OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

岩倉使節団

  • すぐに回答を!
  • 質問No.144405
  • 閲覧数456
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

どうして岩倉使節団に津田梅の様な幼いしかも女子の留学生がいたのですか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 欧米での女子教育の普及に目を見張り,それを日本に普及させようと、留学生に女子を入れることをワシントン駐在の初代アメリカ代理公使・森有礼(後、文相)と北海道開拓次官・黒田清隆が推奨したとのことです。また幼児が選ばれたのは、日本女子としての常識がまだなかった、教育効果が高い、外国人との男女の関係になりにくい(帰国をいやがる)、の理由があったものと思われます。 ...続きを読む
 欧米での女子教育の普及に目を見張り,それを日本に普及させようと、留学生に女子を入れることをワシントン駐在の初代アメリカ代理公使・森有礼(後、文相)と北海道開拓次官・黒田清隆が推奨したとのことです。また幼児が選ばれたのは、日本女子としての常識がまだなかった、教育効果が高い、外国人との男女の関係になりにくい(帰国をいやがる)、の理由があったものと思われます。


  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 50% (1/2)

上の人の内容と… 津田梅子は、津田仙(旧幕臣・東京府士族)・初子夫妻の次女として、江戸牛込の南御徒町に生まれました。 1871年、仙は明治政府の事業である北海道開拓使の嘱託となり、津田家は麻布へ移りました。 開拓使次官の黒田清隆は女子教育にも関心を持っていた人物で、仙は黒田が企画した女子留学生に梅子を応募させ、同年、岩倉使節団に随行して渡米しました。
上の人の内容と…


津田梅子は、津田仙(旧幕臣・東京府士族)・初子夫妻の次女として、江戸牛込の南御徒町に生まれました。

1871年、仙は明治政府の事業である北海道開拓使の嘱託となり、津田家は麻布へ移りました。
開拓使次官の黒田清隆は女子教育にも関心を持っていた人物で、仙は黒田が企画した女子留学生に梅子を応募させ、同年、岩倉使節団に随行して渡米しました。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ