-PR-
  • 困ってます
  • 質問No.8746743
解決
済み

養護教諭について…公立以外で働くことは?

  • 閲覧数531
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

見て頂きありがとうございます。

現職の養護教諭4年目・20代半ば・女性です。
結婚に伴い、2~3年以内に他県へ転居する可能性が出てきました。

転居後は再度その自治体の採用試験を受けるつもりですが、特別選考枠(現職)でも3分の1しか合格できない自治体が多いようです…。やはり、狭き門かと思います。

養護教諭は絶対数も少ないため、不合格の場合は臨時職員の話が来るまで待つか、もしくは養護教諭以外への転職…という可能性もあると考えています。


私立学校を受験したり、公募している就職先を探してみることも考えていますが…実際公立学校以外で働いている人も周囲にいないため、イメージし難いです。


私が持っている資格は、養護教諭と自動車普通免許くらいです。
この先就職に困る可能性も考え、独学で保育士の資格も持っておいた方が良いのかな…と最近悩み始めました。

就職先の少ない養護教諭という仕事ですが、公立学校以外で働いている方・もしくはそういう方を知っている等、何か情報をいただけるとありがたいです。
通報する
  • 回答数2

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 51% (378/739)

#1です。
首都圏であれば、学校数も多く、枠はあるでしょう。
ただし当然のことながら、「名簿登録」している方も多いかもしれません。
(教育委員会側からみれば、「名簿登録」が多い方が安心でしょうから。)

名簿登録している方をどうやって採用になるかについては
本当かどうかは不明ですが次があるようです。

1.教育委員会でまずはピックアップをされる。
(単なる順番でもないみたいです。)

2.該当の校長に連絡が行く。
今までに正規に教諭として働いていたならば、
その状況が書かれている本があるようで、それをチェックする。
さらには前任の学校に問い合わせをする。

3.そこである程度目鼻がつけば、校長面接に移る。
面接では多くの場合、なぜ前任校を辞めたかが話の中心となりうる。
pampam000 さんの場合は結婚なので、あまり問題は無いでしょう。
それ以外の場合は例えば「上司(校長)とトラブルを起こした」、
「児童ならびに保護者とトラブルを起こした」等となると、
難しいでしょう。

後はこれまでの経歴と学校の内情でしょう。
ベテランがいいか逆に経験の少ない人がいいかはケースバイケースと思って下さい。
ベテランであると、これまでの自分の経験を生かしてうまくこなせますが、
それによってこれまでのシステムが変ってしまうことがあります。
逆に経験が少ない方であれば、システムを壊さずに、その中で動いてくれると判断します。
なので、前任者(休職者)が十分にこれまでに色々と働いてくれているところならば、
経験がすくなくても問題ないでしょうし、
逆にずさんな前任者であれば、ベテランの方がいいでしょう。
たぶんここいらあたりは、「教育委員会」、「校長」とも十分に考慮すると思います。

上記の話はあくまでもこれまでに聞いた事のある話でどこまで本当かはわかりません。

首都圏とのことですが、今調べて分かったことです。
東京都の場合は、受付の日時が決まっていて(5/7・8・9)
その後書類審査で合否が決まり、その後「名簿登録」されるようです。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/jinji/rinji/26rinjikyouin/01.pdf

それ以外の県では第○週の○曜日という指定はありますが、
そこで随時受付があります(全部の県を知っているわけではありませんが)。
受付のみで合否はつけないとは思いますが、明らかに不合格(欠格)な場合は、
単にピックアップされないだけかもしれません。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 51% (378/739)

公立学校の場合は、養護教諭に限らず、3~6年間での移動があります。 (地域によって年数は違うようですが。) さらには、女性のため、「産休、育休」があり、かなりの頻度で取得しています。 それゆえ、その際の枠として、「臨任(臨時的任用職員)」や「非常勤講師」が あることはご存じと思います。 この2者は給与体系が違います。 臨任であれば、社会保険の対象になったり、ボーナスの支給もありますが、 非常勤講師はあくま ...続きを読む
公立学校の場合は、養護教諭に限らず、3~6年間での移動があります。
(地域によって年数は違うようですが。)
さらには、女性のため、「産休、育休」があり、かなりの頻度で取得しています。
それゆえ、その際の枠として、「臨任(臨時的任用職員)」や「非常勤講師」が
あることはご存じと思います。
この2者は給与体系が違います。
臨任であれば、社会保険の対象になったり、ボーナスの支給もありますが、
非常勤講師はあくまでも時給に近い日給計算です。

大きなエリアであれば、そこそこ臨任や非常勤講師の枠はあるかもしれませんが、
小さなエリアであれば、数校しかないところであれば、なかなか空きはないでしょう。

それに対して、私立学校ではまずは移動は原則ありません。
なので、一度採用されれば、ある程度ずーっと在籍しつづけません。

チェックはされているかもしれませんが、
http://kyoin-saiyo.jp/index.php
「教員採用JP」というサイトもあります。

pampam000 さんのお住まいがどこか不明ですが、現状では
「学校法人立命館 中高(養護) 専任教員、常勤講師」
というのがあります。
基本は京都にある学校ですが、いくつかの校舎があるようです。
お礼コメント
noname#198844

回答ありがとうございます。

載せて頂いたサイト、知りませんでした。ありがとうございます!

転居先は首都圏になると思います。首都圏であれば臨任・非常勤ともに人手不足とは聞くので大丈夫かとは思うのですが、やはり無職の期間があると思うと、不安になってしまい…

たくさんのアドバイス、非常に助かりました!情報を色々集めてみたいと思います。
投稿日時 - 2014-09-08 12:57:35


  • 回答数2
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?

関連するQ&A

-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ