総ありがとう数 累計4,282万(2014年10月22日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
510951

  現在よく使う、横書きにに上から下へ書かれる文章で、既に書いた内容の通りという意味で「上記の通り」という言葉があります。

 『左様』という言葉が同じような成り立ちを持った言葉だと想像したのですが、昔の文章は縦書きに右から左へ書かれていたかと思うので、その場合、既に述べられた内容は、左ではなく右にあるので「右様」となるのが自然ではないでしょうか。

 別の語源があるのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

 宜しくお願いします。

 
  • 回答数3
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全3件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2011-05-29 22:56:36
  • 回答No.1
左右の問題じゃないのです。

「さよう」は本来は『然様』と書きました。

「左様」は宛て字です。

「さよう」は、「そのよう」「そう」という意味です。

「さようでございます」は「そうです」をもっと丁寧にした表現です。
お礼コメント
 当て字なんですね。ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-05-29 23:44:15
  • 同意数1(1-0)
  • ありがとう数1

その他の回答 (全2件)

  • 2011-05-29 22:57:41
  • 回答No.2
確かに漢字では「左様」と書かれることが多いですね。

しかし、更に精確に書くのであれば「然様」と書きます。

「左様」はいわば当て字なのです。なので、「左様」の「左」には意味は全くありません。

「然」とは「そうある」の意味です、(自然、泰然、突然など。)
 
ちなみに、人と別れる時の「さようなら」は、話が終了して「それでは」という意味ですよね?

つまり、然様(さよう)ならば(そういうことならば)、ごきげんようを略して「さようなら」となります。

(同様に、「しからばごめん」「さらば」なども、漢字にすると「然らば御免」「然らば」となりますので、「さようなら」と同義であるという事が分かりますね。)
お礼コメント
 「さようなら」も、それなら→それでは… という意味何ですね。

 ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-05-29 23:51:36
通報する
  • 同意数1(1-0)
  • ありがとう数1
  • 2011-05-29 23:18:35
  • 回答No.3
noname#143831

左に居る人と同意見。
左側の人とは、自分より格上の人の事です。
お礼コメント
 左にいる人は格上の人なんですね。何か歴史がありそうだと思いました。

 ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-05-29 23:50:46
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • ありがとう数2
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ