総ありがとう数 累計4,310万(2014年11月27日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
sakutam39

(1)Pass me the sugar,will you?
訳:砂糖を取ってください。

(2)Take a seat, won't you?
訳:お座りください。


(1)はなぜwill youなのでしょうか。
決まりでもあるのですか?

そして、(2)もwill youでいいような気がするのですが・・。
なぜこれは否定形なのでしょうか?
この文はwill youを使う、この文はwon't youを使う、などの
決まりがあるのでしょうか?
どちらも命令形ですし、違いはないと思うのですが・・。


参考書で勉強していて、疑問に思いました。
本にはこれだけは覚えとけ、とだけしか書いてありません。

どなたか違いを教えてください。

よろしくお願いします。
  • 回答数5
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全5件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2008-01-14 21:34:34
  • 回答No.2
こんにちは。7/30のご質問ではご丁寧なお返事をどうも有難うございました。

ご質問1:
<(1)はなぜwill youなのでしょうか。決まりでもあるのですか?。>

はいあります。

1.ご質問文は2文とも命令文になっています。

2.命令文の付加疑問はwill youまたはwon’t youを使う、という決まりがあります。

3.理由は、命令文とは「~するように」という、「2人称に対する意志」を促すものですから、命令文の主語はyouになり、意志を表す助動詞willが使われるのです。


ご質問2:
<そして、(2)もwill youでいいような気がするのですが・・。なぜこれは否定形なのでしょうか?>

おっしゃる通りwill youでも結構です。

付加疑問とは一種の「念押し」「確認」の用法です。命令文では、will you、won’t youどちらも使えますが、

(1)will youは「~しなさい。いいね」「~してよ。いいでしょ」といった命令の確認のニュアンスがあり、

(2)won’t youだと「~して下さい。だめですか?」とうやや遠慮がちな婉曲的なニュアンスがでます。

ここでは、両文を直訳すると
(1)Pass me the sugar,will you?
「砂糖を取ってください。いいですよね」

(2)Take a seat, won't you?
「お座りください。おいやですか?」

といったニュアンスがそれぞれに隠されています。


ご質問3:
<この文はwill youを使う、この文はwon't youを使う、などの決まりがあるのでしょうか?>

1.上記でご説明した通り、命令文の付加疑問は、will you、won’t youどちらも使えます。

2.使い分けの違いは、主観的な感情によります。「確認」を促すのであればwill you「いいですね」を、遠慮的に相手の意向を確認するならwon’t you「したくないですか?」を使います。

3.命令文にはいろいろな語法があり、丁寧な言い方ではPlease、will you、won’t you 、Would you、Could youなどを使います。

例:
Pass me the sugar.
「~しなさい」「~してくれる」「~して下さい」
→Please pass me the sugar.
「どうぞ~して下さい」
→Will you pass me the sugar?
「~してくれますか?」
→Won’t you pass me the sugar?
「~してくれませんか?」
→Would you pass me the sugar?
「~していただけますか?」
→Would you please pass me the sugar?
「どうか~していただけますか?」

と、下にいくほど丁寧な命令文になっています。

4.Pleaseを使った命令文は、pleaseを後置しても同じ丁寧さになりますから、ご質問の2つの例文は、このWill you~?、Won’t you~?といった丁寧な命令文の文頭を、後置した、とも考えられます。

5.形としては付加疑問の形ですが、基本はWill you~?、Won’t you~?といった疑問文の形の丁寧な命令文と同じニュアンスになります。


以上ご参考までに。
今年も益々英語が上達されるようお勉強頑張って下さい。
お礼コメント
いえいえ。こちらこそご丁寧な回答どうもありがとうございます。
助かります。


命令文の付加疑問はwill youまたはwon’t youを使うのですね。

>(1)will youは「~しなさい。いいね」「~してよ。いいでしょ」といった命令の確認のニュアンスがあり、

(2)won’t youだと「~して下さい。だめですか?」とうやや遠慮がちな婉曲的なニュアンスがでます。

なるほど!
とても分かりやすいです。
命令の意味が強めのニュアンスと遠慮がちなニュアンスの違いですね。
どちらも使えるのですね。


>例:
Pass me the sugar.
「~しなさい」「~してくれる」「~して下さい」
→Please pass me the sugar.
「どうぞ~して下さい」
→Will you pass me the sugar?
「~してくれますか?」
→Won’t you pass me the sugar?
「~してくれませんか?」
→Would you pass me the sugar?
「~していただけますか?」
→Would you please pass me the sugar?
「どうか~していただけますか?」

なるほど~。
勉強になります^^
上記の英文って命令形だったのですね。
それさえ知りませんでした^^;
文脈によっても使い分けたらいいですね。


>基本はWill you~?、Won’t you~?といった疑問文の形の丁寧な命令文と同じニュアンスになります。

へぇー!!そうだったんですね!

Parismadamさんの回答、本当に勉強になります。
Parismadamさんみたいに丁寧に分かりやすく
人に教えることが出来たら、
本当に英語が身についたということでしょうね^^
頑張ります☆


本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2008-01-15 10:04:50
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全4件)

  • 2008-01-14 22:18:35
  • 回答No.3
>この文はwill youを使う、この文はwon't youを使う、などの
決まりがあるのでしょうか?

○ 通常の命令文であっても付加疑問文であっても、「will you」と「won't you」にはある種の「命令的なニュアンス」が含まれています。「will you」については、過去の質問の回答を参考にしてみて下さい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3279517.html
お礼コメント
ご回答ありがとうございます。


ページ貼っていただいてありがとうございました^^
見てみますね。
投稿日時 - 2008-01-15 10:06:14
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2008-01-14 22:49:28
  • 回答No.4
基本的に命令文は省略部分があると考えるといいと思います。

Pass me the sugar.は、本来、
Will(または、Won't) you pass me the sugar? であると考えるのです。

そうすると、その付加疑問文は、それぞれ、

Will you pass me the sugar, won't you?
Won't you pass me the sugar, will you? となります。

つまり、付加疑問の部分を、won't you にするか、will you にするかは、文頭に何が省略されているかで決めるわけです。
で、じゃ、何が省略されているか、どうしたら分かるか?これは、文脈で決めるしかありません。
なお、口調で分かるというのは、現実的ではありません。話されている現場では、それを付加疑問文に直す作業などしないのですから。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2008-01-14 23:10:10
  • 回答No.5
No.4です。間違えがありました。

付加疑問文ですから、元の文は、普通の文でないといけませんよね。
次のように訂正です。

Pass me the sugar.は、本来、
You will(またはwon't) pass me the sugar? であると考えるのです。

そうすると、その付加疑問文は、それぞれ、

You will pass me the sugar, won't you?
You won't pass me the sugar, will you? となります。

ごめんなさい。
お礼コメント
ご回答ありがとうございます。

No.4の回答もこちらでさせてください。

なるほど。
省略されているのですか!
そうすると考えやすくなりますね☆


いえいえ。本当にありがとうございました^^
投稿日時 - 2008-01-15 10:08:13
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2008-01-14 21:10:17
  • 回答No.1
私としては、肯定形と否定形の意味やニュアンスの違いなんかは、英語も日本語も結構近いものがあると思っています。

「砂糖を取ってくれるかな?」vs「砂糖を取ってくれないかな?」
「座ってくれる?」vs「座ってくれない?」

どちらがどういう意味だと上手く説明はできませんが、上記のような日本語の表現のニュアンスの違いが、英語でも同じように当てはまると思います。
お礼コメント
ご回答ありがとうございます。


ニュアンスの違いですか・・。

>「砂糖を取ってくれないかな?」
>「座ってくれない?」

すみません、どちらも同じにしか見えません^^;


ありがとうございました。
投稿日時 - 2008-01-14 21:16:54
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数5
  • 気になる数0
  • ありがとう数3
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ