-PR-
締切り
済み

乾電池で感電?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.92849
  • 閲覧数2505
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 48% (13/27)

ふと疑問に思ったのですが、乾電池の+と-を人差指と親指ではさんでも、感電しませんが、なぜでしょうか?
単に乾電池の電圧が指の絶縁耐力に及ばないからでしょうか?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 32% (20/62)

電流は、基本的に一番抵抗の少ない部分・いちばん近い経路を通ります。 単に「電圧が低い」ということも有るかと思いますが、人間化感電死してしまうのは、「4.2V」・「1A」だと聞いたことがあります。 きっと乾電池の電圧でも、直接神経に電流を通してしまう方法では、「感電」するのでしょうね? 余談ですが、最近はやりの体脂肪計(ヘルスメーター型)は、やはり電気抵抗を利用して体脂肪を測っているようですが、電 ...続きを読む
電流は、基本的に一番抵抗の少ない部分・いちばん近い経路を通ります。
単に「電圧が低い」ということも有るかと思いますが、人間化感電死してしまうのは、「4.2V」・「1A」だと聞いたことがあります。
きっと乾電池の電圧でも、直接神経に電流を通してしまう方法では、「感電」するのでしょうね?

余談ですが、最近はやりの体脂肪計(ヘルスメーター型)は、やはり電気抵抗を利用して体脂肪を測っているようですが、電気の流れる経路の関係で、腰から下の部分の体脂肪を測っているようです。同じように、手に持って測るタイプのものは、胸・両腕の部分の体脂肪を測っています。


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 29% (114/390)

皮膚は乾燥している状態では抵抗が無限大と言われ、ほとんど電気を通さない そうですから、実際は通電してないか、皮膚の表面の汗などを伝っているだけ なので感じないのでしょう。要するにsanshoku_bakaさんのおっしゃっている 通りなのではないかと思います。 ちなみに風呂上がりのような、皮膚が水分を含んでいる状態で心臓を挟むように 電極をつけると数Vでも感電死するとか聞いたことがあります。
皮膚は乾燥している状態では抵抗が無限大と言われ、ほとんど電気を通さない
そうですから、実際は通電してないか、皮膚の表面の汗などを伝っているだけ
なので感じないのでしょう。要するにsanshoku_bakaさんのおっしゃっている
通りなのではないかと思います。

ちなみに風呂上がりのような、皮膚が水分を含んでいる状態で心臓を挟むように
電極をつけると数Vでも感電死するとか聞いたことがあります。
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 25% (31/122)

感電しています。と言うか通電はしています。 人間の体は結構導体なので電流は流れます。と言っても抵抗値は高いのでわずかな電流しか流れませんが。 (ずっと持っていても放電するまでには時間がかかる。) ただ、電力が弱いので発熱とか、それによる影響が少ないので感じないのでしょう。 たとえば、乾電池の-極を指で触って、+極をなめてみてください。 通電していることを体感できます。(1.5Vではかなり弱い ...続きを読む
感電しています。と言うか通電はしています。
人間の体は結構導体なので電流は流れます。と言っても抵抗値は高いのでわずかな電流しか流れませんが。
(ずっと持っていても放電するまでには時間がかかる。)
ただ、電力が弱いので発熱とか、それによる影響が少ないので感じないのでしょう。

たとえば、乾電池の-極を指で触って、+極をなめてみてください。
通電していることを体感できます。(1.5Vではかなり弱いですけど充分判ると思います。)
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 43% (84/192)

むかし工業高校に通っていた頃、スライダック(電圧可変トランス)に手を当てて、何V迄耐えられるか? と言う根性試しをしてたことを思い出しました。 直流-交流の違いは有りますが、私の場合60V位からビリビリ感じ始め、90V越えるといきなり衝撃が来ます。 [危険です!絶対マネしないで下さい]    
むかし工業高校に通っていた頃、スライダック(電圧可変トランス)に手を当てて、何V迄耐えられるか?
と言う根性試しをしてたことを思い出しました。

直流-交流の違いは有りますが、私の場合60V位からビリビリ感じ始め、90V越えるといきなり衝撃が来ます。

[危険です!絶対マネしないで下さい]


   
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 66% (222/333)

keronyanさんの御示唆で概ね正しいと思いますので、補足します。 手がカラカラに乾いて、指先がプラスチックみたいになっているときは、通電していません(皮膚が絶縁し、神経に感じる層までとどいている電流が極めて微細です。) 手がぬれていることを想定した場合、通電していますが、乾電池の1.5v程度では認識できません。 ただし、 ・ある部分の神経で感じるか感じないかは、「電流密度」によります。電流値は ...続きを読む
keronyanさんの御示唆で概ね正しいと思いますので、補足します。
手がカラカラに乾いて、指先がプラスチックみたいになっているときは、通電していません(皮膚が絶縁し、神経に感じる層までとどいている電流が極めて微細です。)
手がぬれていることを想定した場合、通電していますが、乾電池の1.5v程度では認識できません。
ただし、
・ある部分の神経で感じるか感じないかは、「電流密度」によります。電流値は、流れる部分の抵抗値に依存しますので、同じ1.5vでも、親指とひとさし指との間でつまんだ(距離数cm、皮膚から通電)のでは感じませんが、短い距離で針を突き立てる(距離数ミリ、筋肉通電)と感じるようになります。また、全体としては大きな電流でも、大きな電極で体に均等に流すと、感じないでいることもあるでしょう。
・また、体の部分により、感じ方も違います。同じようにぬれていても、指では感じませんが、マイナスを指で触り、プラスを舌でなめると、ちょっと苦く感じます。嗅覚細胞(鼻)では、相当感じるらしいです。(ちなみに9v電池(006p型)も、指では感じませんでしたが、なめてみたら、しばらくの間まともにご飯が食べられませんでした・・・・)

どのような電圧であれ、結果として概ね1mA/平方cm程度の電流が皮下層に流れると相当感じるらしく、心臓では、心臓部分の通過のべ電流が10mA程度で停止の危険があるといわれています。(湿らせた電極で、電流が心臓を通過するように通電すると、相当低い電圧でもこのレベルに達するようで、hero1000さんの言われる数Vまでは聞いたことはありませんが、20V程度での死亡記録はあるようです。(ギネスだったかな))

なお、「絶縁耐力」は、電圧を高くすると、ある段階で「抵抗値」そのものが急激に低くなり、電流が通るようになる(絶縁破壊)概念でしょう。
今回の問題では、抵抗値そのものが変わるような議論ではく、関係はなさそうですね。
お礼コメント
sanshoku_baka

お礼率 48% (13/27)

数々のご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。
肌で感じた体験を踏まえた発言が多くて
説得力があると同時に笑わせていただきました。
投稿日時 - 2001-06-20 15:35:18
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ