OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

じゃがいもの由来

  • 困ってます
  • 質問No.138516
  • 閲覧数1012
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 94% (17/18)

じゃがいもはどこから来たのですか?
また言葉の由来は?よくじゃがたらいもとかいいますよね?
教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

じゃがいもの原産地は南米のペルー~ボリビアあたりです。
それが南北に伝播し、16世紀にはメキシコからヨーロッパへもたらされました。

日本には1601年に、当時オランダの植民地だったジャカトラ港(現在のジャカルタ)から長崎に持ち込まれたのが最初です。
ジャカトラ港からやってきた芋なのでじゃがたらいも、約してじゃがいもと呼ばれるようになりました。

お礼コメント
okap

お礼率 94% (17/18)

ありがとうございます。”じゃがたら”の意味がしりたかったんですよ!
これで、安心して寝られます(笑)
これからもよろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-09-20 09:13:01
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 24% (905/3709)

じゃがいもが日本に伝来したのは,(1596~1614)にオランダ人によって長崎に持ち込まれたものに始まるとされオランダ船がジャガトラ(インドネシア・ジャワ島)の寄港地から長崎に入港したことから,長崎では「ジャガタライモ」または「オランダイモ」と呼んでいた。 16世紀末にスペイン人がインカ遠征の際にヨーロッパにじゃがいもを持ち帰りましたが、当初は食料としてではなく、花としてフランスの宮殿で栽培されて ...続きを読む
じゃがいもが日本に伝来したのは,(1596~1614)にオランダ人によって長崎に持ち込まれたものに始まるとされオランダ船がジャガトラ(インドネシア・ジャワ島)の寄港地から長崎に入港したことから,長崎では「ジャガタライモ」または「オランダイモ」と呼んでいた。

16世紀末にスペイン人がインカ遠征の際にヨーロッパにじゃがいもを持ち帰りましたが、当初は食料としてではなく、花としてフランスの宮殿で栽培されていたのは有名な話です。その後、冷涼な気候でも丈夫に育ち「土中に実る」ことからヨーロッパ全土に広がり、オランダなどの海外進出とともに世界各国に伝播しました。


じゃがいもの原産地は、ペルー・ボリビアのアンデス山系の標高2,000~3,000mの地帯といわれ、そのため冷涼な気候に適してます。わが国で作付面積が最も多いのは北海道です。

こんな話もあるそうです。
じゃがいもは元々インカの方で主食や薬として使われていて、アメリカ大陸を発見したコロンブスによってヨーロッパでも知られるようになった。ドイツへはプロイセン王フリードリヒ大王によって広められた。食料としてだけでなく、寒い季節には、お店で買ったホクホクのじゃがいもをカイロとしても使っていたようで、人はそれをポケットにしまっていたようだ。中には、じゃがいもが熱くて地面に落とした人もいたらしい。

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ