締切り済みの質問

質問No.5088604
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数1
閲覧数2990
「黙示の同意」の成立要件と考え方
「黙示の同意」の成立要件と考え方についてお尋ねします。
例えば、AからBへ一度だけ一方的な通信文を送信し、Bはその真意をAへ
確認することなく、自分の勝手な判断でその通信文もしくはその内容をCへ
漏らし、その結果CがAへ損害を与えた場合、BがAとの間に「黙示の同意」
があったと主張し、責任逃れができるのでしょうか。

私は「同意」というからにはAとBには信頼関係が以前からあり、利害関係が
一致するような状態が最低要件のように思うのですが、専門家の考え方を伺い
たいと思います。

よろしくお願いします。
投稿日時 - 2009-07-01 01:25:51

回答 (1)

回答No.1
黙示であろうが明示であろうが、同意の大前提として、同意すべき対象事実の認識が必要でしょう。

そして、その認識のもとに客観的に見て同意したと同視できるような状況(A氏の言動=不作為も含めて)があるかどうかという判断です。

あなたがお書きの内容は、同意があったとみなせる周辺事情という程度ですね。
投稿日時 - 2009-07-01 07:19:46
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
この質問は役に立ちましたか?
2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
その他(法律)
-PR-
-PR-
-PR-

特集

試写会に30組60名様をご招待!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

親同士が気軽に情報交換できるコミュニティです。

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
その他(法律)
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-