさん、こんばんは! kyo-coです。先日はありがとうございました!! またお会いできて(この言い方も誤り?!)嬉しいです。 「なにげに」時々耳にしますが、やっぱり間違ってますよね。 先日、朝のTV番組(関西で生放送されている人気番組です)を見ていると 司会のアナウンサーが「僕はなにげに・・・・しました」と言っていました。 家族で「アナウンサーが使うということは、なに ...続きを読む
masatoshi-mさん、こんばんは!
kyo-coです。先日はありがとうございました!!
またお会いできて(この言い方も誤り?!)嬉しいです。

「なにげに」時々耳にしますが、やっぱり間違ってますよね。
先日、朝のTV番組(関西で生放送されている人気番組です)を見ていると
司会のアナウンサーが「僕はなにげに・・・・しました」と言っていました。
家族で「アナウンサーが使うということは、なにげにと言うようになったんかな~?でもやっぱり変よね~。」と話しておりました。
ほかにも「この日本語、間違ってるのとちゃう?」と思うことは日々の生活でありますが、今は思い出せません。
思い出したら再度登場させていただきますね。
とにかくmasatoshi-mさんに回答したくって(まるっきり回答になっていませんが)登場いたしました。嬉しいです。
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 kyo-coさん、こんばんは! この間は心温まるお礼、本当に有難うございました。こちらこそ感謝感激です。私もまたkyo-coさんにこんなに早くお会いできて光栄です。この言い方は誤りではなさそうです。このサイトのベテランの方は皆さんそういう表現をなさっているようですので…(笑)。

>先日、朝のTV番組(関西で生放送されている人気番組です)を見ていると
司会のアナウンサーが「僕はなにげに・・・・しました」と言っていました。

 やっぱりkyo-coさんもお耳にされるのですか。公共の電波を使ってそういう誤った表現をされると一発で子供たちは感染してしまいますよね。あ~、もういい加減にしてほしい、ノータリンアナウンサーども…。アンタらは知ってて(知らなかったりして…)遊びの積もりで言ってるのかもしれんがなっ、それを間に受ける子供たちが全国の至る所にいることを知っててくれよん!

>思い出したら再度登場させていただきますね。

 是非是非お願い申し上げます。いつまでもお待ち致しております。有難うございました!
投稿日時 - 2001-11-25 01:47:48
  • 回答No.10
レベル11

ベストアンサー率 60% (132/220)

こんばんは 実に私もそのような思いをしています。 例えばある誤訳がそのまま正しい言葉として流通してしまうことが多かったり、つい冗談で言ったようなことが、そのような表現が最も標準的な表現として使われてしまうことが多いですね。 まあ、言葉は流行もあり、いつの間にか本来の趣旨とは違う方向で使われるようになっていくことは、ある程度仕方がないと半ば諦めています。 私は宮仕えの身のため、色々な地方で過ごしまし ...続きを読む
こんばんは
実に私もそのような思いをしています。
例えばある誤訳がそのまま正しい言葉として流通してしまうことが多かったり、つい冗談で言ったようなことが、そのような表現が最も標準的な表現として使われてしまうことが多いですね。
まあ、言葉は流行もあり、いつの間にか本来の趣旨とは違う方向で使われるようになっていくことは、ある程度仕方がないと半ば諦めています。
私は宮仕えの身のため、色々な地方で過ごしました。地方には地方の言葉があり、かなり独創的な表現方法があります。最初はすごく戸惑うことが多いのですが、ちょっと慣れると実に味のある表現だったりします。例えば、関西では「ほっこり」と言う表現があり、標準語の語彙では表現が難しい内容が、たった4文字の中に凝縮されています。知らない人にとっては不愉快かも知れませんが慣れると、なかなか良い響きがあります。
さて、最近どうしても許せないと思うのは、語尾上げ言葉です。
いい年をした先輩までもが平然と使っているので、そんな言葉であれば、正直まともに話す気にもなれません。ところが、いつの間にかあっちこっちに伝染してしまい、社内に語尾上げ言葉の人が増えています。言葉もそうですが、極端なイントネーションも無くしていきたいですね。
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 yumityanさん、ご回答有難うございます。

>まあ、言葉は流行もあり、いつの間にか本来の趣旨とは違う方向で使われるようになっていくことは、ある程度仕方がないと半ば諦めています。

 ええ、私もyumityanさんと同じ諦めを共有しております。ある程度の「揺れ」や「ブレ」には目を瞑ろうと思っております(おお度量が広い…って自分で言うなっ!)。

>例えば、関西では「ほっこり」と言う表現があり、標準語の語彙では表現が難しい内容が、たった4文字の中に凝縮されています。知らない人にとっては不愉快かも知れませんが慣れると、なかなか良い響きがあります。

 そうですね。私は方言の良さは全面的に認める立場なので、このyumityanさんのお言葉には一も二もなく賛成してしまいます。「知らない人にとっては不愉快かも」とおっしゃいますが、それは一瞬(しばし?)のことです。方言の与えるその地方独特の優しさは、所謂「言葉の壁」を超越したところにあると思います。「ほっこり」・・・ん~、何だか分かってきたような、分かってこないような…(ええぃ!未熟者!)

>さて、最近どうしても許せないと思うのは、語尾上げ言葉です。
いい年をした先輩までもが平然と使っているので、そんな言葉であれば、正直まともに話す気にもなれません。ところが、いつの間にかあっちこっちに伝染してしまい、社内に語尾上げ言葉の人が増えています。言葉もそうですが、極端なイントネーションも無くしていきたいですね。

 ・・・・・・おお、我が同志! 我が同胞よ!! 
 所謂世間で言われるところの「半疑問形」というイントネーションですね。これが日本語を壊し始めた「象徴的な事件」ということになるのでしょうか。いずれ終息に向かうとは思いますが、この10年近く、猛威をふるった日本語イントネーションではありました。
投稿日時 - 2001-11-25 03:10:46
  • 回答No.11
レベル10

ベストアンサー率 26% (37/140)

denden_keiさんの回答にツッコミ入れるようで申し訳ありませんが…。 作家の高千穂遙さんのサイト(参考URL、「日々是口実」→「BACK NUMBER」の2000年11月12日分)で読んだことなんですが、「ハッカー」「クラッカー」などという区別はアメリカではとっくに存在しないそうです。犯罪者は「ブラックハッカー」非犯罪者は「ホワイトハッカー」などと言って区別するらしいんですね(この用語も時代遅れに ...続きを読む
denden_keiさんの回答にツッコミ入れるようで申し訳ありませんが…。
作家の高千穂遙さんのサイト(参考URL、「日々是口実」→「BACK NUMBER」の2000年11月12日分)で読んだことなんですが、「ハッカー」「クラッカー」などという区別はアメリカではとっくに存在しないそうです。犯罪者は「ブラックハッカー」非犯罪者は「ホワイトハッカー」などと言って区別するらしいんですね(この用語も時代遅れになっている可能性はあります。ちょっとカッコ悪いし)。
この場合、すでに本国にもない「正しい使い分け」を語り継いでしまっていると言えなくもないですね。日本のマスコミが意識して正しく使っている訳ではないでしょうけど…。
「ジャパニメーション」なんて言葉を使う人もいないそうですよ。あちらにこういうこと尋ねられる友人でもいれば、自分でも確認してみたいんだけどなー。
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

>「ハッカー」「クラッカー」などという区別はアメリカではとっくに存在しないそうです。犯罪者は「ブラックハッカー」非犯罪者は「ホワイトハッカー」などと言って区別するらしいんですね

 えーっ、、そ、そうなんですか。私自身、認識不足でした。denden_keiさんはともかくも、私は時代が少しずれてるんでしょうかね? 今の今までogatanaさんのおっしゃることは初耳でした。以後気をつけて言葉のチェックをしたいと思います。ご指摘、まことに有難うございました。参考URLは明日の朝(昼?)、是非訪れてみたいと思います。
投稿日時 - 2001-11-25 03:21:19
  • 回答No.14
レベル12

ベストアンサー率 37% (184/497)

masatoshi-mさん、ッチハ!(←もう乱れている) 先日、固有名詞masatoshi-mさんをnasatoshi-mさんと書いてしまい、大変失礼致しました~。 それにしても相変わらず、ツボをおさえたご質問! わたしが常日頃思っているのは、「居られる(オラレル)」です。 確か「居る」は「いる」の謙譲語ですから「○○さまはそういうおつもりでおられるはずです」等と人様に対して使うのは???と感じて ...続きを読む
masatoshi-mさん、ッチハ!(←もう乱れている)
先日、固有名詞masatoshi-mさんをnasatoshi-mさんと書いてしまい、大変失礼致しました~。
それにしても相変わらず、ツボをおさえたご質問!
わたしが常日頃思っているのは、「居られる(オラレル)」です。
確か「居る」は「いる」の謙譲語ですから「○○さまはそういうおつもりでおられるはずです」等と人様に対して使うのは???と感じてしまうのです。
「居られる」が丁寧語だと思っている方々の何と多い事か!
有名作家でも文章中使っている場合があり、もしかしたらわたしが間違いなのかなぁ・・・と一抹の不安を抱えての回答です。

あとは、最近名前を聞かれる時「お名前様、頂戴できますか?」
う~っ!気になるぅ~!おばかがおばかご丁寧に~!!!とイライラ。

また、ラジオで文言評論家と名乗る人が「公家」を読めず「コウゲ」と言ってベテラン女性アナウンサーにやんわりと訂正されていたのを聞いた事があります。

テレビで聞いた面白かった日本語の間違いもあります。
テレビ出演に緊張していたあるシロウトのおじちゃん、
「それはですねぇ、絵に描いたぼた餅になってしまうのではないかと・・・」
見ていた一同爆笑・・・。
「絵に描いた餅」と「棚からぼた餅」が混ざったんですね。まあ、このテのミスは多々ありますが。

三島由紀夫の本など読んでいると、何と自分の日常の言葉のお下劣さよ・・・と深く反省しますね。
わたしが今、なおそうとしているのは、「~じゃん!」横浜弁らしいですが、脱却しようと懸命です。
だって、三島由紀夫の世界に相応しくないじゃん!
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 あ、adelaideさん、こんばんは~。ご回答有難うございま~す!

>先日、固有名詞masatoshi-mさんをnasatoshi-mさんと書いてしまい…

 そうそう、私あれからかなり僻みましてね~。「ふん、どーせおいらはなさけなく年をかさねたけどさ~、だからと言って《なさとし》はね~だろ、《なさとし》は」・・・・・・って、済みません、m(__)m、全くの冗談でした(笑)。この手のしくじり、よくあることです、私も。自分が間違えると随分気になりますが、相手から間違われても、ぜっんぜん、気になりません、はい。でも今回限りにして下さいね(って、気にしとんのかいっ!)。

 えっとですね、「居る」は確かに「いる」の謙譲語ですよね。で、でも、尊敬の助動詞《れる・られる》がくっついていますよね。従って私はこれを「敬語」だと受け取っているのですが(汗)、どうなんでしょう? 私も現代国文法が専門っていうわけじゃないので、じ、自信はないのですが…(汗)。

 ちなみに、「敬語」は「尊敬語・謙譲語・丁寧語」と3種類に分けられますが、私自身は「おられます」は「丁寧語」ではなく「尊敬語」と理解しております。

>有名作家でも文章中使っている場合があり、もしかしたらわたしが間違いなのかなぁ・・・と一抹の不安を抱えての回答です。

 う、う~ん、どうなんでしょう。ここは《れる・られる》という《尊敬の助動詞》がポイントを稼いでいるんじゃないかと…。(いつか調べとかなきゃな~(独り言))

>あとは、最近名前を聞かれる時「お名前様、頂戴できますか?」
う~っ!気になるぅ~!おばかがおばかご丁寧に~!!!とイライラ。

 うわっ、「お名前様」と来たかっ! 「恐縮ですが、お名前をお聞かせ願えませんか」ぐらいで充分でしょ。私は幸いにしてこのような名前の聞かれ方をされたことがありません。こんな聞かれ方をされたら多分adelaideさんと同じ気分になるかと…。

>また、ラジオで文言評論家と名乗る人が「公家」を読めず「コウゲ」と言って…

 ふむ、「文言評論家」…。す、すみません、初耳です。最近は日本人が「一億総評論家」の観を呈していますが、「文言評論家」とは恐れ入りました。読み方は「もんごん」と?… それにしても「公家」をよめない文言評論家って一体何を評論するつもりなのでしょうね。

>テレビで聞いた面白かった日本語の間違いもあります。~

 緊張してしまったんですね~、おじいちゃん。

>わたしが今、なおそうとしているのは、「~じゃん!」横浜弁らしいですが、脱却しようと懸命です。

 そうですか。私個人の趣味から言うと「~じゃん」はいいと思いますけどね。さすがに私の日常の語彙の中にはありませんが、時折おどけて「~じゃん」と使うときがあります。この表現には何の嫌悪感もありませんが…。

>だって、三島由紀夫の世界に相応しくないじゃん!

 adelaideさんの「オチ」が決まったところで、今回はこれにて! (^.^)/~~~
投稿日時 - 2001-11-26 20:14:45
  • 回答No.12
レベル14

ベストアンサー率 23% (542/2278)

そうですか。もう「クラッカー」ということばは時代遅れなんですか...。 言葉は時代につれ変化していく(特にコンピュータ分野では)ので、どの時点の定義をもって「正しい言葉遣い」とするか、という難しさが付きまといますね。 ...続きを読む
そうですか。もう「クラッカー」ということばは時代遅れなんですか...。
言葉は時代につれ変化していく(特にコンピュータ分野では)ので、どの時点の定義をもって「正しい言葉遣い」とするか、という難しさが付きまといますね。
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 ・・・実際コンピュータ分野の世界では回転が早過ぎて、一体どの時点の定義をもって「正しい言葉遣い」とするかは甚だ難しいですね。困ったものです。
 有難うございました。
投稿日時 - 2001-11-25 13:24:32
  • 回答No.7
レベル12

ベストアンサー率 36% (334/910)

私、本当に一応の「教職」をしておりますので、国語面は恥をさらすばかりなのですが。その恥を省みずこんなところに顔を出してしまいました。 だって、もう、子どもたちの言葉の乱れ。あまりにひどくて、そうでなくても立派ではない私の言語感覚は、いまや破滅状態です。 「あかい、あおい、ちゃいろい、みどりい、ぴんくい。」 この中で、間違っているのはどれでしょう、と、高学年の子に聞いても、「えっ?全部合ってい ...続きを読む
私、本当に一応の「教職」をしておりますので、国語面は恥をさらすばかりなのですが。その恥を省みずこんなところに顔を出してしまいました。

だって、もう、子どもたちの言葉の乱れ。あまりにひどくて、そうでなくても立派ではない私の言語感覚は、いまや破滅状態です。

「あかい、あおい、ちゃいろい、みどりい、ぴんくい。」
この中で、間違っているのはどれでしょう、と、高学年の子に聞いても、「えっ?全部合っているんじゃないの?」と返されます。幼稚園の優秀な先生ですら、「ねえ、ちょっとそこのピンクい服を着た子!」と呼んでいるので、頭を抱えてしまいます。

きもい、はずい、うざい……これらの言葉には、バットで殴りつけたくなるほどの嫌悪感を覚えます。

自分が不快感を持ったら、不快な思いにさせた相手を排除したい。しかも自分を優位に立たせ、相手を叩きのめしたい。そんな思いから、強力な嫌悪感とともに、相手を攻撃するために使われる言葉として発達してきたものたちです。「むかつく」という言葉がやたらと多用されるようになったのも、同じ理由によるものでしょう。

子どもたちは、今や、暴力をはるかに超える毒を、言葉として吐き出しています。すさんでいます。美しい言葉、という概念すら位置付きません。おそらく、すさんだ言葉をはき捨てて相手よりも優位に立った気分が、痛快なのでしょう。暴力以上のことを行っているとも気づかずに。

あまりのすさみの速さに、指導が全く追いつきません。マスコミは、いったい何をしているのだ!!!!書いているうちに怒りが増してきてしまいましたので、この辺で失礼。
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 songbookさん、ご回答有難うございます。

>だって、もう、子どもたちの言葉の乱れ。あまりにひどくて、そうでなくても立派ではない私の言語感覚は、いまや破滅状態です。

 おお、そこまで。先生の言語感覚まで破滅状態に追い込むとは、今の子供たちの言葉の乱れは相当なものですね。

>幼稚園の優秀な先生ですら、「ねえ、ちょっとそこのピンクい服を着た子!」と呼んでいるので、頭を抱えてしまいます。

 こ、これは、す、すごいことになってますね。それじゃますます子供たちの言語感覚が乱れてくるはずだ。幼稚園の優秀な先生であっても若者は若者に違いないわけですが(まさか年輩の先生ではないと思いますが)、と言うことは即ち若者全体にこうした言語感覚の乱れが押し寄せてきているということを意味しますね。意味が通じればいいという問題ではありませんからね、言葉遣いというのは。songbookさんならずとも頭を抱えてしまいます。

>自分が不快感を持ったら、不快な思いにさせた相手を排除したい。しかも自分を優位に立たせ、相手を叩きのめしたい。そんな思いから、強力な嫌悪感とともに、相手を攻撃するために使われる言葉として発達してきたものたちです。「むかつく」という言葉がやたらと多用されるようになったのも、同じ理由によるものでしょう。

 なるほど、一つの鋭い分析ですね。「思い」が言葉を作りますからね。時代の閉塞感、逼迫感が子供たちにこのような造語をもたらしているのでしょうか。だとすれば反省すべきは時代を作り、担ってきた我々大人たちかもしれませんね。でも正直なところ、仮にそうだとしても、私にもどう反省すればよいか実はよく分からないところがあります。「そんな訳の分からん言葉使ってんじゃねえっ!」と怒鳴り散らすのみで…。私の今後の課題とします。

>子どもたちは、今や、暴力をはるかに超える毒を、言葉として吐き出しています。すさんでいます。美しい言葉、という概念すら位置付きません。おそらく、すさんだ言葉をはき捨てて相手よりも優位に立った気分が、痛快なのでしょう。暴力以上のことを行っているとも気づかずに。

 何が子供たちをしてこうまで…。何だか切ない気持ちにさせられますね。言葉に鈍感な子供たちを生んでしまった大きな原因がどこかにあるのかもしれません。人間にとって《言葉》というものがどれほど大切なものであるかを知っている大人世代から見るとき、本当に今の子供たちの語彙の乾きや貧弱さというものが心配になってきます。私も考え続けていこうと思います。
 songbookさん、教育現場からの貴重なご意見、まことに有難うございました。
投稿日時 - 2001-11-25 01:44:27
  • 回答No.6
レベル8

ベストアンサー率 16% (6/37)

私は子供(20歳以下)が使う分にはどんな間違いもさして気になりません。 「~的」も「~みたいな?」も『全然ok』です。 しかし大人、特にテレビなどで間違った使い方がされているとすごく気になります。 「領収書下さい、上様でお願いします」って 自分宛の領収書の宛名に様つけて言うかな?これってどうなの? 「役不足」良くテレビでも間違って使われますよね、その後訂正が入らないって事はその場 ...続きを読む
私は子供(20歳以下)が使う分にはどんな間違いもさして気になりません。
「~的」も「~みたいな?」も『全然ok』です。

しかし大人、特にテレビなどで間違った使い方がされているとすごく気になります。


「領収書下さい、上様でお願いします」って
自分宛の領収書の宛名に様つけて言うかな?これってどうなの?

「役不足」良くテレビでも間違って使われますよね、その後訂正が入らないって事はその場のスタッフ誰も気がつかないって事?

「~~の件が波紋を広げました」略しすぎじゃないのかそれ。
「一石を投じ波紋を広げた」だろって思わず突っ込みたくなるのは私だけ?

石原慎太郎の「劣勢遺伝」も気になりました。
おいおい根本的に間違ってるだろ、使い方。

細かくって済みません。
補足コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 す、すみません、私、昨晩遅くにお礼を書いておりまして、コメントしたいと思っていた箇所を寝ぼけててすっ飛ばしたようですので、改めて少し書かせて頂きたいと思います。

>「領収書下さい、上様でお願いします」って
自分宛の領収書の宛名に様つけて言うかな?これってどうなの?

 これはどうなんでしょう。領収証をやり取りするときには「上様」が一つの用語として定着してしまっているような気がするのですが・・・。「『うえ』でお願いします」ではひょ、ひょっとして「名前」と勘違いされる可能性もなきにしもあらずかと…。しかしこのコメントに自信はありません(汗)。

>「役不足」良くテレビでも間違って使われますよね

 あー、そうですね。これも多くの人が勘違いして意味を受け取っている言葉のひとつに挙げられそうですね。
 同じような誤解としては、同窓会の招待状で恩師に対し「先生のご出席も生徒一同心よりお待ち申し上げます。枯れ木も山の賑わいと申します」って、おいおいっ! なに抜かしてんだよっ! 先生を「枯れ木」にしてしまってどーすんだよっ!
 ・・・失礼致しました。
投稿日時 - 2001-11-25 14:33:55
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 hiphop1234さん、ご回答有難うございます。
 
>私は子供(20歳以下)が使う分にはどんな間違いもさして気になりません。
「~的」も「~みたいな?」も『全然ok』です。

 おお、かなりの度量。これはこれとしてhiphop1234さんのご意見を尊重した上で、私個人の意見を申し上げるなら、子供たちがすべてを分かっていて、その上で言葉遊びを楽しむように、言葉にじゃれついているうちは私もそんなに不愉快にはならないんですね。ところが「本当の言葉の形を知らないで言ってるんじゃないか?」と疑い出すと途端に不安に駆られ、心配になってくるんですよ。今の子供達の語彙力は驚くほど貧弱ですからね。やはり正しい言葉遣いを身につけてもらいたいな、と。そしてその上で言葉遊びに興じてほしいな、と。感覚的な言葉遣いを好むのは子供や若者たちの特徴みたいなものですから、正しい知識を身につけた上でなら、大いに言葉で遊んでもらいたいと思います。

>しかし大人、特にテレビなどで間違った使い方がされているとすごく気になります。

 まったく同感ですね。特に公共の電波を使っている人間が無神経に間違った日本語を使っているのを耳にすると「害悪を垂れ流している」ように感じてしまいます。

>「~~の件が波紋を広げました」略しすぎじゃないのかそれ。
「一石を投じ波紋を広げた」だろって思わず突っ込みたくなるのは私だけ?

 確かに「一石が投じられて波紋が広がる」んですよね。でも私は普通に「一石を投じ」を省略し、「波紋が広がる」と言ってしまいます。こ、これでは、まずいのでしょうか? (^_^;) 専門家のご意見をお聞きしたいところです。(汗汗)

>石原慎太郎の「劣勢遺伝」も気になりました。 >「劣性遺伝」?
おいおい根本的に間違ってるだろ、使い方。
 
 むっ、これは氏の発言の前後の文脈を存じ上げておりませんので、ノーコメントということで…。(^_^;)

>細かくって済みません。

 とんでもない。細かいのは大いに歓迎です。どうも有難うございました。
投稿日時 - 2001-11-25 01:39:49
  • 回答No.2

masatoshi-mさん、こんばんは!(^^)。 「待った!」をかけたい言葉ですね!。 これは、僕がいつも不思議に思ってる言葉なんですが、「お愛想して下さい!!」なんですよ。 よく回転寿司なんか行った時に、お客さんが使っているのを聞くんですが、この「お愛想」って、本来、店員がお客様に言う言葉なんですよね!。 もっと嫌な気分になるのは、もともとお客が言う言葉でないのにもかかわらず、「お愛想!! ...続きを読む
masatoshi-mさん、こんばんは!(^^)。

「待った!」をかけたい言葉ですね!。
これは、僕がいつも不思議に思ってる言葉なんですが、「お愛想して下さい!!」なんですよ。
よく回転寿司なんか行った時に、お客さんが使っているのを聞くんですが、この「お愛想」って、本来、店員がお客様に言う言葉なんですよね!。
もっと嫌な気分になるのは、もともとお客が言う言葉でないのにもかかわらず、「お愛想!!」って、命令口調で言う人です。
せめて、間違ってても、「~して下さい」って、敬語?使うべきだと思うんです。。。

masatoshi-mさんには、いつも回答してもらってたんですが、今回、やっと!自分が回答できて、何よりうれしいです!!(爆笑)(^^ゞ
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 gingakeiさん、こんばんは! ご回答有難うございます。(^o^)

>よく回転寿司なんか行った時に、お客さんが使っているのを聞くんですが、この「お愛想」って、本来、店員がお客様に言う言葉なんですよね!。
 
 まったくおっしゃるとおりですね。本来店側の人がお客に向かって使う言葉です。客の立場からは使いたくないですね。私は「お勘定をお願いします」としか言いませんし、店を出る時は「どうもおごちそうさまでした」と大声でお礼を言う、まるで客のお手本のような(笑)人間です。

>もっと嫌な気分になるのは、もともとお客が言う言葉でないのにもかかわらず、「お愛想!!」って、命令口調で言う人です。

 確かにお客は金を払う方かもしれませんが、店側からもそれに相当するサービスを受けているわけだから、そんなにエラそうにされるのはイヤですよね。私もこういう傲岸不遜なヤツは嫌いです。それにしてもgingakeiさんらしい憤慨です(笑)。

>せめて、間違ってても、「~して下さい」って、敬語?使うべきだと思うんです。。。

 ???… 「~して下さい」っていうのは少しも間違っていないと思うのですが・・・??? 因みにこれは「丁寧語」という立派な敬語の一種です。

>masatoshi-mさんには、いつも回答してもらってたんですが、今回、やっと!自分が回答できて、何よりうれしいです!!(爆笑)(^^ゞ

 gingakeiさんからご回答が戴けて、私も本当に嬉しいです。また何かありましたらよろしくお願い致します。(^。^)
投稿日時 - 2001-11-24 21:27:19
  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 35% (19/53)

私がいま一番気になっているのが ~じゃないですか を連発する人が多いこと そんなに強制的に同意をもとめるな!わしゃ知らん と思いたくなるね それとビジネスでやたらと使う人が多いのが ~させていただきます   「今回破格のお値段でお売りさせていただいています」「この商品をご提供させていただきます」「送らさせていただきます」など、なんでもかんでも「させて頂く」が「謙譲語」だと勘違いしている。  させていただ ...続きを読む
私がいま一番気になっているのが ~じゃないですか を連発する人が多いこと
そんなに強制的に同意をもとめるな!わしゃ知らん と思いたくなるね それとビジネスでやたらと使う人が多いのが ~させていただきます   「今回破格のお値段でお売りさせていただいています」「この商品をご提供させていただきます」「送らさせていただきます」など、なんでもかんでも「させて頂く」が「謙譲語」だと勘違いしている。  させていただくとは「あなたにとっては迷惑かもしれませんがごめんなさい」
というニュアンスがあるときに使う言葉かと理解していますが どんなもんでしょうか
  
お礼コメント
masatoshi-m

お礼率 99% (565/569)

 早速のご回答有難うございます。
 「~じゃないですか」の連発。確かにそういう人がいますね。幸い私の周りにそれを連発する人はいませんが、なるほど言われてみると

>そんなに強制的に同意をもとめるな!わしゃ知らん と思いたくなるね 

 という気分になりそうですね。

 「させていただく」ふむふむ、なるほどなるほど。私も多少気になるのですが、「つい使っちゃう」ということが間々ありますね。極力相手に不快感を与えまいとする「配慮」かもしれませんが、やたら「~させていただきます」を多用するのも考えものですね。事実、kenkensugaさんが挙げておられる「今回破格のお値段でお売りさせていただいています」の例は何やら耳障りですね。「~販売致しております」ぐらいで充分でしょう。「お送らさせて頂きます」も「お送り致します」で充分かと…。
投稿日時 - 2001-11-24 21:08:53
29件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ