-PR-
締切り
済み

カーボンナノチューブの水素吸・脱蔵特性

  • 暇なときにでも
  • 質問No.66686
  • 閲覧数268
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

 カーボンナノチューブの水素吸・脱蔵特性についてご教示ください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「NIRE:カーボンナノファイバーによる水素吸蔵」 さらに、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか? ◎http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=63346 この回答で#3に紹介したサイトも参考にして下さい。 ご参考まで。 ...続きを読む
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「NIRE:カーボンナノファイバーによる水素吸蔵」

さらに、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=63346
この回答で#3に紹介したサイトも参考にして下さい。

ご参考まで。
お礼コメント
funahei

お礼率 100% (2/2)

御教示いただき、厚く御礼申し上げます。私は、水素吸蔵合金について研究をしておりまして、新素材に興味をもち、恥ずかしながら質問した次第です。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-30 02:12:10


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 83% (1169/1405)

カーボンナノチューブの水素吸蔵については最近新聞でもよく話題になっていますが、依然として「どのようなチューブを使うと、どのような条件で、何パーセントくらい吸蔵する」ということは不透明なままです。 もちろんいくつかの報告(論文)は出ていますが、学界全体としての定見が出るには至っていないというところでしょうか。 MiJun氏が参考サイトとして挙げている曽根田先生のページですが、ページ作成が1998年で ...続きを読む
カーボンナノチューブの水素吸蔵については最近新聞でもよく話題になっていますが、依然として「どのようなチューブを使うと、どのような条件で、何パーセントくらい吸蔵する」ということは不透明なままです。
もちろんいくつかの報告(論文)は出ていますが、学界全体としての定見が出るには至っていないというところでしょうか。

MiJun氏が参考サイトとして挙げている曽根田先生のページですが、ページ作成が1998年であることにご注意ください。この分野は1,2年で様相が変化しますからその後の動向まで含めて調べた方が良いでしょう。
お礼コメント
funahei

お礼率 100% (2/2)

御教示いただき、厚く御礼申し上げます。私は、水素吸蔵合金について研究をしておりまして、新素材に興味をもち、恥ずかしながら質問した次第です。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-30 02:12:43
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ